運命の巻戻士

登録日:2022/06/30 (木) 00:40:53
更新日:2022/07/26 Tue 09:01:39
所要時間:約 7 分で読めます






時は力なり。




運命の巻戻士とは、木村風太による漫画作品。

●目次

【概要】


元々は『別冊コロコロコミックSpecial』2021年6月号における『ミラコログランプリ春』の読み切り作品として掲載。
アンケートで好評を得たために本誌『月刊コロコロコミック』の2021年9月号に読み切りとして掲載され、2022年2月号より連載が開始された。既刊1巻。
連載版は木村曰く「ミラコロ版よりもカッコよさを前面に出そうとした」としている。

作品の宣伝文句としては「コロコロ45年の歴史上初のループSFアクション漫画」を掲げており、実際にコロコロ作品としては珍しいループを題材にした漫画となっている。
主人公の過去エピソードなど、児童向け漫画としてはなかなかエグい展開もある。
第1話は読者人気投票において2位の人気を獲得するなど支持を得ている(ちなみに1位はポケモンカードゲームの付録「ピカチュウVMAX」だった)。

【あらすじ】


悲運の死を遂げた人々を救うことを目的とした「時空警察特殊機動隊」、通称「巻戻士」と呼ばれる組織に属する少年・クロノ。
クロノは巻戻士としての能力を用いて、過去に発生した事件に介入して何千回にも及ぶタイムループを繰り返すことで悲劇を回避する展開に辿り着く任務をこなしていた。
日々巻戻士として活動するクロノは、”CASE999”という事件内容に反して超高難易度の任務の完了を目指しているとのことだが…?

【主な登場人物】


時空警察

  • クロノ
CV:福光佳奈子
本作の主人公の14歳の少年。巻戻士として活動しているが、まだ立場としては新人。
気の抜けた凡ミスをするなどスマホンからはバカ扱いされることも多々あるが、ループを何千回と繰り返しても耐え切れる超人的な記憶力と精神力を誇る。
ターゲットに対しても情を覚える人柄や過去の経験から任務に対しては完璧主義であり、任務成功後も出してしまった軽い物的損害は補おうとする真面目さもある。
巻戻士として常人以上の身体能力を誇るが、武器などは持っておらず、当人もリトライを繰り返して物事を覚えて対処するタイプなので、ぶっつけ本番の直接戦闘は不得意。

小学生時代はコミュ障でいつも本ばかり読んでいることから「ゴースト」と呼ばれて避けられており、自身とは逆に人気者の妹の存在からコンプレックスを抱いていた。
巻き戻しによるループ前の記憶を維持しているなど、巻戻士になる前からループのリセットを受けない性質を見せていた。
トキネの死と巻戻士の任務に巻き込まれたことを受け、妹を救うためにシライの導きによって巻戻士としての運命を歩むことになる。
名前の由来は、ギリシャ神話に登場する時間の神「クロノス」から。

  • スマホン
CV:末次由布子
クロノの相棒として任務をサポートする新人教育AI。スマートフォンのような形で宙に浮いて動く。
データモードを起動することで巻戻士本部のデーターベースにアクセスして情報を提供することが可能。
感情表現が豊かな存在でクロノの抜けた部分や完璧な成功に執着する姿勢にツッコむことも多く、クロノをバカと認識しながらも観察眼や精神力を高く評価して「100年に一度の逸材」とまで考えている。

  • シライ
CV:遠山春
クロノが小学生時代にトキネの死を見届けた直後にループに巻き込まれた際に出会った巻戻士の青年。
マイペースな雰囲気で寒いギャグを飛ばす癖がある。嫌いなことは「シラケること(シライだけに)」。
巻戻士としては最強クラスの人物で、自身の所持する刀で一撃で大型トラックを両断する剣技や修行の末に得たリトライアイの特殊能力を使える。
ループの記憶を所持していたクロノの様子に気が付いて彼を任務に帯同させることになるが、仮面の男の介入でトキネの救出に失敗した後にクロノを巻戻士として鍛えることを決める。
本編時点では元特級巻戻士という扱いで後進をサポートしており、多くの巻戻士から伝説として尊敬を集めている。

  • クロホン
シライの相棒として任務をサポートする存在。外観はスマホンに似ているが、そちらよりも口調が荒く表情も険しい。
長々とシライの能力を説明するなどお喋りな性格でもあり、クロノに対しても巻戻士の素質を感じていた。

  • アカバ
クロノと同じ巻戻士の少年。ギザ歯が特徴的な容姿で日本刀を帯刀しており、広島弁のような口調で話す騒がしい性格。
優れた野生の勘と身体能力を誇り、クロノと同じ3級の巻戻士でありながらも既にリトライアイを開眼させていて、「早送り(フォワード)」という能力を使える。
任務では他者に対して横暴な雰囲気を見せるなどクロノほどの完璧主義ではないが、一応アカバなりに考えて周囲に接しているなど意外に冷静な観察眼も持つ。
シライに対してかなりの尊敬心を抱いており、巻戻士の武術試験ではシライの弟子となっているクロノが気に入らなかったことからボコボコにした。

その他

  • トキネ
クロノの妹の小学生。本編前にトラックに轢かれる交通事故で死去しており、ただの交通事故に見えるトキネの事件は何故かSS級任務「CASE999」に認定されていることから巻戻士に間では有名な事件となっている。
活発で明るい性格で、人助けを積極的に行うことや頭脳面でも長けていることから同級生からの人気も高いなど兄とは対照的な人物。
トキネ自身は兄のことを本来は自分よりも優れた素質の持ち主であると認識しており、「お兄ちゃんに足りないのは自信だけ」と諭していた。
不審者に誘拐されてしまい、クロノに救われるも何故か再び現れた不審者の報復殺人によって死亡する。
その後はシライよって救出が試みられるが、トキネの死を願う謎の男の手によって運命を変えることが出来なかった。

  • 仮面の男
トキネ救出の任務を達成したと思われたシライの目の前に現れた人物。時計デザインの奇妙な仮面を装着している。
何故かトキネを何度も殺害することを宣言しており、巻戻士と同様のタイムスリップによるループ展開を作ることが出来る。
執拗にトキネ殺害に拘る理由については語ることはなく、トキネの救出を試みたシライの妨害に成功した。

【主な用語】


◇巻戻士

正式名称「時空警察特殊機動隊」。過去の時空に戻って不慮の事件や事故で亡くなった人間を救うことを目的とした超精鋭部隊。本部は現代よりも未来の2087年の世界。
この組織に属する人間は人並外れた身体能力を持つ者が選ばれており、右目に「リトライアイ」というタイムマシンを仕込まれている。
スマホン曰く「巻戻士はターゲットに情を移してはいけない」という理論があるようで、これはリトライアイでターゲットの死を繰り返し見ると精神にダメージを受ける可能性があるため。

志望者は1000人程度いるらしく、候補者は最終試験として新人教育AIを引き連れて実務を行うことになる。
巻戻士には3級~特級までの段階があり、特級にならなければ超高難易度の任務を受注することは不可能。このランクは昇格試験として扱われる任務を経て上がる。

担当する事件は難易度のランク付けがされているようで、現時点ではSS級まで難易度の上限が存在している。
大量殺人事件の場合は死傷者が半分に減るだけでも成果としては十分というような描写があったり、救出対象が何かしらの痛手を負っても助命にさえ成功すれば任務達成として扱われたり、最悪死を回避できなくてもそれまでの経緯が幾分か穏当になれば許容範囲であるかのような描写も見当たる。

◇リトライアイ

巻戻士が右目に内蔵しているタイムループ機能を持つ義眼。巻戻士は普段は何かしらの形で目を露出しないように隠している。
使い方としては巻戻士が「巻き戻し(リトライ)」を宣言すると発動し、巻き戻しボタンのマークと今までに経験した出来事が映像のように流れながら過去に戻ることが出来る。義眼には任務における使用回数も表示される。

義眼の持ち主が死にかけても起動すれば一瞬で自身の死や体力の消耗すら無かったことに出来るチート能力だが、巻き戻すと精神的なダメージを大きく受けてしまうという大きなデメリットも存在する。
但し、このダメージはリトライの副作用というよりは、運命を変えられないことを何度も目にして起こる精神的ショックの意味が多いとも取れる。
そのため、巻戻士の任務は巻き戻しの発動によって精神面が限界を迎える前に成功や撤退が求められるという消耗戦となる。
またリトライアイは破損すると能力が使えなくなるため、巻戻士にとって右目付近は弱点となっている。

一握りの優れた巻戻士はタイムスリップ以外の能力を引き出すことが出来る。
例えばシライは自身の斬撃を録画した分身を作り出すという「録画(レコード)」「再生(リプレイ)」という能力を使える。

【アニメ】


2022年3月28日からYoutubeチャンネルが設立されてアニメ(というか漫画系動画)が投稿されている。運営はケイコンテンツが担当。
連載開始時点でYoutube展開が告知されており、連載開始から2ヶ月程度でYoutubeでのアニメ化が行われたのはコロコロ史上でも最速となる。

アニメオリジナルストーリーが展開されているが「宮本武蔵との戦いで佐々木小次郎を勝たせろ」とか「明智光秀から織田信長を救え」など、結構ぶっ飛んだ内容も目立つ。
また、同じくコロコロとYoutubeで作品展開をしているブラックチャンネルとのコラボも行われている。

【余談】


  • 単行本第1巻の表紙は初版のみメタリック仕様が施されている。

  • SF作家の藤井太洋の息子が本作のファンとのことで、第1巻では藤井自らが本作への推薦コメントを出している。




追記・修正は、何千回もループを繰り返して未来を変える100万分の1のクリアルートを掴んでからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年07月26日 09:01