ドンオニタイジン

登録日:2022/05/29 Sun 00:00:04
更新日:2022/06/15 Wed 10:54:19
所要時間:約 10 分で読めるというお話





合体だ!


合体!?


よぉ~!

ドン!ドン!ドン!ドンブラコ!

大合体!


ハッハッハッハッハ~!いざ大合体!
どこだここは!?
新しいやつだ!


大合体♪大合体♪


何だ!?何が始まった!?
どうなっちゃうの!?私ぃぃー!?

お供ども、脚となれ!


大合体♪大合体♪


ワオ~ン!
ええーっ!?

次は私達なのか……うわっ!?
ええ~いままよー!痛っ!…くはないのか……

お供ども、腕となれ!


大合体♪大合体♪


両腕かー!?ウホッホー!
僕は肩だけぇ?あっ、僕の尻尾……




完成、ドン・オニタイジン~!




いざ、出陣!


よっ、銀河一!



なんじゃこりゃ~~~!?


ドンオニタイとは、スーパー戦隊シリーズ第46作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に登場する巨大ロボである。

CV:樋口幸平、志田こはく、別府由来、鈴木浩文、柊太朗
スーツアクター:藤田洋平
テーマソング『出陣!ドンオニタイジン』(歌:濱野大輝)


【データ】※全て巨大化時のもの

身長:55.0m(旗上まで75.8m)
全幅:38.2m
胸厚:21.5m
体重:3000t
スピード:300km/h
出力:1700万馬力


【概要】

初出はドン12話「つきはウソつき」。
ドンロボタロウがドンブラスターを操作することにより、ロボタロウに変身したドンブラザーズの5人が大合体して完成する巨大鬼退治ロボ。
が担当する。「文字通り、俺の手足となったなぁ!」
そして、ドンロボタロウの腹部に腹筋パーツが取り付けられて胸部の玉にドンブラザーズのエンブレムが浮かび上がり、更にそれまで背中についていた兜が頭部にかぶさることでサングラスがせりあがって青い両目が露見し、合体が完了する。

尚、合体時にはロボタロウの5人が大きな赤い帆船に乗って海を渡り、合体しながら目的地の島に上陸するという、鬼ヶ島へ向かう桃太郎とそのお供達を彷彿とさせるシークエンスが挿しこまれる。
しかも、合体位置の都合上、サルブラザーロボタロウとキジブラザーロボタロウは体を完全に分解されているが、本作のアバターチェンジが既に何でもありと化しているので、そのままでも生態活動は問題なく行われており、元の生身の状態にも普通に戻ることができる。
加えて、合体が完了するとどこからともなく現れた椅子に座って登場する。

その姿は色とりどりの甲冑を纏った鎧武者のようなもの。
また、この手のロボには珍しく、合体前の姿の頭部がそのまま両肩と両膝に配置されている。

……のだが、合体が完了した段階ではまだ人間サイズのままである。
この状態になった後に「ロボタロウギア ドンオニタイジン」をドンブラスターで発動することで漸く巨大化する。

その為、巨大戦用形態と言うよりは、この姿もあくまでアバターチェンジの一環なようだ。


【構成】

前作のように戦隊のメンバー本人が合体機能を備えた姿『ロボタロウ』に変身しているというかなり特異なことになっている。

ドンロボタロウ



ロボタロウ祭だ~!


【全高】:200cm
【全幅】:130cm
【全長】:72cm
【重量】:200kg
【スピード】:180km/h
【出力】:2300馬力

ドンモモタロウのロボタロウ形態。
機械的な鎧を纏った武者のような姿をしており、その体もハイディティールになっている。
胸部の玉と背中の兜型パーツのそれぞれに搭載したバーニアによって、方向を問わぬ高速移動を可能とする。
ドンオニタイジンの胴体を担当する。


オニシスターロボタロウ



オニつよだ~!


【全高】:185cm
【全幅】:82cm
【全長】:56cm
【重量】:250kg
【スピード】:120km/h
【出力】:1900馬力

オニシスターのロボタロウ形態。
角が巨大化し、両肩には棘付きの黒い鎧を纏う等、より厳ついらしい姿になっている。
黄色い棍棒「フルコンボウ」が武器で、そのまま振るうのは勿論、棘をミサイルとして発射することもできる。
ドンオニタイジンの右脚を担当する。

サルブラザーロボタロウ



滾る漲るお猿のパワー!


【全高】:160cm
【全幅】:153cm
【全長】:65cm
【重量】:340kg
【スピード】:80km/h
【出力】:2600馬力

サルブラザーのロボタロウ形態。
両腕が肥大化してナックルウォーキングのような常時姿勢を取り、頭部や両腕に体毛の意匠がある等、よりゴリラ感が強くなった。
通常形態と同様に剛腕を活かしたパワーファイトを行うが、その威力はずっと増強されている。
ドンオニタイジンの両腕を担当し、腹筋部分は先述の通りドンロボタロウへ移行する。


イヌブラザーロボタロウ



こっからは見失うんじゃねえぞ?


【全高】:75cm
【全幅】:42cm
【全長】:180cm
【重量】:190kg
【スピード】:250km/h
【出力】:1500馬力

イヌブラザーのロボタロウ形態。
その姿は機械的ながらも4足歩行の黒いそのもの。
通常形態よりも上がった俊敏性を活かしたスピード戦や、速さの勢いに乗って体を丸めての体当たり攻撃が得意技。
ドンオニタイジンの左脚を担当する。
因みに、変身する犬塚が高所恐怖症である為、巨大化時には「高い……」とやや引き気味だったほか、初陣となる宇宙鬼ング戦では、相手が塔のようなフィールドを形成してきたせいで恐怖心からドンオニタイジンの動きが鈍ったり、それを告げた直後に塔から飛び降りさせられる等、何時にも増して受難が多かった。


キジブラザーロボタロウ



うわあ~かっこいい!


【全高】:55cm
【全幅】:367cm
【全長】:453cm
【重量】:270kg
【スピード】:200km/h
【出力】:2000馬力

キジブラザーのロボタロウ形態。
その姿は大空を舞う完全な鳥となった。というか、足がなく、胴体がそのまま尻尾と一体となった姿はDQのキメラである。
空中戦に特化したフォルムから繰り出すトリッキーな戦法が持ち味。
ドンオニタイジンの両肩を担当し、尾羽は本体から分離して背中に武器として挿し込まれている。
また、肩には変形前の主翼がそのまま搭載されているので、これをはばたかせることでドンオニタイジンは飛行を可能とする。
「う~飛べ~!」「飛べた〜~~!!?」


【戦闘スタイル】

5人分のパワーが一つになったことによる超火力や、合体構成によってそれぞれの強みを生かすことができる分、スピード戦や格闘戦等、様々な局面に対応できるオールラウンダーな仕上がりになっている。
基本的にはドンロボタロウが中心になって機体を動かすが、他4人の意志もしっかり残っているので、それぞれが担当する部位やギミックを自由に発動することができる。

しかし、本人達が直接合体している上に、他の部分のリカバリーをできるのがドンロボタロウしかいないという都合上5人の息を合わせることが今まで以上に重要になっており、誰か一人でも動きや判断が鈍ると機体全体に影響がダイレクトに及んでしまう。
……にも拘わらず、ドンブラザーズと言う戦隊そのものが過去作と比較しても明らかに相互理解とチームワークが不足しているので、そんな状態で合体し始めれば、各々が口々に喋り、その場の状況に対して好き勝手にリアクションを取って動きに反映するという、一致団結とは程遠い喧し過ぎる空気が出来上がる。
お陰で公式からも「クライマックスなアレみたい」と呼ばれている。

この課題をいかに克服していくかも、今後に見所になる……かもしれない。


武装

  • ドンばい
いざ尋常に……勝負勝負~!

軍配。
中央にドンブラザーズのエンブレムが描かれている。
別に武器になったりはしない。

  • キジンソード
いくぞ、キジンソード!
そんな名前なの?

背中に装備しているキジブラザーロボタロウの尾羽を二振りの刀として抜刀して武器にし、怒涛の二刀流を駆使する。
名前の由来は恐らく、『』と『鬼神』を合わせた物。

  • キジミサイル
キジブラザーロボタロウの口からキジブラザーロボタロウの顔を模したミサイルを乱射する遠距離武装。

  • オニキック
このヤロー!オニキック!オリャー!

オニシスターロボタロウが右脚である自分を動かし、怒りに任せて高速の連続キックを見舞う。
「どーじゃい!」「お前、怖えな……」
元ネタはキックボクサー沢村忠の通称『キックの鬼』か。


  • 天空サル連撃
天空サル連撃!
ウホウホウホウホ!ウッキー!

サルブラザーロボタロウが発動。
空中を飛行した状態で、相手に連続パンチを見舞う。


  • 一騎桃千・ドンブラパラダイス
これで、トドメだ!

一騎桃千……

ドンブラパラダイス!

必殺奥義!ロボタロ斬!

二振りのキジンソードを合体させて大太刀を形成。
大太刀から桃型のエネルギー弾を連射してぶつけてひるませ、続けざまに大太刀を大きく振るって相手を一刀両断する。
発動の際には、合体時と同じ帆船に乗り、更にキジンソードを振るう過程で海から出てくる桃が次々に刃に刺さっていき、更にそれが一つになって刃から離れ、その桃を割るイメージ映像が流れる。

鬼退治、あっ完了~!


えい、えい、お~~!!!


めでたしめでたし~!

この技でトドメを刺した場合、このような口上を述べて勝鬨をあげるのも特徴。


【余談】

◆初登場がドン12話(第12話)によって、それまでの歴代1号ロボの中でも最も登場の遅かった『五星戦隊ダイレンジャー』の大連王の第8話登場と言う記録を塗り替えることとなった。
加えて、歴代と比較してもかなり珍しい、「固有の合体コードがない」ロボでもある。
なお、このような登場を極端に遅くするというストーリー構成が可能となった背景にはダイレンジャーと全く同じ理由があり、ドンオニタイジンが登場するまでの間、ドンゼンカイオーといういわば仮の戦力が巨大戦を担当していたため。1号ロボを出さずに怪人が巨大化するという設定を掘り下げていたのである。

◆合体前の顔がほぼそのままの形で残っているのは、東映公式サイトによると、「前身であるゼンカイオーが、『合体前後で構成するキカイノイドの個性を保つ』というコンセプトであったにも拘わらず、合体して出てくるゼンカイオーの顔がオリジナルなもの(知らないおっさん)なせいでキカイノイド達との乖離に繋がってしまうという反省点を踏まえた」(要約)とのこと。
加えて、そのデザインコンセプトには、かつてバンダイから発売された『超合体SFロボット 藤子・F・不二雄キャラクターズ』を参考にしている。

◆DX玩具は、2022年5月28日発売。
今まで造形やギミック重視で、可動やプロポーションは二の次にされがちだった本シリーズだが、このドンオニタイジンは造形と合体ギミックを維持しながらも、劇中ほぼそのままのプロポーションを誇り、その上で全関節フル可動という大サービスぶりである。合体ギミック優先であるため、合体前のユニットに若干の皺寄せは来ているものの、それでも極端なプロポーション崩れは起こしていない。
それほどのボリューム故に安全性も考慮してか全長36㎝という過去最大の大きさで、それまで最も大きかった大連王の記録34cmを塗り替えている。
これは前作のゼンカイオージュラガオーンと比べても約2倍近く、脚だけでDXキラメイジンと同サイズ*1というボリュームになっている。
その分値段も、税抜き8500円という歴代で見ても幾分高めになっているが、そのパッケージ絵はイラストレーターのPLEXの鶴巻氏の執念と怨念が籠った迫力満点の物であり、見かけたら思わず足を止めてしまうであろうものになっている。

◆上記のように大連王と比較されがちのドンオニタイジンだが、ダイレンジャーもドンブラザーズも白倉伸一郎が関わっていたりする
また、ドンブラのメインライターである井上敏樹もダイレンジャーで数話書いたこともある。




追記・修正、あっ完了~!


えい、えい、お~~!!!

めでたしめでたし~!


画像出典:Yahoo!ニュース
(https://news.yahoo.co.jp/articles/9ba91d225ec0999336787e31f82eb7b8c30cf012)
サイト閲覧日:2022年6月3日
この項目が面白かったなら……\大合体!/

最終更新:2022年06月15日 10:54

*1 元々キラメイジンは歴代のDXロボでも比較的小さめに作られているが