カード能力解説 > きいろいサタン・かどめくデーモンサーバント

きいろいサタン かどめくデーモンサーバント

レア度 ☆6~7
カードタイプ 各自・単体
スキル能力 このカード以外のスキル発動数を減少
Lスキル能力 各自
コスト量 48,60

概要

きいろいサタンは2016年2月末のぷよフェスにて期間限定で登場。また、2月25日のぷよにこテレビでスキルとリーダースキルが発表された。
2019年7月26日に☆7が実装されると同時に、リーダースキルが上方修正された。

かどめくデーモンサーバントは2020年10月のぷよフェスにて登場。

ステータス

☆6 Lv99 タイプ 体力 攻撃 回復
きいろいサタン たいりょく 4993 1944 496
かどめくデーモンサーバント バランス 4230 2260 710
☆7 Lv120 タイプ 体力 攻撃 回復
きいろいサタン たいりょく 8488 2624 669
かどめくデーモンサーバント バランス 6345 3277 959

スキル

両キャラともに同じスキルを持つが、標準スキルとごほうびで獲得するスキルが逆になっている。

きいろいサタン
レアリティ 効果 ぷよ数
☆6 5ターンの間、ターン終了後にこのカード以外の
スキル発動数をスタメンの属性数分減少する
35
☆7 25
とっくん 2ターンの間、味方全体を「封印」状態にし、
このカード以外を通常攻撃時のみ、どの色ぷよを消しても
スキル発動数が減るようにする
30
かどめくデーモンサーバント
レアリティ 効果 ぷよ数
☆6 2ターンの間、味方全体を「封印」状態にし、
このカード以外を通常攻撃時のみ、どの色ぷよを消しても
スキル発動数が減るようにする
35
☆7 30
☆とっくん 5ターンの間、ターン終了後にこのカード以外の
スキル発動数をスタメンの属性数分減少する
25

きいろいサタン(☆6~7) かどめくデーモンサーバント(☆7とっくん)
5色の場合、5ターンで25個分のチャージができる。
供給量自体は多いが、1ターンあたりの速度は5個。
きいろいサタンの☆6においては本人の発動数が35なので、チャージ速度は漁師雅楽師と同等かやや劣る。
しかし、このカードは多色の難点である「消すぷよ色がバラバラでスキルが溜まりにくい」点をカバーできる為、
漁師などのネクストぷよ変換スキルが使いにくい多色デッキで活躍できる。
副属性を活かした単色寄りの場合はそれも併用して高速スキル溜めも可能。
きいろいサタンの☆7・かどめくデーモンサーバントのとっくんスキルは、スキル発動数が25個となり、スキルレベルMAXなら20個にまで減るため、より高速スキル溜めに加速がかかる。

きいろいサタンはとくに後述の冒険家シリーズとの相性が良く、蒸気と暗闇の塔の五色階の黄色の間で容易く周回ができる。

かどめくデーモンサーバントは、異邦の使いサリヴァン☆7と相性が良く、
異邦の使いサリヴァンの麻痺で相手を封じれば、ポチポチするだけでスキルを10ぷよ分溜められるので、
デッキを5色で組めば。40ぷよで発動するスキルなら使うことが可能である

きいろいサタン(☆7とっくん) かどめくデーモンサーバント(☆6~7)
どの色のぷよを消しても全員のスキルがたまるようになり、デッキの多色単色問わず効果を発揮する。
効果中は通常攻撃で相手にダメージを与えられない代わり、同時消しでも大連鎖チャンスでもいいので、
とにかく消した分だけスキルを溜められる、まさにハイリスクハイリターンと言えるスキルである。

ただし、このスキルは味方全体が2ターンの間、封印状態というリスクのせいで、
1ターンで味方全体のスキル溜めが終わっても、2ターン目にスキル使うことができないという弱点も存在する。
スキル加速は味方が発動数を溜め終わり次第スキルを使えることが重要な中で、
その魅力を殺してしまってるところは、特に漁師雅楽師の☆7と同じスキル発動のタイミングとは釣り合ってないのが残念。
そういうわけで単色デッキの場合はに漁師雅楽師きらルルなどのネク変童話を使うのが良いだろう。

ちなみに味方全体かかる封印効果がかかってしまうため、大神官シリーズなどの状態異常解除スキルも使うこともできない。
(大神官も封印されてしまうため。スイッチなどで大神官が封印されていなければ解除は可能)
その後登場しためくるめくアリィで発動できるフィールド効果「ラブリーオーラ」では封印を解除でき、2021年10月時点ではこれが唯一の解除手段となる。
ラブリーオーラ特別ルールとこのスキルを合わせると、強力な攻撃をおかわりできるのでぜひ覚えておきたい。

もう片方のスキルの反映はターン終了後になってからで、チャージ量も最大でも5個までだが、
ターンを無駄に消費したとしても効果に影響はなく、スキル効果も5ターンと長い。
対するこちらの持続効果は2ターンしかないので、スキル発動のタイミングが非常に重要になる。
特に最近の高難度クエストでは、なぞり消し数減少を攻撃として使う敵もいるので
ティルラの挑戦状の超極辛やとことんの塔の10Fボスのように、なぞり消し数が2〜3個まで減らされた状態では、
とっくんスキルのスキルチャージ効果を使っても、そもそもぷよを消すことができないリスクがあることも留意しておきたい。
チャンスぷよがあるとスキル貯めは安定する。連鎖の種があると、確定で40は溜まるので安心である。

このように性能が尖っているが、最近の協力ボスチャレンジではその真価を発揮できる。
(詳細はデッキ考察にて)

ちなみに複数体をデッキに入れてこのスキル効果を同時に発動しても、重複はしない。

リーダースキル

きいろいサタン
レアリティ 効果
☆6 味方全体の体力を2.5倍にし、
さらに4属性以上の同時攻撃で味方全体の攻撃力を4倍にする
☆7 味方全体の体力を3.2倍にし、
さらに2属性以上の同時攻撃で1属性につき
攻撃倍率に1倍プラス(最大5倍)

2019年7月26日に☆6のリーダースキルが上方修正され、「通常攻撃のみ」の条件付きではなくなり、体力アップ効果が付与された。
攻撃の最大倍率や体力倍率が☆6、☆7ともにレガムントと全く同じである。
あちらと同様、最大火力はトップクラスであるものの、通常攻撃で最大の攻撃倍率を達成するのは、基本的にこちらの方が難しいだろう。(デッキを五色で揃えないといけない)

表記上は攻撃力を上げるものと思わせるが厳密には「攻撃力を強化する」効果ではなく「攻撃直前の最終ダメージを増幅させる」効果なので発動条件を満たせば味方の攻撃力に依存しない攻撃でも与えるダメージを増やすことが可能。
(体力3.2倍に加え、さらに5倍にできるので、冒険家砲とは相性が良い)
前述のレガムントの条件部分や、ローザッテやリャタフーなどが持つ条件エンハンススキルも計算式自体は同じ。攻撃回復逆転の環境でなんの意味もなさなくなる点も同じなので注意したい。

うるわしのルルーが相互互換のリーダースキルを、うすやみのDGアルルが上位互換となるリーダースキルを持つが、どちらも属性およびタイプが異なるため運用上気にするほどのものではない。
それよりもぷよフェスカードとしては体力倍率がやや低い点が気がかりか。
少なくとも体力タイプのぷよフェスカードとしては体力倍率は底辺に位置する。

以下、☆6時と☆7時の注意点を記す。

☆6:
攻撃力上昇の条件が『4属性以上の同時攻撃』であるため、副属性を含めてデッキに4属性以上ないと絶対に攻撃力が上昇しない。
また、封印や麻痺で行動不能の場合は攻撃できないため、それで5色中2色が抑えられても、攻撃補正が無くなってしまうという大きな弱点を持つ。

☆7:
☆6より攻撃力上昇自体の条件は緩くなっているものの、やはり封印や麻痺で行動不能になっているカードが多い場合は攻撃力上昇の倍率が低くなりやすい点に注意。

以下の方法なら、攻撃力上昇の条件を比較的簡単に満たすことができる。

1.チャンスぷよを使い、大連鎖チャンスを成功させる。
おそらくこれが一番手軽だろうか。大連鎖チャンスは単体ではダメージソースとして期待しづらい欠点を抱えているが、リーダースキルでこれを大きく改善できるため、メインの火力として使っていけるようになる。狙うのが難しいが、4色×4個を一度に消せればチャンスぷよが確定で出るので、次のターンもリーダースキルの発動を狙っていける。

2.プリズムボールをぷよと一緒に巻き込んで消す。
プリズムボールを消した時点でリーダースキルが発動するのと、プリズムボール分の攻撃力がそこそこあるため、
難しい大連鎖チャンスの種を引く可能性を考えて、こちらを投入するのもいいだろう。
賢者シリーズは多色デッキで使うリーダースキルを持つので噛み合いが良く、
仙女シリーズはプリズムボールとチャンスぷよの両方から狙っていけるので悪くはない。

3.全体へのワイルド効果の付与。
天騎士シリーズなどのスキルは副属性にも働き、スキル適用中は1連鎖目から発動し、特性上消せば消すほど大きなダメージを出せるため、このリーダースキルを最も有効に活用できる。
都合のいいことに、主属性が同じ天騎士・雅楽師はいずれも副属性が被らないおかげで、
残りのスタメンに必要・足りないパーツを3枚追加できる。

4.冒険家シリーズ及びチャーミードラコなどの直接攻撃スキルや、ラフィソルなどの変換スキルを使用する。
スキルによる直接攻撃にもリーダースキルは働く。
主属性を5属性揃えて冒険家シリーズのスキルを使用する手段が最メジャーであり、入手難易度の割に大きなダメージを出せるため注目されている。
チャーミードラコの直接攻撃スキルも有効であり、さらに5.に繋がるためこちらも相性は良い。
ラフィソルなどのぷよ消しを伴う盤面変化系のスキルも条件を満たせば発動させられる。プリズムボールを巻き込むためやっていることは2.と大差ないのだが……

5.連鎖盤面を作るスキルと併用する。
ひやくのウィッチもっとあやしいクルークあんどうりんごやスペース☆エコロを使用して連鎖盤面を生成することでも容易に条件を満たすことが可能。
特に後者2人はデーモンサーバントやアポストロスによるスライドデッキにて非常に有効で、ほぼ必然的にきいろいサタンがスライド後のリーダーになることが多い。


かどめくデーモンサーバント
レアリティ 効果
☆6 紫属性カードとバランスタイプの攻撃力を3.5倍、体力を3.2倍にし、
このカードの攻撃力をさらに2倍にする
☆7 紫属性カードとバランスタイプの攻撃力を4.5倍、体力を3.5倍にし、
このカードの攻撃力をさらに2倍にする
リダスキだけ見ると、射手座の星矢の下位互換で、倍率の乗る対象が紫属性とバランスタイプのみに狭まっているのが残念。
とはいえ、こちらもスキルとは非常に相性がいいリーダースキルではある。

自身二倍が麻痺と相性が良く、アポストロスのスライドデッキにて、表ではキングオブさかな王子で足止めをしてから、このカードがリーダーになるようにスライドすることで、
自身二倍と麻痺による三倍を合わせ、強力な攻撃を打つことができ、
さらにスカイパレードのヴィオラと隣接させることで強力な攻撃をお見舞いすることが可能になる。

かどサバの編成例
(控え)

スライド後

また、きいろいサタンと違って逆転ステージでもリダスキが生きるのが特徴で、
スカイパレードのヴィオラと合わせて、ニナの闇天砲を撃てば、かどサバの高い攻撃ステータスが載るのでそれなりのダメージを期待できる。
トレンドガールニナちゃんのステ参照範囲に入れないのが悔やまれるが、後発のエターナルセーラーヴィーナスのステ参照範囲には入れるので、隣接エンハ、ハートボックス生成など、もし手札がそろっているなら逆転ステージで使ってみるといいかもしれない。



コンビネーション

下記参照。


デッキ考察

きいろいサタン☆7のとっくんスキル、かどめくデーモンサーバントのスキルを使う場合、リーダー以外の運用であれば、基本的にスライドデッキでの運用が考えられる。
スタメンを遅延、麻痺、無限タフネス、タフネスなどでうまく耐久し、これらのカードのスキルが溜まったら相手を麻痺させたのち、スライドさせて裏のメンバーのスキルを彼らの多色加速スキルで溜めて、打ち逃げする、という手法である。
自ら封印になるので麻痺との相性は抜群である。特にかどめくデーモンサーバントは、自身の攻撃力がさらに上がるので麻痺との相性はさらに良い。
3ターン以上続く状態異常、被ダメ上昇スキル、盾破壊をスタメンに入れればダメージを底上げすることが可能である。

プワープチャレンジなどの協力ボスチャレンジイベントでは、開催回にもよるが
「やるき30でいどむ」で挑戦した場合、「猶予3ターン、ステージ開始直後からスタメンの中でランダムで3体だけスキルを発動できる」ルールとなっている回がある。
このような状況では、このきいろいサタンのとっくんスキル(かどめくデーモンサーバントのスキル)は非常に有効である。

+使用法
確率は50%であるがこのカードのスキルを初手で発動できれば、
2ターンでスキルをチャージし、最終ターンで他カードのスキルを使用する事が容易に可能となる。
(後述の方法で100%にする事も可能)

それを狙う場合リーダーやサポートには、ステージ開始時チャンスぷよ生成のリーダースキルを持つキャラが特に相性が良い。
もし2ターンともチャンスぷよを消せれば、最低でも一回の大連鎖チャンスで20個、それを発動させるためのなぞり消しで4個は消せて、
それが2ターンで、24×2の48個のスキルカウントを溜められるので、ほぼ確実に全員のスキルを発動することが可能。

そして、もしデーモンサーバントアポストロスなどのスライドスキル持ちがいるなら、
スキルを持たないキャラをスタメンに混ぜ、控えに最終ターンでスキルを使う本来のスタメンを入れることで、
ステージ開始時、確実にこれらのキャラのスキルを発動準備させた上で、攻撃用のスキルを溜めて発動できる。
スキル発動手順としては、スライドスキルを先に使いきいろいサタン・かどめくデーモンサーバント以外の控えを出して、その後きいろいサタン・かどめくデーモンサーバントのスキルを使用する。
その際、きいろいサタン・かどめくデーモンサーバントの初期位置は、そのままリーダーにするならスタメンの5番目、それ以外のキャラをリーダーとするなら1番目にする必要がある。
また、サポートで使う場合は、そのどちらかの位置に本来のスタメンを配置する。

他に、めくるめくアリィと組み合せた場合、「猶予2ターン、ステージ開始直後スタメン全員がスキルを発動できる」ルールの際に1ターン目にスキルを使用した後で溜め直して2ターン連続でスキルを使用したり、
「猶予2ターン、ステージ開始直後スタメンからランダム4体がスキルを発動できる」ルールの際にデーモンサーバントアポストロスと組み合わせて1ターン目でスキルを溜めて2ターン目で攻撃したりといったことも可能になる。


これを利用すれば、一枚のカードで全員のスキル発動を準備でき、他のスキルを全て攻撃用のスキルに回せるためかなり強力。

デーモンサーバントアポストロスを使用したスライドデッキには、他にターンプラスを利用する物もある。
魔法使いシリーズなどの開始時に敵のターン数をプラスするカードをリーダーに、麻痺を使えるカード、スライドスキルカード、このカードをスタメンにして、
ターンが延びている間にスキルを溜めて相手を麻痺にし、スライドで本来のスタメンと入れ替えて、きいろいサタンのとっくんスキル(かどめくデーモンサーバントのスキル)を使うというデッキ。
味方が封印されているため麻痺を解くことなくスキル溜めが出来る。
ギルイベなどで相手の攻撃力が高すぎて一撃も耐えられない場合などの手段のひとつとなる。

きいろいサタン
スキル、リーダースキル共に多色デッキ向け。
特にくろいシグとの相性は抜群、両者で見事に色がバラけていること(サブの必須色が紫だけになる)、そして編成次第では途切れないボーイズコンビネーションが狙えるのも大きい。

リーダースキルを活かす方向で組む場合は、基本的には先述の通りだが、
多色デッキ共通の弱点として、主属性が同じ疑似多色のデッキを組むなどしない限り、
有利色ばかりのデッキを構成しづらいという欠点がある事には留意したい。

また、賢者シリーズを2番手に据えておけば、プリズムボールでここぞというときに確実に高火力を出しつつ、
自身がやられた後も火力の維持が可能なので相性がいい。自身との色被りがなく、かつボーイズのネロが一番お奨め。
かどめくデーモンサーバント
リーダースキルが紫属性orバランスタイプなので、リーダーで起用する場合は単色かバランスタイプを並べた多色デッキになる。

公式サイトではかどめくデーモンサーバント、蒸気都市のクルーク、スルターナ、チキータ、キリン、蒸気都市のシェゾ(サポート)というデッキが紹介されている。
かどめくデーモンサーバントのスキルでフルパワースキルを発動できるようにするコンセプトだろう。

評価

きいろいサタン
多色では貴重かつ優秀なブースター役として重要なポジションを占めるカード。
フェスキャラの中ではかなり初期からおり、かつてはくろいシグありきの強さとも言われていたが、大幅な上方修正によって
現在では、ある程度の体力に条件さえ整えばトップクラスの火力を持つリーダースキルに、
扱いが難しいが一部の場面では唯一無二の活躍ができるとっくんスキルなど、
癖は強いが、替えの利かない強力なカードとなっている。


カード詳細

きいろいサタン
通常のサタンと同じく、「ボーイズ」・「初代メンバー」・「はばたき」・「ボス!?」・「つの」を所持。
通常のサタンでスキル上げができず別キャラ扱いなので、通常のサタンと組んでも両方にコンビネーションが乗る。

ボイスは通常のサタンと異なる。さらに、連鎖ボイスも他キャラの「1、2、3」とは言わず、「カー、バン、クル、ちゃん~」と連鎖ボイスで言うカードである。
初登場時のぷよフェス期間中、このキャラが固定サポートとして設定された『おためしクエスト』が開催された。
おためしクエストでは先頭ではなくサポート、かつ相手が攻撃をしてこないカバルーンなので、
そのままではきいろいサタンのスキルボイスは聞けても連鎖ボイスは聞けないが、
デッキをカバルーンのみにして自爆すれば、先頭に出るので聞くことが可能だった。

かどめくデーモンサーバント
コンビネーションは「まもの」「ボーイズ」「つの」
最終更新:2021年11月23日 14:39