ジャン・ピエール


「僕に負けた以上、

 ティータイムにつきあってもらうよ」

  • 格闘スタイル:体操
  • 出身国:フランス
  • 職業:ソルヴォンヌ大学研究員(体操選手)
  • 生年月日:1969年9月15日
  • 身長:183cm
  • 体重:63kg(『FH』)、95kg(『FHD』)
  • 血液型:AB型
  • 好きなもの:クロワッサン、エスプレッソ、バラのサラダ
  • 嫌いなもの:サムチャイ(貧乏臭いので)、犬のフン(汚らわしいから)
  • 弱点:トリコロールのレッグバンド

今は亡きデータイースト(通称デコ)の代表作、『ファイターズヒストリー』初代と『ダイナマイト』の登場キャラクター。
ポルナレフモンタリオとは名前が似ているが特に関係はない。勿論没キャラスライムナイトでもない。

 フランス出身の大富豪御曹司にして、オリンピックに出場するなど、世界的に活躍する体操選手でもある。
 EDでは大会で「10:00」という得点を連発してオリンピック出場を決める姿が見られるので、かなりスゴイ選手。現実でも中々見られない
 (というか2006年以降は採点方式が変わったので(『FH』は1993年作品)、現在では絶対に見れなくなっている)。
 キザで自信過剰な性格の持ち主で、戦いにおいても美しさが第一の基準。彼にとって、戦いとはスポーツの一貫なのである。
 『ダイナマイト』のストーリーでは、彼は新技を身に付けるために努力しているのだが、
 その理由が「体操大会の得点が9:97だった事にショックを受けた」なのだから、彼のナルシストっぷりが窺い知れる。

そういった性格と大金持ちである事からサムチャイとはソリが合わないらしく、
プロフィールにもにもハッキリと「嫌いなもの:サムチャイ」名指しで書かれている。
勝ちセリフもサムチャイが、
「お前のようなうわついた男に負けるわけにはいかぬ」
と言えば、ジャンは、
「スポーツはもっと楽しまなければ駄目さ・・・」
と言う感じで、正に2人の価値観の違いを表わしているといえるだろう。
ファイヒーシリーズにおける一応の美系担当なのだが、同作は有り得ないくらいの濃さが特徴のゲームなため、彼も他のゲームに出たら十分濃い方である。
また、勝利ポーズ相手にバラを投げ付けるキャラの元祖でもある。

余談だが、『FHD』では初代『FH』と同じグラフィックであるにもかかわらず、体重が32kgも増えている
彼の身に一体何があったのか。「痩せすぎだから増やした」と考えたとしても増やしすぎだろう。*1


SFCで発売された続編『ファイターズヒストリー 溝口危機一髪!!』では、容量の都合でサムチャイや主人公共々リストラ。
一応、チョイ役として溝口を自家用ジェット機に乗せる……のではなく機首に括り付けるという役割で出演している。
一方でクラウンのエンディングでは…



「キミのダンスは美しくないな

               よかったらボクがおしえようか?」


キャラ性能

ガイルポジションのキャラで必殺技のほとんどがタメ技で、全体的に通常技のリーチが長い。
中でもサマーソルトキックを放つ「フリックフラック」は技後に大きく後退するので、リスクの少ない高性能な対空技。
さらにしゃがみ大Pの対空性能が全キャラ中最も高いので、守りに入ったジャンの待ちはかなり堅い。
よって飛び道具の「バル・ロゼ」(空耳「バッコ~ン!」)で牽制しつつ、
フリックフラックやしゃがみ大Pで迎撃する戦法が主体となる。

このキャラ、所謂ガイル型の禁忌とも言える「1タメ3+P」という下タメを維持したままのコマンドでバル・ロゼを出せてしまうため、
一部のキャラに対しては余りにも冷たく闘う事が可能。
とは言え、同作にはその強烈なコマンドで繰り出される弾を正面から突破してくる奴や、余りにも一発がデカい連続技持ちが跋扈しているため、
これを以てしても最強と言うには程遠いキャラランクに収まるのが恐ろしい所。

また、スライディングキックも相手の飛び道具対策として十二分に機能し、何より待ち戦法と相性がいい。
上記画像の高速で突きを繰り出す「ニードルシャワー」は連打技だが、ボタン4つ同時押しでも出す事が可能。
ちなみにこの4つ同時押し版ニードルシャワー、(詳しい説明は省くが)通常技をキャンセルして出すと、
何故か最後の一撃のダメージが跳ね上がるという現象があり、ジャン使いにとって必須のテクニックとなっている。
オリンピック選手らしくジャンプ力もあり、空中投げも持っているため、やはり攻めより迎撃向き。

しかし、彼の最も特徴的な点は隠し必殺技の「ロンダート」である。
この技は側転から月面宙返り蹴りを食らわすタメ技だが、なんと前にレバーを入れて溜めるという革新的なコマンドで繰り出される。
革新的すぎてまったく新しいどころではない、どう使えばいいのかすら分からない技で、プレイヤー達を困惑させた。
しかしある種のロマン性がある技なので、中々人気は高い。
最後のトドメをロンダートで決め、ヒットストップをロンダートのポーズで決めるのは全国のジャン使いの夢である。
Tool Assisted Londirt

なお、ロンダート(Londirt)とは体操用語で、日本語で言う所の「側方倒立回転跳び1/4ひねり」という技の事。
大技を決める前の助走で行われる技で、主にバク転などへの繋げ技として併用される。

ちなみに弱点は太もも。厳密には太ももに巻かれたフランス国旗(トリコロール)デザインのレッグバンド。


MUGENにおけるジャン・ピエール

+ あだむすきー氏製作
  • あだむすきー氏製作
原作再現仕様。
2019年のYahoo!ジオシティーズ終了に伴うサイト消滅以降は、hamer氏によって代理公開されている。
また、コケココ氏によるそれはもう見事なまでの待ちピエールな外部AIも存在。
こちらも本体と同じくhamer氏が代理公開している。

+ Star Platinum氏製作
  • Star Platinum氏製作
アレンジ仕様。
超必殺技が追加されている。

+ R@CE AKIR@氏製作
  • R@CE AKIR@氏製作
MUGEN1.0以降専用。
ドットは原作そのままだが、Pots氏風アレンジシステムが導入されており、操作感は全く異なる。
また、エフェクトも派手で見栄えの良いものに新調されている。
火力はそこそこ高く、対空技から超必に繋げられたりと中々に強力な性能。
デフォルトで強ランク相当のAIが搭載されている。
製作者動画(公開サイトへのリンク有り)

+ 以下、大会ネタバレ注意
ニコニコでは○作シリーズでの活躍が有名。
第一回大会のMUGEN∞動画試作トーナメントでは新体操チームとして出場。
ことごとく負けて負け犬(このトナメでいう負け抜けの事)になってしまうが、
最後の最後で人生の勝利者(勝ち抜けチーム)チームを破り見事優勝した。
その際何故かキングの弟という設定が付いてしまい(実際にキングの弟はジャンという名前。故ゲーメストでもそういうネタはあった)、
以降の○作でもその設定のまま準レギュラーとして参戦している。


「一杯のカフェ・オ・レ…。ボクにはやはり

                    この様な優雅な暮らしが似合っているな…フッ」


出場大会

+ 一覧
凍結

出演ストーリー

プレイヤー操作

MUGENキャラをさっくり触ろお!!(さまざま31対戦相手(あだむすきー氏勢)、さまざま34操作キャラ(R@CE AKIR@氏製))


*1
とはいえ、筋肉量の事を考えればそこまで肥満体型というわけではない。
公式イラストを見ればそこそこのマッチョ体型であるようだし、筋肉量で重くなっていると考えればむしろほぼ適正な体重だとも言える。
元が軽すぎたので増やしたともとれるか。筋肉量と体重に反して軽すぎだと散々ネタにされてる人もいる事だし


最終更新:2022年10月02日 01:28