バータ


「ギニュー特戦隊の青いハリケーン、バータ!」

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』と関連アニメシリーズの登場人物。作中では「フリーザ編」から登場。
フリーザ配下の戦闘部隊「ギニュー特戦隊」の一員である。
名前の由来は「バター」。ギニュー特戦隊の面子は全員が乳製品をもじった名前となっている。
アニメ版では「ギニュー特戦隊の青いハリケーン」という二つ名を名乗っていた。
CVは岸野幸正氏。『ドラゴンボール改』では小野坂昌也氏。
『Z』では岸野氏のアドリブによりオネエ言葉で喋ることがあった。

ギニュー特戦隊でもトップの体格を持ちながら、見た目に反してスピードを活用した戦いをする。
「宇宙一のスピード」を持つと豪語するが、特戦隊の仲間達はともかくフリーザを含むのかは不明。*1
また、スピードはあるもののパワーはあまり無い。これはゲーム『Sparking!』シリーズにも反映されている(後述)。

仲間と共にヤードラット星を攻略していたが、ナメック星でのプランが進展しないことに業を煮やしたフリーザによって特別に招聘される。
ベジータ孫悟飯クリリン相手にグルドリクームのみで追い詰めるが、孫悟空に隊長のギニューとジース以外全員やられてしまった。
当然バータも戦ったが、パワーはおろか自慢のスピードも既に悟空に追い抜かれてしまっており、触れることさえ出来ずに倒されてしまう。
その時点ではまだ生きていたのだが、直後にベジータの追い討ちで首を折られて死亡した(特戦隊メンバーはギニュー以外全員ベジータにトドメを刺されている)。
ちなみに、何故か彼一人だけ気を用いずに物理攻撃のみで戦っている。

その後、アニメ『ドラゴンボールZ』では修行の相手として界王の星に呼び寄せられている。
当初はベジータ以上の強敵として恐れられ余裕の態度を見せていたが、相棒のジース共々天津飯にやられて地獄の池に落とされてしまった。
また、セル編後に地獄でフリーザ、コルド大王、セル、特選隊のメンバー共に悪行をしていたが、悟空の一撃により地獄の池に落とされた。2回目である。

残忍な悪役であるのは確かだが、全員でスペシャルファイティングポーズを決めたり、戦う順番をじゃんけんで決めたり、
アニメ版ではメンバー全員でのおやつタイムを欠かさないという設定が存在するなど、かなり個性的な部隊である。
フリーザからも実力は評価されているものの、そのノリだけは受け入れてもらえない様子である。
これまでの敵と違って比較的仲間意識も強く、「奴は一番の小物」などといった発言や、負傷した味方にトドメを刺すような描写も無かった。
もっとも、グルドが死んだ直後に「スペシャルファイティングポーズを決められなくなる」と心配をするあたり、友情などといった感情は薄い様子。
仲間内では特にジースと仲が良く、アニメやゲームでは合体技「パープルコメットクラッシュ」も披露している。
ゲーム『超サイヤ伝説』ではそれに加えて「マッハ・アタック」、「マッハ・セパレート・クロス」というオリジナル技を使う。
※改造プレイ

ゲーム『Sparking!』シリーズでも全キャラトップクラスの攻撃スピードと手数を持っているが、
攻撃力は最低クラスでスマッシュ(ふっ飛ばし攻撃)のチャージが遅く、
一度の攻撃で3ヒット以上する唯一のキャラだが、そのために上級者からは割り込み技のZカウンター(通称「ドゴン」)で反撃されやすいという弱点も持つ。
しかし適当にボタンを押すだけで猛ラッシュでヒット数がみるみる増えていく爽快感があり、初心者から上級者まで使っていて独特の楽しさを持つキャラである。

特殊イントロも豊富で、データにないイレギュラーな存在としてレッドリボン軍から驚かれたり、
クウラ機甲戦隊に対してライバル意識を燃やしていることが発覚したり、
原作同様ノリに付いていけないフリーザに「真面目にやれ」と呆れられたりと多彩。
そしてジースとの勝負では「俺が勝ったらパフェ奢れよ!」
「てめえが同じ条件ならいいぜ!」と仲の良さが窺えるやり取りが見られる。


MUGENにおけるバータ

stig87氏によって製作されたバータが存在する。
18号同様、超神氏の仕様に合わせて作られている。
原作での設定通り、スピードを活かした戦い方を得意としている。
また、仲間のジースを呼ぶことができ、(ストライカーではない)召喚中は一緒に攻撃したり、
アニメ版での合体技「パープルコメットクラッシュ」を使用することもできる。

出場大会

更新停止中
  • 「[更新停止中大会] [バータ]」をタグに含むページは1つもありません。
削除済み

出演ストーリー



*1
この「宇宙一のスピード」というのは彼が自称しているだけではなく、
ベジータが遠くに投げ捨てようとしたドラゴンボールを即座にキャッチした時にも、
ギニュー隊長から「あいにくバータのスピードは宇宙一でな」と褒められている。
アニメではほぼ止まった時間を移動するような感じで演出されている。

だが、彼らが悟空を相手にした時の戦いぶりを見比べる限り、
バータはジースとの二人掛かりでも一撃も攻撃を当てられず、簡単に背後を取られているのに対して、
ギニュー隊長は、互いに本気を出してはいなかったものの途中まで悟空と互角に渡り合っていたので、
スピードでもギニュー隊長の方がバータよりも勝っているように見える。
ギニュー隊長がバータの言う「宇宙一のスピード」を認めていたのは、
彼の自信とプライドを保たせるための優しさであったのかもしれない。

『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!』の攻略本では、少年時代に人使いの荒い母親に家事を押し付けられ、
それを素早くこなし続けた結果「宇宙一のスピード」を身に付けたことが本人の口から語られている。
『アイシールド』21か。


最終更新:2020年04月19日 21:02
添付ファイル