緒方流 白打撃陣


【概要】
緒方流 白打撃陣(はくだげきじん)とは、緒方流古武術の技の一つ。
気の開放によって高められた強大な気を用いた打撃。
気血を送り込まれた拳は鋼鉄と化し、あらゆる攻撃を打ち弾く必殺の突きとなる。
接触状態から打ち抜くと緒方流 打寸突破となる。

登場話 53巻(503話)
武術 緒方流古武術
使用者 小頃音 リミ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。