カード能力解説 > 夢の配達人シリーズ

ゼノン フィンレイ サンドラ エリサ アポストロス
レアリティ ★4~★7
タイプ かいふくタイプ・単体
スキル 各自
バトルスキル なし
リーダースキル 自属性カードとかいふくタイプの全能力を3倍にし、
ステージ開始時に全属性カードのターン数を
一定の確率で+3する
コスト 16,22,34,46
へんしん合成 ★4→★5:【★4】ぷよチョコ×2、【★5】ぷよチョコ×2、【★5】魔導書
★5→★6:【★5】ぷよチョコ×2、【★6】ぷよチョコ×2、【★6】魔導書
CV ゼノン:海老原 広規
フィンレイ:結木 梢
サンドラ:内田 彩
エリサ:多田 このみ
アポストロス:石井 真

概要

2018年1月のオールスターガチャで、ゼノンから順に登場した。
2020年8月17日に、フィンレイから順に★7が実装された。
2021年4月24日のガチャラインナップ更新より、魔導石ガチャから常設で出現するようになった。

ステータス

★6 Lv.99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
ゼノン 4260 1521 1599
フィンレイ 4239 1506 1647
サンドラ 4281 1491 1623
エリサ 4260 1491 1647
アポストロス 4239 1521 1623

★7 Lv.120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
ゼノン 6816 2129 2558
フィンレイ 6782 2108 2635
サンドラ 6850 2087 2597
エリサ 6816 2087 2635
アポストロス 6782 2129 2597

スキル

ゼノン
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★4 1ターンの間、赤属性カードの攻撃力を2.5倍にする 40
★5 2ターンの間、赤属性カードの攻撃力を2.5倍にする
★6 3ターンの間、赤属性カードの攻撃力を2.5倍にする
★7 3ターンの間、赤属性とかいふくタイプの攻撃力と回復力3.6倍にする
★6までは、星座ガールズ(★6)のスキルとほぼ同様だが、レアリティにより、持続ターン数が異なっており、発動ぷよ数が増加している。
また、剣士クルークの属性違い、および単色限定になったため、あちらの範囲縮小版と言える(あちらは★5からの実装だが、★5からのスキルのターン数、倍率とも剣士クルークと同様)。
★7では、赤属性だけでなく、かいふくタイプも強化されるようになり、さらに回復力も強化されるようになるが、ターン数は据え置きになっている。フローレ ver.エリカの上位互換で、効果範囲は剣士クルークより狭いものの、倍率は上回り、回復力も強化されるようになった。
詳細は、星座ガールズおよび魔導剣士シリーズ、サクラ大戦コラボシリーズのページを参照。

フィンレイ
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★4 1ターンの間、 一度に消せるぷよ数を7個増やす(同時消し係数を4倍に) 40
★5 2ターンの間、 一度に消せるぷよ数を7個増やす(同時消し係数を4倍に)
★6 3ターンの間、 一度に消せるぷよ数を7個増やす(同時消し係数を4倍に)
★7 フィールド上の色ぷよをランダムで2個チャンスぷよに変え、
3ターンの間、 一度に消せるぷよ数を7個増やす(同時消し係数を5倍に)
童話シリーズ(★4~★6)のスキルより、一度に消せるぷよ数が2個多いが、★6で、童話シリーズ(★7 きほんスキル)と同数になり、さらに、★7では、チャンスぷよ変換スキルが追加され、同時消し係数が増加する。
詳細は、童話シリーズのページを参照。

サンドラ
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★4 1ターンの間、ネクストぷよをすべてみどりぷよに変える 30
★5 2ターンの間、ネクストぷよをすべてみどりぷよに変える
★6 3ターンの間、ネクストぷよをすべてみどりぷよに変える
★7 フィールド上のみどりぷよを1個チャンスぷよに変え、
3ターンの間、ネクストぷよをすべてみどりぷよに変える
25
ナリとほぼ同様のスキルだが、ターン数とレアリティが異なる。
漁師ボーイズは、★4で2ターン、★5で3ターン、★6でナリと並ぶ形になる。発動ぷよ数は、★4~★6では、ナリと同数、★7は2個少なくなる。
★7では、パワプロくんの「とっくんボード」で所得できるスキル「安打製造機」の属性違いになり、発動ぷよ数もこちらの方が5個少ない。3ターン続くネクストぷよ変換スキルとしては、現状(2021年8月10日)最速のスキル。
ヤマトとは、チャンスぷよの変換数で劣るが、副属性を持たず、コンビネーションも異なるため、使い分けができる。
ただし、フィンレイのスキルと異なり、★7時にチャンスぷよに変換する対象が緑ぷよしかない。あちらは自属性ぷよを優先するが、自属性ぷよがない、または、全てチャンスぷよに変換されている場合、他の属性ぷよをチャンスぷよに変換できる効果を持つ一方、こちらの場合は変換できる自属性ぷよがないと、スキルは発動できない
この効果は、★6の時にはなかったものであり、★7にすることで新たに弱点が生じてしまった形になっている。
ちなみに、雅楽師シリーズも同様の弱点を持っている。

エリサ
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★4 フィールド内の好きな場所の色ぷよとハートBOXを
8個まできいろぷよにぬりかえる
40
★5 フィールド内の好きな場所の色ぷよとハートBOXを
10個まできいろぷよにぬりかえる
★6 フィールド内の好きな場所の色ぷよとハートBOXを
12個まできいろぷよにぬりかえる
★7 1ターンの間、黄属性カードの攻撃力を3.5倍にし、
フィールド上の好きな色ぷよ、ハートBOX、
おじゃまぷよ、かたぷよを12個まできいろぷよにぬりかえる
星の魔導師シリーズのスキルを調整したものといえるが、発動ぷよ数が増加しているが、塗り替えられる色ぷよの数も多い。
後に、服部平次メイクアップシエルすましたクルークがエリサの属性違いとして登場した。
★7で、すましたクルークとは別方向に進んだスキルを発動できる。1ターンとはいえ、攻撃力強化スキルが追加たのは大きく、ラウンしんげつのシェゾよりは倍率やターン数で劣るものの、高速化を図ることができ、差別化ができる。
なお、藤原はづきとは、エリサと似たスキルを持つが、運用は全く異なる(藤原はづきはリーダーにしておじゃまぷよを消すことで加速する一方、エリサはスキルでぬりかえることで邪魔をなくすことができる違いがある)。
攻撃力強化が追加されたため、場面によっては塗り替えから直接攻撃することも視野に入れてもよい。塗り替え後に、そのまま消えた場合は初代ぷよシリーズのようにターン数を消費せずに攻撃でき、さらに、★7では前述の通り、攻撃力強化スキルが追加されるため、ある程度の攻撃力も出すことができるため、使い勝手そのものはさらに良くなっている。
もちろん、下手な使い方では半端なスキルになってしまうので、塗り替えする際は消すか増やすか、どういう目的で使うかをよく考えよう。
★7で、おじゃまぷよそのものをぬりかえることもでき、塗り替えスキルの中では、最高クラスの使い勝手を誇るようになるが、個数そのものは発動ぷよ数、変換数共に★6から据え置きな上に、星の魔導師シリーズなどと比べると、発動ぷよ数が多く、必ずしもそれらの上位互換にはならない。
良く言えばいいとこ取りだが、悪く言えば中途半端なスキルと言える。
おじゃまぷよ、かたぷよをぬりかえられるスキルは、他にかがみのラフィソルしかおらず、あちらはプリズムボールにぬりかえて変換するスキルを持っている。あかきウィッチもかたぷよまでプリズムボールにする効果を持つが、任意ではなくスキル砲の側面が強いので、効果は似て異なる。
なお、エリサのスキルではプリズムボールにはぬりかえられない。後に登場した神楽も同様のスキルを持つが、攻撃力強化効果は★6の時点でも発動される。
このスキルに関しては、ぬりかえに関してはかがみのラフィソル、星の魔導師シリーズおよび各キャラのページ、攻撃力強化についてはカミの癒し手シリーズ、及び、しんげつのシェゾのページを参照。

アポストロス
レアリティ スキル 発動ぷよ数
★4 デッキを左右に動かしてカード位置を変更できるようにする 45
★5
★6
★7 40
デーモンサーバントと同様のスキルだが、発動ぷよ数は、アポストロスの方が少ない。
★4~★6は、デーモンサーバント(★7)と発動ぷよ数が同数で、★7では5個減少する。
ゼノン・フィンレイ・サンドラ・エリサと異なり、★4~★6までスキルが一切変化せず、★7でも発動ぷよ数が減少するだけで、スキルは変化しない。
詳細は、デーモンサーバントのページを参照。

リーダースキル

レアリティ リーダースキル
★4 自属性カードの攻撃力と体力を2倍にし、
ステージ開始時に全属性カードのターン数を
一定の確率で+1する
★5 自属性カードの攻撃力と体力を2倍にし、
ステージ開始時に全属性カードのターン数を
一定の確率で+2する
★6 自属性カードの攻撃力と体力を2.5倍にし、
ステージ開始時に全属性カードのターン数を
一定の確率で+2する
★7 自属性カードとかいふくタイプ全能力3倍にし、
ステージ開始時に全属性カードのターン数を
一定の確率で+3する
自属性カードの攻撃力と体力を強化し、ステージ開始時に全属性カードのターン数を一定の確率で増加させる。★7では、強化対象が全能力になり、かいふくタイプも強化されるようになる。
後半の効果は、魔法使いシリーズのリーダースキルの全属性版とも言える。発動対象が全属性になった一方、増加できるターン数が減っている。

コンビネーション

共通で「ナゾ多き」「天空」に対応している。
その他のコンビネーションは、「各カード詳細」を参照。

デッキ考察

3ターンの遅延ができてかつ全能力が強化されるので、ターン数増加盾がないギルドイベントの敵に対して有効である。
魔法使いシリーズ草木のオイルシリーズと比べるとターン数は短いが、こちらはそれぞれが有効なスキルを持っており、また全能力が3倍になるため耐久力も高く、使い分けができる。
回復力も3倍に強化されるため、癒しの天使ガールズの回復値を参照して、逆転ステージを攻略する際にも活躍できる。

テクニカルでも、回復三倍により耐久力の高いデッキが構築可能である。単色により反射などのギミックにも強い。

評価

ギルドイベントでも、テクニカルでも活躍が見込めるシリーズである。
入手ができたらできるだけ★7を目指したいところ。

各カード詳細

ゼノン
コンビネーションは、「ボーイズ」「はばたき」「天空」「ナゾ多き」。
2018年1月27日に初登場し、2020年10月19日に★7が実装された。
「怖い夢」を運ぶ配達人。
スキル名の「ポベト・ネイ」の「ポベト」は「ヒュプノス」の子「ポベートール」、「ネイ」は夢の神「オネイロイ」に由来する。

フィンレイ
コンビネーションは、「ボーイズ」「天空」「ナゾ多き」。
2018年4月9日に初登場し、2020年8月17日に★7が実装された。
「空を飛ぶ夢」を運ぶ配達人。
スキル名の「モルフェ・ネイ」の「モルフェ」は、「ヒュプノス」の子「モルフェウス」に由来する。

サンドラ
コンビネーションは、「ガールズ」「天空」「ナゾ多き」。
2018年2月24日に初登場し、2020年9月7日に★7が実装された。
「なつかしい夢」を運ぶ配達人。
スキル名の「ファンタソ・ネイ」の「ファンタソ」は、「ヒュプノス」の子「パンタソス」に由来する。

エリサ
コンビネーションは、「ガールズ」「天空」「ナゾ多き」。
2018年5月9日に初登場し、2020年11月20日に★7が実装された。
「望みが叶う夢」を運ぶ配達人。
スキル名の「パシテア・ネイ」の「パシテア」は、ヒュプノスの妻である女神「パシテア」に由来する。

アポストロス
コンビネーションは、「ボーイズ」「つの」「天空」「ナゾ多き」。
2018年3月13日に初登場し、2020年12月7日に★7が実装された。
「くり返す夢」を運ぶ配達人。
スキル名の「ヒュプノ・ネイ」の「ヒュプノ」は、眠りの神「ヒュプノス」に由来する。
スキルの都合上、マルチプレイでは使用できない。
最終更新:2022年10月01日 10:41