兎田ぺこら


「こんぺこ!こんぺこ!こんぺこ~!!」

株式会社カバー運営のバーチャルアイドルグループ「ホロライブ」のバーチャルYouTuber
3期生「ホロライブファンタジー」所属。
苗字の読みは「うさだ」。この人とは関係ない(こっちはこっちでVTuberになってるけど)。
愛称は「ぺこーら」「ぺこちゃん」、ファンネームは「野うさぎ同盟」もしくは「野うさぎ」。
なお、野うさぎ達からは「長」、海外リスナー達からは「戦犯」と呼ばれる。

異世界から来た配信者。
本名は「ペコラ・フランソワーズ・ドゥ・ドラ・ドゥルベラー」というらしいが、本項目では主に項目名の表記で記載する。
「ぺこ」という語尾が特徴だが文末でない場所に付く事もある。
髪に括りつけてあったり、ポケットの中に入っている人参は実家で栽培されている本物で、いつでも食べられるように持っている。
でも食べられはするが別に人参が好きと言うわけではないらしい。企画で生でかじって食べたことがあるが割と本気でつらそうでした
3期生の中では一番初めに活動を開始しており、5人(現在1人抜けて4人)の中ではセンター、リーダー格として扱われていた。
特攻隊長というか毒味役というか

基本的にお調子者で、「ファファファファファファ」という笑い声が特徴的(2023年時を境に出来なくなったが)。
気を抜くと途端にワードセンスが悪くなり、視聴者のコメントに対して愛らしい声でお口わるわるの強気な反応を返しては、
野うさぎ達のコメントとプロレスするのが定番。
そうした所から他作品をストレートな感情で楽しむ事が多々あり、感情移入したキャラが悲惨な末路を辿る等をすれば激しく落ち込む事も。
なお、浮気等には厳しいスタンスを取っており、『Fate/Zero』にて衛宮切嗣がアイリスフィールという妻が居ながら、
久宇舞弥とキスした場面を見て彼に失望した事もあった。
(これに関しては込み入った事情があるのだが、アニメではばっさりカットされたという点も大きい)。
こうしたホロライブの中でも上位に入るリスナー達との近い距離感が魅力で、リスナーの中にはこのプロレス目当てで視聴する者も多い。

一方で、割と人見知りでネット弁慶な部分もあり、オフコラボでは自身の配信と比べて落ち着いた態度のことが多く、
また所謂「凸配信」もあまりやりたがらない。
同期の3期生以外で気兼ねなく接することができるのはさくらみこ程度で、
さらに周囲から期待を押し付けられると下手に動けなくなる部分があり、特に他者が絡むコラボだとこれが顕著になるため、
鍛えられたリスナーの間では「期待しているコラボがあるならコメントもツイートもしてはならない」という暗黙の了解が存在する。

3期生の配信者はホロライブがVTuber業界の覇権に食い込み始めた時期の加入者にして、
カバーが本格的に同期生を「箱」として名を与えて売り出す形式を確立させ始めた重要なポジションだが、
ぺこらはその中でも特に人気が高く、YouTube年間スーパーチャットランキングでは2020年に世界3位、
2021年に世界4位にランクインした他、2022年の『Fate/GrandOrder』実況では同接約13万という記録を叩き出した程である。

身長153cmという背丈とロリ声からロリ扱いされる事も少なくないが、年齢は111歳。
また、本人の戦闘力も割と大きい方だったりする。尤も同期の3人がホロライブトップクラスのお胸の持ち主なので霞みがt(この執筆者は打ち首にされました)

ゲームのプレイスタイルはごり押し魔。と言ってもプレイセンスが低い方ではなく、
鬼畜で名高いヒートマンステージの消える足場をアイテム2号を使わずに突破したり、
マイクラ運動会の鳥人間コンテストにて妨害班の攻撃に被弾しながらも配信者の中で唯一満点を出したりと、
多少の難所であれば無茶を通して突破する事ができる、技術が高いタイプだからこそのごり押しスタイルである。
また、ゲームにせよユニットにせよ、一度愛着を抱いたものにはとことん入れ込む気質の持ち主で、
ドラゴンクエスト5』の配信で相方となったブラウンなどがその典型である。
ことブラウン関連のエピソードは『あちこちオードリー』において、お笑いコンビ「錦鯉」の渡辺隆氏からも言及されている
(渡辺氏は兎田ぺこらをはじめとしたVTuberのファンなのだが、ぺこらそっちのけでブラウンを熱く語った)。
渡辺隆かく語りき

この他、ホロライブ配信者の中でも上位に入る程に運に恵まれており「幸運兎」の二つ名を持つ。
ただしこの幸運は意識していない時にしか発揮されないようで、
自信の幸運に高を括っている時は何故か全くと言ってよい程発揮されず、フラグ一級建築士となる事も多々ある。

他にも、配信中にぺこらの母親が乱入する等もあり、リスナーからは「ぺこらママ」「マミー」等と呼ばれてコアなファンを得たのだが、
2024年度のエイプリルフールにてVTuberデビューを果たし、リスナー達を驚愕させた。
手描きによるぺこらママの人気


格闘ゲームにおける兎田ぺこら

ホロライブのファンメイドのゲーム『Idol Showdown』では、2023年8月に追加キャラの1人として実装された。
にんじんの砲弾を撃ち出す砲台を置いたりマイクラのTNTを置いて攻撃する設置系のキャラとなっている。
TNTは一定時間経過するか敵に接触して爆破する赤いタイプと、爆破するまでの時間が短く奇襲性が高いが敵に触れても爆破しない青いタイプがあり、
加えてこれらのTNTは蹴飛ばすなどして飛び道具代わりにする事もできる。
SUPER STARアタック「だいばくはつ」は勇者のような姿となり、スーパー戦隊シリーズの名乗り時のような爆発を背後に起こして攻撃する。
解説

完全に余談だが、2023年11月に公式が投稿したショート動画「もしも格ゲーに出演した時のために必殺技を準備しておこう!」第3弾にて、
必殺技を放つ側の役として出演したのだが、その必殺技演出が野うさぎを元気玉のようなエネルギー弾代わりにして投げつけるというものであった。
上記の通り格ゲーにはすでに出ているが「企業系の作品に出たら」という動画と思われる。
ただし、背後で爆発という演出は『Idol Showdown』と共通している。
野うさぎは犠牲になったのだ…


MUGENにおける兎田ぺこら

キズナアイも手掛けたkano1氏(Adelina Cano氏)によるMUGEN1.0以降専用キャラが某所で公開されている。
冒頭の画像とは服装が全く異なるが、こちらは2021年12月19日に実装された新衣装が元となっている。
ウサギらしく高い機動力を備えており、接近してからの素早いコンボで攻める戦術を得意とする。
超必殺技は強力なパンチを放つ「メガトングレートパンチ」。

AIは3段階に調節可能なものがデフォルトで搭載済み。
koyu@TWINT氏による性能改変パッチも公開されており、導入すると強中位~上位程度の強さに調整される。
詳しい改変箇所はReadmeに記載されているので確認しておこう。
ちなみに同氏主催の強ランク上位!1R制チーム対抗戦!はパッチ公開前に開催されたため、性能はオリジナルのままとなっている。
紹介動画
メガトングレートパンチの元ネタ

なお、カバーはガイドラインに違反しない範囲で二次創作を許容しているが、
ルールとマナーを守ってMUGENをプレイしよう。


「黙れおまえら、企業様が見てるかもしれないだろ」

出場大会



最終更新:2024年04月13日 14:19