鉄拳


ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)製作の3D対戦格闘ゲームシリーズ。
1994年(『バーチャファイター』稼働の翌年)に第1作の稼働を開始した。
開発段階でのタイトルは『神威』(タイトルがどれも二文字の漢字なのはインパクト重視のため)。

キャラクターの四肢に対応した4つの打撃ボタンや10連コンボなどの独自のシステム、
一部の固有技にレバーを回す入力を取り入れる、スティック入力で防御するといった2D格ゲーの操作体系の踏襲、
そして有名人のパロディ動物ロボットといった斬新な要素が詰め込まれていた。

当初の開発コンセプトは「表通りのゲーセンの正面には高価な『バーチャ2』を、裏通りの店の奥には廉価な『鉄拳』を」であり、
実際、開発にあたってはコスト削減を基本としていたのと、『バーチャ』が人気を博していた事もあり、当時は注目度は低かった。
しかし、この時の『バーチャ』シリーズがセガサターン等のセガ系ハードにしか移植されなかったのに対し、
プレイステーションとの互換基板で製作された『鉄拳』は(サターンの倍以上のシェアを誇る)家庭用プレステに移植・発売*1されるや、
大ヒットを記録(特に『2』は100万本のメガヒットを達成)し、その後の3D格闘ゲームとしての地位を徐々に確立。
そして『3』で横移動・受け身・投げ抜けといった要素が追加されてからは本格的に人気を博し、
前作『タッグトーナメント』の高評価に全く応えられなかった『4』の失敗で人気を落としてしまった時期を経つつも、
現在では『バーチャ』を抑え名実共に3D対戦格闘ゲームを代表する存在となっている。

2012年にはカプコンの『ストリートファイターIV』とのクロスオーバータイトル『ストリートファイター X 鉄拳』も製作された(開発はカプコン)。
初期バージョンがドイヒーだったのでアプデで対応に追われる羽目に遭いまたも盛り下がる結果になってしまったが
その流れを受けてか本家『7』では豪鬼ギース・ハワードがゲストキャラクターとして参戦している。
2015年には任天堂・ゲームフリークの『ポケットモンスター』とのコラボレーションタイトル『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』も製作。
こちらでは本家『鉄拳』及び『ソウル』シリーズでのモーションの多くが各参戦ポケモンに流用されている。

2018年時点での全世界でのシリーズ累計売上は4700万本を達成。
これはバンダイナムコエンターテインメントのゲームシリーズにおいて最高の販売本数である。

アメリカでは実写映画も公開されている他、
2022年にはNetflixでアニメ版『Tekken: Bloodline』も放映された。

意外な所では『ゼルダの伝説 時のオカリナ』に影響を与えており、
同作のシステム「Z注目」は『鉄拳』シリーズのカメラワークを参考に作られている。


MUGENにおける鉄拳シリーズ

原作のCGをキャプチャしたキャラだけでなく、主に手描きドットや改変ドットで作られたキャラが公開されている。
国内産も存在するが、chuchoryu氏など海外製作者達により作られたキャラの割合が多い。
かつては『NAMCOxCAPCOM』のドットを用いたキャラも複数存在したが、本ページが作成された時点では過半数が公開停止している。

+ MUGEN入りしている関連キャラ一覧


*1
逆に言うとサターンやドリキャスに『鉄拳』(を含むナムコ作品)、プレステに『バーチャファイター』(を含むセガ作品)は移植されていない。
ただし、セガが家庭用ゲーム機製造から撤退した後の作品である『バーチャファイター4』以降はプレステに移植されている。


最終更新:2024年03月19日 23:18
添付ファイル