怪盗ジェイムズ


「君の心に、不法侵入!」

プロフィール
  • 氏名:ジェイムズ
  • 年齢:サイモンと幼なじみ
  • 職業:サイモンへの復讐
  • 出身:サイモニック星
  • 国籍:?
+ サイモンとの確執
サイモニック星にて生まれる。
かの有名なサイモンとは、貴族が通う幼稚園時代からの幼なじみだ。
幼稚園?小学校?中学と一緒に育って来たジェイムズとサイモン。

しかし、中学卒業と同時に環境が大きく変わる事になる。
親の転星により違う星に移住する事になったのだ。
その星ではみんながみんなギリギリ、むしろ貧しい生活を送っていた。その中でもジェイムズ一家は明るく楽しく生きていた。

ある日一通の手紙が届いた。
差出人不明のその手紙には、中には親の転星に纏わる事が書かれていた…。
「ジェイムズ一家が転星させられたのはサイモニック国王の命令、ジェイムズ父の仕事の出来具合に嫉妬した国王が追放した」

真相を知ったジェイムズはサイモニック国王、さらに幼なじみのサイモンまでをも怨んだ。そして復讐を誓い悪の道を歩み始めるのであった……。

+ 詳細なプロフィール(MUGEN警察調書より)
  • 氏名:ジェイムズ=大野
  • 年齢:31
  • 生年月日:4月14日
  • 職業:無職
  • 現住所:不定
  • 連絡先:不定
  • 出身:イングランド
  • 国籍:日本
  • 身長:172cm
  • 体重:63kg
  • 前科:二犯
日本人男性大野辰夫とイングランド人女性Hannah=Mason(ハンナ=メイソン)の間に生まれる。
イングランドにて産声を上げ、約三年間の間はイングランドにて過ごすが、
父・辰夫の石工としての修行の終了に合わせ日本に移住、その翌年日本国籍を取得する(なお、この時母・ハンナも和名として阪奈に改名)。
目の色や出生の違いによりいじめを受けながら幼少期を過ごす。
十歳を超えた辺りより窃盗・恐喝などの非行が目立ち始め、素行不良の為高校進学は断念。
実家(株式会社大野石工)の手伝いに従事するも、同社社員への給与横領が発覚しクビとなる(名目上は自主退社)。
上記の事件が公な記録での初犯となる(当時22歳)。なお、当時の判決は禁錮1年2月、執行猶予3年。
これより約一年間はほぼ実家に篭りきりでの生活を送ることになる。
執行猶予から約一年、23歳の冬に空き巣の現行犯にて逮捕。執行猶予の期間中での再犯ということもあり、懲役3年の実刑判決を受ける。
実刑から二年半後の26歳夏模範囚として出所を果たす。
母・大野阪奈が身元引受人として出所時に同行するも、実家への帰路途中に逃走しその後行方を眩ます。
3年後の29歳春、MUGEN商店街在中の内山タネ(77)宅にての居直り強盗中(注1)にタネさんの三女・内山香(54)が偶然立ち寄り事件が発覚、起訴される。
しかしタネさん本人により起訴が取り下げられ、示談での交渉となった。
その後もMUGEN商店街付近にて本人に似た人物の目撃情報があるが、本人との関連性は不明。

なお、両親の大野辰夫・阪奈両名は健在であるが、出所後行方を眩ました際の捜索願い等は出ていない。
示談となった内山タネ居直り強盗の件に関しても一切関わりを見せる様子は無かった
+ 注1
【内山事件】
20XX年4月14日、MUGEN商店街在住の内山タネさん宅での居直り強盗。
容疑者として確保されたのは大野ジェイムズ。イングランド人とのハーフで過去に窃盗罪で起訴・服役経験アリ。
事件の概要は被害者宅に容疑者が押し入り、そのまま1年3ヶ月近くもの間被害者宅で生活をしていたというもの。
偶然被害者宅に立ち寄ろうとした被害者の三女・香さんが異変に気付き事件が発覚。
タネさんの靴が無いのに見知らぬ男性用の靴があることを不審に思いタネさん宅に電話をかけた所、
聞いた事の無い声の男性が出たため慌てて警察に通報。すぐに警官が踏み込み容疑者の身柄は確保された。
この時容疑者は抵抗らしい抵抗はしなかった模様。後に香さんにより被害届が提出された。
なお、容疑者確保時タネさんは近所の鮮魚店(斉藤水産)に買い物に出ていたため不在だった。
取調べの結果、前年1月上旬に被害者宅に忍び込んだ事を容疑者が自供。
「外はとても寒くて、少しだけでも暖を取りたいと思い進入した、留守の家を狙ったつもりだったが中にはタネさんが居た、本当に申し訳無い事をした」
と容疑を認める。
前科も考慮し実刑が濃厚だったが、突如被害者タネさんにより被害届が取り消され不起訴となる。

+ 事件を扱った週刊誌より抜粋
壮絶な生い立ちの容疑者が容疑を自供した矢先に被害者による謎の被害届取り消しが世間を騒がせている。
洗脳、脅し、はたまた被害者と容疑者の恋仲まで疑われる当事件、一体真実は何なのか?
事件から半年、憶測でしか語られなかったこの【内山事件】、被害者本人である内山タネさんが遂に取材に応じてくれた!
もちろん当誌の独占取材である!!

タネさんの語る容疑者像は意外にも好青年だった。
「譲太(容疑者の騙っていた偽名)ちゃんはとってもいい子だ、昔は悪さを働いたかも知れんが、今は心入れ替えて真面目に生きようとしてるんだ、
 私は本当の孫みたいに思ってる」
どうもタネさんが語る言葉を信じるのならば、容疑者はタネさんに発見された直後に謝罪し、前科持ちの件も伝え通報するように促していたようだ。
これに対しタネさんは寒空の下に放り出すのも、ましてや通報するのも不憫に思いそのまま家に招き入れたのだという。
この後どのようなやり取りがあったのかは詳しく話して貰えなかったが、数日の内に容疑者はタネさん宅での生活を受け入れ、
問題も起こさず生活をしていたようだ。
その素行は至って常識的で、近所のMUGEN商店街の住人にもインタビューを行ったが
「新しく引っ越してきた外人さん」という認識で受け入れられていた。

この商店街の住人へのインタビューで興味深い話が聞けた。
それによれば、どうもタネさんは娘達とは不仲であり、
娘達が容疑者にタネさんの遺産を相続されることを危惧して今回の事件(というか通報)を起こしたのではないかというのだ。
実際、タネさんの娘達は離れて住んでいるとは言え、被害者宅からそう遠く無い場所に住んでいたという。
タネさん宅のあるMUGEN商店街ではタネさんが容疑者を随分と気に入っていたのは周知の事実であり、
事件当日に斉藤水産に出向いていたのも、容疑者の誕生日を祝う真鯛を購入するためだったとのこと。
娘の香さんが今回の通報以前から容疑者の事を知っていたとしてもおかしくはない。
別の視点からも話を伺いたいとタネさんの娘さん達に取材を申し込んだが全員が取材拒否。
また、タネさん宅から出てきた謎の覆面の男に声をかけるも、物凄い速さで走ってどこかへ消えてしまった。

謎が謎を呼んだ怪事件、果たして真相がハッキリする日は来るのだろうか!

+ 封印された素顔
内山事件以後、週刊誌やマスコミの取材という名の無断撮影が頻繁に行われ、あまり顔を撮られるのは都合が悪いため食事と風呂以外では常に着用。
立ちポーズがきょろきょろして挙動不審なのは盗撮を警戒しているため。
誤解されがちだが目出し帽でなくニット帽とネックウォーマーの組み合わせ。
+ サイモンとの出会い
内山事件後からしばらく、タネさん宅に再びお世話になっている大野譲太であったが、常に盗撮を警戒する日常生活。
タネさんと娘達との確執などの内情も知っているものの「大変ねぇ」とか「がんばってね」など、どことなくよそよしくなってしまった隣人達。
そんな彼をご近所でもちょっと敬遠されているサイモンさんが目を付けないはずもなかった
(近所に済んでる外人さんがある日を境に突然覆面を着けて生活をし始めた
 →自分と同じく非現実の世界を切望し、そこに身を投じた者が現れた → 仲間発見! )。

そして「犯罪者でも受け入れて貰える」という、悪魔の囁きに魂を安売りした。

…なんというか、サイモンといい氏の作るキャラは戦うより現実を強く生きてほしいキャラ達である。

解説・性能

斉藤紋次郎サイモンに続く、チキンハート氏製作のキャラクター第二弾。
3DCG作成ソフト『Poser』標準収録の同名男性フィギュア(人体モデル)「James」を元に製作されたキャラ。
当然ながら上記のプロフィール(や変な覆面姿)は氏の創作である。ちなみに元のソフトではJamesモデルの方がSimonより古参。
本項目名は「怪盗ジェイムズ」となっているが、readmeに記載されたキャラ名から分かる通り本来の名称は「ジェイムズ」が正しい。
その証拠に「怪盗(泥棒)」+「爆弾魔」+「忍者」+「カンフーマスター」という四つの職業(キャラ付け)を兼ね備えているのだ。
怪盗キャラ爆弾魔の両面を併せ持ち、常人には捕らえることのできない素早さで相手の飛び道具を躱し、恐ろしい破壊力の爆弾で相手を爆殺する。
ゲージ技に至ってはガードすることすらできず、勝利のためなら相方の命はおろか自分の命だって捨てられる恐るべき怪盗である。
また忍術も修めており、その完成度は一介のNINJAでは足元にも及ばない非常に高いものとなっている。

+ ジェイムズ虎の巻
勘の良い人ならもうお分かりだろうが、基本攻撃は出が遅く硬直も長い、飛び道具回避可能な逃走モードは徐々にゲージを消費し、
他の特殊行動でもゲージを徐々に消費する。
超必殺技は補助技と低火力が基本で高火力技は発動条件アリ、爆弾に至っては味方どころか自分すら巻き込むリーサルウエポン。
…なんで今まで逮捕されなかったのか。

+ 「爆弾」と「火薬」
ボムの性能に影響。
ライフバーの下に表示される2種類のアイコンにより確認可能。
超必殺技のスティールを使用することで共に最大9まで数を増やせる。

+ 逃走モード
全力で走る。
逃走中は1フレーム毎に0.02本ずつゲージを消費し続けるが、飛び道具に対して無敵に。
また、立ち状態の場合に限りゲージを消費することでヒットキャンセル&ガードキャンセル可能。

+ 土遁
地中に逃走
土遁中は喰らい判定が極めて小さく(息継ぎ用の竹筒部分のみ)、前後の空中に瞬時に移動(影跳び)できるが、
呼吸困難で徐々にライフが減っていく。
また、竹筒を攻撃されるとのたうちまわり非常に長い隙ができる。

+ 回避動作
海老蔵スピン&海老蔵ジャンプ。
地上だと回り込み、空中だと緊急回避。ゲージが0.2以上ある場合発同時に白く発光。
発光時に攻撃を受けると「ジャストステルス」発動。ゲージを消費して攻撃を無効化し回り込む。

+ 必殺技
+ 必殺技/カンフーマスター
弱中華技 :通称『中華技群』と呼ばれる必殺技のうち、弱攻撃ボタンで発動する技。後述する『強中華技』でキャンセル可能。
 ・ ドラゴンナックル :発生が早く、ヒット時に相手との距離が開くが、隙が大きく叫び声がうるさい
 ・ 震脚 :裂帛の気合を込めて放たれる貴重な立ち下段攻撃。見た目より判定が広い。ただし、 ガード/ヒットを問わずガン不利
 ・ 裡門頂肘 :発生の早い突進技。その上相手を吹き飛ばさないので責めを継続しやすい。威力? そんなものは知らんなぁ

強中華技 :通称「中華技群」と呼ばれる必殺技の内、強攻撃ボタンで発動する技。「弱中華技」からキャンセル可能。
 ・ ヘビィドラゴンナックル :大きく踏み込むドラゴンナックル。当然うるさい。弱中華技から繋げるのが無難な技。
 ・ 貼山靠 :所謂鉄山靠。発生が非常に遅く硬直も長いが、高威力かつ中段、受けるダメージが一律50になるアーマーまで兼ね備えている上、
                        若干突進するためそれなりに当てやすい。
 ・ 秘宗歩 :大きく前進しつつダウンを奪う。牽制としても弱中華技からのキャンセルとしても使える。
                        ただし、密着状態だと 裏回ってしまい当たらない ので注意。

中華サマー :弱・強で発生速度・ダメージ・上昇率が変動。浮かし効果あり。 無敵?ねぇよ

+ 必殺技/忍
微塵隠れ :爆風に紛れ地中に逃走。


木遁 :木に化けて相手の目をごまかす。同時に3体のダミーを設置するため撹乱させることができる反面、 自分も動けなくなる

空蝉 :当身技。成功時弱の場合はその場上空から、強の場合は前方へかなりの距離影跳び、空中でも使用可能。
           もちろん無敵なんてものは無い

+ 必殺技/爆弾魔
ボム :ノーマル、貫通、リモコンの3種類のボムによる攻撃。
            「火薬」の数によって威力と範囲上昇。立ち状態の場合足元に爆弾を設置、ジャンプ中だと地面に爆弾投下(空襲ボム)。
            爆風は飛び道具判定となるため「逃走」で回避可能
+ ボムの種類による違い
ノーマルボム 味方のみガード不可 の爆弾。
                           地面に設置した場合約3秒後に爆発、空襲の場合地面に触れると爆発。「爆弾」の数だけ設置可能。
                           空襲による大量投下は着地するスペースを失くすのでほどほどに。

貫通ボム (0.3ゲージ消費): 敵味方共にガード不可 の爆弾。
                                                  地面に設置した場合約3秒後に爆発、空襲の場合地面に触れると爆発。一度に一つしか置けない。
                                                  ガード崩しに用いて共に爆発するまでが一つの流れ。

リモコンボム (0.3ゲージ消費): 味方のみガード不可 の爆弾。
                                                         地面設置、空襲共に「(空中)指パッチン起爆」で爆発。一度に一つしか置けない。
                                                         美しい自爆の演出には欠かせない一品。

+ 必殺技/爆弾魔
指パッチン起爆 :リモコンボムを爆発させる、空中でも使用可能(空中指パッチン起爆)。

ボムトス :真上に向かってノーマルボムを打ち上げる。
                   このボムのみ爆弾がキャラに触れた場合も爆発。 味方のみガード不可
                   なお、めくりでもされない限り最も爆弾に当たりやすいのは己の頭部である

空爆 :ライフが300以下で使用可能なCPU専用技。ムーンサルトからの連続爆弾落とし。

ゲリ   ライフが200以下で使用可能なCPU専用技。爆弾を強制的に設置してしまう。

+ 必殺技/怪盗
ピックポケット :相手の所持金を盗む。ガード不可。各種攻撃からキャンセルして使用可能。

ショップリフター :相手の所持金を空中から盗む。

+ 超必殺技
「血祀殺法」や「(素敵)スティール」などはアクワイアの忍者ゲーム『忍道シリーズ』や泥棒ゲーム『神業』が元ネタである。

スティール (1ゲージ消費): 凄まじい目力を見せ付けつつ 爆弾設置を強化するボムor火薬を一つ 相手から盗む

素敵スティール (1ゲージ消費):「ジャストステルス」中スティールを行うとこちらに変化。
                                                         華麗なる演出の後 爆弾設置を強化するボムと火薬を一つずつ 相手から盗む

猫騙し (1ゲージ消費):出始めまで無敵あり。ガード不可で非常に長いヒットストップ付き。
                                           仰け反り中の相手にはヒットせず、めくりからヒットさせた場合は鼓膜破りに。

ダブル中華サマー (1ゲージ消費):2連発サマソ。2発目には浮かし効果がある。言うまでもなく 無敵など無い

エンドレススピンキック (1ゲージ消費):断続的に攻撃判定発生させつつ上昇していく。空中投げの真空烈風飯綱落としでキャンセル可。

暗闇の術 (1ゲージ消費):相手の視力を(物理的に)奪う。仰け反り中の相手にも追撃可能。特殊やられ技。

墨汚し (1ゲージ消費):地中から背景が暗くなる煙幕を吐き出す。当然ダメージの無い死に技だったが…?

影斬り (1ゲージ消費):煙に紛れ、匕首による奇襲を仕掛ける。発動条件として墨汚し後の煙幕が必要なため、実質2ゲージ技。

血祀殺法 (2ゲージ消費):煙に紛れ、手にした匕首でのネックカット。発動条件として墨汚し後の煙幕が必要なため、実質3ゲージ技。

ラインボム :ノーマル、貫通、リモコンの3種類。それぞれ使用するボムと同じボムが画面に残っていない場合のみ使用可能。
                      ノーマルは1ゲージ、貫通とリモコンは2ゲージ消費。
                      前方に向かって等間隔にボムを9つ設置し、ノーマルと貫通ボムは約3秒後に爆発。リモコンは「指パッチン起爆」で全て同時起爆。
                      自分と相手に強いプレッシャーを与える。

ボムレイン :ノーマル、貫通、リモコンの3種類。それぞれ使用するボムと同じボムが画面に残っていない場合のみ使用可能。
                      ノーマルは1ゲージ、貫通とリモコンは2ゲージ消費。
                      空中に向かってボムを9つ散布し、ノーマルと貫通は地面に触れると爆発。リモコンは「指パッチン起爆」で全て同時起爆。
                      大惨事以外の何ものでもない光景が展開される。

+ ここ一番の超必殺技
銭投げ :相手から盗んだ小銭を力任せに投げ付ける。ノーゲージで発動可能。
               投げ付けるまで無敵だが、 ジェイムズの所持金がゼロのため相手から小銭を盗まないと使えない

+ スキルシステム
「功夫」「忍術」「爆弾」の3つの特性のいずれかを強化するシステム
ゲージ技を使用する度(投げ技のみヒットが必要)対応する属性の文字アイコン(「功」「忍」「爆」)が一筆ずつ点灯していき、
文字が完全に点灯すると使用可能になる。

「功夫」 :対応する超必殺技は「猫だまし」「ダブル中華サマー」「エンドレススピンキック」「酔虎流舞」。必要使用回数は5回。
                   発動すると赤い残像を纏い、ダメージの揺れが最大値の1.2倍で固定され、コンボ補正が減る。

「忍術」 :対応する超必殺技は「手裏剣投げ」「墨汚し」「暗闇の術」「影斬り」「血祀殺法」。必要使用回数は7回。狙っても無理じゃね?
                   発動すると半透明になり、「影斬り」「血祀殺法」が準備無しで使用できる。

「爆弾」 :対応する超必殺技は「ラインボム3種」「ボムレイン3種」。必要使用回数は19回。どう考えても貯まる前に自分か相手が死ぬ。
                   発動すると相手をマーカーでロックし、爆弾の味方殺しが無くなる。

ダウンロードはこちらから(2014年3月に更新)。

デフォルトAIは未搭載だが、カサイ氏によるAIパッチが存在する。
ライフに余裕がある時は功夫及び設置式の爆弾を主体にするが、追い込まれるとのボムラッシュ、目潰しなど、
やたら えげつない戦法を行う
余談ではあるがその戦闘スタイル故、同クラスのキャラと比べるとダブルKO率が極めて高い。

出場大会

更新停止中


最終更新:2020年09月12日 23:44