オリジナルキャラクター

登録日:2012/02/23(木) 13:53:20
更新日:2021/08/16 Mon 20:10:09
所要時間:約 10 分で読めます




「オリジナルキャラクター」とは、読んで字の如くオリジナルのキャラクターである。
この場合のオリジナルは「原作の」ではなく「独自の」という意味。

大抵は略してオリキャラと呼ばれる。


アニメなどでは、原作に登場していないアニメオリジナルエピソードのキャラクターという意味などで使われる。

原作にいないキャラクターが登場するアニメはその前後の展開も原作に沿わない場合が多く、アニメのオリジナルキャラクターに関しては賛否両論

一方でストーリーに影響を与えない範囲で物語の解説を円滑にするためのアニメオリジナルキャラクター(名探偵コナンの高木刑事など)、原作の登場人物が大人ばかりで子どもの視聴者が感情移入できないという理由で追加される子どものアニメオリジナルキャラクターもいる。

ちなみに、アニメのオリジナルキャラクターを原作に登場させる事は逆輸入と呼ばれる。
人気が出た結果そうなることもあってか、大体は受け入れられる。
当然ながら、逆輸入はアニメが放送されている期間に原作が連載中・続編を制作中などの作品に限られる。

ゲームでは主に版権作品のゲーム化に見受けられる。
作品のイベントを追体験したり原作にはないキャラクターとの交流を描く必要があるため、
そのキャラメイクには一層のオリジナリティや作品への理解が必要となる。

こちらは作品への逆輸入は見られないが、プレイヤーの受けが良く逆輸入を望む声が起こる事例も少なからず存在する。


また、「舞台となる時期」によってはその後の展開と齟齬が出ないよう退場してしまうケースも多く、最悪の場合は戦死・殉職・消滅etcエンドで終わることも多い。
実例を挙げると フリーザに勝てず、惑星ベジータごと爆死→物語に影響を及ぼさない程昔にタイムスリップした『DRAGON BALL』バーダック*1 、 「オリジナル達とは独立した魔導師」として異世界に旅立っていった『魔法少女リリカルなのはポータブル』マテリアルズなど。

【アニメオリジナルキャラクターの一例】


【ゲームオリジナルキャラクターの一例】



なり茶(なりきりチャット/PBC)では、ユーザーが自分で作ったキャラクターという意味で使われる。
また、なり茶でのオリジナルキャラクターは、

『アニメやゲームなどのキャラクターと世界観を共有するオリジナルキャラクター』

つまり、アニメに登場しないがそのアニメの世界に存在するキャラクターを自分で作るのである。

このタイプのオリキャラは他のユーザーに嫌われる事があり、
そのアニメの世界に存在するだけならまだしも、そのアニメのキャラクターの肉親とかキーパーソン、シナリオの根幹に関わっている…などというクリティカルな設定、特定の原作キャラに好かれているといった個人の原作への欲望の体現化としか思えないアイタタタ過ぎるオリキャラで参加する者も少なくなく、そのアニメのキャラクターを使うユーザーが迷惑する事が多い。
中には喜ぶユーザーもいるだろうがたいがいは煙たがられる。そのためオリキャラ禁止、或いは設定などに多くの制約をかけているサイトも多い。
仮にルールにそう記載されていなくてもそういうキャラを容認してるという意味ではないので、自重するべきである。

もうひとつは、

完全なオリジナルキャラクター

である。

つまり、設定から性別まで全て自分で1から作るのである。

中には世界観さえも自分で作ってしまうすごいユーザーもいる。

オリジナルキャラクターの作り方や項目は掲示板やサークル毎に違いはあるだろうが、大体の掲示板やサークルでは
性別
性格
種族
年齢
容姿
設定
の項目がある。

性別とは男か女か(不明なキャラや男の娘、オカマもいたりするが)、性格はそのキャラにどんな感情行動意志があるか、
種族はそのキャラがどんな種類の者か(世界観からオリキャラを作るユーザーは世界観に沿って種族も作ったりする)、年齢は何歳か、
容姿はどんな姿をしているか、設定はそのキャラが今までどういう人生だったか

という意味である。




上述の通り、オリキャラは、空気を読み如何に他のプレーヤーも楽しめるか考えて、他の人に花を持たせる脇役キャラを演じれる紳士でないと扱いづらい。
1人無双はサークルを崩壊させかねない事を注意しなければならない。



追記・修正はオリジナルキャラクターを作ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年08月16日 20:10

*1 ただし一部ゲーム作品では「if展開である」と断ったうえで、ないし「一時期の悟空同様、天使の輪がついている」という描写を挟んだうえで大きくなったカカロットやラディッツ、はたまた孫である悟飯や悟天と遭遇したこともある