APC




詳細

データ

種類 メーカー 和名 日本語訳 ドア 乗車定員 駆動 ギア
軍事 HVY APC 装甲兵員輸送車 4ドア 4人 AWD 5速
モデル ラジオ デフォルト
クラクションタイプ
洗車
GAZ BRDM-2
キャディラック・ゲージ コマンドウ

(デフォルトでは未選曲)
大型トラック
プラットフォーム カスタム
PS4 / Xbox One / PC限定 不可
プラットフォーム 価格 割引時*1
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC限定 $3,092,250 $2,325,000
プラットフォーム ガレージ保管
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC限定 通常ガレージ

解説

2017年6月13日配信の「銃器密造アップデート」にて追加された装甲車両。

「APC」の名前では前作GTA4のTBoGTからだが、装甲車としての登場はGTASAより。
GTASAではLSPD所有の装甲車として「S.W.A.T.」の名前で登場していたが、最終ミッションにしか登場しないレア車両だったので影が薄い車両だった*2

前作GTA4:TBoGTではNOOSEが所有する車両として登場。
詳しくはこちら
あちらは榴弾仕様で連射可能な機関砲を搭載していたが、今作では前作と違い、本作では戦車砲と同性能(低レート・大規模な爆発を起こす)の主砲を搭載している。
また、後部にもハッチとスペースが追加された事により排熱板の枚数が6枚から4枚に減少している他、元はサイドドア式だったのがハッチ式になっている。

モデルの1つであるコマンドウ は水陸両用(スクリューやジェットではなく、純粋に車輪を回して航行する)であるのに、SAとTBoGTでは水の上を走れなかったが、本作ではついに走れるようになった。

APCとは「装甲兵員輸送車」を意味する「Armoured Personnel Carrier」の略で、武装は搭載しているものの兵士の輸送を主任務とした車両である。
実在のAPCは輸送車と言うだけあり10人以上乗れる物も多いが、こちらは4人乗りとなっている(元ネタとなった車両は4~5人乗りなので特別おかしくはない)

外見通りの圧倒的なパワーは健在だが、車体の形状(特にフロント)のせいで一般車両等に乗り上げやすく、前作のように邪魔な車両を吹き飛ばしながらの走行は困難。
とは言え、火力、耐久力、機動力などほとんどの性能でライノ戦車に勝っている。
運転手と砲手を用意出来れば昨今の調整で脆くなったライノ戦車なら容易に撃破し、ハンジャールとも互角に渡り合える。

また、車体の形状のおかげで少し速度が出ていればちょっとした塀などは乗り越えられる為、都市部での走破性ではハーフトラックよりも優れている。
ハンドリングも悪くは無いが、前輪が浮き気味なので急な操作をした時や斜面を走行中にはハンドルの効きが悪くなる場合がある。
戦車とは違い、一般車両に触れただけで爆破すると言うことがなく、それでいて重量はインサージェント以上に重いので、車や船を潰して遊べる。
この車両自体は戦車に体当たりしてもされても、重量があるからかあまりダメージを受けないが、砲身で打たれると重さの割に吹き飛ばされてしまう。

運転と攻撃を両立できないという欠点はあるものの、車外に出ること無く席を移動できるため、自分から積極的に攻撃を仕掛けに行く以外の運用ではあまり気にならないだろう。
砲手を用意できるのであれば上記の欠点を克服でき、戦車よりも使い勝手が良い。
また、後部座席は備え付けの機関銃を撃てるので、4人で運用できれば圧倒的な火力で大暴れができる。
しかも牽引フックが付いているので、対空トレーラーを牽引すれば火力を大幅に増強出来る。
ただし、軍用車両でありながらも防弾ガラスではないので正面の窓から運転席へ攻撃が素通り通ってしまう。
車体の向きを変えるなどの工夫をしよう。

殆ど戦車と言える性能でありながら、なんと個人車両扱いなのでガレージ保管となり、機動作戦センターが必須とは言え改造が可能なのも魅力。
ただし戦車程ではないものの速力がかなり遅く、フル改造してもセダンにすら追い付けない程の鈍重ぶり。

水陸両用車ではあるが、モデルと同じく(?)車輪を回して航行する故に水上での速度は改造車であるテクニカルアクアにも劣る。
特に水上でのバックの遅さは致命的。
同乗者でさえ止まって見えるほど。

なお、強盗ミッションには持ちこむことが出来ない (車両選択肢に無い)。
4人乗りかつ機関砲搭載のためゲームバランスを考慮してのことと思われる。コンタクトジョブ(レスター、マーティン等)には持ち込み可能。

車体の耐久性は一般車よりは遥かに高いが、インサージェントほどの耐久性は無く、戦闘機の機関砲は掠っただけでも致命傷になり、降下キャノンが二回直撃すればほぼ破壊される。
オプレッサーやルイナー等に遭遇したら更に一方的に殲滅されるので注意。

研究を進めることで、主兵装を対空ミサイルに換装したり、近接地雷を設置できるようになる。
対空ミサイルとは名ばかりの無誘導ロケットだが、射程が長く弾速も速くサベージ並に連射可能。
装甲車であろうと無慈悲な弾幕でねじ伏せることが出来る。

それだけでなく本作では初の近接信管を搭載しているため、若干狙いがアバウトでも航空機を撃墜しやすい。
但し主砲と違って弾は有限(60発)なので無駄撃ちは禁物。

今作GTA5でも内装の表現はなく、一人称視点にすると設定に関係なくボンネット視点になってしまう。

圧倒的火力で暴れ、陸で追われるようなら地雷だけでなく、水辺へ飛び込んで振り切ると言うような中々楽しい使い方も可能な1台である。

当社のAPCは、全てフォート・ザンクードの放出品を最近入手したもので、実際に使用されていた装甲兵員輸送車です。
砲塔にキャノンを搭載しているほか、小火器による攻撃用の銃眼を備えています。
重装兵が最大4名乗り込むことができ、ほぼあらゆる地形の陸地と水場を走行可能です。
外観に関しても、祖国の無慈悲な占領を連想させる趣のある姿と言えるでしょう。
Warstock Cache & Carry サイト内の解説より)

入手場所、出現場所

オフライン

  • 入手不可

オンライン


改造費用

機動作戦センターまたはアベンジャーの"乗り物ワークショップ"でなければ修理・カスタムは不可。
外装のカスタ厶である程度防弾にすることが可能。

 は地下基地での研究を進め解除することで改造可能となる。

アーマー

アーマー 【6種】 費用
オンライン専用
なし $1,000
アーマー強化20% $7,500
アーマー強化40% $12,000
アーマー強化60% $20,000
アーマー強化80% $35,000
アーマー強化100% $50,000

ブレーキ

ブレーキ 【4種】 費用
オンライン専用
ブレーキ(標準装備) $1,000
ストリート・ブレーキ $20,000
スポーツ・ブレーキ $27,000
レース・ブレーキ $35,000

エンジン

エンジン 【4種】 費用
オンライン専用
EMSアップグレード:レベル1 $9,000
EMSアップグレード:レベル2 $12,500
EMSアップグレード:レベル3 $18,000
EMSアップグレード:レベル4 $33,500

ライト

ライト 【2種】 費用
オンライン専用
ライト(標準装備) $600
HIDライト $7,500

ボディーペイント

ボディーペイント 【21種】 費用
オンライン
なし $11,400
ベーシック迷彩 $18,240
ザンクード迷彩 $19,380
スプレー迷彩 $20,520
3カラーアウトライン $21,660
90sサンドボックス $22,800
モダン5カラー $23,370
不毛の戦域 $23,939
冬季迷彩 $24,510
アーバンウォリアー $25,080
自然保護区 $25,650
海戦戦術 $26,220
アーバンジオメトリック $26,789
コヨーテジオメトリック $27,360
大柄ジオメトリック $27,930
海戦ジオメトリック $28,500
デザートフラクタル $29,070
アーバンフラクタル $29,639
大柄デジタル $30,210
中柄デジタル $30,780
小柄デジタル $31,350
スカル 無料
ナックルダスター 無料
コンベア 無料
星々 無料
ロイヤルスチュワート 無料
ギャラクシー 無料
ツリー迷彩 無料
キャンディケイン 無料
スノーフレーク 無料
ヒイラギかざろう 無料

近接地雷

近接地雷 【2種】 費用
オンライン
近接地雷なし $700
近接地雷 $99,000

トランスミッション

トランスミッション 【4種】 費用
オンライン専用
トランスミッション(標準装備) $1,000
ストリート・トランスミッション $29,500
スポーツ・トランスミッション $32,500
レース・トランスミッション $40,000

ターボ

ターボ 【2種】 費用
オンライン専用
なし $5,000
ターボチューニング $50,000

武器

武器 【2種】 費用
オンライン
武器(標準装備) $78,500
地対空ミサイル砲台 $190,000

※爆発物、クラクション、ナンバープレート、ペイント、ホイール、ウィンドウの改造費用は全車種共通。
 詳細は乗り物 カスタマイズのページを参照。