カード能力解説 > 乙姫セリリ

乙姫セリリ

レア度 ☆6~7
カードタイプ たいりょくタイプ・単体
Lスキル能力 味方青属性カードの攻撃力・体力を強化にし、n連鎖以上で味方青属性カードの攻撃力をさらに強化する。
スキル能力 3ターンの間、色ぷよ1個をチャンスぷよに変換
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2018/01のぷよフェスにて登場。
2019/10/16に☆7が実装された。

ステータス

☆6LvMAXで5103/2066/250
☆7LvMAXで8775/2789/337

リーダースキル

味方青属性カードの攻撃力・体力を強化にし、
n連鎖以上で味方青属性カードの攻撃力をさらに強化する。

☆6で攻撃力2.0倍、体力3.5倍、2連鎖で攻撃力がさらに1.5倍(合計3.0倍)
☆7で攻撃力3.0倍、体力4.0倍、3連鎖で攻撃力がさらに1.4倍(合計4.2倍)

体力倍率は他の青属性フェスキャラと比べても頭一つ抜けている。攻撃倍率は☆6の時点では条件付きであることを考えると、
他のフェスキャラと比べ少々見劣りする倍率であるが、自身のスキルとの相性はいい。

☆7に進化すると体力倍率は更に磨きがかかって青属性トップクラスの倍率となり、
攻撃倍率も2連鎖から3連鎖へと条件が若干厳しくなる代わりに、
それが達成できなかった場合でもある程度の火力を出すことができ、フェスキャラとして十分なものとなる。

スキル

3ターンの間、色ぷよ1個をチャンスぷよに変換。
必要ぷよ消し数は☆6で30、☆7で25個。

☆7のとっくんではさらに
「味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)」が付与される。
ただし、必要ぷよ消し数は45個となる。

☆7のとっくんをする前は芸術家シリーズの☆6とスキルはほぼ同じ。
ただし、必要発動数が30個とスキルが発動し易くなっている。
あおぷよが盤面にある場合はあおぷよが、ない場合はいずれかの色ぷよがひとつチャンスぷよに変換される。
効果は重複し、複数のカードで同時にスキルを使った場合や3ターン以内にもう一度スキルを使った場合はその分だけ変換数が増える。
詳細は芸術家シリーズを参照。

☆7のとっくんをすると、あおぷよを優先して変換すること以外はスノヒメの☆7と同じ性能のスキル。
必要ぷよ消し数は倍近くになる代わりに、3ターンの間チャンスぷよ変換と味方全体にワイルド状態が付き、
追加された効果の方がメインといえるほど、とっくん前とはほとんど別物のスキルになる。
他のワイルド付与スキルと比べても、
必要ぷよ消し数45で3ターン、効果範囲が味方全体、効果中毎ターンチャンスぷよ変換というものは上回るものが無く、
その毎ターン発生するチャンスぷよでワイルド状態を活かすこともできるという、ある意味単体でも完結した強さを持つ。

コンビネーション

「ガールズ」「スイマー」が乗る。

デッキ考察

リーダースキルはぷよフェスカード初の青属性体力3.5倍で、青属性耐久デッキのリーダーカードとして使える。
2連鎖は容易なため通常攻撃時は実質攻撃力3倍として使えるが、盤面を消さないものなどのスキル使用時は攻撃力2倍のままとなるのが弱点。
☆7に進化しても基本的な運用法は変わらず、ただ条件が3連鎖となり、
そのままだと同時消しをしながら毎ターン確実に発動するのは難しいため、
自身のスキルも含めたチャンスぷよ変換を活かしたい。

スキルのチャンスぷよ変換は大連鎖チャンスを発生させ攻撃・回復・スキル溜めをまとめて狙えるため使いやすい。
あおぷよを変換するので、単色デッキならウト真夏のラフィーナなどのネクストぷよ変換スキルと組み合わせれば、
チャンスぷよを消しやすくなりスキル溜めのスピードも上がる。

☆7のとっくんをすると、どちらかというと味方をワイルド状態にすることがスキル効果の中心となるが、
効果範囲が味方全体なので単色デッキでも混色デッキでも使えて、
童話シリーズやエンハンススキルなどと組み合わせると、さらに高い火力を出すことが可能である。
ただ他のワイルドスキルと同様、スキル発動までの必要ぷよ消し数は基本的にエンハンスなどのスキルより多いため、
やはり単色デッキならウトなどのネクストぷよ変換スキルでスキル加速をしたいところ。
特にエニシふてきなストルナムのようにチャンスぷよ変換もあるものとは、スキルもリーダースキルも非常に相性が良い。

評価

☆6のままでもリーダーやスキル加速として十分運用は可能だが、
☆7になると、リーダーとしても青属性トップクラスの耐久性能を持ち、
さらにとっくんで獲得できるワイルド付与スキルは、単体でも他のスキルと組み合わせても強く、サブとして広範囲で活躍できる。
青属性で他に☆7にするフェスキャラがいないなら、とりあえず進化させておいて損は無いカード。