エクストリームガンダム(ミスティック・フェイズ)

エクストリームガンダム カルネージ・フェイズ タキオン・フェイズ イグニス・フェイズ ミスティック・フェイズ
形式番号:不明  パイロット:ex-(イクス)
コスト:6000  耐久力:2500  変形:×  換装:ミスティック・フェイズ(戦闘開始から)

射撃 名称 弾数 威力 備考
射撃 忘我墜星(オブリビオン・メテオ) 150 【単射】弾速・誘導・銃口補正に優れ、かつ足が止まらない
通信コマンド+射撃 100~360 【5WAY】5発同時発射。↑より誘導は弱め
CPU専用コマンド2+サブ射撃 120 【曲射】上向きに矢を放ち一定距離進んだのち上から拡散して降ってくる。見た目ほど当たり判定はない
CPU専用コマンド3+サブ射撃 70~350 【拡散】大き目のビームを放ち一定距離進んだのち拡散する。拡散する前のビームには当たり判定がない
通信コマンド+特殊射撃 120~353 【爆風】覚醒時限定。着弾点から範囲広めの爆風が出る。矢1Hit120、爆風1Hit12
サブ射撃 実体矢射出(溜め撃ち) 50~240 実体の矢を溜めて発射。超弾速にして高火力、誘導や銃口補正も強い
通信コマンド+サブ射撃 拡散ビームバルカン 40~256 中心から広がるようにビームを拡散させてバルカンのような弾を撃つ。上下誘導がかなり強い
CPU専用コマンド1+射撃 ビーム柱 180 飛翔し、地面に向かって槍からビームを左から右へなぎ払い着弾点からビームの柱が出る。飛翔には誘導切り効果あり
CPU専用コマンド3+射撃 こちらは後ろから前に向かってビームを薙ぎ払う
CPU専用コマンド2+射撃 レーザーランス 35~353 槍から高火力のゲロビ。曲げ撃ち可能
CPU専用コマンド3+特殊射撃 終焉摂理(デスティネイト・プラン) 13~223 羽の形をしたファンネル。当たると炎上スタン
通信コマンド+特殊格闘 天上麗舞(ソレスタル・ビューティング) 52~240 向かってくる竜巻を3つ発生させる。覚醒中は5つに増える
CPU専用コマンド2+特殊射撃 絶望蝶 58~352 ターンXの月光蝶の広範囲版。地上でしか使えない
格闘 名称 入力 威力 備考
通常格闘 突進 N 70~189 構えてから高速で突進。当たると受身不可の特殊ダウン。左右の誘導が強い
前格闘 連続突き 前NN 272 槍で突き→突き上げ→連続突き。突進速度がかなり速い
槍投げ→叩きつけ 前N射 302 射撃派生。叩きつけの際発生する衝撃波には弱スタン効果あり(1Hit70)
横格闘 切り抜け 160 誘導が強く、当たると受身不可ダウン
後格闘 バックステップ突き 43~200 バックステップしてから突進。突進速度が速く誘導も強い
BD格闘 ジャンプ突き BD中前 50~143 飛びあがりからの単発ダウンの突き。
特殊格闘 突き刺し 180 槍を回転させた後殴りつけるように刺す。その場から動かない。
特殊射撃 ミストラルソウル 95~260 槍を掲げ、本体の周囲に緑の竜巻を発生させる。地上でしか使えない
特殊 名称 入力 威力 備考
覚醒技 手に入れたぞ、貴様の絶望を! 3ボタン同時押し 330 覚醒技。掴み→ビーム接射→爆風
CPU専用コマンド2+特殊格闘 特殊移動 70 誘導を切る。衝撃波にスタン判定あり(1Hit70)。コマンドによって特殊移動の回数が1~3変化する
CPU専用コマンド3+特殊格闘
CPU専用コマンド4+特殊格闘
特殊 地形組み換え - 30秒毎に使用。嘶くように動く
特殊 ガード - 槍を回転させてガードする

※技名は全て仮称の物です。

【更新履歴】

12/12/18 新規作成

解説&攻略

「進化の極限に創造されし絶望の象徴…エクストリーム!」
12/18のアップデートにて最終ステージに登場(8-Aから8-E全て)
2013/6/25に旧フェイズが復帰した際にはBルート担当となっている。
前作から存在の噂だけはあったエクストリームガンダムの第4形態が満を持してついに登場。
第4形態目は「機動神話形態」ミスティック・フェイズ。

この形態も頭部が変形するがその辺のプロセスは今のところ不明。
外見は翼付きのケンタウロスといった形で、弓に変形する馬上槍を持っている。また胸部は馬の顔のような造形になっている。
漫画板EXAにてペガサス型のメカ「ミストホース」と合体変形することによってこの形態になる事が確認されている。
武装の一部はガンダムシリーズで登場する作戦名や組織名称のオマージュであると思われる。(ガンダムEXAエピソード27にて確認。)
忘我墜星(オブリビオン・メテオ)→オペレーション・メテオ
終焉摂理(デスティネイト・プラン)→デスティニー・プラン
天上麗舞(ソレスタル・ビューティング)→ソレスタル・ビーイング

射撃・格闘共になかなか凶悪な性能を持っており、まさに万能機形態といった形。さらには月光蝶も使用してくる、
覚醒も使用してくるのが特徴で、覚醒中は移動スピードがかなり速くなる。この面からタキオンと並ぶ高機動形態ともいえる。

かなり強力なボスであることは間違いないが、射撃関連は割と対策しやすいため、
目下、難易度的にはカルネージ・イグニスは上回るものの、事故要素が極めて強く運ゲー度が酷かったタキオンを上回るかは微妙なぐらい。
どちらにせよこのゲームのボスではビグザム・シャンブロと並んでの最強クラスとなる。

BDにズサモーションがあり、地走機体でもある。ボス機体では初の搭載。
ガード(カウンター)も使用するが頻度は少ない。モーションは槍の回転。
最終形態のような立ち位置だがBGMは今まで通り、だが専用ステージはあり名称は「EXTREME EVOLUTION」(極限進化)
開始時はこちらを見下ろすように隆起した高台に立っている。
この高台は開幕即引っ込むため他フェイズでそこそこ有効だった開幕ゲロビが刺さらなくなっている。

家庭用でレオスとの間に00×レグナントと同種の特殊な掛け合いが確認された、なんとセシアも喋る。
FBミッション(オンライン)の「絶望の矢」をレオス機のいずれかでプレイすると聞ける(アーケードでは掛け合いなし)
レオスが1度でも撃墜されると台詞が中断されてしまうので腕に自信のない人はある程度レベルを上げてから臨もう。
なお最初から最後まで通しで聞こうとするとギリギリ180秒に収まらない。
レグナント同様残り耐久が掛け合いのフラグなので、わざと撃墜されて掛け合いを中断させた後に残り耐久をミリにすれば最後の部分が聞ける。
※漫画版EXAのネタバレにもなるので嫌なら回避推奨

+※以下公式の設定資料
※以下公式の設定資料
どこから語るべきだろうか…? 初め、彼には「意志」だけがあった。
幻影の身体と世界は彼の産まれ故郷に他ならず、故に、彼にとって次元の違いを区別する理由はなかった。
心の内に宿る意志。もはや思い出すこともない「彼女」より託されたその感情を、彼は絶望と理解した。
「過ちと悲しみに満ちた絶望の歴史を、敢えて遺す意味などはない」
求めるものは、完全で理想的なひとつの世界。だが、それが誰のためのものであるかを、彼が思い出すことはやはり無い。
ミスティック・フェイズは、度重なるレオスの極限進化を見せつけられた彼が「絶対に、何があっても」真似されることのない
極限中の極限のガンダムとして創生させた、ex-(イクス)の最終到達点。その名も、『機動神話形態』である。

コース パートナー 出現機体
8-A
8-B 百式 リグ・コンティオ&ジンクス
8-C
8-D
8-E


射撃武器

傾向としては弾が細く弾速が速い、広範囲に及ぶものから単発で威力の高い物まで様々。
ほとんどの射撃が高火力のため、ガード必須。
また攻撃範囲が狭いぶん誤爆がかなり少ない。

【射撃】忘我墜星(オブリビオン・メテオ)【単射】

「受け入れろ!」
やや溜めてから弾速の速い単発ビームアローを放つ。
弾速・誘導がとてもよく、構えのモーション中にステップしても誘導を切らないため回避が難しい。
モーションは分かりやすいためシールドでの回避が有効、誘導が強すぎるためBDだけの回避は非推奨。

【射撃】忘我墜星(オブリビオン・メテオ)【5WAY】

カルネージの火炎弾のようにビームアローを5発放つ。
BDで地上を駆け回っている時に垂れ流す事も多い。
中距離でよく放ってくる上なかなかに強誘導なので見えたらガードするかステップなどで誘導を切ろう。
両端2本の誘導が中央3本に追いついていないため、遠距離なら間を抜ける事も可能。
覚醒するとこの技を使わなくなり、上記の単射に変化する。

【射撃】忘我墜星(オブリビオン・メテオ)【曲射】

「照らせ、光よ」
ビームアローを上に向かって撃つ。数秒後に自分の付近に落ちてくる。
普通にしていればほとんど当たらない為、特に気にする必要はないが、当たれば打ち上げられる。
技としてはまんまカルネージのコンテナミサイルと同じ。拡散範囲が異様に広くステージの1/4は範囲に収まる。

【射撃】忘我墜星(オブリビオン・メテオ)【拡散】

弓から拡散ビームを放つ。拡散時はサザビーのCSのような感じ。
最初は単射だが相手に至近してから拡散するタイプの様で、中距離からでもなかなか避け辛い具合に押し付けてくる。
サザビーのCSと同様拡散直後に当たってしまうと思いも寄らぬ大ダメージを受けてしまう。

【射撃】忘我墜星(オブリビオン・メテオ)【爆風】

「未来を諦め、一矢報いることを望むか・・・」
覚醒中に使用してくる。
着弾点から緑色の爆風が出るビームアローを放つ。
弾速はかなり遅い為、本体は見ていれば当たらないが爆風はそこそこ広めかつ長く続くので注意。
爆風の広さと拡大速度は2号機の核と同じなのだが、直撃もらうと350以上のダメージを受けるので後述の覚醒技より危険。

【射撃】実体矢射出

「遊んでやる」
手にした槍を実弾矢として撃ちだす。2秒ほど溜めるのでわかりやすい。
多段銃口補正に加え、物凄い弾速・誘導を持っており、横軸BD程度は余裕で食う上にステップタイミングも難しい。
単射のアロー同様、モーションが見えたらガードが有効。幸い地形を貫通しないため段差の後ろに居れば当たらない。

【射撃】拡散バルカン

「悲しい事だ・・・」
槍を分離して構えバルカンのようなビームで薙ぎ払い攻撃。最初は真正面に撃ち両腕を横に広げ薙ぎ払う。
当たるとのけぞりよろけ。動きとしてはカルネージのファイヤーバンカーと逆の動きでバルカンverと言えばわかりやすいか。
幸い威力はかなり低い。構えながら射出する為、ガードは困難。
なお、全段撃ちきるまで銃口補正がかかるため見た目に反し上昇で回避安定という訳にはいかない曲者。

【射撃】ビーム柱

「希望を散らせ!」
地面に向かって槍からビームを放ち。着弾点から緑色のビームのような光柱が出る。動作は超速だが柱は5本程度と少ない。
幸いビームに判定はなく後から出る柱に判定があるので、ビームで地面をなぎ払うのが見えたらすぐに移動しよう。
柱の位置によっては偏差射撃のように柱が左右に逸れるので逃げる方向を間違えないように。
縦になぎ払うものと、横になぎ払うものの2種がある。
自分がエクストリームガンダムより上にいると上に向かってビームを発射することがあるが、その場合も地面から光柱は発生する。
柱は半回転ダウン。

【射撃】レーザーランス

「何故、絶望しない!?」
槍から高火力のゲロビを放つ。幸い発生は遅く銃口補正も弱め、だが真正面から見るとやや動作が小さく見え辛いか。
当たるとかなり削られる。ダメージは350~? 90°程度まで曲げられるゲロビとそのまままっすぐのゲロビの2種がある。

【射撃】終焉摂理(デスティネイト・プラン)

「我が翼が拒絶する・・・!」
背中の翼から羽型のイクス・ファンネルミサイルを14基射出する。
当たると炎上スタンするので必然的に1つでも当たると残り全てに当たってしまう。
さらには全て当たってもダウンしない為、追撃をくらいやすい。
幸いイグニス程鬼畜な判定サイズは無く、誘導はΞのファンネルミサイルより弱い。
また取り付く位置が自機の前方寄りなためこの攻撃も盾可能、ブーストが足りない時は盾に賭けよう。
ただガード成功の度に機体の向きが変わるため1発目から盾で止めようとすると真横から刺さる事があるため注意。

ユニコーンのサイコミュジャックでジャック可能な模様。
狙うのは難しいが、強制ダウンさせればその場で爆散・無力化させられる。

【射撃】天上麗舞(ソレスタル・ビューティング)

「消えろ」
本体が飛び上がり、地面に向けて槍を刺す。すると竜巻が3つ発生し、こちらに向かってくる。
覚醒中は5つに増える。ガード可能。当たると横回転特殊ダウンでかなり高く打ち上げられる。
誘導は無く弾に間隔がある為「自機狙いはチョン避け」というSTGのセオリーで回避、BDだと移動しすぎて引っかかりやすい。
エクガンの向きを見て軌道を先読みするべし、避け辛いようならガード安定。
尚、飛び出ている地形に当たると共に消滅するため避けれないと思ったら地形を利用するのも手。
取り巻きに誤射して消える事もあるため、連打してくれると割と都合がいい攻撃でもある。

【射撃】絶望蝶(ぜつぼうちょう)

「我が広げるは、明日無き翼!」
おもむろに背中を向け月光蝶を使う、緑色なのでターンXのGAデータを取り込んだ物と思われる。
タブーを破った感が更に増すこの技名は漫画EXAにてイクスが命名したもの。

ターンXの月光蝶の範囲がかなり拡大したもの。もの凄く太いゲロビと考えてもいい。
耐久がミリでも減ると使用。気まぐれでぶっ放すくらいに考えた方がいいが、武装が多い都合低難度ほど頻度が上がる傾向にある。
カルネージのゲロビ並の発生の速さ、相手に背中を向けるぶん発生ロスはあるがそれでもかなり素早いため硬直に重ねられると危険。
その代わり銃口補正は弱く、横ブーストしていればぶっぱ程度そこまで当たる物ではない。
ただし、逆ハの字のような攻撃範囲となっており上空ほど横範囲が広くなるため高飛びは厳禁。
技を出している間は動かないのでこの隙に距離を取り、遠距離から攻撃したい。
また月光蝶の短時間の連続発動とキャンセルしたのを確認。キャンセルすると台詞が「我が広げるは」で終わってしまう。

格闘

突進速度が速く、誘導が強めで曲がって追ってくる。
単発の格闘が多いが打ち上げの物が多いため、追撃されやすい。

【格闘】突進

「はぁぁぁぁぁぁぁっ!」
槍でのシンプルな突進。当たると特殊ダウン。誘導強め。
馬のように前足で地面を蹴る予備動作があり発生はかなり遅い、遠目で予備動作が見えたらステップを。
一応ガードも可能、その場合エクガンは押し返されずそのまま後方に抜けてゆく。
また、地上で格闘を出した場合はMFのように設地を維持したまま接近する、この場合は上昇だけで回避可能。
攻撃をくらっても特殊ダウンで落ちる為、追撃はされにくい。
この攻撃を誘えば、それを逆手に射撃覚醒技をぶち込むことができ有利になるので、積極的に誘い出したい。

【格闘】連続突き

「無駄だな…無駄無駄ァ!終わりなんだよ!」
槍で突き、その後槍を振り回し打ち上げ、2つに分離させた槍でグサグサと連続で刺してくる。初段の突きは強よろけ。
動きとしてはX2改のN格闘後派生の連続突きに似ている。高火力で少し長い。
連続突きの間は、掴み判定の模様。試作3号機の覚醒技みたいな処理がなされているのかもしれない。
この技を出すときのex-の台詞はかつてないほどに激しい。

【格闘】槍投げ→叩きつけ

「無駄だな…さようなら。…これが答えだ」
連続突きの射撃派生。
格闘で打ち上げた機体に槍を射込んで串刺しにし、跳び上がって槍を手に取り刺さっている機体を地面に叩き落とす。
叩き落したときに緑色の衝撃波が発生するが、自機には当たらない。当たると弱スタン。
この格闘の途中で自機がダウンした場合、格闘モーションを止める。
また、ステージ際だとex-が槍を掴み損ねてそのままダウンする場合もある。

【格闘】切り抜け

「刎ねろ!」
突進と似ているがこっちは槍を振り回して切り抜ける。
当たると突進同様に受身不可ダウンになるが、こっちは高く打ち上げる為、追撃されやすい。

【格闘】バックステップ突き

「フッ…諦めよ!」
バックステップしてから突進してくる。誘導はかなり強い。

【格闘】突き刺し

持っている槍を回転させた後、敵を勢いよく殴りつけるように刺す。

【格闘】ミストラルソウル

「耐えて見ろ!」
槍を中心に掲げ、周囲に緑の竜巻を発生させる。発生が非常に早く。見て避けるのは困難。
開幕からいきなり使用してくる場合がある。範囲はそこまで広くないので近づかなければ当たらない。
というか至近距離であまり使わず範囲外から接近拒否的に使う事が多い、射撃を当てるチャンス。
当たれば受身不可でかなり高く打ち上げられる。実弾などは竜巻に防がれてしまうが、BR系は貫通可能な模様。
なお判定は見た目より狭い、竜巻のエフェクトをかすめる程度なら大丈夫。


覚醒技

この形態のみ覚醒技を持ち、350補正もぶっちぎる超火力を叩き出す。

【覚醒技】手に入れたぞ、貴様の絶望を!

「死ね…!消えろ消えろ消えろぉぉッ!!!」
覚醒中のみに使用、恐らくミスティック・フェイズの覚醒技。片方の腕で掴み、掴んだ手のひらからビームを接射しそのまま爆風が出る。
掴まれたまま爆風が広がる為、必然的に掴まれれば最後までくらうことになる。
なお掴まれた時に覚醒抜けしても爆風が広すぎて爆風をくらってしまう。爆風はそれほどの範囲。
画面変更あり。火力は高く、通常(補正抜き)では330ダメージ、EルートになるとCPU補正で500は軽く持っていかれる。
この攻撃を出す直前は、手に持っている武器を全て投げ捨てて殴りかかってくるような突進動作をする。
非常に動作が速く回避orガードが困難だが、もし反応できるならば武器を捨てた直後にガードで対応可能。
また、掴まってしまったときに味方がカットしてくれたら落とすので掴まってしまった時にカットは必須。これで確実に被ダメを抑えることができる。
どうも掴む前に一回殴り掛かっているらしく、タイミングが超シビアではあるが、殴られてから掴まれるまでの間なら覚醒抜けすることでその後のモーションをカットすることができる。

特殊

【特殊】特殊移動

本体の周りに衝撃波を発生させ、横にステップをする。
誘導を切る効果あり。衝撃波に攻撃判定とスタン判定がある。衝撃派はType-レオスのエクガンが極限進化する時の赤い衝撃派の緑色版。
格闘をキャンセルして出せる模様、地面を蹴った直後や格闘の踏み込み中に横にすっ飛ぶ事もある。

【特殊】地形組み換え

「絶望を創り出せ!世界!!」
30秒毎に使用、キャンセルは不可能な模様。
真上に腕をかかげ、腕が光り下半身の馬の部分が嘶いたように動く。
この動作を起こすと地形が組み替えられる模様。
ミスティック戦の地形変動が他フェイズと比べ背の低い障害物を多めに展開する形を取る事が多い。
位置取りや分断などへの影響は少なく、むしろ各種攻撃の特性を考えると段差があるとこちらに有利。
動作は短めではあるがほとんど動かず隙だらけなので発生が早い強力な攻撃を撃ち込んで少しでも耐久を削ろう。

【特殊】ガード

槍を回転させガードする。1回しかガード判定はない為ゲロビは通る。幸いな事に使用頻度は低め。
回転させている槍にしかガード判定はなく、範囲も小さいためそれほど気にするような武装ではない。
今までガードカウンダーと思われていたが、槍自体に攻撃判定は無く、カウンター機能も無い。

VS.対策

3形態のいいとこ取りのような機体なので遠中近距離どの距離でも対応してくるため動きをよく見て回避やカードをしていく。
機動は早いが、その圧倒的な性能の影響か機体が大きくなってしまっているので、地面隆起に前以上に引っかかってくれる。
敵の攻撃も大半が隆起を貫通できないのでこれも上手く活用すると被弾がかなり減る。
それ以上に足の止まる武装が多い為、そこにつけ入る隙がある。
また、他フェイズと比べて盾をめくる攻撃がかなり少なく盾安定と言っていいくらい。
対策を安定させれば安定させるほど武装の理不尽度自体は低い事が分かる位、しっかり練習しておこう。

外部リンク