TM-02 ハンジャール (TM-02 Khanjali)


上記のものはレールガン、上部グレネードランチャー、迷彩塗装が施されている。


詳細

データ

種類 メーカー 和名 日本語訳 ドア 乗車定員 駆動
軍用車両 コイル ハンジャール ロシア語で偽善者 4ドア 4人 無限軌道
モデル ラジオ 主な選局 洗車 特殊アクション
OBRUM PL-01 あり なし 不可 主砲
機銃
グレネードランチャー
近接地雷
プラットフォーム カスタム
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC
プラットフォーム 価格 割引時*1
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC $3,850,350 $2,895,000

解説

2017年12月12日の「強盗:ドゥームズデイ」アップデートで追加された戦車。
近未来的なデザインが特徴的で、モデルはポーランドの新型戦車 PL-01
見た目は(レールガンを装備してる点を除けば)モデルである PL-01 とほとんどそのままの形状で実装されており、名前も大きく元ネタを意識している。

PL-01は小型・軽量でありながらも火力・装甲共に他国の戦車に引けを取らない性能を持ち、装甲を覆う特殊なタイルによって表面温度を操ることで熱探知センサーを欺くことができるなど、高機能・高性能の戦車といったところ。

日本語名は『ハンジャール』だが実際の発音は『カンジャーリ』に近い*2

概要

先に出ていたライノ戦車の上位互換と言える性能を有する。
また、個人車両扱いであるため、ペガサスにありがちな「遠くまで取りに来たのに配送ミス」といったストレスがなくなり、破壊されても保険料(一万ドル)を請求するついでに負け犬ポイントを押し付けることが出来る。

乗員は4人だが、相変わらず運転手は砲手と兼任。
機体前面に運転手と助手用のハッチがあり、尻部分に後部座席のハッチがある。
一人で乗り込む場合、他の車両と違ってボタン長押しで助手席等に乗ることは出来ない。

ライノよりも重量が軽いためか、速力も少しだけ上で、一般車両を踏み潰しても爆発する確率が下がり、余計なダメージを受けにくくなった事も大きな特徴である(それ以外にも、踏んだ車両が簡単に爆発する仕様では壊した個人車両の保険費用が馬鹿にならないための対策であると思われる)。

戦車特有の突進力は健在で、一般者は勿論、真正面から突っ込んでくるポリス・ライオットすらも蹴散らしながら突き進める。
しかしライノと比べて若干段差に弱く、乗り越えられないことがある。

速力や機動力は手配度☆2までなら道路を走ってもなんとか振り切れる程。
手配度☆5だろうと銃撃なんぞものともせずに逃走出来るが、鈍重なためトンネルや地下鉄、施設に逃げ込まない限りは振り切ることは出来ない。

APCとは違い、踏みつけで一般車両に一定ダメージ以上与えると周囲のNPCの存在に関係なく手配度がついてしまう。
実装間もない頃は何故かバスやトラックなどの大型車は例外だったようで、いくら潰しても警察に追われることはなかったが、ストレイターが追加された頃を境に大型車も手配がつくようになったようである。
ただし誰も乗ってない車両であれば、周囲にNPCが居ない場合に限り、車両を破壊しても手配がつかない。

武装

■キャノン
本車両独自の武装として、インサージェントも二発で吹き飛ばすノーマルキャノンから電磁投射方式(レールガン)に換装できる。
PS4版ではL1ボタン長押しでチャージすると射程距離が延び、弾速が向上する。威力に変化は無し。
海外プレイヤーの検証によると、ノーマルキャノンの射程は200mで弾速は895mph。
対してレールガンの射程はチャージ時で射程205m、弾速は1310mphとなっている。ただし、未チャージ時は射程175m、弾速は1030mphとなり、キャノンより射程が短くなってしまうので注意。

また、チャージ式のためレールガンキャノンはトリガーを押したままでの連射ができず、戦車同士での近距離での撃ち合いでは却って不利になる。
PC版では左クリックを押しっぱなしにすることで結果的にハンドルを取られてしまうので、非常に不便(初期設定の場合)。

ちなみにどちらの主砲も発射音は本車独自のものである。レールガンのチャージ中は独特のギア音と同時に開放式の砲身内でスパークが散るほどの凝りっぷりである。

■機銃
サブウェポンとして助手席側で遠隔操作可能な上部機銃がデフォルトで装備されており、前面の助手席に乗り込むことで使用が可能。

地形によっては引っ掛かりやすいものの、性能はインサージェントのそれに近い50口径マシンガンであり、加減無く対象を破壊する主砲やグレネードとは別に運転手のみを狙い撃ちしたり、主砲の反対から近寄ってくる歩兵を蜂の巣にするなど幅広い用途がある。

何より車内から遠隔操作するので、他の機銃車両のように射手が剥き出しになる危険性が無いというメリットもある。

■グレネードランチャー
施設の乗り物ワークショップで後部座席で一つずつ操作可能なグレネードランチャーを2基追加することができる。
このサブウェポンは携行式のグレネードランチャー同様に人や車両に着弾後直ぐに爆発する。
周辺に爆発物をバラ撒いて制圧する等の使い方は出来るが、飛距離が短い上にキツめの放物線を描いて飛ぶので、使い勝手はあまり良くない。

とはいえこの二種のサブウェポンを含めて装甲に守られつつ4点攻撃が出来るのは他の車両には無い強みである。
また、地下基地で研究・開発済みなら近接地雷も搭載可能。ジョブ等で出現する追っ手のNPCに対して絶大な効果を発揮する。

なお、全ての武装を斜め上に向けられるものの、全体的に射界が狭く(仰俯角の範囲)、真上に接近されると攻撃できないのが弱点。
距離を取ったり、坂を利用するなどして本体を傾ければある程度の対処は可能。

その他

個人車両扱いではあるが、そのサイズ故にガレージや地下基地に入れることは出来ない。

フリーセッションでは徒歩のプレイヤーを一方的に倒したりNPC相手に暴れたりギャングアタックに使える程度で使い道が殆ど無いが、破壊系のジョブや拠点に乗り込むミッション、激しい銃撃戦が展開されるミッションでは(飛行車両・航空機の有無と速力を除けば)圧倒的な活躍を見せてくれる。

目の前に出現する個人車両であることを生かし、銃器売却:メリーウェザーで最後の配達の直前で呼び出し、殲滅と逃走の足としても利用出来る。

この戦車は破壊される一歩手前の致命的なダメージを負うとアラートが鳴る機能がある。
そこから更に蓄積するとアラートの間隔が短くなるというハイテク仕様。乗り換えの際の指標にしよう。

後部座席には救急キットの他にレールガンキャノンと同じくコイル社製のレールガンが2丁備え付けられているが、残念ながら後部座席に乗り込んでもこのレールガンを入手することはできない。

ちなみに本車には対ライノ戦車で行えたような粘着爆弾を使った対処法が効きにくくなっているので、ハンジャールと対峙した場合は要注意。

軍用且つアーマー強化が可能なので、銃弾は勿論、ミサイル等に対しても一般車両やライノよりは耐えるが、戦車は元より地上での火力支援が本業であるため、戦闘機は勿論、ヘリや飛行車両相手には劣勢を強いられる点はライノ戦車と変わらず、武装機に搭乗中はパッシブ不可になった現環境のフリーセッションでこれだけで暴れても長くは持たない。

しかし徒歩のプレイヤーや地上車両相手での正面からの戦闘では最強なため、MCとオプレッサーmk2を組み合わせ【地上の敵は本車で圧倒し、敵が航空機に乗ったり航空機に攻撃されたらオプレッサーmk2で落とす】という戦法など、あくまで攻撃手段の1つとして用いれば今でも非常に強力。

そしてバグなのか仕様なのかは不明だが、銃撃を通してしまうケースも確認されている。
特に車両を乗り上げた際にこの現象が多発する(武装したNPCが運転席に接近した状況から、高威力の武器で撃たれた場合にも確認)。

しかし実際には車体底部に銃撃を通す判定部分は無く、一体どこから貫通させているのか謎である。
おそらく乗車しているプレイヤーの判定が一部はみ出しているのだろう。

また、高出力・軽量なので急旋回すると横転しかける事もある。

主砲旋回時の謎パワーも健在で、破壊できないオブジェクトに主砲を引っ掛けると車体が一回転したり宙を舞ったりすることもしばしば。
車両も吹き飛ばせ悪路も突破できるためビジネスにて車両が動かせなくなった際にも有効(アトマイザーを使う手もあるが主砲の謎パワーや他の重めの車でないと動かせられない場合もある)。
主砲をレールガンに換装すれば短くなるためあまり引っかからなくなるが、元々の砲身の長さが前部と同程度なので、ライノのように主砲の砲身で人や車を飛ばしづらくなる。

カーゴボブでの空輸はフックに引っかかりづらいものの、一応は可能である。
フックはカーゴボブがぶつかるくらいに勢いを付けて引っかけるのがコツ。
戦車という特性上、移動速度には限界があるので、長距離移動の場合はカーゴボブを活用すると時間を短縮できるだろう。

意識しないと気付かないが、操縦席と助手席の内装は操縦レバーの赤いボタンから緑のモニターと中々丁寧にモデリングされている。

乗車時のキャラクターの姿勢はライノ戦車と同様。あちらも本来は、このような内装を作る予定だったのかもしれない。

また、強盗ドゥームズ・デイにて登場する本車に貼り付けられているクリフォードのマークは、内部上はベニーズ・カスタムパーツ「飾りナンバープレート」として存在している。
無論、施設でしか改造出来ず、改造項目にも無いのでプレイヤーは使用出来ない。

ご存知でしたか?
もしも我が国が教育や社会のインフラ、宇宙開発に費やす予算を全て兵器の研究開発につぎ込んでいたら、
今頃は革新的な設計の戦車が生まれていたはずです。
ハンジャールのスピードを目の当たりにすれば、優先順位を間違えていた我々もすっかり目が覚める事でしょう。
さらに様々なアップグレードも可能となれば、我が国が方針を変えてくれることを祈るばかりです。
Warstock Cache & Carry サイト内の解説より)

入手場所、出現場所

オフライン

  • 出現しない。

オンライン


カスタム

施設購入時に付随しているワークショップで改造可能。

ペイントを施さずに割引無しで本体及びアーマーと駆動関係とグレネードを追加するだけでも470万$近く、施設を持っていないなら軽く600万台は吹き飛ぶため、趣味用途以外で購入するなら使い道を考えてから財布と相談しよう。

エンジン

エンジン 【4種】 費用
オンライン専用
EMSアップグレード:レベル1 $9,000
EMSアップグレード:レベル2 $12,500
EMSアップグレード:レベル3 $18,000
EMSアップグレード:レベル4 $33,500

ターボ

戦車としては珍しくターボチューニングが可能。
エンジンチューニング等と併用すればライノ戦車よりも初動が早くなる。
ターボ 【2種】 費用
オンライン専用
なし $5,000
ターボチューニング $50,000

ブレーキ

ブレーキ 【4種】 費用
オンライン専用
ブレーキ(標準装備) $1,000
ストリート・ブレーキ $20,000
スポーツ・ブレーキ $27,000
レース・ブレーキ $35,000

アーマー

アーマー 費用
アーマー強化20% $7,500
アーマー強化40% $12,000
アーマー強化60% $20,000
アーマー強化80% $35,000
アーマー強化100% $50,000

武器

メインウェポン
主砲【2種】 費用
オンライン
スタンダード戦車キャノン(標準) $
レイルガンキャノン $300,000

サブウェポン

遠隔グレネードランチャー×2基

グレネードランチャー 費用
オンライン
グレネードなし $
グレネード装備 $300,000

近接地雷

近接地雷 費用
オンライン
近接地雷なし $
近接地雷 $75,000

ライト

ライト 【2種】 費用
オンライン専用
ライト(標準装備) $600
HIDライト $7,500

ボディペイント

ボディーペイント 【21種】 費用
オンライン
なし $11,400
ベーシック迷彩 $18,240
ザンクード迷彩 $19,380
スプレー迷彩 $20,520
3カラーアウトライン $21,660
90sサンドボックス $22,800
モダン5カラー $23,370
不毛の戦域 $23,939
冬季迷彩 $24,510
アーバンウォリアー $25,080
自然保護区 $25,650
海戦戦術 $26,220
アーバンジオメトリック $26,789
コヨーテジオメトリック $27,360
大柄ジオメトリック $27,930
海戦ジオメトリック $28,500
デザートフラクタル $29,070
アーバンフラクタル $29,639
大柄デジタル $30,210
中柄デジタル $30,780
小柄デジタル $31,350

参考

搭乗員無し・アーマー100%においての耐久力表
使用銃器 耐久数
ライノ戦車主砲 7発まで
RPG
グレネードランチャー

モデル


動画