華琳


三国志を萌え化したアドベンチャーゲーム『恋姫†無双』シリーズに登場するキャラクター。
姓は曹、名は操、字は孟徳、真名は華琳(かりん)。「華」だと別のゲームのキャラになるので注意。
魏の曹操の女性化キャラクターである。使用武器は死神鎌「絶」。
PC版でのCVは乃嶋架菜女史、アニメとコンシューマ版でのCVは前田ゆきえ女史。

何をさせても一流の腕前を誇る才女で、自らの手で天下を統一する事を天命とする。
その才気故に他人からの妬みも受けるが、そんなものは歯牙にも掛けず己の道を往く、覇王の気質を持つ。
美しいものに目がなく、特に美しい少女を自分のものにする事が趣味。
無印では蜀シナリオしかなかった事もあり、男を汚らわしいと言い放つガチレズ(を屈服させる展開)であったが、
『真・恋姫†無双』では魏(か)シナリオも選べるようになりメインヒロインへと格上げになった事で、
以降はバイに近いおとなしめなものになっている。というよりツンデレが目立つようになった。
特に関羽の女性化キャラである、蜀の愛紗にはよくアプローチをかけている
(これは原典でも曹操が関羽の力を認め、軍門に降るよう再三誘いをかけていた事に由来する)。
部下たちには情け深いが、失敗した部下に罰を与えるなど自他共に厳しい一面もある。

格闘ゲーム『真・恋姫†夢想 ~乙女対戦★三国志演義~』ではパンチラを自重していない。
空中でも使える飛び道具サイコクラッシャーのような突進技を持つ。
「ひれ伏しなさい」という台詞や、通常投げ勝利ポーズで相手を踏み付けるなど言動がサドっぽい。
我々の業界ではご褒美です。


MUGENにおける華琳

+jigokuten氏製作 手描きドット
  • jigokuten氏製作 手描きドット
jigokuten氏による手描きドットの華琳。現在の所α版との事だが、特に使用に問題は無い。
対空、突撃、飛び道具と三種揃ったバランスキャラ。
ただし技名がヒカヌ、コビヌ、カエリミヌだったりととても乱世
またゲージ技時に追加でゲージを使う事で何処かで見たような演出の追撃が入る。
AIもデフォルトで入っているようだ。

+suigin氏製作 SS6華琳
  • suigin氏製作 SS6華琳
2013年8月27日に公開された『真・恋姫†夢想~乙女対戦★三国志演義』ドットの華琳。
一時期は後述の原作仕様のもの共々入手出来ない状態だったが、2018年6月18日より再公開されている。
近距離万能型タイプのキャラで、システムは氏お得意の『サムライスピリッツ天下一剣客伝』風アレンジとなっている。
原作のように一部の通常技をカウンターヒットさせると相手を崩れ状態にし高火力なコンボが可能になるが、
崩れ落ちダウン(Anim番号5950)に喰らい判定を付けてない相手にはコンボが繋がらないので注意。

AIは未搭載だが、海外の製作者のギル氏によってAIパッチが公開されている。
ただし祭スピリッツ固定で、デフォルトで秘奥義使用可能、SCS(チェーンコンボ)、サムライドライブ(スパキャン)、
怒り爆発、一閃、瀕死時常時怒り状態(大奥義使い放題)がONとなっているため動画で使用する際は注意が必要。
2013年10月3日にはエトワール氏のAIが氏のOneDriveで公開された。3段階にレベル調整が可能。
強さは控え目であり、AI戦よりは対人戦に使った方が良いだろう。
また、一時期入手出来なかった時期の間にペパーミント氏のAIパッチも公開されている。最終更新は2018年4月27日。
付属のテキストではWinMUGEN以外での動作は確認されてないとの事だが、MUGEN1.0でも動作可能。
ギル氏AIのパッチに近い性能で、祭スピリッツ固定・怒り爆発・一閃・SCS・秘奥義使用可能等共通点が多い。
10段階のLv制が設けられており、最高レベルでは超反応も行う。

+suigin氏製作 原作仕様
  • suigin氏製作 原作仕様
2014年7月7日公開。
上記SS6仕様と同様に製作者はsuigin氏で、また同氏の他の『恋姫無双』仕様のキャラクターと同様にMUGEN1.1専用。
崩撃や軍師呼び出しといった原作のシステムが再現されている。

デフォルトAIは存在しないが、MUGENについて語るスレ用小物ロダにて作者不明のAIが公開されている。
積極的に起き攻めを仕掛けつつ、ワンチャンスから崩撃コンボを完走して特大のダメージを叩き込んでくる。
本体性能と崩撃の仕様上、ガチガチのAI戦では強以上のランクと渡り合うのは難しい。

出場大会

その他

私の好きなキャラ達(jigokuten氏製)


最終更新:2020年12月13日 23:00