アグニモン




  • 世代:ハイブリッド体
  • 種族:魔人型デジモン
  • 属性:バリアブル種
  • 必殺技:バーニングサラマンダー
                  サラマンダーブレイク
                  ファイアダーツ

ゲーム『デジタルモンスター』シリーズに登場する、架空の電子生命体デジタルモンスターの一種。
伝説の十闘士「エンシェントグレイモン」のスピリットを受け継ぎその力を宿した、
火の属性を持つ魔人型デジモン。
「デジコア(電脳核)」が聖なる炎と呼ばれるスピリチュアルファイアーで包まれているため、
炎を自在に操ることができる。
ネットの防御壁「ファイアーウォール」の化身であり、守護神でもある。
熱しやすい性格なため、ヨガ呼吸で精神修養に励む武人的な一面があり、話し言葉はどこか古風で拳法家的。
戦闘では東洋の武術を駆使して戦い、気を集中させる要領で身体の一ヶ所に炎を集めて攻撃力を上げる。

名前の由来はおそらく、古代インドの火の神「アグニ」
(日本の創作的にはヨガファイヤー或那の鎖ランチャーストライクガンダムの武器等の元ネタ)。

+ 伝説の十闘士について
伝説の十闘士とはデジタルワールドで初めて究極体に到ったとされる古代種のデジモンの勢力である。
独裁に転じたルーチェモンに対抗するために立ち上がり、世界を救ったとされている。
元々古代種デジモンは強大な力を持つが、それ故に戦闘で肉体に発生する負担が大きく、
進化し切る前に寿命を迎える事が多く(世界観が異なる『Vテイマー01』でも言及されている)、
それ故に究極体に到った古代種は並みの究極体を凌駕する実力を持つとされている。
十闘士以前に究極体という概念は無かったことからも分かるように、
彼らは突然変異的に進化したユニーク種であり、進化系譜は存在しない。


十闘士自身は既に滅んだが、その力を宿した「スピリット」が各々の十属性ごとに人型と獣型で遺され、
人やデジモンがその力を使う事で対応したデジモンになれる
(闇属性のみ本来の善のスピリットの状態と、ケルビモンの魔力により呪われ変化した悪のスピリットの状態がある)。

なお、これらもハイブリッド体デジモンも後継者的な意味で「十闘士」と呼ばれており、
ファンの間では区別のため究極体の方を「古代十闘士」「伝説の十闘士」と呼んで差別化する場合もある。

アニメ『デジモンフロンティア』では、神原拓也が炎のヒューマンスピリットによってスピリットエボリューションした姿として登場。
同作ではパートナーデジモンがいないため、アグニモンが作品の顔となっている。
人間の拓也自身がデジモンと化しているため人格は拓也のものがベースとなっているが、
最終決戦にて半実体化し「パートナー」として拓也に激励する場面があり、
エンシェントグレイモンや拓也とは別にスピリットそのものに個別の意思があることが判明している。

+ 関連種
  • ヴリトラモン
炎のビーストスピリットによって進化したハイブリッド体デジモン。
パワーはアグニモンより上だがスピードは劣り、加えて制御が難しい。
こちらもアグニ同様、インドの神ブリトラが由来と思われる。

  • アルダモン
炎のヒューマン&ビーストスピリットの全てを受け継ぎ、未知の能力を得ることで伝説を超えた火の能力を持つデジモン。
アグニモンとヴリトラモンが融合したような姿をしており、
獣の野性と人の知性を併せ持つことで、怒りや恐怖を正義の力に変えて戦う。

超越形態。詳しくは個別項目参照。

  • エンシェントグレイモン
かつてルーチェモンに立ち向かった「十闘士」と呼ばれる古代種デジモン。
デジタルワールドで初めて「究極体」に至ったデジモンの1体であり、グレイモン系の始祖でもある。
ルーチェモンとの闘い後、その復活を危惧したため、
自らの力をヒューマン体の「ヒューマンスピリット」、ビースト体の「ビーストスピリット」に分けて後世に残した。


MUGENにおけるアグニモン

BlackCat氏の製作したキャラが公開中。
デフォルトではアグニモンの形態で戦い、
ヴリトラモン及びアルダモンへの進化は超必殺技扱い、
カイゼルグレイモンへの進化はモードチェンジ技として搭載されている。

アグニモンの形態は近接攻撃中心の性能で、超必殺技も突進技が中心となっている。
このため、突進技で近付いてからインファイトに繋げる戦術が基本になる。

カイゼルグレイモンは反対に飛び道具ゲージ技が強い。
剣による接近戦もできなくはないが、飛び道具の発生が早く威力も優秀なので、
そちらが攻めの基本になる。
体力が一定以下の時に、即死技のスサノオモンとなる超必殺技が解放される。
簡易とのことだがAIも搭載されている。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [アグニモン]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2024年04月15日 15:52
添付ファイル