トゥーフェイス


「この残酷な世界で、唯一のモラルは運だ。
 えこひいきもなく、偏見もない。フェアだ」

+コミック版はこちら(グロ注意)

+日本語吹替声優
筈見純
『バットマン(1989年映画版)』(ソフト版)
原田一夫
『バットマン(1989年映画版)』(TBS版)
田中信夫
『バットマン(1989年映画版)』(テレビ朝日版)
田中耕二
『バットマン(1989年映画版)』(テレビ朝日吹替補完盤)
菅生隆之
『フォーエヴァー』(ソフト版)
小林清志
『フォーエヴァー』(テレビ朝日版)
大塚明夫
『バットマン(DCアニメイテッド・ユニバース)』
木下浩之
『ダークナイト』(ソフト版)、『ブレイブ&ボールド』
井上和彦
『ダークナイト』(テレビ朝日版)
遊佐浩二
『GOTHAM/ゴッサム』
滝知史
『アーカムナイト』
丸山壮史
『レゴバットマン ザ・ムービー』
森川智之
『ニンジャバットマン』

DCコミックの代表作『バットマン』に登場するヴィラン。某ピンクの悪魔のゲームに登場する同名の敵は無関係。
初出は1942年の『Detective Comics #66』。
バットマンの古参の宿敵の一人にして、二代目ロビンことジェイソン・トッドの父親を殺害した張本人である。

本名はハービー・デント。日本だと初期はハーヴェイと翻訳されていた。
ゴッサムシティの有能な検事であり、端整な容姿から「アポロ」と渾名されるほどだったが、
裁判中にギャング団のボス、サル・マローニに化学薬品を投げつけられ、
顔の左半分の皮が剥げて筋肉が剥き出しになっているグロテスクな容姿になってしまう。
結果、二重人格にして二重性に取り憑かれたヴィラン、トゥーフェイスに変貌する。

顔の損傷の具合は作品やアーティストによってかなり差異があり、上記したような筋繊維剥き出しの人体模型状態だけでなく、
記事冒頭のように変色して引き攣っている程度の場合もある。こちらのバージョンはアニメなど低年齢向け媒体に多い。
また、人格も善と悪でハッキリと二分されている場合もあれば、完全に悪人サイドの人格だったり、
善悪の人格を混ぜ合わせたような、独自の美学を持った犯罪紳士的なキャラになっている作品もある。

特殊な能力は持っていないが、意思決定をコイントスで行う習慣がある。
主に使うのは1ドル銀貨、それも両表のエラーコインで、片側が傷付いているためそちらを「裏」としている。
傷は上記の薬品による劣化とする場合もあれば切り傷のようなものとされる場合もあるが、
どちらにせよコインに描かれた自由の女神は彼の半身の如く無残な姿になっている。

また、現在はハービー・デント時代にバットマンと盟友だったという設定も加えられている。

+実写映画での活躍(グロ注意)
実写映画『バットマン』ではトゥーフェイスになる前の新任の地方検事ハービー・デントとして登場。
本作においてはゴッサムシティの市長から招聘され、ギャング撲滅を公約として宣言する。
主だった出番はこれだけで、その後は物語からフェードアウト。ハッキリ言ってチョイ役もいいところである。
演じたのはスターウォーズのランド・カルリジアン役で有名なビリー・ディー・ウィリアムズ氏。
原作のデントは白人だが本作では役者の都合上、黒人となっている。

なお、ウィリアムズ氏は結局トゥーフェイス形態を演じることはなかったが、この映画の後で作られたアニメ版(DCアニメイテッド・ユニバース)では、
この辺の要素を生かしてかトゥーフェイスが黒人風の容姿(トップ画像参照)になっている。

『バットマン フォーエバー』ではメインヴィランの一人として登場。
演ずるはこの時点でアカデミー賞俳優であり、日本では缶コーヒーBOSSのCM『宇宙人ジョーンズ』としてもお馴染み、
トミー・リー・ジョーンズ氏。
正義感溢れる地方検事だったが、裁判中にギャングのサル・マローニに硫酸を投げつけられ、
左半身が焼け爛れたことで精神に異常を来してトゥーフェイスとなった。「2」という数字に異常な執着を見せる。
自分を助けてくれなかった(正確には間に合わなかった)バットマンを逆恨みし、
収容されてから2年目にアーカム・アサイラムを脱獄してゴッサム第二銀行を襲撃。
その後、リドラーと同盟を組んでバットマンとロビンを追い詰める。
武器はダブルノック式の拳銃であり、シュガーとスパイスというトゥーフェイスの二面性を表現した二人の娼婦を側に侍らせている。
隠れ家は半分が美しい調度品で彩られ、もう片方は醜く荒らされている上、
用意された食事も片方は上等のシャンパンとスフレ、片方は生肉と丸焼きなど極端である。
特殊メイクで再現されたヴィジュアルは秀逸そのもの、なのだが……原作のトゥーフェイスと比べるとやたらとハイテンションであり、
身振り手振りも大げさで高笑いするシーンなどが非常に多い。
というか本作は設定上『バットマン』から地続きの世界のはずなのにハービーは人種すら変わっている
また、本作でも片面が傷ついたコインでのコイントスによって己の行動を決めるのだが、
なんと納得のいく結果になるまでコイントスを繰り返すというキャラ崩壊どころではない行動を取るため、原作ファンからはかなり不評である。
しかし、それ以外のシーンにおいては中の人が心から楽しんで演技していたというはっちゃけた怪演ぶりで中々評価が高い。


「お前は運がいい。彼は違う」
「誰だ?」
「運転手だ」

『ダークナイトトリロジー』では二作目である『ダークナイト』から登場。
演じたのはアーロン・エッカート氏。
「闇の騎士」であるバットマンに対して、「光の騎士」とも称される有能な地方検事。
かつて内務調査部に所属していた頃は警察から皮肉を込めて、「ハービー・トゥーフェイス」と呼ばれていた。
父親の形見であるコインを持ち歩き、重要な決断はコイントスによって行うのだが、
このコインは両方が表であり、実際は自分の正義に従って一度決めたことは必ずやり遂げるという事と、
自分が決めた正義に間違いはないという独善的な部分をも象徴していた。
しかしながらこの時点の彼の正義感自体はごくごく真っ当な物で、
加えて当時のゴッサムでは警察等の公権力に公然と汚職が広がっていた事もあり、
一時はバットマンもその強固な信念と市民に慕われる姿勢を兼ね備えるハービーこそが、
ゴッサムを真に守るに相応しい存在ではないかと本気で考えていた程。
ゴッサム市警のゴードンやバットマンと共にマフィア壊滅のために果敢に奮闘するもジョーカーに捕まり、自身はバットマンに助けられるが、
建物の爆発に巻き込まれ顔の左半分を失った上に、同僚であり想い人でもあったレイチェルがジョーカーに殺害され絶望。
その後は耐え難い激痛にも関わらず鎮痛剤も皮膚移植も拒否し、
さらに病院に現れたジョーカーによって言葉巧みに惑わされ、精神が完全に破綻してしまい、
爆発によって片面が焼け爛れたコインと共に、レイチェルの死に関わった人間達へ復讐を開始する処刑人となる。
復讐に関しても基本的にはコインによる意思決定を重視しており作中では裏切り者の警察関係者を見逃してもいるが、
一方でコイントスで裏面が出た直後にもう一度それを行い、自分と相手の乗っている自動車の運転手を(上記のやり取りの直後に)射殺。
事故を起こさせる事で間接的な(=自らの意思に関係ない運任せの形での)殺害を試みてもいる。
本作では当初登場する事が伏せられており、サプライズ的な出演を果たした。
トゥーフェイスとなってからの恐ろしい表情はCGによって処理されている。

(以上、Wikipediaより引用・改変)


MUGENにおけるトゥーフェイス

shining氏とcandido159氏の共同製作による、MUGEN1.0以降専用のキャラが存在し、海外サイト「The Mugen Multiverse」にて代理公開されている。
Buyog氏による『MVC』仕様のキャラ製作テンプレートをベースに作られており、
ドットカーマン・コールを改変したものと思われる。
ちなみにデフォルトカラーでは初期のデザインをイメージした左半身が緑色の姿だが、
カラーによっては「白黒のスーツに赤黒く爛れた左半身」というお馴染みのものや、映画『フォーエヴァー』をイメージしたものになる。

簡易的なAIがデフォルトで搭載されている他、Colosse氏によるAI&改変パッチも公開されており、
爆弾や銃といった飛び道具を中心に攻める動きをする。
Colosse氏AIパッチ(DLリンク有り)

出場大会

  • 「[大会] [トゥーフェイス]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年09月05日 00:54