リュシージュ・カペラ





      

「私の強さを教えてあげますよ!」
名前 リュシージュ・カペラ(luciege・capella)、愛称はリュシー
性別 女性
身長 168cm
種族 悪魔
好きなこと 綺麗なもの(宝石・人の魂など)、悪魔としての活動
嫌いなこと 悪魔らしくない自分、山羊扱いされること*1

レイア・ビゼットに続きbakisimu氏により手描きで製作されたオリジナルキャラクター。
2018年5月公開。その後2019年2月までの更新で技がどんどん追加され、性能も調整されていった。
特に2018年9月の更新ではボイスが追加され、キャラの性格的な魅力と演出面が大きくパワーアップしている。
CVはネット声優の福富蘭華氏が当てている。
なお、立ち絵の透過pngファイルも別途公開されており、翼の有無や表情差分が一通り揃っている。
動画に出演させる際に使ってみてはいかがだろうか。
公開当初の製作動画
2018年11月までの更新版。ボイスと追加技がよく分かる

魔界からやって来た悪魔で、魔法の素質が無いため格闘技を主体に戦う。
彼女の種族は魔法を得意としており、本来身体能力は向上しにくい体質なのだが、鍛練を重ねることで実用レベルにまで昇華している。
悪魔の肉体の組成は物理的に「軽く」スピードはあるがパワーがない。
後述の設定やストーリーからそこはかとなくポンコツ臭が漂っているがどうやらかなりの努力家であるようだ。
また、気を魔力に変換して溜められる特殊なカードを使用することで、風・氷・炎属性の攻撃魔法を発動することが出来る。
そこまでしてレイアと互角程度の実力という微妙さだが

+ 同梱txtより設定や背景ストーリーなど
伝統的な悪魔の文化として、人間に対して3つの願いを叶える代わりに死後の魂を得るという取引を持ちかけている
…が魔力が足りず、まともに願いを叶えられないので取引がいつも破談になっている。
そもそもトークのセンスもなく、正直に不利益な点を口走ってしまうため相手が乗ってくること自体が稀。

悪魔であるため本来は魔法が使えるはずなのだが、素質が全くないため格闘技を主軸に戦うスタイルとなっている。
スピード特化のスタイルで動きのキレは良い。素早く攻撃を叩き込んでいくのが戦術。
反面、種族や家系的にパワー不足に陥りやすく、大きなダメージを与えることができず苦戦することも多い。

武器として魔力を溜めることができるカードを携帯しており、これを使うことで本人の実力以上の攻撃魔法を発動させることができる。

性格は積極的で妙なところで生真面目。
人を惑わし、堕落させ、破滅に導くような立ち振る舞いを理想としているが、
根は真っ直ぐな性格なので頻繁に空回りし、すぐにボロが出る。

口調は基本的に敬語、セールストークがいつの間にか癖になってしまったらしい。

翼と尻尾は格納式、出した状態だと魔力が消費されるらしく普段はしまった状態で過ごしている。
(以上、同梱のtxtファイルより転載)

姓の「Capella」は「Laplace」のアナグラム。悪魔らしい。
愛称の「Lucie」はフランス語で「光」。悪魔……?*2
余談だが、カードを含む全体的な着想は、コンパイルのカードバトルボードゲーム『フロートランドのおとぎばなし』からとのこと。
また、一部の技は『ドラゴンボール ファイターズ』におけるヤムチャのものを参考にしているようで、
声をヤムチャのものに差し替える ネタボイスパッチも公開されている。
これを導入すればリュシーも立派な狼牙風風拳使いだ!そしてポンコツ度もますますUP


性能

スタンダードなスピード型キャラで、速度も速く隙の少ないステップが特徴的。
加えて豊富な打撃技や突進技、当身技を備えている。
ただし通常必殺技で飛び道具を持っていないため遠距離戦は苦手。
また、必殺技が多段技でもヒット毎に補正が掛かるなど、全体的に火力はやや低めになっている。
そういった弱点を後述の特殊システムでカバーするキャラになっている。

奥の手として魔力で召喚した巨大なエネルギーの腕で押し潰す2ゲージ技の「ヘルプレッシャー」が使えるが、
基本的な攻撃手段はオーラを纏った拳法技で、
技としては突進技の「ダーク・ダイブ・ブロー」から連続突きの「フィーンド・ハリケーン」へ繋ぎ、
掌底「イービル・ディストラクション」で〆る連続技や、後退からの鋭い突進蹴りで奇襲する「ナイトメア・ミラージュ」、
高速の回転蹴りを繰り出しながら上昇し、〆に相手を蹴り飛ばす対空技狼牙風風拳・旋風爪「カラミティ・ヘヴィストーム」、
倒立から風属性の強烈な回し蹴りを繰り出す1ゲージ技「デモニック・エッジ」、
無敵付きの突進で接近し、連続攻撃を叩き込む3ゲージ技真・狼牙風風拳「アブソリュート・デモン・フォース」など、拳法を活かしたスピーディーな技が多い。
足元がお留守だけど優秀な当て身技「デビルズシックスセンス」も所持しており、接近戦での強さは中々のものである。

弱点はリーチの短さ。発生も遅いため通常技で相手に触ることが難しい。
また、投げと地上中段のダメージが低く追撃不可能なため、相手のガードを崩すことも非常に苦手。いかに相手の意表を突けるかが腕の見せ所。

基本的には双方の攻撃が届かない位置で、優秀な突進技やダッシュ投げという奇襲を狙う立ち回りとなる。
特に突進技は豊富な派生によりヒットならコンボ、ガードでも隙消しや回避技、無敵技にキャンセルして自分のターンを続けることができるので非常に優秀。
ただし、硬直は長いので振り回しすぎると読まれて垂直ジャンプからフルコンボを入れられてしまう。

戦法的に飛び道具が辛いが、見てから3ゲージ無敵突進技やLVMAX氷魔法で対処することも可能。

特殊システムとして三属性の特殊ゲージを持ち、X(弱)・Y(中)・Z(強)ボタンいずれかの攻撃を当てることで対応する属性のゲージが溜まっていく。
これを消費することによって3属性の飛び道具を発動出来る。
ゲージは最大でLV3まで溜めることが可能で、LVに応じて威力が上がり、性能も変化する。
牽制に使っても良いが、必殺技→特殊技(魔法)→超必殺技のキャンセルが可能であり、コンボに組み込めば火力の増強が可能。
消費LVを任意で調節することも出来るので、状況に応じて使い分けていきたい。
+ 各属性の特徴
+ ソニック・ブーム(X)

ソニック・ブーム

性能としてはスタンダードな飛び道具。
ゲージが溜まりやすいので気軽に使えて隙も少ないが、ダウンを奪うことは出来ない。
  • LV1
ビームの様な飛び道具。隙が少なめで空中ガード不可。
  • LV2
弾速がかなり速い真空波を飛ばす。やはり空中ガード不可。
  • LVMAX
3WAYの真空波を2連射する。範囲が広くなって制圧力も増すが、空中ガードが可能に。
画面端でヒットさせると拾い直すことができる。

+ アイス(Y)

アイス

ヒット・ガードを問わず、相手を長めに硬直させるので有利を取りやすい。
ソニック・ブーム同様ゲージが溜まりやすいが、飛び道具としてはやや癖がある。
  • LV1
少し離れた位置に冷気を発生させる。密着していると当たらない。
  • LV2
2本の氷柱を放つ。Xを描く様に交差する独特の軌道が特徴。
自身のやや前方から発生するため、やはり密着していると当たらない。
  • LVMAX
相手をサーチし、氷塊を出現させて攻撃。ダウン効果あり。
ただしy軸はサーチしてくれないため、飛び込まれると危険。
また、画面端でヒットさせると安定して追撃が可能なので高火力コンボの必須パーツでもある。

+ ファイヤー・ボール(Z)

ファイヤー・ボール

全LVにダウン効果あり。
威力やコンボ補正の下限が高めだが、ゲージがやや溜まりにくいのが難点。
  • LV1
自身の前方に爆発を起こす。
目の前に攻撃判定が発生するのでコンボ向き。
  • LV2
自身の斜め上空から火球を降らせる。射程は短め。
対空に使えなくもない。
  • LVMAX
LV2の火球を4発降らせる。最後の一発は一応画面端まで届くが、
手前から順番に降ってくるので端まで到達するのが遅く、遠距離戦には向かない。
最低保証ダメージが大きいため、こちらも優秀なコンボパーツ。

AIはデフォルトで搭載されており、頻繁にデビルズシックスセンスでの切り返しを狙う他、前述のキャンセルも多用する。
特に画面端ではかなりの火力を叩き出してくるため要注意。



「私は何と言っても悪魔ですから、魂と引き換えに願いを叶えてあげますよ

 あ、できれば簡単なのでお願いします…」

出場大会



*1
カペラはラテン語で「小さな雌ヤギ」。
ぎょしゃ座の一等星の名でもあり、ぎょしゃ座の星座図は仔ヤギを抱いた老人であるが、カペラはその仔ヤギに位置する。
ぎょしゃ座と言われても馴染みが薄くピンとこないだろうが、「冬のダイヤモンド」という異名に聞き覚えはあるだろう。
中国では「五車」と呼ぶ。

*2
実は魔王であるサタンの元の名前とされるルシファー(Lucifer)もラテン語で「光をもたらすもの」「明星(金星)」の意味であり、
同じ語彙なので、どこもおかしくはない。
と言ってもルシファーは天使の生まれなので…(神に反乱したので地獄に堕とされた=堕天使)。


最終更新:2022年01月25日 12:32