栗山緑(名探偵コナン)

登録日:2021/02/24 (水) 19:54:20
更新日:2021/02/25 Thu 10:40:07
所要時間:約 5 分で読めます




栗山緑(くりやま みどり)とは、『名探偵コナン』の登場人物。
CV:百々麻子

●目次

概要

普段は、妃法律事務所で所長の妃英理をサポートする秘書兼事務員。

初登場は劇場版『名探偵コナン 14番目の標的』であり、劇場版のオリジナルキャラクターのひとり。
この時はチョイ役だった為に名前はなく、エンドロールでは「秘書」という名前でクレジットされており、次に彼女が登場した『瞳の中の暗殺者』で名前が設定された。

アニメではオリジナルエピソードである『法廷の対決 妃vs小五郎』で初登場。
『法廷の対決』シリーズは全部で4つあり、英理の秘書である緑も毎回登場している。

原作の方は40巻(アニメ版タイトル『似た者プリンセス』)で初登場。
これ以降は、英理が登場する原作回のほうにも登場するようになった。

人物

化粧やアクセサリーのセンスが良く、英理から褒められる事も多い。

英理と小五郎の夫婦関係を冷静に分析しており、英理の反応を見て、電話の相手が小五郎だと分かる事も。

英理からは「栗山さん」と呼ばれており、コナンからは「緑さん」と呼ばれている。

ゼロの執行人』では休暇中でバカンス旅行に行っていたが、英理のピンチである事を知ると急いで戻り、英理のサポートをしている。
ある人物と昨年発生した窃盗事件を調査してほしいという新一(コナン)の依頼を数日で調べており、調査対象だった人物も緑が優秀な事務員と称賛していた。

スピンオフ漫画『ゼロの日常(ティータイム)

スピンオフ漫画『ゼロの日常』では準レギュラーキャラとして登場しており、公安警察である安室透風見裕也との接点がいくつか描かれている。

『ゼロの日常』のレギュラーキャラであり、ポアロのウエイトレスである榎本梓とは親交を深めており、2巻に収録されている『大物狙い』の扉絵では2人がショッピングしているシーンが描かれている。

初登場回となった『舌をかまないように』では、パーティーの集合時間に遅れかけてしまい、安室の運転する車で送ってもらった事があり、その時に助手席に座ったという貴重な経験がある。
なお、この時の安室の運転が時間に間に合わせるためとはいえ、劇場版のように荒っぽかった為、それ以来彼の車に乗る事を遠慮するようになり、2巻の登場人物紹介時には、安室の運転する車にはもう乗りたくないと書かれていた。

魚の生臭さが苦手だったが、安室から調理方法を教えてもらってからは食べるようになった。

ストーカー被害にあった時、緑自身は知らないが安室に助けられた事がある。
緑自身は、過去のストーカー被害経験で護身術を調べていた梓から掌底を教わっていたが、結果的に宝の持ち腐れになったと緑は言っていた。
「コナン」の世界における強い女性キャラがまた増えてしまったが。

ダイエットをしており、梓と2人で「ラーメン小倉」に行った時、ラーメン食べると太ると言った時に、風見から「スープを飲む時にれんげではなく、器から直接飲むとダイエットになる」とドヤ顔で教えてもらった事がある*1

草野球チームである米花ライスシャワーズの応援にも来ており、試合中に怪我をした大橋彩代の代わりにバッターボックスに立っており、安室の助言で四球(フォアボール)を選んでいる。
なお、ストレス解消でバッティングセンターで遊ぶ事があるらしい。

緑の話によると、ポアロのハムサンドが「強気に“ハム”かう弱者の味方」という事で法曹界で話題になっているとの事。

余談

2021年現在、緑以外に劇場版オリジナルキャラでアニメに登場した事があるのは、『時計じかけの摩天楼』の白鳥任三郎、『迷宮の十字路』の綾小路文麿、『11人目のストライカー』の真田貴大&香田薫、『純黒の悪夢』の風見裕也がおり、薫以外は原作にも登場している。

その為、緑は劇場版出身キャラで原作のほうにも登場した唯一の女性キャラとなっている。



追記・修正は、化粧やアクセサリーのセンスがある方にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月25日 10:40

*1 ただし、梓は安室からこの事を教えてもらっていた為、スープを全部飲んだら意味がない事も知っていた。