カード能力解説 > ねこガールズ

ニア シフォン リズ キッシュ シャルル
レア度 ☆3~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 同属性の仲間のHPを削り、同属性の仲間が削った数値のn倍で単体攻撃・☆3から
Lスキル能力 同属性のHPが低いほど同属性の攻撃力アップ・☆3から
コスト量 大(8,14,20,28,40)
変身合成 ☆3→☆4:ぷよゼリー☆3、☆4、☆4、☆5
☆4→☆5:ぷよゼリー☆3、☆4、☆4、☆5、☆5
☆5→☆6:ぷよゼリー☆4、☆5、☆5、☆6、☆6
☆6→☆7:へんしんボードで行う

概要

収集イベント「マタタビ収集祭り」の特攻カードとして登場。
全てぷよクエ新規カード。
公式の表記が「ねこシリーズ」になったり「ねこガールズ」になったり安定しないが、この運営ではよくあることである。
2015/12/07に☆6解禁。
2018/02/16に☆7解禁。
当初☆7のカード絵は用意されず☆6と同じだったが、2019/05/16に新規絵に差し替えられた。

+以前の☆7絵


ステータス

+☆7Lv120時
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
ニア 5418 2705 286
シフォン 5391 2696 298
リズ 5444 2686 292
キッシュ 5418 2686 298
シャルル 5391 2705 292

スキル

同属性の仲間のHPを1だけ残して削り、そのとき削った数値のn倍の攻撃力で、同色の仲間がそれぞれ単体攻撃を行う。
☆3で6倍、☆4で7倍、☆5で8倍、☆6で9倍、☆7で15倍。
必要ぷよ消し数40個。

スキルの性質上、SUNシリーズなどHPを上昇させるリーダースキルで威力が上がる。
参照するのは現在のHPなのでダメージを受けていると威力が落ちる。
回復スキルと相性はいいがこのスキルでもHPが減るので、どちらを先に発動させるかは悩みどころである。
基本的にはスキル使用後の回復は考えずにとどめの一撃に使うか、ギルドイベントでは撤退したほうがいいだろう。
マルチで参加する場合、スキルの使いどころを誤れば全滅の恐れがあるので注意すること。

ちなみにかいぶつシリーズのリーダースキルが発動していると、HPMAXなら威力はそのままで、被ダメ半減で発動できる。

このスキルのダメージは属性の相性の影響を受け、怯えや怒りのダメージ倍増効果の影響も受ける。
すずらん+αシリーズなどの攻撃力増加スキルやLスキルは無効だが、幻獣プリンセスのチャージは有効となる。

火力自体は残念ながら、主力のこうげきタイプを凌ぐ威力は持ち合わせていないので、残念ながら末永く使えるスキルとは言えない。
しかし、攻撃回復逆転が入った場合、このスキルの使い勝手・性能が180度変わってくる。
消費した体力でダメージ計算を行うため攻撃力が低くても威力が変わらず、攻撃力が回復に変わることで減らした体力を元に戻しやすい点が逆転効果と非常にマッチしている。
ぷよフェス・オールスターキャラの多くのカードが体力と攻撃力を上げるリーダースキルを持っている関係で、それらをリーダーにすると逆転ルールの中で大きな火力を出しにくいことから、こうした「攻撃力に依存しない攻撃手段」を使えるカードは貴重である。
基本的には体力上昇の効果が高いLスキルと併用するのが一般的に効率が良い戦法である。

リーダースキル

同属性の残りHPが少ないほど攻撃力がアップする。
☆3~☆6時:HP70%以下で2倍、30%以下で3倍
☆7:最大4倍

基本的にはこのリーダースキルに頼る事はお勧めできない。理由は単純で、
HPがカード毎に設定されており道中でのHP調整が物凄く難しい・ほぼ不可能であるため。
また、自分で使う場合はリーダー・及びサポートの片方がこちらになるせいで耐久を大きく上げづらく、
効果を発動させるためには70%or30%以下を維持しなくてはならない、という難点がある。
一撃で瀕死に追い込む攻撃をされては体勢を立て直す間もなくやられてしまう可能性が極めて高く
特に敵の火力が大きく上がってくるギルドイベントではスキルと併せての難点を無視出来ない。

また、ギルドイベントではこのリーダースキルを持つ敵がかなり厄介になってくる。
体力7桁・8桁が当たり前でヒートアップの発動範囲が広く、中途半端に削ってしまうと手がつけられない火力で反撃をしてくるようになるので、耐久が甘いデッキでは危険度が上がってしまう。
このリーダースキルに対しては、体力が残っているうちに一気に倒すか、麻痺や封印スキルで拘束しながら倒すようにすることを心がけたい。

後発の冒険家シリーズも、ヒートアップ系のリーダースキルを持つ。

コンビネーション

それぞれ「どうぶつ」「ガールズ」「にくきゅう」が乗る。

デッキ考察

高いHPからのスキル発動は確かに強力なもののリスクが高すぎるため、童話やボス!?のようなパーティには入れ難い。
しかしながらギルドイベントでは、攻撃回復逆転ステージ等で高火力の一撃を放つ手段の一つともなりうる為、
基本的にはギルドイベントを見据えての、スキル主体のスタメンとしての運用が主体となる。

赤緑青黄の猫娘は、SUNシリーズとコンビネーションが組み合うので更なるHPアップ(=スキル威力UP)が期待できる。
5人の中では紫属性のシャルルのみSUNとコンビネーションが組めないが、コンビネーションを無視しても組み込んだほうが、
「どうぶつ」コンビネーションよりは数倍高いダメージが期待できる。どくりんご、または魔界シリーズのサロメが居れば話は別。赤のニアは魔界のジュリアとも組める。

他のスタメン候補としては、きぐるみぃシリーズ等が挙がってくる。
スキルの一撃を高める場合リーダースキルで体力を高める都合上、スキル発動後の立て直しの観点でも割合回復と相性がいい。

上記の通り、数少ない「攻撃力に依存しない攻撃手段」なので、攻撃回復逆転ステージでは体力と攻撃力を上げるリーダーカードとともに使用できる。

評価

所持するスキルはパーティの編成次第で強烈な一撃をたたき込めるが、発動後の明確なリスクがあるのが悩みどころ。
だがギルドイベントでは、特に攻撃回復逆転ステージ等での強烈なアタッカーとなり得る可能性を秘めている為
他のカードとの組み合わせも工夫し、リスクを抑えるかリターンを重視するかで編成を変えたい所。
一方のリーダースキルだが、昨今では体力・攻撃力の両方を高い水準で確保できるカードも増えた為活用が難しい。
それらのカードやボス!?シリーズを持っていない人向けの救済キャラといったところだろうが、
優秀なリーダースキルを持ったカードが揃ってきた場合は、リーダーとして運用する場面も減るのが悩ましい。

また、攻撃回復逆転のステージも相手のHPが増えてくるとリスクの方が目立ってくる為注意。
特に相手の火力も大きく上がってくる高階層ではダメージの回復が追い付かない=スキルの火力も
それに伴い落ちてしまうと言う事から高階層ギルドイベントボスには通用し辛くなるのが辛い所。
特にシャルルに関しては、デメリット無し+此方以上の攻撃倍率を誇る完全上位互換とも言える
スキルを持つ恋するエルマ・Sが登場してしまった事により、更に追い詰められてしまっている。

余談

このシリーズは、後にAC版に登場した。
本作を意識したのか、AC版での彼女達のひっさつ技・おとも効果はリスクの高いものになっていた。


各カード詳細

ニア

シフォン

リズ

キッシュ

シャルル