カード能力解説 > くろいポポイ

くろいポポイ

レア度 ☆3~6
カードタイプ こうげきタイプ・全体
スキル能力 3ターンの間、敵全体の攻撃を封印
Lスキル能力 全能力値が上昇
コスト量 大(8、14、20、28)
変身合成 専用素材が必要

概要

2013/09/17のイベントで配信された限定カード。
ぷよぷよフィーバー1のラスボス形態のポポイ。
実はかなり高位の魔族という設定であり、同じくフィーバー1の裏ボスであるカーバンクルに負けず劣らずの性能をもつ。

2014/8/4より、☆4への変身に必要な素材が一つ減少し、無期限でぷよポイント交換所に登場した。ただし複数所持は出来ない。
2015/06/24にボイスが実装された。公式アナウンスが正式には無かったので、気付かない人もいたのではないだろうか。

ステータス

☆6MAXで体力3099/攻撃631/回復202
特長はなんといっても「こうげきタイプで全体攻撃」これに尽きる。
フィーバーどうぶつシリーズでの彼は貧弱な火力が欠点だったが、こちらはそんな欠点などどこ吹く風。
進化させてレベル1になると能力値は一端下がるのが普通だが、黒いポポイは攻撃力だけさらに上がっている
単純に同レアリティ・レベルMAXのクルークと「こうげき」を比べてしまうと3分の1程度だが、それで全体攻撃はこれだけでも充分すぎる強さ。

「みんなとバトル」では3回攻撃をする為、実質的な攻撃力はプラスmaxで3393となる。
これを上回る攻撃力を持つカードはクールなシェゾ系のみであり、入手難易度に対して非常に強力なカードと言えるだろう。

2017/8月上旬の大型アップデートにより追加された「とっくんボード」で最大までとっくんした場合
最終的な攻撃力は1641×3=4923となる。
これを上回る攻撃力のカードは現時点では存在せず、最強のバトル向けカードである。

スキル

「封印」する。3ターン間、カウントゼロになった敵の攻撃を封じることができる。
とりシリーズの単色封印スキルの上位互換。

ver3.0.0から同キャラ合成による「スキル覚醒」が実装された。
仕様上、ポポイを合成することによりスキル覚醒が可能となっているので、限定カードの中では比較的スキルLvを上げやすい部類に入る。
今日でも通常クエでポポイが乱獲されているとかいないとか…
通常クエに潜る余裕がない人も召喚Pガチャやシルチケガチャで引き当てたなら見逃さずに星4まで育ててスキル上げをしよう。星4までなら必要な素材は月曜日に簡単に集められる。

余談だが、このカードが発表された直後、このカードのスキル能力の説明が今の攻撃封印の「ふういんだにゃ!」ではなく、紫属性20000のダメージを与える「おしおきだにゃ!」と誤って記載されていた時期があった。

詳細な使い方はカーバンクルを参照。
登場時は革新的なスキルと評価されたものの、現在は封印盾により大幅に弱体化してしまったのもカーバンクルと同じ状況。

リーダースキル

味方の全能力値上昇。☆3の時点で1.1倍、☆4で1.2倍、☆5で1.3倍、☆6で1.4倍となる。
こちらは初代シリーズのリーダースキル効果と同じ。
詳細は初代シリーズを参照。

コンビネーション

通常のポポイと同じく「ボス!?」「どうぶつ」「ナゾ多き」と合わせ、「ヒゲ」*1を持つ。
「どうぶつ」は、ガールズ並みに対応カードが多いので、自身や他カードの能力強化を図りやすい利点がある。
登場からしばらくの間、人型カードとのコンビネーションを組みにくい状況*2が続いていたが、龍人シリーズ(ホウジョウ、エイシュウ、タイヨ)や重装兵シリーズ(ルゴーを除く)など「ヒゲ」のコンビネーションを持つ人型カードとのコンビを組めるようになった。

とっくんボード

まんざいデモ追加:なし
段階 内容 必要野菜
7 こうげきアップ +250
8
選択式
属性ダメージ耐性(5色から選択) +2.0% イチゴ(20) ナスビ(2) アスパラ(2) トウガラシ(1)
15 属性ダメージ耐性(黄属性) 3.0%
16
選択式
属性ダメージ耐性(5色から選択) +3.0% イチゴ(30) ナスビ(3) アスパラ(3) トウガラシ(1)

デッキ考察

どこへ配置しても優秀な全体アタッカーとなる。
逆にボスが単体ならば利用価値は薄い。封印を活かすなら話は別。

クエストで利用する場合は、主に前の方に配置しよう。リーダーを紫攻撃アップ系にしたデッキの二番手がオススメ。
味方より先に全体攻撃をすることで、オーバーキルや死体殴りなどのロスが減る。
リーダーとしてはクルークかチキータ、ダークアルルが良いだろう。低レアだったり、プラス値がついていない、ギルドのタワーが低いといった場合には仮面のインキュバスを置くという手もある。
なお、全能力アップでいく場合は、レア度による性能差の違いがなければシェゾを先頭に置くよりこっちを先頭においた方がよい。その場合シェゾは2番手で頑張ってもらい、さらにボーイズコンビネーションを狙えばサブの安定度が上がる。

ギルイベのキリ番以外なら、紫ぷよ単色消しで、毒と封印を同時に発動できるという戦法がとれる。
昔はキリ番ではこれが至高の手段でもあった。

評価

全体攻撃+封印3ターンは強力。通常クエストを巡回するなら育てておきたい。低いこうげき力を重点的に強化しておくこと。
ただしギルドイベントやテクニカル等の高難易度では封印盾+高たいりょくの敵が多いので全く使えない。
最終更新:2019年11月30日 10:36