ティナ・ブランフォード


  • 名前:ティナ・ブランフォード
  • ジョブ:魔導戦士
  • 年齢:18歳
  • 身長:160cm
  • 体重:48kg
  • 誕生日:10月18日
  • 血液型:不明
  • 好きなもの:動物
  • 嫌いなもの:人がいっぱいいる場所
  • 趣味:モーグリをふかふかすること
  • 宝物:砕けた魔石のかけら


「わたし… 戦う! なんとなく…わかりかけたの…
 私の中にめばえていたのはきっと… 「愛する」ということ…
 今ある命だけじゃなく、これから生まれてくる命もたくさんある。
 それを守るためにも!」

スクウェアソフト(現スクウェア・エニックス)が1994年に発売したRPG『ファイナルファンタジーVI』の主人公の一人。
冒頭から登場するメインキャラクターの一人であり、物語の中核を成すキーパーソンである。職業は魔導戦士。
フルネームはティナ・ブランフォード(Tina Branford)だが、ゲーム中ではEDでのみ確認できる。
『FF6』は海外でも発売されており(SNESでは『FF3』として発売)、海外のゲーマーからも高い評価を得ている。
なお、海外版では名前が「Terra Branford(テラ・ブランフォード)」に変更されている。*1


原作でのティナ

1000年前の魔大戦により魔法の力が殆ど失われた世界で、産まれながらに魔法を使うことのできる神秘的な雰囲気の少女。
赤ん坊の頃にガストラ帝国に連れ去れ、自我を抑え込まれ帝国の魔導戦士として操られていたという過去を持つ。
儚げな印象を受けるが、魔導アーマーに乗った帝国兵50人を3分で全滅させたというエピソードが語られている。
任務で派遣された鉱山都市ナルシェで氷漬けの幻獣に触れたことで、同行していた帝国兵がどこかに飛ばされた事により、ナルシェで保護される。
そして、彼女が操りの輪を外された事で自我を取り戻した事から、物語は始まる……。

長く自我を抑えられていたため記憶が曖昧になっており、そのせいもあって控えめな性格で、感情や愛情のやり取りが苦手。
自身の力と運命に強い不安を抱いていたが、仲間達との出会いと冒険によって心身共に解放され、
愛することの大切さを知ることができた。
物語の途中で実は魔導の結晶である幻獣と人間のハーフであることが明らかとなり、
以降は特殊コマンド「トランス」で幻獣寄りの姿に変身し一定時間戦闘能力を高めることができるようになる。

公式には『FF6』に特定の主人公はおらず、あえて言うならパーティに入るキャラクター14人全員が主人公とされているが、
物語の中核をなすこともあって一般的にはティナが主人公として扱われることが多い
事実上、『FF』シリーズ初の女性主人公である(他は映画『FF』のアキ、『FF10-2』のユウナ、『FF13』のライトニング、『FF13-2』のセラなどが居る)。

ゲーム上では、最初から魔法を使用できる上にレベルアップでも一部習得でき、さらに魔力も高い。
その他のステータスも平均的であり、中間的な数値に収まっている。
装備品も良いものが揃っており、戦士系の剣も装備可能なため魔法だけでなく物理攻撃面でも頼れる。
ただし物語の途中で離脱することも多く、ゲーム終盤での加入もボス連戦が必要なためやや遅くなる。
後に覚える固有コマンド「トランス」は強力ではあるものの、システム上頻繁には使えず微妙な使い勝手。
総合的には扱いやすいバランスタイプのキャラと言った所。
余談だが、『FF6』で攻撃を完全回避できる裏技が、格ゲー由来の「Vコーディー」の通称でよく知られている。

その他、ゲーム上の性能や人間関係、詳しい設定などはWikipediaや各種ファンサイトを参照してみるのもいいだろう。

+ 『ディシディア』でのティナ
『FF』シリーズの歴代主人公ボスクロスオーバー出演するアクションゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』に、
コスモスサイドに『FF6』の主人公代表として、カオスサイドのケフカと共に登場。
元となる『FF6』に音声は無いが、『ディシディア』での声は『天元突破グレンラガン』のニア役、
トップをねらえ2!』のノノ役等も演じた、声優兼女優の福井裕佳梨女史が担当した。
下画像の通り天野嘉孝氏が描いた設定絵に準拠しており髪も金髪だが、
アナザーフォーム(2Pコスチューム)として緑髪のドット絵準拠版も選択できる贅沢仕様。
ただしドット絵と違いミニスカート。そのためスカートの中を覗き見した紳士も結構いるらしい}
トランスももちろん使えるが、トランス時の姿(全裸)を完全再現するために、
当初予定していたCERO:B(12歳以上対象)を断念してCERO:C(15才以上推奨)に変更したという逸話がある。
実際、後の『チョコボGP』に参戦した際にはCERO:A(全年齢対象)に合わせてかトランス前の衣装を着たデザインに変更されている。
完全再現にこだわったスタッフには頭が下がるばかりである。
ちなみにAC版ではドット絵準拠版衣装に肩アーマーの追加とマントの削除が行われ、よりドット絵のデザインに近づいた。
余談だが、トランスしたときの色もノーマルフォームは天野絵準拠の紫で、アナザーフォームではドット絵のピンクになる。
続編の『ディシディア デュオシム ファイナルファンタジー』にも参戦。
12回目の戦いを描いたストーリーモードではサードフォーム姿でカオス勢として登場している。
追加されたサードフォーム、4thフォームはいずれもノーマルフォームとは別の天野嘉孝氏の描いた絵をベースとしている。

性格は原作に比べてなよやか+臆病になっていると言われることもある。

性能としては、魔法主体のキャラだが、近距離戦もこなせるオールラウンダー。
近距離では氷塊で相手を殴る「ブリザドコンボ」、中距離では「ブリザラ」、遠距離では「ホーリー」などが使いやすい。
CPU戦なら、メテオとフラッドを連発すると状況によっては相手を封殺できる。


また、『ワールドオブファイナルファンタジー』にも客演。こちらでの容姿は緑髪のドット絵版がモチーフになっている。

+ 本家FF6に関する余談
スーパーファミコン時代末期の作品ということもあってか、シリーズでもやたらとバグが発見されているゲームとして知られている。
特定の操作をすることであらゆるアイテムが装備可能になる「最強装備バグ」、およびこのバグを特に有効活用できる「ドリル装備」、
透明状態だと即死耐性が機能しなくなることを利用した「バニシュデス」などは、発生条件が緩い上にゲームバランスにも大きく影響を与えるレベルである。
これらはGBAでリメイクされる際に修正を受けてしまったものの、
今度はもう一人の主人公とも言えるセリスをモグタン将軍として連れ回せるバグがソフト発売直前で発見されてしまう。
しかもそれだけでは終わらず、シナリオすらも滅茶苦茶に出来る「飛空艇バグ」や「タイマー持ち出し」まで発見されてしまった。
このうち、「飛空艇バグ」「タイマー持ち出し」は『電子マネーの人』ことエディ氏が発見したものだが、
エディ氏はこの件からFF6を特にやり込んでいるプレイヤーとして周知されている。




MUGENにおけるティナ・ブランフォード

+ アリ氏製作
  • アリ氏製作
『FF6』のドットを使用したもの。
アリ氏は2015年4月1日を以て引退したが、転載・改変自体は自由との事で、現在はfoxy氏のOneDriveにて代理公開されている。
通常攻撃はナイフと剣による攻撃になっており、コマンド技として武器による攻撃の他、
ファイア、ブリザド、サンダーを3段階で使用できる。
ゲージを消費する超必殺技としてメテオ(1本)、メルトン(2本)、アルテマ(3本)がある。
メルトンとアルテマは全画面攻撃になっている。
また、試合開始のイントロ時にコマンドを選択することで特殊技のモードを選ぶことができる。
特殊技はCボタンで使用する。詳しくはReadme参照。

+ 技解説
トランス
幻獣化することで攻撃力、攻撃速度、移動スピードが上昇し、飛び道具に対する防御力が大幅にアップする。
トランス中は専用のトランスゲージが徐々に減少。ゲージが切れるか、解除するか、投げ技を食らうまで持続する。
通常状態ではトランスゲージは徐々に回復する。

まどう
特殊技ボタンで魔導アーマーに乗降できるようになる。
魔導アーマーに乗っている間はスーパーアーマー状態になり、技性能も大きく変化するが
ガード、ジャンプ、ダッシュ等ができない。

ぶんどる
特殊技(↓ →+C)で相手からアイテムを盗むことができ、そのアイテムを使用できる。ガード不能技だが失敗もある。
ぶんどるは1ラウンドに3回までの制限があり、入手したアイテムは使用しなければ次のラウンドに持ち越せる。

しろまほう
ゲージ技(メテオ、メルトン、アルテマ)が白魔法に変化する。
技は防御的な性能で、リフレク(一定時間飛び道具無敵+自動サンダー発動)なとがある。

よびだす
ゲージを少し消費してストライカーとして他のキャラクターを呼び出す。

+ 落花生氏製作 魔導アーマー
  • 落花生氏製作 魔導アーマー
リディアも手掛けた氏により手描きで製作されたもの。
魔導アーマーにティナが乗った所謂のりものキャラだが一枚絵ではなく、しっかり性能が練り込まれている。
図体がかなり大きいがアーマーなどは無く、投げも喰らう。
原作で使用した各種ビームに魔導ミサイル、デジョネーターが使用できる。バイオブラスト涙目

AIは未搭載だが、ちぃたま氏及び薙氏による外部AIが公開されている。
前者を適用すると12Pカラーで性能が変化するようになる他、
強化レベルにより強さを4段階に調整でき、強~狂下位まで対応可能。
後者は1~100の範囲で強さの調整が可能で、こちらも適用すると12Pカラーで性能が強化される。
常時アーマー状態になり、巨大さに見合った強気な攻めが可能。
アーマー殺し技には弱いが、凶キャラくらいなら蹴散らせる強さになる。
薙氏AI

出場大会

削除済み
【魔導アーマー】


「私について来て。 残された最後の力を使ってみんなをみちびく!」


*1
ティナは海外では何の変哲もない平凡な名前(日本で言う「花子」のようなもの)であるため、
北米版ローカライズの際に彼女の出自から来る神秘的な雰囲気を演出する目的で変更された。
まあ確かに「帝国兵50人を3分で皆殺しにした魔導戦士・花子」などと言われたら興醒めなので仕方ないだろう。
「Terra」という単語はラテン語で「地球(earth)」、ギリシャ語で「魔物(monster)」という意味を持つ。
前々作にて命を賭してメテオを放つ老魔道士を思い出してしまうのはご愛嬌(ただしあっちは「Tellah」)。
彼女の仲間だったりした岩石使いの子を思い出した人はアメコミマニアかCSが見られる人だろう。
なお、海外ではこの変更により、もう一人の主人公とも言えるセリスと対になっていると言われることがある。
セリス(Celes)はcelestial(天空の~)が語源とされるためTerraとちょうど意味が相対しており、
使う魔法もティナがファイア、セリスがブリザドというのも両者一対であることを後押ししてるとか。


最終更新:2022年09月10日 14:41