神威


アリスソフトの地域制圧型エロSLG『大番長』およびそれを原作とした彩(エイジャ)製作の格闘ゲーム『BIGBANG BEAT』(BBB)のキャラクター。
初代『BIGBANG BEAT』では登場せず、続編の『BIGBANG BEAT Revolve』(BBBR)に登場する。
ちなみに「カムイ」という単語はアイヌ語で「神格を有する高位の霊的存在」の事であり、日本語における「神」と同様、「霊」や「自然」とほぼ同義である。

『大番長』では黒幕かつ実質ラスボスであり、県内編から登場する。
学園編終了後に聖城学園を制覇した狼牙の前に現れ、扇奈を狼牙の元に置いていった正体不明の男。
その後も全国各地で暗躍を続けており、狼牙の前にも度々姿を現す。

その正体は天楼久那妓の兄である天楼神威で、過去にある人物によって殺されており、既に故人である。
生前から魔族に取り憑かれており、死後はその魔族が死体を動かしている。簡単に言えばゾンビのような存在。
魔族に支配されている神威は常に不気味な笑みを浮かべており、性格も残忍かつ冷酷。
強さも相当なもので、序盤とはいえ狼牙を威圧感だけで立ち竦ませたり、
県内屈指の実力者であった韋駄川煉または金剛丸三蔵をあっさりと惨殺してしまう。
だが、その一方で本物の神威自身も精神体となって行動しており、
魔族の企みを阻止するために影ながら狼牙達を手助けをしていたりする。
しかし見た目は悪い方と全く同じなので、事情を知らない者にはしばしば悪い方と混同されてしまう。

全国編の中で、最終的に入る事になる魔界で、悪い方の彼と戦う事になり、
更にその後、全ての学聖ボタンを入手していると本編の黒幕である魔族「邪悪なる混沌」を取り込んだ「真神威」とのバトルになる
(肉体を捨てたので「真」どころか神威要素ゼロなのだが……)。
+肝心の「真」の御姿(ネタバレ注意)
ラスボスに相応しく、手強いボスに違いない。だが、プレイヤーの育成次第ではボコボコにされる格好の的に。
育成した妹には成長次第では完封される事すらある。哀れ…。でも育成が不十分でもチートな豪お兄ちゃんにボコられるのは秘密

更にバグによってその前の神威戦共々戦闘せずに勝利出来るように。
まさかのラスボス(不在)である。


BBBRにおいての神威



こちらでもラスボスで、ストーリーモードの最終ステージにてプレイヤーを待ち受ける。
担当声優は重野祐輝氏。
Ver1.04a以降ではトレーニングモードと「VS CPU」において、
操作キャラクター選択後に相手キャラクターとして神威を選択出来るが、
いずれにしてもプレイヤーが使用する事は不可能。公式サーバーダウン中の現状、プレイアブル化も絶望的

根性補正は三蔵や宮里の最終根性値をも上回る40%で、当たり前だが総合体力は全キャラトップ。
手を構えた後衝撃波で反撃する当て身技や、長距離を移動して一気に間合いを詰めた上で投げる投げ技など、
厄介な技を使用してくる。
超必殺技にあたるビッグバンブレイクは持たないが、
遠距離での牽制・めくり・対空と、様々な状況下での攻め手を豊富に持つ。


MUGENにおける神威

MUGEN上ではkagetsu yuki氏製作のものが存在。
それぞれ上述の精神体の本物、魔族が操る肉体の2種類で性能に個性分けがされている。

+天楼神威
悪神威に比べ色が全体的に色素が薄く(白く)なった他、精神体(幽霊)な為か、影がない。
各種技構成も変わっており、特徴としては悪神威が大雑把に力を振るうのに対し、こちらは手数で攻めるといった具合になる。
氏によると「神威の裏バージョンというか、あっちがボスモードならこっちはプレイヤーモード的な感じ」との事。
なお、12Pモードでは「生前の天楼神威」として各種技の性能が強化され、微量のゲジマシが付加される。
ボイスは『北斗の拳 世紀末救世主伝説』のレイのものが使われている模様。
簡易ながらデフォルトで氏謹製のAIが搭載されており、十二分に対空反応やコンボを決めてくる。

なお、悪神威のVer2版に合わせてこちらも同じくVer2版が存在するが、デフォルトAIは削除されている。
主に技演出や性能面の調整がされており、以前とは別物に仕上がっている。

+悪神威
ドットこそ『BBBR』だが、中身は『BBBR』とは大きく異なるものとなっており、ボイスも異なるものを使用(主にCV塩沢兼人のキャラ)。
本来は使えないはずの各種下段、空中攻撃やBカウンター、Bインパルス等システム面の充実に加えて、
独自名称を付けられたオリジナル技の他、ビッグバンブレイクが搭載。
更に氏製作の『BBB』キャラと同様、上位互換のファイナルアタックも搭載されており、ボスキャラの名に恥じない強性能となっている。
DEFの値も150と高めになっており、12Pでは真神威モードになり、HP回復・攻撃力1.2倍・ゲジマユが付くようになる。
更新により、『BBBR』版のボイスが同梱されるようになった(ただしビッグバンブレイクなどの一部ボイスは変更されない)。
デフォルトでのAIは無いが、Silvan氏の外部AIが公開されている。反応、コンボ精度等を5段階に調整可能。
12Pではゲジマユを活用して容赦無くファイナルアタック「神威」(初段ガード不能)を頻発に狙ってくる。
Silvan氏AIの紹介動画

そして、更新に合わせてVer2版が公開された。一部の技性能、演出面の見直しが図られ、以前とは性能が大分違う物になっている。
加えて新たにボスモードが搭載され、一部技性能・無敵時間が強化される。コンフィグで設定変更が可能。
Silvan氏のAIはこちらには非対応だが、Ver2版用にKELN氏により外部AIが公開されている。
対空反応やガード精度等、対人から対AI向けなどに調整でき、他にも様々なコンフィグ設定が可能。
最大設定だとBPAを絡めたコンボ火力の高さや超反応による切り返し等、ボスキャラの恐怖を存分に堪能出来る。
氏曰く鋼体無しとはいえアナゴを倒したそうで、「今まで製作したAIの中でダントツに強い」との事。
ボスモード・真神威モードなど更に上がある為、大会などに出す際は調整に注意が必要。

2019年7月30日にはVer3が公開された。Reademeによると恐らく最終バージョンとの事。
ディスプレイネームが「kamui_BOSS」に変更されており、ダッシュキャンセルやエンハンスが追加された他、ボスキャラとして全体的に再調整されている。
ボスモード専用技だったファイナルアタック「神威」がビッグバンブレイク扱いに変更。
当然ながらボスモード時よりも威力は落ちるが、ノーマルモードでも使用出来るようになった。
更にボスモード以上で使用可能な強力な技もいくつか追加されている。
中でもファイナルアタック「真神威」は一撃必殺の恐ろしい技であるが、発動には特殊な条件があり、
「フルエンハンス状態で、BBB「神威」を一度当てた状態で、ライフが800以下の状態の相手に再度「神威」を当てる」というもの。
全画面判定で発動すれば相手は即死だが、殆どロマン技である。

出場大会

出演ストーリー