アクシズ・ショック

登録日:2012/06/19 Tue 23:56:50
更新日:2020/12/01 Tue 13:04:58
所要時間:約 8 分で読めます





ふざけるな!
たかが石っころ一つ、ガンダムで押し出してやる!


アクシズ・ショックとは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』終盤で起きた超常的現象を指す。

名称の初出は『機動戦士ガンダムUC』にて付けられたもので、逆襲のシャア劇中ではこの名称は使われない。

◇概要

『逆襲のシャア』本編中の戦闘にて、地球に向けて降下を始めたアクシズの後ろ半分(前半分はロンドベルの尽力により爆砕・分離を成功した。
ただしその時の爆破の威力が強すぎたために後ろ半分は減速してしまい地球に引力に引かれる事となった)の軌道を変更する為、
アムロの駆るνガンダム・連邦軍のMS隊、更にはアクシズ落としの為に作戦に参加していたはずのネオジオンの部隊までもがアクシズを押すという行動に出た。
当然小惑星をMSの推進力程度で動かす事などできるはずがなかった・・・のだが、突如νガンダムを中心として広がった緑色の光によってアクシズは包まれ、その軌道を変える事となった。

この時にアクシズが地球から離れた現象、またサイコフレームによる発光現象を指す。


◇発生原因

『サイコ・フレーム』と呼ばれるMS構造材がある。
これはサイコ・コミュニケーター(通称『サイコミュ』)の基礎能力を持つコンピューターチップを金属粒子レベルで鋳込んだ新素材で、ようはサイコミュの凄い版である。

このサイコフレームは、人間の出す感応波を集積して光に変え、物理エネルギーに転化する機能を持っており、アクシズが逸れたのは地球圏の全人類の無意識を集積・物理的パワーに転化したサイコ・フィールドによるものだった。

◇富野由悠季のインタビュー

福岡美術館で開催された『富野由悠季の世界展』の公式図録内のインタビューにて、CCAのラストシーンのアクシズの押し返しについてこうコメントを残している。

(―――では『G-レコ』から連想しつつ、他の作品についても聞かせてください。先程「宇宙エレベータがあり得ない」というお話がありましたが、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のサイコ・フレームの存在も「ありえない」存在で、そこに中々インパクトがありました。)
「サイコ・フレームについての指摘は、厳しいですね。映画のクライマックスにあれを持ち出したというのは、窮余の一策でも何でもない。「こういうことをやらなければSFっぽく見えないよね」っていうことだけです。だからその部分を拡大してシリーズを作るということは絶対にできないという自覚があった。もしそこを拡大して描いていったら、虚像を拝むカルトと変わらないことになってしまうからです。」

◇後生への影響





そうだよ、そうなんだ!
誰にだってわかってることじゃないか!
こんなところで地球に育む生命の歴史を終わらせちゃいけないってことぐらい!

『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』主人公で、ブルーディスティニー1号機と3号機を駆り、宿敵ニムバス・シュターゼンと激闘を繰り広げた。

ゲーム三作を最高成績でクリアした場合、アクシズ落としの現場に居合わせ、他の兵士たちとともにアクシズを押し返そうとした。

上述のベストエンディングを元にした小説版及び漫画作品「ガンダムレガシー」では、逆襲のシャアで弾かれたギラ・ドーガの手を掴んだジェガンがユウ・カジマ機だったとされている。



  • ボッシュ

私は欲しかったのだよ
“ガンダム”の力が!

ネオ・ジオン第二の反乱の時、俺は見た
νガンダムから放たれた光を!
そして思った、いつかこのガンダムの力を手にしてやろうと

これがガンダム……悪魔の力よ!

機動戦士ガンダムF90』に登場。
シャアの反乱時、連邦軍でジェガン(シドへ語った話ではジムⅢ)に搭乗しアクシズ・ショック*1を目撃。νガンダムの放った光に魅了されガンダムの力に強く執着するようになり、遂には火星ジオン軍『オールズ・モビル』と内通し、ガンダムF90を手に入れた。
なおアクシズでの現象がニュータイプとサイコフレームの力によるものとは理解しておらず『ガンダム』そのものが持つ力と思い込んでいる。


  • ミノル・スズキ
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』に登場。
地球から、シャアの隕石落としを見たことで連邦軍人を志して「連邦の青い閃光」と呼ばれるほどのMSパイロットまでになったが、大きい戦乱が起きなかったので作中が初実戦。
主に教官として活躍しており、コスモ・バビロニア建国戦争で多くの教え子が亡くなってしまったことと、地球連邦に愛想がつきてサナリィに移ったとのこと。

相手の新型+エースを相手に撃破こそできなかったが、やや旧くなってきた機体で持ちこたえたりトビアの絶体絶命を救うなどその腕前は確か。
基本的には温厚だが、説得しようと熱弁するトビアを制して冷静に作戦立案したり最後まで諦めずに援護したり後進を守ろうとするなど、腕前だけでなく人格的にも優秀で教え子からかなり慕われている。
レコードブレイカーの3人のパイロットや、「連邦の青い閃光」の二つ名を受け継いだハリソン・マディンは彼の教え子であり、
クロスボーン関連の作品において色々と影響が及んでいる。




地球を包んだあの虹を見ても、人は変わらなかった

これからも変わることはない

ネオ・ジオン軍残党『袖付き』の首領。
全体の一部となり、人類の行く末を見て絶望したシャア・アズナブルの思惟が宿った強化人間で、モハナン・バハロにより用意された。シャアの思惟が宿っている為、当然、アクシズ・ショック時の記憶も有しているが、その振る舞いはどこか他人事で、バナージからは嫌悪感を持たれている。

  • イアゴ・ハーカナ


俺は見た……あの暖かな光が地球を包むのを。そして、その中心には……!

行け!ガンダム!お前たちならやれる!
あの時と同じだ!

ガンダムUCの後に起きた事件を描く劇場版『機動戦士ガンダムNT』の登場人物。地球連邦軍特殊部隊シェザール隊・隊長。
かつて連邦兵として第2次ネオ・ジオン抗争に従軍。アクシズ・ショックを目撃した。
終盤の激闘のさなか、激励とともに『痩せっぽちのガンダム』と『中の上程度のパイロット』を、彼らを待つガンダムのもとへ送り出した。

  • アフランシ・シャア
宇宙世紀0200年台を舞台とした小説『ガイア・ギア』の主人公。

この時代、シャア・アズナブルは伝説の人物として語り継がれており、シャアの人徳とニュータイプとしての才能は、地球を汚染する恐れのあった隕石を回避させてシャアは死亡し、その際にシャアの意思はオーロラとなって地球を包んだ」と伝えられている。

そういった伝説により、シャアの絶対理想に共感した人達は、第二のシャアである、シャアのクローン、アフランシ・シャアを作り上げて、地球連邦軍の改革を試みた。



◇ゲーム作品において

クロスオーバー物のゲームではよく取り上げられる。

Another Century's Episode 3 THE FINALではアムロの頑張りを見て、
フォッカー、イサム、ゲッターチーム、ドラグナーチーム、ガロード、ゲイナー、レントン&エウレカ、そして主人公たちが次々と駆けつけた。

この展開は専用のムービー&それぞれのセリフのおかげで最高に熱い。

スパロボでもこの展開になった際には自部隊の機体が続々駆けつける
……んだが、近年の作品だとアルマゲドン1分の1で強制終了普通に敵ユニットとして破壊とかやらかす。

また、落下には成功したものの何者かの手で地球が消滅した(と見せかけた)際に一緒に破壊されたこともある。

なお、クロスオーバー作品で行われる場合大概シャアだけが行方不明になるが、上記スパロボで無理矢理破壊した作品はどちらもシャアが味方である(むしろ逆シャア版で率先して破壊した例も

時には時空修復の要である「大特異点」として登場することもあり、破壊したら時空修復ができず積む。
更に次元力によるブーストがかかっているのでガンバスターグレンラガン真ドラゴンですら押し出すパワーもある。
特異点であるシャアはアムロ達と協力して時空修復を敢行し、フロンタルによる落下を阻止した。

スーパーヒーロージェネレーションではオリ敵を追って別世界に飛んだら偶然アクシズに出くわし、成り行きでνガンダムに協力。
戦闘中にオリ敵が別世界に逃げたので、降下中のアクシズを放置して敵を追っていった事もある。
…多分その世界では落ちたんだろう。νガンダムもアクシズ放置して自軍についてくるし(しかも参入イベントなし)。
ちなみに、この世界のネオジオンは酷く残念な有様で、点火に必要な燃料すら確保できておらずたまたま拾ったオリ敵のエネルギーで点火しようとした。
作中では戦闘イベントを進めると点火されるのだが、このゲーム、実は最終ターゲットをさっさと落とせば途中のイベントはスキップされる。
何が言いたいかというと、最終ターゲットのサザビーを速攻で落とせばアクシズは点火されずに終了し、地球に向かうことなく宇宙に放棄される。酷ぇ。

(;冥ω殿)「wiki篭りまで!?無理だよ、みんな下がれ!」

wiki篭り「項目が駄目になるかならないかなんだ、やってみる価値はありますぜ!!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年12月01日 13:04

*1 当時はこの名称ではなかったが。