ポンプ式ショットガン Mk2 (Pump Shotgun Mk II)



ステータス

Damage ▮▮▮▮▮▮▮▮▮▮▮▮▮▮▯▯▯▯▯▯
Fire Rate ▮▮▮▮▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯
Accurcy ▮▮▮▮▮▮▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯
Range ▮▮▮▮▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯▯

解説

「強盗:ドゥームズ・デイ」で追加されたポンプ式ショットガンの改良モデル。
ポンプ式ショットガンを機動作戦センターアベンジャーの武器ワークショップでアップグレードする事で入手できる。

素の性能はポンプ式ショットガンとほとんど同じだが、散弾1発あたりのダメージが少し上がっている。

アタッチメント数も増え、スコープ(リフレックスサイト)やマズルブレーキも装備可能となっている。
また他のMk2系武器同様に特殊弾が購入可能。なお特殊弾はショットガンであるためか名称が異なる。

特に強力なのはヘビースナイパーMk2同様の炸裂弾(スラグ榴弾)。
アップデートで火力が半減されたヘビースナイパーMk2の物と比べて対人威力が高く設定されており(車両に対してはどちらも同じ)、並のNPCやプレイヤー相手ならほぼ一撃で倒せる。
倒せないまでも爆風で転倒させるため、たとえブルシャークを食われていても被弾せずに一発でも当てられれば確実に仕留めることが出来る。
榴弾なので耐爆性能のない車両も一撃で爆散する。

コイツを装填した本銃は『弾が直進するグレネードランチャー』そのもので、近距離での戦闘では他武器の追随を許さない確殺力とそこそこの連射力を有した凶悪性能を発揮する。

それでいて弾の価格は装填数8発分で$600と、ヘビースナイパーMK2の炸裂弾、爆弾系より遥かに安価。
最大所持数の40発分で$3000程度なので、爆発物としては非常にコストパフォーマンスに優れる代物。

尚あくまでショットガンなので射程は短い為、うまく活かせるように弾が届く最長距離をきっちりと把握しておくと良いだろう(アサルト・ショットガンなども射程が同じなのでそれらで練習してもよい)。

ただし、榴弾は爆風の範囲がグレネード系の武器と比べてかなり狭く、纏まった複数の目標を破壊する場合は必ずしもお金の節約になるわけではない。

また、爆弾やグレネードは曲射で壁越しに攻撃出来たり壁に張り付けたり出来るが、この武器ではそうはいかないため、扱いに関しては一長一短といったところである。
しかし、投擲武器と違って着弾して即炸裂する性質を生かし、カバーからすぐにブラインドファイアで車両に撃ち込み、乗っている敵や近くの敵を誘爆で一網打尽に出来る点はかなり大きなメリットである。

射程こそ短いものの、重火器として見れば装弾数も多く、アップグレードには十万近くを要するが、
長い目で見れば決して高い買い物ではないだろう。

入手方法

オフライン

登場しない

オンライン

武器ワークショップでポンプ式ショットガンをアップグレード

ゲーム内解説

ポンプアクションの動作を遥かに上回る反動にご注意を。
射撃そのものの威力に匹敵する強烈さです。

アタッチメント

マズルブレーキ、ライト、サプレッサー、スコープなど一通りのパーツを取り付け可能。