購入前

ゾイド知らないんだけど大丈夫?

本作には一部にアニメやバトルストーリーを元にした登場人物や展開が存在しますが、概ねゲームの中で消化しきる要素なので知らなくても大丈夫。
前作とは違い本格的なストーリーが用意されキャラクター数も激増しましたが、それでも他の所謂「キャラゲー」に比べれば元ネタありきの要素は少なく
「因縁のある二国が新大陸を巡ってかっこいいロボットで戦争をしている最中の一パイロットの物語」程度に思っておけば問題ないと思われます。

どこにも売ってないんだけど

本作は今もなお根強い人気のある作品であるためか、中古販売店での購入は絶望的です。
ネット販売を利用すると言う手もありますが、どこもプレミアが付いており定価より安く買うのはほぼ不可能です。
アーカイブス化もされていないため、現状では高いお金を払ってネットショップから買う以外の方法はありません。
→Amazonリンク

メモリーカードが使えないんだけど

このゲームはPS1のゲームなので、PS2でプレイしている場合PS2専用メモリーカードは使用することができません。
ソフトと一緒に中古のゲームショップ等で購入しましょう。

前作とどう違うの?

基本的には変わっていませんが、様々な点で改良やバランス調整がなされています。
  • 新ゾイドの追加

  • 固有装備とパーツ装備枠の個別化
    • 装備数が多いほど付けられるパーツが少ない=改造パーツを付けると返って弱くなるという前作の問題点を改善。
    • 特に影響を受けたのが、強化すると何も装備できなくなり極端に弱体化する強化セット4装備のデスザウラー。荷電粒子砲以外取り柄の無かった本機が一気に最強機体に。

  • 戦闘アニメーション中の支援(ボタン連打)の追加。
    • アニメーション中にボタンを連打することで、威力が最大1.2倍になるシステム。
    • これにより味方の火力が上がり、相対的に難易度が下がった。

  • 範囲攻撃の大幅な弱体化
    • 前作で猛威を振るった範囲攻撃が、一部を除き範囲縮小の下方修正を受け弱体化した。特にバスターキャノン系の弱体化が著しい。
    • 更に全体的にゾイドのHPが上がり、前述の支援システムの追加により戦闘アニメを介さない為相対的に威力も低下している。

  • 機動力・装甲値の追加
    • 前作ではどんなゾイドで受けるダメージや回避率については一定だったが、今作からはゾイド固有の補正がかかるようになった。

攻略

もっと強力なゾイドやパーツが欲しい

ゾイドはキャンプで購入でき、ストーリーを進めていくと、ミッション終了時に補給によって様々なゾイドを入手できます。
また、捕獲用ゾイドを使って敵ゾイドを捕獲し、次のミッションから使用することもできます。
捕獲でも手に入らず、補給でしか手に入らないゾイドもいるので選ぶ際は気をつけましょう。
パーツはキャンプで購入するか、敵の残骸回収、ミッションごとの財宝として入手できます。
財宝でしか入手できないものもあるので、取り忘れのないようにしましょう。

強力なゾイドが無くて辛い

たとえ強力なゾイドが手に入らなくても、手持ちのゾイドや装備・アイテムの運用法次第では思わぬ戦果を挙げる事もあります。
いくつか例を挙げると、隠蔽・ステルス状態からのスキル王牙or黄龍。このコンボでは与えるダメージが3倍になり、小型ゾイドでも大型ゾイドを一撃で仕留められる威力を叩き出せます。
スモークディスチャージャー等で付与できる暗闇状態は、敵の命中率を1/2にし、自身の逃走成功率を90%にするという破格の効果。
サビは効果こそ地味なものの付与率が高く、敵の行動速度低下のおかげで余計な追撃や反撃を阻止し結果的に被ダメージ軽減につながります。
敵が積極的に進軍してくるような思考である場合、地雷を設置して待ち伏せし消耗させるのも作戦の一つです。
例え地味なゾイドや使い道のなさそうなアイテムであっても、スキルや装備の組み合わせ次第では大化けする事もあるので、色々試してみるのも面白いかもしれません。

改造パーツやレアアイテムが手に入らないよ

改造パーツや高機動スラスター等のレアアイテムは敵の残骸からも入手できることがありますが、基本的にはMAP上に埋もれているものを拾う事で入手するのが主な入手方法になります。
MAD磁気探知機を装備した高移動力のゾイド(地形を無視できる飛行ゾイドが好ましい)でMAP中を探してみましょう。1つのマップに概ね3つのアイテムが埋もれています。
大抵はいかにもな場所(山の頂上や蟻地獄の中など)に置かれているので、一部を除き探すのはさほど難しくないハズ。

自軍の攻撃が当たらないor敵の攻撃が当たりすぎる

このゲームにおいての『命中率』はアテになりません。
装備品のサーチライトレーザー照準器で射撃系の命中率を上げたり、格闘持ちゾイドならスキル「猛進特攻」を使うのがオススメ。
また、各ゾイドごとパラメータとして「機動性」が設けられており、機動性が高いほど回避率が高い。
99%と表記されていても、わりとよく失敗することもありますが基本的に80%ぐらいを目安に考えましょう。
(それ以下の数値だったら外れても気にしない)

急に武器の命中率や威力が落ちた

これについては詳しくは物語序盤にて解説されますが一応。
各地形上ではその地形ごとの防御補正が働き、射撃の威力が減少してしまうので注意しましょう。
逆に言えば自軍がそれらの地形上にいれば非常に有利に戦えるので、ゾイドを移動させるときは常に気を配りましょう。
また、各ゾイドごとに設定されている地形適性が高いほどその地形における戦闘での回避率が上がります。
なお、いずれの地形でも格闘武器の場合は命中率こそ減少しますが、威力は全く変わりません。
地形の表記については取扱説明書のP28を参照してください。(最後のページ)