六花(遊戯王OCG)

登録日:2020/03/28 (土曜日) 13:51:10
更新日:2020/04/18 Sat 22:29:39
所要時間:約 ? 分で読めます





秘めたる想いは密かに積もる


「六花(りっか)」とは「遊戯王OCG」に登場するカテゴリの1つである。


【概要】

デッキビルドパック「シークレット・スレイヤーズ」で初登場したカード群。
属するモンスターは全て、水属性・植物族で統一されている。

多くのカードがリリースに関する効果を持ち、いずれもタイミングを逃さないので、コストやアドバンス召喚のリリースでも発動する。

また、魔法・罠カードは普通に発動するか植物族モンスターをリリースして発動するかを選べ、
後者の場合追加効果が発動する仕組みとなっている。

植物族ではあるが、イラストでは女性の姿をしており、多くは氷の傘のような物を持っている。


「六花」とは雪の異称であり、雪の結晶が六角形であることからとられているう。
ダイヤモンドのプリキュアでも電脳ヒーローのヒロインでもない。傘も持ってるが邪王真眼の使い手も関係ない。

命名はひとひらを除くメインデッキのモンスターが「六花精」、EXデッキのモンスターが「六花聖」となっている。

【効果モンスター】

  • 六花のひとひら
効果モンスター
星1/水属性/植物族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「六花のひとひら」以外の「六花」モンスター1体を選び、
手札に加えるか墓地へ送る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
または自分フィールドのモンスターが植物族モンスターのみの場合、
相手エンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。

白い花の上に浮く幼女。
六花モンスターのサーチか墓地送りする効果と、相手のエンドフェイズに自己再生する効果を持つ。

(1)は言うまでもなく始動役として優秀。
状況に応じて様々なカードを抜き出せる。

(2)は実質ノーコストで再生できる強力な効果。
また、この手の自己蘇生効果には珍しく場を離れる際に除外されたりという事もなく、毎ターン蘇生しては六花のリリースコストに宛がえる。
だが六花唯一のレベル1のため、エクシーズ素材に使用する場合は他のカードのサポートが必須。

総じて六花デッキにおけるエンジン兼潤滑油であり、このカードがいるかいないかで動きやカードの消費量が変わるため、ワン・フォー・ワン等を使っていかに早くこのカードを用意できるかが重要になる。

  • 六花精シクラン
効果モンスター
星4/水属性/植物族/攻1800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードをリリースし、
自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。
(2):このカードがリリースされ墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

ワンピースを着た紫髪の少女。
自身をリリースして植物族のレベルを下げる効果と、リリースされた時に自己再生する効果を持つ。

(1)は主にエクシーズ召喚の幅を広げることができるが、他のレベル変動カードと違い自身をコストにしなければならず、強力な効果を持つティアドロップに繋げられないのがネック。

(2)はリリースされたターンのエンドフェイズに自己蘇生する効果。(1)の効果から自己再生にも繋がるが、タイミングがエンドフェイズと遅く、相手ターンでは役割が薄いのが難点。
ひとひらと違い自分ターンのエンドフェイズでも蘇生するため、相手ターンに後述のカンザシの身代わり効果や六花罠の追加効果の為のリリース役として使うとよい。

名前の由来は「シクラメン」


  • 六花精プリム
効果モンスター
星4/水属性/植物族/攻 800/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ上げる。

ツインテールの少女。
リリースに反応する特殊召喚効果と、植物族のレベルを上げる効果を持つ。

(1)は六花ならば発動する機会は多く、発動は難しくない。

(2)は自身も対象にできるため実質レベル6モンスターとして運用しやすく、他のレベル4・6モンスターと共にランク6のエクシーズ召喚を狙いやすくなる。

名前の由来はサクラソウの英名「プリムラ」だと思われる。


  • 六花精エリカ
効果モンスター
星6/水属性/植物族/攻2400/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分の植物族モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、
手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの植物族モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

和服っぽいドレスを着た女性。草使いのジムリーダーとは関係ない。
植物族のステータス強化と、リリースに反応する自己再生効果を持つ。

(1)は「召喚師アレイスター」の植物族版といった効果。
攻撃宣言時しか使えないのでダメステで発動する効果より奇襲性が低いが、おかげでリリースを条件に発動する六花カードの発動を邪魔しない。
ただし、自分の攻撃ならともかく相手の攻撃時にこれをトリガーに特殊召喚効果を使ってしまうと巻き戻しが発生してしまう点には注意が必要。

(2)は守備表示限定なのでアタッカーには向かないが、エクシーズ素材にすれば除外デメリットも打ち消せる。

地味に帝サポートを受けられる。もっとも、帝と相性がいい植物族が殆どいないためあってないようなものなのだが。

名前の由来はそのままツツジ科の「エリカ」。

  • 六花精ボタン
効果モンスター
星6/水属性/植物族/攻1000/守2400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚または植物族モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

お団子ヘアーの少女。
植物族をリリースして特殊召喚する効果と、六花魔法・罠カードをサーチする効果を持つ。

(1)で自身を特殊召喚しつつ、(2)に繋げてアドバンテージを稼げる。
また、同じくレベル6であるエリカやレベル6になれるプリムはリリースをトリガーに特殊召喚するため、このカードからランク6に繋げやすい

(2)では六花絢爛をサーチすることでモンスターカードをサーチしたり、六花の風花や六花の薄氷をサーチして相手ターンに備える事ができる。

名前の由来は「牡丹」か「葉牡丹」だと思われる。


  • 六花精スノードロップ
効果モンスター
星8/水属性/植物族/攻1200/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルは
ターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。

ドレスを着たサイドテールの女性。
植物族をリリースして他の植物族と一緒に特殊召喚する効果と、植物族のレベルを同じにする効果を持つ。

(1)はボタンと同じ特殊召喚効果。更に植物族がおまけでついてくる。
後述の(2)の効果も併せてリリースのディスアドを補うほどの強力なカードだが、逆を言えば手札にこのカード以外の植物族モンスターがいないとこのカードも特殊召喚できないので手札が枯渇した場合などに引いてしまうと自己要因になってしまう。

(2)で様々なランクのエクシーズ召喚を行うことができる。
六花だけで考えても1・4・6・8のエクシーズ召喚が可能であり、他の植物族がいればそれ以外のランクのエクシーズにも対応できるようになる。
とはいえ、大体六花は植物族縛りが付いた状況が多いため出せるエクシーズモンスターは大幅に限られる。エクストラデッキに多様な植物族エクシーズを用意するとよい。

(1)(2)共に「六花」モンスターではなく「植物族」モンスター指定なので、墓地に送っておきたいスポーアや薔薇恋人、手札に来てしまったダーリング・コブラなどの植物出張パーツをランク8エクシーズの素材に変換する事ができるのはこのカードの大きな強み。

名前の由来はヒガンバナ科の「スノードロップ」だと思われる。


  • 六花精ヘレボラス
効果モンスター
星8/水属性/植物族/攻2600/守1200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、
自分フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果を相手が発動した時、
手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
その効果を無効にする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

片目が隠れたロングヘアの女性。
自身をコストに対象を取る効果を無効にする効果と、植物族をコストに自己再生する効果を持つ。

(1)は効果を無効にするのでダメージステップでは発動しない点とモンスター効果にしか発動できない点に注意。
場の六花を守るついでに他の六花の効果が発動できれば儲けものである。

(2)は公開領域である墓地発動故に妨害されやすいが、エクシーズ素材を経由すれば毎ターン特殊召喚とリリースによるトリガー効果を誘発できるので同条件で特殊召喚できるボタンやスノードロップとは違う強みを持つ。

名前の由来はキンポウゲ科の「ヘレボラス」だと思われる。


【エクシーズモンスター】

  • 六花聖カンザシ
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/水属性/植物族/攻2400/守2400
レベル6モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターがリリースされた場合、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、植物族になる。
(2):自分フィールドの植物族モンスターが効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・フィールドの植物族モンスター1体をリリースできる。

派手な和服を着た黒髪セミロングの女性。
リリースに反応する種族変更&蘇生効果と、植物族を身代わりにした破壊耐性効果を持つ。

(1)は六花なら手軽に発動でき、更なるリリースに使用できる。
無論(2)の効果にも繋がる。

激流葬は相性がよく、六花が苦手な大量展開への対処をこなした上で自分の場は(2)で守り、更に(1)で次のターンの展開の足掛かりにできる。無論、出したモンスターは攻撃は出来るので相手の墓地から大型モンスターを奪ってアタッカーにしてもよい。


  • 六花聖ティアドロップ
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/水属性/植物族/攻2800/守2800
レベル8モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、
自分・相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースする。
このカードが植物族モンスターをX素材としている場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):モンスターがリリースされる度に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースされたモンスターの数×200アップする。

派手なドレスを着た銀髪ロングヘアの女性。
モンスターをリリースする効果と、リリースした数に応じた自己強化効果を持つ。

(1)は破壊耐性等を無視する強力な除去効果。更に植物族を素材にしていればフリーチェーンと化し妨害も行えるようになる。
勿論、こちらの六花のサポートもできる。

(2)は上昇値こそ少ないが、六花ならば連続発動も夢ではない。
また、こちらはエクシーズ素材を必要としないので、蘇生した場合でもアタッカーとしての役割を持ちやすい。

(1)だけでも強力なので、汎用ランク8に入れる手もある。
その場合の競合相手としては、対象を取らない宵星の機神ディンギルスや相手のカードを奪って高打点アタッカーにできる銀河眼の光波竜などがいる。
このカードの利点としては、このカードの他にリリースできるカードがあれば3000ラインを越える点か。

スノードロップと似ており、彼女が強化された姿だと思われる。


【魔法・罠カード】

  • 六花絢爛
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):デッキから「六花」モンスター1体を手札に加える。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、
元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

六花モンスターをサーチする効果と、追加で同レベルの植物族をサーチする効果を持つ。

特にこれと言った縛りもなくリリース効果を使わずとも強力な為3積み必須。
サーチしづらい「植物姫」シリーズもスノードロップと一緒にサーチできるようになった。

デッキビルドパック出身、美少女がメイン軸になるテーマ、デッキのカードにアクセスするスーレア魔法カードで察した方もいると思うが例に漏れずめちゃくちゃ高い天気?なんのこったよ



  • 六花の風花
永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「六花」モンスターがリリースされた場合に発動できる。
相手は自身のフィールドのモンスター1体をリリースしなければならない。
(2):相手エンドフェイズに、植物族モンスター以外の表側表示モンスターが
自分フィールドに存在する場合に発動する。
このカードを破壊する。

リリースに反応する相手へのリリース強制効果と、自壊効果を持つ。

(1)は相手にリリースを強要するあのアポクリフォート・キラーと同じ除去効果を持つ永続魔法。やってる事は風花どころかぜったいれいどである。
ただしあちらと違い、自分場の六花モンスターのリリースをトリガーにしなければいけない点に注意。あとあっちと違って耐性も特にないからサイクロンとかでふわっと飛んでってしまう。

(2)は植物以外がいると自壊してしまうデメリット効果。とはいえ、縛りの関係上植物族以外を出す機会は早々なく、相手からモンスターを奪ってくるカンザシや薄氷も奪ったモンスターを植物族に書き換えるため、純正の六花デッキならよっぽどのことがなければこの効果で自壊することはない。
相手から壊獣とか送りつけられたりした時にこいつも吹っ飛ぶ可能性がある、程度に思っておくといい。その場合、いっそのことティアドロップで壊獣をどかしてしまうのも手。


  • 六花深々
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):自分の墓地から「六花」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらに自分の墓地から植物族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。


通常発動で六花モンスターを、リリースして発動すると更に植物族を蘇生する効果を持つ。

これ1枚でエクシーズ召喚を行うことができるが、罠カードなのでエクシーズ召喚の展開として使うには1ターンのラグがある。また、あちらの条件の関係で相手ターンでボタンを蘇生し、効果で魔法・罠をサーチ…という動きもできない。
役割としては守備力の高いスノードロップやティアドロップなどを蘇生して壁にしたり、破壊効果にチェーンしてカンザシを出す事で守ったり、ひとひらが墓穴の指名者やD.D.クロウなどの除外カードに狙われた時に蘇生して回避したりと、罠カード故にできる事が多い。
勿論遅めながらも展開札としても有用であり、スノードロップならばもう片方の蘇生モンスターにレベルを合わせる必要もない。


  • 六花の薄氷(うすらい)
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらにそのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは植物族になる。

相手モンスターの効果発動を封じ、リリースしていれば植物族にした上でコントロール奪取する効果を持つ。

一見ブレイクスルー・スキルなどのような効果無効に見えるが、このカードは効果を止めるのではなく効果の発動を封じるもの。
そのため、このカードの発動時点で既に発動している効果を止められず、誘発効果や永続効果に対し無力である。そのため、基本的には発動時にリリースして下記の追加効果と共に運用するのが望ましい。
リリースして発動すると、そのターンの間だけ相手のモンスターを奪い、植物族として扱う事ができる。純粋に除去・妨害カードとして有効であり、更に植物族に種族を書き換えるため他の六花の効果のサポートに使う事もできる。特にスノードロップはレベルを持たないエクシーズ・リンクモンスター以外ならレベルを変更してエクシーズ召喚に使う事すら可能になる。

なお、先に発動封じの処理が入るため封じる効果がない通常モンスターはこの対象にできず、コントロール奪取もできない点には注意。


【相性のいいカード】

  • ローンファイア・ブロッサム

説明不要の植物族リクルートカード。2020年春現在制限カード。
発動がリリースなので六花との相性は抜群。
レベルの都合上、絢爛でサーチこそできないが深々で蘇生は出来るので隙があれば墓地から吊り上げて制限カードであるこのカードを使いまわしも効く。


  • コピー・プラント

エクシーズ召喚のサポートの他、シンクロ召喚も視野に入れられる。


  • イービル・ソーン

大量展開&リリースによる六花サポートを担える。
また、ひとひらとレベル1サポートを共有できるのもポイント。


  • レクンガ

六花は水属性なのでトークンが生成でき、リリースコストに使える。
レベル4なので絢爛でシクランやプリムと共にサーチでき、プリムの効果でトークンを生成した後にランク4だけでなくランク6エクシーズの素材にもなれる。


  • 捕食植物オフリス・スコーピオ+捕食植物ダーリング・コブラ

最早おなじみの捕食植物出張セット。下記のジャスミンを出しながらコブラで持ってきた簡易融合でリクルート効果のコストを用意できる。
簡易で出す先は該当の植物族がいないのもあり、相手のモンスターを除去できるサウザンド・アイズ・サクリファイスか、
そのサウサクのリメイクであり灰流うららなどの手札誘発をケアできるミレニアム・アイズ・サクリファイスがおススメ。
六花であれば素引きしてしまったコブラをリリースコストに宛がったり、スノードロップでレベル変動してティアドロップ等の素材になったりと他での出張に比べ腐りにくいのが嬉しいところ。


  • アロマセラフィ-ジャスミン

モンスターをリリースして植物族をデッキからリクルートするリンクモンスター。
破壊耐性付与効果もあり場持ちもいい。


  • ブラック・ガーデン

ローズトークンをコストに使いやすく、何枚かは800の倍数なので蘇生できる。


  • サルベージ

説明不要の水属性サルベージカード。
回収先は墓地効果を持たないプリム、ボタン、スノードロップがおススメ。


  • 水霊術-「葵」

六花の効果発動サポートをしながらハンデスを行える。


【余談】

このカードの情報公開は、2月14日(バレンタインデー)と3月3日(桃の節句)に行われている。
いずれも女性に関連する日である。


追記、修正はリリースしてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/