阿散井恋次




   「咆えろ〝蛇尾丸〟!!!」



 職業:護廷十三隊六番隊副隊長
 身長:188cm
 体重:78kg
 誕生日:8月31日
 好物:鯛焼き
 出身:流魂街「戌吊」
 趣味:眼鏡(ゴーグル)コレクション
 特技:フットサル
 夢:自分のオリジナルゴーグル作成
 テーマミュージック:刃頭feat.Ill-Bosstino”野良犬”/「The NEWBORN」収録
 声優:伊藤健太郎

『週刊少年ジャンプ』連載のオサレバトル漫画『BLEACH』の登場人物。
「あばらい れんじ」と読む。
『BLEACH』シリーズでも紆余曲折を経ながらも程よい出番があるキャラ。ファンからの主な愛称は「恋次」「失恋」(理由は後述)。

階級は護廷十三隊の六番隊副隊長。赤いザンバラ髪と額から上半身まで繋がってる派手な刺青の出で立ち。
昔は闘う度にゴーグルを装着していたが、いつも戦闘中に壊れるので、今はあまりつけず手ぬぐいに変えている。
休みの日になると、高級眼鏡屋「眼鏡の銀蜻蛉(ギンヤンマ)」に立ち寄る彼の姿が見られる。店長は彼の元上司で値引きを頼む仲。
また「殺す相手に名乗る」流儀を持っている(この流儀は斑目一角から影響を受けた)。超えるべき目標は朽木白哉
朽木ルキアとは幼馴染であり家族同然の関係であった。意外にも文武両道である。

初登場は「死神 朽木ルキアを捕獲しにきた」と尸魂界(死神のいる世界)から朽木白哉六番隊隊長と共にやってきた刺客。
面識のあったルキアにも容赦の無い態度で接近し、ルキアの助けに入った石田雨竜をフルボッコにした。
いわゆるオラオラ系の、主人公に対する新しいライバルキャラポジションとして登場した。
ちなみに一護との初戦闘時に斬魄刀の大きさに驚いたかと思えば、デカいばかりでみっともないと言ったりと、中々のダブルスタンダードぶりを発揮していた。
ところが、尸魂界に潜入した黒崎一護の前に、実質2番目の刺客として直接対決し敗北したのが(漫画のポジション的に)転機となる。
その後は一護たちと時に助け合い、時に切磋琢磨しあい、時には良きアドバイザーとして、シリーズを支える欠かせない仲間になった。
彼の元々の性格も部下や仲間思いであり、ルキアの時は私情を殺して行動していた等のストーリーが語られた。
ルキアが捕縛された後も白哉が弁護に回るだろうと踏んでいたり、嘗ては藍染惣右介の元におり(その後十一番隊へ引き抜かれる)、
彼から「人間への力の譲渡では通常死罪にはならない」と聞かされたりと、内心はルキアを助けたいと思っていたことが明かされた。
一護の前に立ちはだかったのも、一護を殺せばルキアに力が戻り罪が帳消しになると考えたからである。
その他、アニメの死神図鑑などアニメのおまけでは大体弄られ・ツッコミ役に回っている。

しかし、戦闘力は悲しい事に『BLEACH』お馴染みのインフレに波に苦しめられている微妙な立場。
勝ったり負けたり引き分けたりとスペックの割にブレが激しく、強いのか弱いのかよく分かりにくい。要はチャドよりはマシ。
原作の一番最後の彼の戦闘は圧勝だったが、その辺りの回ではこいつが開戦早々敵を一撃で真っ二つにしてたし、
上司はもっとヤバい能力を持っている相手と戦っていたため、比較して微妙に見えるかもしれない。
おまけに連載中盤以降は、戦闘描写無しでも恋次より格上キャラ登場のバーゲンセールなのが現状。
ある意味で勝つか噛ませになるか読みにくいキャラ。一応ずっと継続して修行してどんどん強くなっている設定なのだが……。

これが転じて、かつて2chの『BLEACH』本スレで「この先恋次が石田と再戦する事があっても、負けて欲しくない」
というようなレスがあった時に「%b(){「この失恋次が」}だとオモタ」というツッコミが他の人からあったので、
恋次→失恋次→失恋とそれとなく、この言葉を使う人がそれとなく増えていった(要は「この先生きのこる」ネタと同じ)。
この愛称はかなり昔に誕生したために、新規の人が見ると単にバカにする為に使っているように見えるが必ずしもそうではない。

+恋次の能力
斬魄刀の銘は「蛇尾丸(ざびまる)」。解号は「咆えろ、蛇尾丸」。直接攻撃系。
所謂ガリアンソード蛇腹剣である。伸縮自由自在。
ただし、伸ばしながらの攻撃は一度に3回まで。必ず元に戻さなければならない。
また節が断ち切られてバラバラにされても霊力で刃節を操る「狒牙絶咬」が使えるが、蛇尾丸自体への負担が大きいため奥の手となっている。

卍解の名は「狒狒王蛇尾丸(ひひおうざびまる)」。
巨大な蛇の骨のような形に刀が変化する。巨体なのにも拘らず威力と共に素早さもパワーアップ。
その上、始解と違いパーツは自由自在にバラバラになって攻撃したり、元通り合体する事も可能。
また、蛇の口からレーザーのように圧縮した霊力を射出する事も可能。

具象化した姿は蛇の尾が生えた猿といった姿である。
アニメオリジナルの村正編で実体化した際には大柄な女性(猿部分)と小柄な男性(蛇部分)になった
(女性部分はVジャンプの『カラブリ』にも出ているが)。


原作ゲーム(DS)における阿散井恋次

『蒼天に駆ける運命』での恋次は、ジャンプ強攻撃の性能とRF閃咬のぶっぱの便利さが良い。
そのため技の発生が遅めにも拘らず、強キャラの一人とされている。
『黒衣ひらめく鎮魂歌』でもJ強の強さを始めとして前作の強い部分を殆ど引き継いでおり、さらに新技のパチキが非常に優秀。
集団戦での強さも相まって、強キャラの一人となっている。
武器にも喰らい判定がなく、原作はMUGENよりも画面が広いので、MUGENの環境が味方するキャラと言えよう。
狒狒王蛇尾丸は卍解した蛇尾丸が画面内を飛び回る技となっている。


MUGENにおける阿散井恋次

斑鳩氏がブリーチDS仕様で製作したものが存在していたが、キャラ公開サイト移転と共に公開停止。
必殺技の連続パチキが超必殺技に昇格している。
このため遠距離は武器で、近距離はパチキでとバランスがいい。
大体の技の再現がかなり難しかったようで、ヒットスパークや一部のSEは流用したものである。
原作における3ゲージ超必殺技の「狒狒王蛇尾丸」は、MUGENでの再現が困難なため未搭載。
かつてレベル調節可能なAIがデフォルトで搭載されていたが、2013年12月18日の更新で廃止された。AI作成は自由との事。

出場大会

その他



添付ファイル