ルプトナ


「今、必殺のぉぉ  ……えーと、ルプトナナントカっ」

ザウスのシミュレーションRPGシリーズの『永遠神剣』シリーズ(PC版は18禁、PSP版は15歳以上対象)の登場人物。
第三作『聖なるかな』、第四作『聖なるかなスペシャルファンディスク』、PSPの『聖なるかな ―オリハルコンの名の下に―』に出演している。
CVは大野まりな氏。前作でも別のメインヒロインの声を担当していた。ちなみに僕っ娘。

原作でのキャラクター

「精霊の世界」において達一行と出会うことになる野生児の少女。おかげで非常に格好がエロい。
人里から離れて精霊達と過ごしていたためか人間世界に冠する知識に乏しい。
精霊の世界の人間からは完全に敵としてみなされており、一触即発の状況であった。
最初は誤解もあって望達とも対立するものの誤解が解けた後は一行に加わり望に非常に懐くようになる。
育ちとは無縁に超が付くほどのお馬鹿であり、その馬鹿さ加減はソルラスカよりも上である。
だが、天真爛漫な性格で周りを守り立てるムードメーカーであり戦力として重要な働きをする。
見た目がナルカナに良く似ており、戦闘力も高いものと思われる。
所持永遠神剣は第六位「揺籃」。形状は靴型
「剣?」と思うかもしれないが、任意で氷の刃を発生させることが出来るためまだまともな方である。
守護神獣はリヴァイアサン「海神(わだつみ)」。
ルプトナは「じっちゃん」と呼んでおり、海神の言動も老成したものである。
ちなみに蛇扱いされると怒る。タリアの漂う泡といい、青属性の神獣にとって外見はかなり重要であるらしい。
なお、大事なことなのでもう一度書くが僕っ娘である。

+その正体
外見がナルカナに酷似しているがそれもそのはずで、ナルカナによって作られた存在である。
目的はジルオル(=主人公)を探索するためであり、そのためルプトナはいくつもの世界を渡り歩いている。
しかし、世界を渡るたびに海神ともども全ての記憶を失ってしまう。また、老化させないため歳も取らない。
外見が酷似しているのはジルオルがルプトナを見てナルカナのことを思い出せるようにするため。
そして、当のナルカナは作ったことを忘れており、ルプトナにあっても何も反応することは無かった。
……作り主がこれでは馬鹿になるのもある意味当然であろう。
また、ジルオルに出会わない限り、この記憶リセットと老化停止が収まることは無い。
偶然出会うことが出来たから良かったものの…。

原作中の性能

『聖なるかな』においては色にヒエラルキーが存在し、は強い。属性は弱い。これを破れるのはエターナルくらいである。
そして、ルプトナの色は青。ということで、ルプトナは非常に弱い。
本体の補正自体は十分戦えるのだが、持っているスキルがもう全てにおいて弱い。
青属性3人の中では攻撃特化型…にしたかったのだろうという意図は伝わってくるのだが、%攻撃スキルの圧倒的威力の前ではどうでもいいレベルの差。
さらにハードモード以上で覚える技は使用可能回数が少なく、とても主力アタッカーを任せることは出来ない。
防御力もたいしたことは無く、サポートとしての打ち消しも本作自体が「殺られる前に殺れ」というバランスなため、序盤以外はほとんど必要ない。
たまに他の味方が撃ち漏らした相手にどこかで見た技を使ってパンツ戦闘アニメを鑑賞するくらいだろうか。
専用ルートがあり、ルートスキルがあるためタリアよりはまだましだが先輩とブービーを争う、という青属性による三弱の争いは中々激しいものがある。
さらにレベル上げや建築といった裏方仕事が出来る他2人に対し、ルプトナは非戦闘系の技能を一切持たないため一軍入りは一番厳しいかもしれない。
ぶっちゃけ全員いらない子

参考動画


MUGENにおけるルプトナ

Z.A.I.氏によるものが存在する。IF氏の暁絶を参考にしたとのこと。
原作スプライトを用いて製作されており、2段ジャンプ、ダッシュなどが揃っている。
飛び道具はあるが、素手なので基本的にリーチに乏しく近接戦が主になる。
中攻撃のリーチが弱より短いので、間合いにもよるが弱からは強に直接繋いだ方が安定する。
以前は投げや下段等崩しに乏しかったため、差し合いでダメージを取るしかなかったのだが、
現在は投げ・下段・中段・無敵対空とある程度の技が揃っており戦いやすくなっている。
最新版では、ガードキャンセルが搭載されたりそれぞれの攻撃に補正値が付いたため、より動きやすくバランスの良い性能となっている。
+超必殺技の性能

1ゲージ

サイクルオブウォーター
ジェノサイドカッターのようなモーションで、無敵が長い昇竜技
切り返しや対空に有効で、数少ないルプトナが頼れる超必である。
ブレードフラッド乱撃
更新で追加された超必で、文字通りブレードフラッドを連続して出す攻撃である。
エナジーリーク
同じく更新されて追加された魔法。発生は遅いものの、ゲージ減少とスタンが狙える。
デゾリュートブロック
防御が上がる補助魔法で、ガードする度にゲージをより多く回収する。

2ゲージ

クラウドトランスフィクサー
空に飛び上がって氷を纏いながら敵にキックする必殺技で、
ヒットすれば4割強、さらにガー不…とここまで書けば強そうだが、
飛び上がっている間に無敵などなく、隙を晒してしまうため潰されやすい。
ダウン追い打ちに使えるため、敵がダウンしたらそれに重ねるように使うと寝てようと起き上がろうとヒットするのが強みだろうか。
また蹴り自体には無敵が付いているので、対空技に強かったりする。
フローズンステイシス
タリアと同じく全画面ゲージダメージ技。
だが、原作のルプトナの理力(所謂かしこさ)が低いことの再現か、タリア程の威力は出ない。
グラシアルジョルト乱撃
通常技の中段、下段のグラシアルジョルトを連続で出す攻撃。ただし技の性質は全部上段である。
無敵はないが攻撃範囲が広く使いやすい。

3ゲージ

タイダルティアー
じっちゃんを呼んで波で攻撃してもらう技。タイムラグがあるため同時攻撃が可能。
相手を画面端に押し込み、さらにゲージも奪うという高性能技。3ゲージ溜まったらこちらを上手く活用していきたい所。
ランページブルー
カットイン技。既存の技を組み合わせて行うタイプの乱舞技
ダメージも高く、生当てで5割前後を奪う。さらにサイクルオブウォーターの上昇部分以外無敵のため安心して使える。

ゲージ依存度が高く、かつては固められるとクラウドトランスフィクサーかランページブルーでしか切り返せなかったが、
追加されたノーゲージ技の「ルプトナサマー(仮)」が無敵対空なので切り返しも楽になった。
全体的に固め性能に優れており、相性によっては封殺してしまうことも。
同属性のタリアと同じ投げ、下段を持っていて、『なるかな』キャラの中では安定して戦える性能。
また、オプションで根性値、自動ゲージ増加のON/OFFを設定可能(デフォルトはOFF)。
※公開場所のURLは古いものなので注意
特殊イントロも豊富

yuki氏(たくしあげの人)によるAIパッチも製作されている。
画面いっぱいに動き回って翻弄し、隙を突いて攻撃を当ててからそのまま空中コンボに持ち込んだり、
ランページブルー発動中にキックを連発したりする。ゲージ回収率の高さもあり、そのおかげか画面がかなり賑やかになるAIである。
強さはギリギリ凶クラスに届くか届かないかと言った所。
2013年2月にはTry氏によるAIも公開された。
yuki氏AIの製作動画
タッグでの活躍


また、くりおね氏による強化改変されたルプトナが公開されていた。
全体的に発生や隙が減っており、上記のルプトナよりさらに上のランクが目指せる性能になっている。
どこかで見たキックや新しく他青属性が持つアイシクルアローを搭載していたり、新強化技に「アンブレイカブルブルー」が搭載されている。
使うごとに攻撃力や防御力が上昇し、ラウンドごとに引き継ぐことも可能。
5ゲージ技にオリジナル一撃技「絆・異世界の門より」があり、永遠のアセリアの登場キャラ「オルファリル」と一緒にキックしたりする。所謂声優ネタ。
また、nameは「H・ルプトナ」となっている。Hなルプトナではなく、ヒロインのルプトナちゃんという意味らしい。
このH・ルプトナにもTry氏によるAIが公開されている。

+大会ネタバレ
春閣下12P前後 狂下位ランセレ!台パンの向こう側へ!に出場しているが、
かつての別大会のこの人この人と同様、ランセレに恵まれなかった結果、この大会の空気女王と化してしまった。
そして666試合目、ついに念願の初出撃となったのだが、その相手がまさかの主催者
「いつまで居座ってんだ」と言わんばかりに欲望の一撃どんがらによって、あえなく黒星となってしまった。

しかしこの後はすぐ出てきて連勝。
4敗のAブラックはぁとからspを奪い、勝ちぬけ戦・防衛戦でも3連勝、結果予選成績2勝1敗で決勝に進出した。
0勝3敗決勝行きといい、予選で勝ちまくったのに決勝行けなかったこいつらは泣いていい。

出場大会

更新停止中
【H・ルプトナ】
更新停止中


最終更新:2020年11月30日 17:39
添付ファイル