レティス

登録日:2012/07/01 (日) 02:16:14
更新日:2018/08/25 Sat 02:45:13
所要時間:約 4 分で読めます






中ボスとして現れるが、心強い味方。

CV:合田絵利


【人物もとい鳥物】
次元を渡る力を持った神の鳥。
隔絶された大地に存在する山、神鳥の巣に住み、近くの村レティシアで神として崇められる。
卵を産んでいるのでメス。が、オスがいるとも思えないので両性具有かもしれない。

かつて暗黒神デブソーンもといラプソーンと戦った7人の賢者達を導き、神鳥の杖を作らせその中にラプソーンを封印した。

しかしそれによって力を使いすぎたレティスは闇の世界に取り残されてしまっており、影だけが表の世界に姿を現すことがある。
基本的に人間の味方で魔物には嫌われている。

「レティス」の名は7賢者の1人、「天界を見てきた男」レグニストの命名による。

【容姿】
薄い紫色に光る大きなワシのような鳥。脚で馬姫をひとつかみできるほどのサイズがある。
頭の飾り羽も特徴的。
因みに闇の世界で色があるのは基本的にレティスだけ。

【作中での行動】
物語を進めるに連れてレティスの存在は言及されるようになる。
闇の遺跡ではレティスの壁画を燃やすことで先に進めるという嫌がらせイベントがあったり。

やがて話を進めると、隔絶された大地でレティシアの近辺にレティスの影が現れる。
追いかけっこしてある地点にたどり着くと、そこに闇のゲートを開いてくれる。
闇のゲートを通って色のない闇の世界に入ると、闇の世界のレティシアではレティスに村が襲われる事件が発生していた。
どういうことなのか不審に思ったままレティスの現れる岩に行くと、
いきなり鳥の鳴き声が響いたかと思うと話す間もなくレティスとの戦いになってしまう。

中ボスとしてのレティスはかなりの強敵。
やたら防御力が高くダメージが通りにくい上、攻撃力も相当ありゼシカ等は一撃でKOされることも。
ただしHPがあまり高くないので、チーム呼びのモンスター達で押し切れることもたまにあるが。 

戦いに勝つと、レティスがやっと真意を教えてくれる。
曰く、留守にしてる間に巣を妖魔ゲモンに乗っ取られ、卵を人質にされてしまった。
村を襲ったのもそれで脅されたからだと。(実際、レティスは子どものいる建物に手を出さない等それなりに配慮して襲っていた)
主人公達を闇のゲートで招き入れ、戦ったのも卵の奪還を頼みたい主人公達を試す為であったことが語られる。
引き受けますからもうちょっと平和的に試してください。
因みに正面から戦えばゲモン等敵ではないとも言っている。

レティスの案内で神鳥の巣を上り、ゲモンを倒すと、ゲモンは卵を道連れに自爆。
レティスが嫌な思いをさせて申し訳ないとか謝ってくるのでこっちが申し訳なくなってくるが、卵の中に宿っていた魂が現れ、協力してくれる。
主人公達は鳥になって空を飛ぶ力を得るようになったのだ。
因みにBGMはDQ3でおなじみの「おおぞらをとぶ」のオーケストラ版。
使い回しもしくは旧作ファンへの媚売りかよとか思ったプレイヤーは後でその不明を大いに恥じることとなる。

やがて暗黒神ラプソーンが復活する。
ラプソーンが闇の世界から大量の魔物を召喚したが、繋いだ為にレティスも表の世界にやってくることができた。
登場も魔物の嵐にまかれて変身が解けてしまい落下していく主人公達を救うとなかなか熱い。

そして最終決戦は、レティスの背にまたがって行われる。
背中に槍を刺されて地獄の雷を呼び出されようと、岩石を掘りだされようと、
鞭でひっぱたかれて大蛇を呼ばれようと、ラプソーンにハエのごとくひっぱたかれようと、平然と飛び続ける。
直接戦いに参加するわけではないが、紛れもないこの戦いのMVPである。
何よりBGM「おおぞらに戦う」が熱い。

【ボスとしてのレティス】
HP:1750
攻撃力:386
守備力:308
素早さ:100
行動:通常攻撃、わしづかみ(1.25倍強化攻撃)、ライデイン、ベホイミ、まぶしい光、凍てつく波動
耐性:全攻撃呪文軽減、補助系無効
完全2回行動

HPこそ低いものの386というバカげた攻撃力は洒落にならず、
通常攻撃ですらガチガチに固めた主人公やヤンガスですら150前後のダメージを受ける。
強化攻撃のわしづかみはククール、ゼシカが食らうとレベルによっては全快状態でも即死クラス。
これで完全2回行動なのだから恐ろしい。
あまりの攻撃力から、「負けバトルだろう」と思い全滅したプレイヤーは数知れず。

ちなみに、力自慢という設定の次のボスのゲモンは攻撃力328。
十分高いのだが、レティスのインパクトが強いためにネタにされがちである。
というかこの数字、本編ではラスボスのラプソーン第一形態すら上回っている。
これより上の攻撃力はデブソーンや裏ボスの竜神王の各形態のみ。

それに加え、308という堅牢な防御力でまるでダメージを通さず、
ここまでテンション溜めなどのごり押しで進んできたプレイヤーには絶望を与えてくる。
全呪文を軽減なためメラミでも40~60程度のダメージを受けない。補助系無効のため、当然ルカニも効かない。
スクルトで固めようとしても凍てつく波動ですぐに無効化されるためほぼ無意味。
ライデインやまぶしい光は正直サービスと思える(ひん死の状態からのライデインでは死ぬが)

攻略法としてはガチガチに固めるのではなく、みかわしの服やダンシングメイルといった回避重視の装備が有効。
攻撃面ではメタル狩りで有効な雷光一閃突きなどの会心技が有効。真空波やかまいたちも若干ながら効く。
意外と有効なのがククールがカリスマスキルで覚える魅惑の眼差し。防御貫通のため、80以上のダメージを安定して与えられる。

え、これらのスキルに全然振ってない? メラミとか呪文でチマチマ削るしかない……。
このため最悪最初からやり直すプレイヤーもいたとか。

  • 3DS版
ゲルダとモリーが新たに加入する3DS版では、後半のボスが強化されると発表されていた。
そしてレティスはというと

HP:2400
攻撃力:386
守備力:308
素早さ:100
行動:通常攻撃、わしづかみ(1.25倍強化攻撃)、ライデイン、まぶしい光、凍てつく波動、メダパニーマ
耐性:全攻撃呪文軽減、補助系無効
完全2回行動

( ゚д゚) ……

(つд⊂)ゴシゴシ

メダパニーマ

(;゚д゚) ……

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

メダパニーマ

(;゚ Д゚) ……!?

恐ろしい呪文を引っ提げて帰ってきた
HPが1.5倍近く伸びただけならまだしも、ベホイミを捨てた代わりに全体混乱呪文であるメダパニーマまで習得しやがったのである。
HPはモリーが主人公、ヤンガスに続き会心技である「まじんのかなづち」を習得できるのもあり妥当なところだろう。
しかしまさかのこの呪文で多くのプレイヤーをまたしても絶望へたたきこんだのだった。
しかも使用頻度が低いということはなく、普通に連続して唱えてくる。

こうしてレティスは運ゲーという新たなトラウマも植えつけたのであった……。
……だが、ゲルダの特技「ゴールド投げ」で2500ゴールドの代わりに500ダメージを簡単に叩き出せる上に、
スーパーリングを装備すればメダパニーマもまばゆい光も効かないので、楽ではないが事前の準備さえ整えればむしろ以前よりラクに倒せたりするため、詰んでしまうという事態は避けられる。
そしてゴールドはやや裏ワザじみているもののチーズ錬金で容易に稼げるのでゴールド投げで浪費しても痛くも痒くもない。


【エンディング】
ラプソーンを倒すと、この世界はもう心配ないと言い残してレティスは子どもの魂と共に別の時空に旅に出る。
そしてその際、ある秘密(多分喋ってなかっただけだが)を教えてくれる。
主人公達にとってはふーんって感じなんだろうが、
過去ドラクエシリーズをプレイしたプレイヤーの胸を熱くさせるには十分なセリフだった。

私は 神ではありません。
レティスという名前も あなたたち人間が
そう名づけただけのものです。

私が生まれた世界では
ちがう名で 呼ばれていました。

そう あの世界では
たしか…………ラーミアと。


この告白により、ラーミア=レティスが別の世界へ移動できること、DQⅢの世界とⅧの世界が並列して存在している事が明らかになった。
非常に便利な設定だったようで、後のドラゴンクエストヒーローズでは各世界からオールスターキャストを連れてくるキーキャラクターとして活躍している。

余談だが、Ⅲのリメイク版においてラーミアは豪奢な羽を持つ孔雀のような鳥で、Ⅷのレティスとは一見すると大きい事くらいしか共通点が見当たらない。むしろ形だけなら旧FC版の方が近い。
しかし孔雀は雄のみが派手な羽を持っているため、ラーミアもあるいは雌雄で見た目が違い、このレティスと呼ばれる個体が雌であることの証明ではないか、という説や、訪れた世界によって姿が変わる事があるのではないか、という説もファンの間では提唱されている。
…後付けとかリファインとか夢のないことを言ってはいけない



ラストの告白に感動した人は追記・修正お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/