新桃太郎伝説

登録日:2010/10/29(金) 16:57:12
更新日:2020/12/29 Tue 17:19:19
所要時間:約 6 分で読めます





『新桃太郎伝説』はハドソンから発売されたスーパーファミコン用ゲームソフトである。

ジャンルはRPG
ファミコンなどの機種で桃太郎伝説1や2が展開されており、内容は2のリメイク*1であるが、新桃太郎伝説単体でプレイしても特に問題はない。

・ストーリー


悪さをする地獄の「えんま様」をこらしめた桃太郎(以上初代『桃太郎伝説』参照)であったが、地獄ではそのえんま様に対する処遇が問われていた。
の一匹「カルラ」は、地獄の王「伐折羅王」に取り入って、「えんま様」を失脚させ、更にはの「かぐや姫」を誘拐するよう進言。かぐや姫に危機が迫る。
それを聞かされ桃太郎はかぐや姫を助けに向かうため牛車に乗り込む

かくして「桃太郎」は鬼の野望を阻止するために月へ向かうのだが…。

新桃太郎伝説の物語はここから始まる。

前作や前々作ではギャグ要素たっぷりの仕上がりになっていたが、今作はシナリオに力を入れておりなかなかにハードな仕上がりになっている。
特に「明確に命を奪われる」シーンが存在するのは大きく異なる点である(過去作では桃太郎が「鬼をこらしめる」ことはあっても決して命は奪わなかったし、敵同士で命の遣り取りをすることもなかった)。
「己が悟りを得て仏にいたる」宗教である上座部仏教と、「功徳を積み、衆生全てが救われる」宗教である大乗仏教の対立がテーマ。
……まぁ、上座部側が悪役な分、だいぶ偏見が入っているのはご愛嬌。
と言ってもところどころにえのっぴどぅー!な演出や桃太郎シリーズ恒例のあのシーンは健在。


・主な登場人物

桃太郎と仲間たち

  • 桃太郎
我らが主人公である。
今回もを片手に悪事を働く鬼達を懲らしめ、愛と勇気を伝えていく。しゃべらない。
お供はのポチ、猿のモンタ、キジのキーコ。
平均以上のステータスに豊富な術と立ち回りは何でもござれ。ただしやられると、たとえ仲間が残っていてもゲームオーバーなので注意。
本作は敵も強力だし、集中攻撃をしてくる敵も多いので。
ちなみに切り札であるろっかくの術を使うと「刀の鋭さ」があがるが、桃太郎の刀からは血の匂いがしない(by伐折羅王)ため、斬ってはいないらしい。

  • 金太郎
「桃太郎でねが!」
相撲の技を駆使してパワフルに戦う。体力・力共に申し分ないいわゆる戦士タイプ。
術は使えないが、体力を消費してステータス等に影響を及ぼす「すもう技」を使うことができ、ただの脳筋キャラでは終わっていない。
対ボス戦は特に重宝するが、特化型の特性上、一部ボス敵とは非常に相性が悪いのが難点。
天気の弱点は日照りで何も出来なくなってしまう。

  • 浦島
「桃太郎さん!頑張りましょう!」
術を駆使して補助回復。素早いが、体力・攻撃力は若干心許ないいわゆる賢者タイプ。
といっても高性能な武器がすぐに手に入るので、攻撃面では長い間頼りに出来る。
体が弱く、苦手な天気は4つと仲間中最多で、天候不良になると防御力が半分になる。

  • かぐや姫
月に住んでるお姫様。再び鬼に狙われるが終盤で……。

桃太郎によって改心し実家の料亭を継いでいたが、桃太郎の危急を聞いて飛んできた。
最初の仲間だが、離脱する場面が多く正式な仲間になるのは桃太郎城が建ってからである。
10段になると盗みを解禁し、資金・経験値・ドーピング用のアイテムを集めるのに活躍する。敵は勝手に攻撃して相手を倒してしまうお供
武器を4種類持てるが戦闘中に武器を「使う」ことができなかったり、ステータス的に今一歩劣る部分がある。

  • 寝太郎
ほとんど寝てる。
実はステータスが非常に高く、起きた時には庇えば全員を庇い、攻撃も必ず会心の一撃になったりするのだが、
起きる確率がかなり低く(1/16)扱いにくい。寝言があれば・・・
日照りになると永眠する。

  • でか太郎
雪が降っている北国の庵に住んでいるふんどし一丁の巨人、「アッポー」が口癖。庵の裏の池や塔の中のつづらを回収してくれるいい奴。
武器や防具を装備できないが、攻撃した時にダメージが1~攻撃力までのランダムになる*2という特徴を持ち、
さらに空中の敵(基本25%の確率で外れる)に対しても命中率が落ちないのは良い点。
しかしステータスが劣悪*3な上にほぼ上位互換のましらがいるので・・・

  • はらだし
はらだしは種族の名前で、本名は里吉。桃太郎の仲間になることを夢見ているが、きびだんごをトカゲのしっぽと勘違いして覚えている。
ヌルヌルした身体のため物理攻撃が一切効かず、しかも体力がずば抜けて高いので他人をかばうだけで活躍できる。
防御力も高いが先述の理由から無意味。
しかしレベルを上げていくと体の一部を露出する強力な術を使うこともできるので、何をさせるか悩みどころ。
戦闘中温泉旅行に行く事も出来る。
この他レベルを5ずつしか上げられない、専用の回復アイテム「はらだしのお茶」を持つ(他キャラでは使うと逆にダメージを受ける)といった特徴も持つ。

  • えんま様
前回桃太郎に懲らしめられた。今回はその罰として失脚し、幽閉されるなど散々な目にあう。
苦境に立たされつつも桃太郎に教えられた愛と勇気は決して失わず、地獄の未来を憂いている。
デフォルトで2回行動が可能であり、ステータスも高く術も便利なものが揃う。バグ99回行動までできる今作1、2を競うチートキャラ。
強いて欠点をあげるなら、術力の最大値が低めなことぐらいか。
えんまを慕う鬼達は幹部クラスで実力も高い。特に風神、雷神コンビは…

  • あしゅら
えんま様の懐刀と呼ばれる鬼。
知略に長け、希望の都では謎掛けで桃太郎達を苦しませた。
後に味方になる。癖のある術が多いものの攻撃・回復・補助全てこなせるためかなり便利。攻撃力と素早さも高く、防御力がやや低めなことを考慮に入れても使えるキャラ。
しかし分身の術に分身が倒されると人気が下がってしまうという欠点がある。分身なのに倒されてはいけないとはどういうことなのか・・・
といちやはあしゅらの術全てを使う事が出来ない。

  • 風神
「ぴゅるるるるぅー!」
えんま様の側近の一人。
カルラにえんま様の減刑をちらつかされたことで、再び桃太郎と戦う。
初登場時にはその風でパーティーメンバーを世界中のどこかに吹き飛ばしてしまう。
その後2度桃太郎と戦った後に、鬼側(というかカルラ)を見限ってえんま様を救出するために桃太郎の仲間になる。
例によって1段からの鍛え直しになるが、風神と雷神に関しては初期能力が非常に高いため装備さえ揃えてやれば即戦力になる。
仲間としては物理寄りの万能型。風神という名前の割に風系の術を中位までしか覚えないが、そこそこの回復術と桃太郎と同等以上の肉弾戦能力が頼りになる。

  • 雷神
「ぐゎらり!ぐゎらり!」
えんま様の側近の一人。
風神の親友で、彼と桃太郎一行との戦いに助太刀に現れる。
後に最初から風神とコンビを組んだ状態で桃太郎と再戦。この時の戦闘の厳しさはゲーム中最難関とも言われる。ましらがいれば相当楽になるが
戦闘後は風神と一緒に加入。
見た目の割に打撃力はいまいちだが、代わりに攻撃系の術のエキスパート。
素の状態でも雷系・炎系を使えるが、風神と一緒にパーティーにいると風系・波系の全体攻撃術まで使用可能になる。風系が風神よりも強いのまで覚えるというのはどうなんだ。
加えて技(MP)は全キャラ中トップクラスで、体力(HP)も意外なほど高いため術使いとしては異例のタフネスを誇る。
また二人で合体攻撃も使えるのだが、こちらは敵味方全体にダメージを与えてしまうため使い勝手は悪い。素直に術で攻撃しよう。
なお、このゲームはこいつのセリフ「ぐらり!」のためだけに「わの小文字」という珍しいフォントがある。

  • 夜叉姫
伐折羅王の娘である鬼姫様。本作では鬼と人間のハーフで、鬼三兄弟の末妹という設定である。
ダイダ王子、アジャセ王子の異母妹で、桃太郎に力試しを挑んだ後、改心して仲間になる。
「お風呂に入るのに着物のままなんておかしいわよね!」
敵として戦うときには正に鬼の強さなのは『桃太郎伝説Ⅱ』同様で、削除された分身の術に代わって身に着けた流れ星の術(桃太郎のろっかくの術と同等の効果)が非常に強烈。油断しているとこの時点で体勢が一挙に崩されてしまうほど。
更に本気を出してステータスアップもオリジナル版同様のルーチンだが、こちらではテキスト上はどの程度上がったのかが
ぼかされていたオリジナル版と違い、すべてのステータスを明確に「2倍」も強化するというあり得なさでプレイヤーを絶望に陥れた。

一方、仲間になってからの性能については残念ながら「敵幹部が仲間になると弱体化」のセオリーをくらってかなりの弱体化が施されてしまい、
流れ星の術の威力がさほどでもなくなってしまうことも相まって、劣化桃太郎といったポジションに収まっている。
(しかも、高段位で加入したオリジナル版と違い、1段からの育て直し。オリジナル版で使用可能だった分身の術も使えなくなっている。)

懲らしめてから仲間に加入するまでの流れは『II』を踏襲しているが、オリジナル版では口調や物腰が女の子らしくしおらしくなるのに対して、
本作では戦闘前とあまり変わらず、ハキハキとした快活な口調のまま。
その代わり、本作では加入を快く受け入れてくれた桃太郎に対し、言いよどむ様に呼び捨てからさん付けに改めるようになっていて
ツンデレ度がちょっぴり上がった。

  • ましら
サルの鬼。自覚はないが音痴でありほほえみの村で大音量で歌を歌って村人たちに迷惑をかけていたが、桃太郎に負けて改心する。
武器を装備する事ができず、攻撃も鍵盤を3つ押し三和音を出して攻撃するという独特な攻撃方法で、音が出ない場合は何もしなかったことになる。
クセは強いが鍵盤による攻撃方法が最初から全て解禁されていることもあり、性能は非常に高い。唯一日照りに強い。

  • 雪だるま
桃太郎に会うとおにぎりをくれる女の子。風鈴をあげると仲間になる。
一切の装備が出来ず攻撃も気まぐれで、そのどれもが敵はおろか味方にすら影響を及ぼすものばかり。
そのためまともな戦力としては期待できないが、極々マレに敵全体を一撃で葬る必殺技「1000本の氷の刃」を繰り出し、
ザコはおろかボスすらも一撃で葬る必殺仕置き人と化す。

  • 黒河童
桃太郎たちのアイテムを持ってとんずらしてしまう嫌な敵。
しかしきゅうりには目がなく手持ちにあれば最優先で取っていき、きゅうりをかじってしばらく動けなくなる。
他、きゅうりを食べてる間に倒すと仲間になる。
一切の装備が出来ず攻撃する時はユキだるまと同様気まぐれな攻撃を行うが、多少の術を使う事が出来る。ただし攻撃を受けるとよく攻撃力が下がる。

  • 福の神
桃太郎に会うと金をくれる神様。人気度が一定以上あれば、神々の里で仲間にできる。
本人曰く「自分がいればお金がたくさん手に入る」とのことだが、実際のところは福の神が絶好調状態の時限定で敵の落とすお金が2倍になる、というもの。
しかし術や特殊技を持たずステータスも低いため、戦力としては辛い。
一応全キャラ中最も絶好調になりやすいという長所はあるが……。

  • 天邪鬼
桃太郎に会うとひねくれた願いの叶え方をしてくれる。名前は鬼だが(一応)神様で、神々の里で要求してきたもの全てを見せると仲間になる。一つでも足りないと全て集め直し。
一切の装備が出来ず松竹梅特の4種類から選んでその中からランダムな攻撃を行う。
自パーティーにマイナス影響を及ぼすものも多いのでかなり使いにくい。特に、「特」を選ぶ時は覚悟したほうがよい。
能力は最低クラスな上にランダム攻撃のせいで不安定なので、パーティーには完全にお遊びで入れるキャラ。

  • 貧乏神
こちらも神々の里で仲間になる。シリーズおなじみのお邪魔キャラだが、神様たちの中では唯一無条件で仲間になってくれる。
加入時には好きな名前をつけることができるのだが、この時「えのん」「えのっぴ」「えのもと」のいずれかにすると加入時に一歩ごとにお金を落としてしまう
一応は隠し要素なのだが、当時は「ジャンプ放送局」の影響によりこれらの名前をつけるプレイヤーが多かったため全く隠れていなかった。
戦力としては「敵全体にダメージ&同時にお金を盗む」専用の術を覚えるため、上記の名前を避ければ逆に金儲け要員として働ける。
とはいえこの術の燃費が非常に悪い上に、ステータスも福の神よりやや下程度なので使えるキャラとは言い難い。
貧乏神のレベルを99段まで上げると…


へとまさかの進化を遂げ、一気にパワーUP…と思いきや、
装備品もつけられなくなり、術まで使えなくなるので実質的には弱体化してしまう。得意・苦手な天気が変わるだけ。
とはいえレベル99な時点でもう桃太郎達に敵はいないが…

  • といちや
おなじみ道具とお金の預かり業を営む商人。
預けたお金が一定額を超えると、桃太郎の仲間になれば儲けられるのではないかと考えて自分を仲間にしないかと持ち掛けてくる。
ここで30000両を支払えば仲間の一員になる。
払うのはどの村のといちやでも構わず、また一度払えば城で自由に入れ替えられる。
というか一度条件を満たすと、仲間にしない限りといちやを利用するたびに仲間にしろと迫ってくるのでうざったいことこの上ない。お金があるならさっさと仲間にしてしまったほうがいい。
胴装備ができず脆いが、現在の仲間が使える術のうち一部を除く全てを使う事ができる。
ただし防御と道具使用以外の全ての行動で金を請求する上、特に術は性能に応じて額が高くなり高威力の術だと65535両しか持てないのに万とか請求する。がめつすぎる・・・
補助系は比較的割安ではらだしの術も使えるため変質者になればかなり活躍できる。


敵対者たち

  • 鬼達
伐折羅王(ばさらおう)
地獄の鬼を統べる王様。部下(主にカルラ)の発言を真に受けちゃう王様。そのおかげでこっちは大変だよ…。
パラレル関係の『桃太郎伝説2』のラスボス・地獄王のポジションで、夜叉姫の父であるなど共通要素も多いが、『2』の地獄王とは大きく恰好が異なる。*4

  • カルラ
ま さ に 外 道
伐折王の腹心の部下。
上の者には媚びへつらい、下の者には容赦なし。鬼の鬼による鬼の為の世界をつくるべく、人間をひたすらに嫌っている。
その上、同族の鬼すらも自身の出世の道具としてしか見ておらず、邪魔するものを抹殺することに躊躇しない外道である。
なお、本作オリジナルキャラで『桃太郎伝説2』には登場しない。

  • ダイダ王子・アジャセ王子
夜叉姫の二人の兄。ダイダ王子は鬼と鬼子母神の間に生まれた純血、アジャセは月の民とのハーフ。
武に秀でたダイダ王子と知に秀でたアジャセ王子。
それぞれがこれからの地獄についての考えを持っているが、
出自の違いゆえの確執により、仲が良くない。
双方本作オリジナルキャラで『桃太郎伝説2』には登場しない。

  • 三千世界
  • 羅生門
  • 酒呑童子
ダイダ王子直轄の鬼。
あれ、これなんて3兄d(ry
いずれも確かな達ばかりである。
なお、酒呑童子と羅生門は『桃伝(1)』からの続投。(羅生門は「らしょうもんのオニ」名義)

本作の魅力

このゲームの魅力の一つとして、仲間の多さがある。
仲間は旅の途中でどんどん増えて総勢19人。
その中には、金太郎や浦島といった童話のヒーローからかつて懲らしめた鬼達まで様々である。
だが…当然能力もピンキリ。
安定した攻撃力・重装甲の金太郎や回復エキスパートの浦島はメンバー筆頭である。その他にも仲間になるのは遅いがハイスペックなえんま様、癖はあるが強力な術使いのあしゅら等も候補。

しかし、あらゆる行動が料金制で所持金がガンガン減る「といちや」や、必ず会心の一撃を繰り出すが、そもそも行動出来る確率が1/16の「寝太郎」など、アクが強いキャラも多い。
「ましら」も普通に使うには弱すぎる。が使い方を理解するとバランスが崩壊してしまう。
色物キャラの格差のみならまだしも、夜叉姫などストーリー上で重要なキャラでも格差が大きく、この点は嘆かれがち。

誰を使うも自由であり、安定したメンバーで旅を続けるも良し、妙なメンツで波乱の旅をするも良し(相当な苦行になるが)の自由度の高さが魅力である。

他にも戦闘時ランダムで天候が変わる「タクティカル・ウェザー・バトル」

キャラがマップ、村や都等で一列に並ばず自由に動き回る「アクティブ・ウォーキング」

と斬新なシステムが多い。


鬼側も鬼側でなかなか個性豊かなキャラばかりだが…

そのなかでもカルラの外道・鬼畜さは目に余る物がある。

  • 桃太郎に鬼をけしかけて、鬼が負けるとその鬼を処刑する。(桃太郎は懲らしめるだけで命は取らない。)

  • 人間界で起きた事態を自分の都合の良いようにでっちあげて地位を高めると共に、自分の思うがままに主君を欺き利用する。

  • とある村での惨劇

など数えるとキリがない。
特にとある村での惨劇はこのゲームトラウマイベントとして名高く、「マジでカルラ死ねよ…」と思うプレイヤーも多かっただろう。
この世にゲームは数あれど、これほどの外道はなかなかいないのではないだろうか…。

――ただし、実のところ、カルラとて生まれついての悪党だったわけではなく、確かな青雲の志をもっていた時期はあった。
しかしながら実力で大きく劣るカルラは段々とゆがんでいき、己の無力さを憎み、卑劣さでのし上がる道を選んでしまった。
その結果、最終的には全ての鬼達から見放されてしまう末路に。
開発日記にも「悪いけど哀れな奴」といわれてしまうほどであった。

このゲームの「ストーリー」のハードさはカルラによってもたらされる部分が大きい。


では、ゲームの「プレイ」のハードさはと言うとこちらも中々。

全体的に敵が強く、こちらの回復手段は限られるため、考え無しに突っ込むと大変まずいことになる。(序盤にボス含め三連戦、途中まで削った後仲間を呼び体力全快、等)

特に桃太郎が力尽きてしまうとゲームオーバーの為、うまく立ち回る必要がある。

また、要所要所に挟まるボス等も対処方を知らないと返り討ちになる場合が多く、一種の初見殺し。特に物語中盤に挟まる風神雷神戦はかなりの難易度で、こちらもトラウマになりがち。
前述のとおり仲間キャラの格差も大きい上に中盤でパーティーが強制で解散されるイベントがあるため、離脱キャラの選択やパーティー編成をしっかりとしないと辛いことになる。

しかし対策を練ればちゃんと勝てる辺りバランスは言うほど悪くない。

すべての敵に一つ以上の特殊技を! のコンセプト通り、何の取り柄もなくただ殴ってくる敵は一種類しかいない。一番最初に出会うであろう赤鬼だけである。
能力が尖っていたり、序盤から「痛恨の一撃」を繰り出してきたり、技(MP)を吸い取ったり、回復用の食べ物を盗んだり……実にバラエティ豊か。


ただ、ハドソン製ソフトの宿命か…若干レスポンスが悪く、移動も遅く、ノーマル状態のエンカウント率が非常に高いため、
全滅→遠方から再開→やっとたどり着く→また全滅 などとなった時はストレスがマッハになる事請け合いである。
(バランスの悪さそのものは、開発期間が4か月しかなかったというやむに已まれぬ事情もあるのだが)
しかし、操作性には難あれど、RPGとしては中々の完成度を誇る今作をプレイする価値は十二分にある。
ちょっとハードなゲームがプレイしたいという方は手に取ってみてはどうだろうか?


ちなみに桃太郎シリーズはこれ以降「桃太郎電鉄」の方にシフトしてしまったため、続編は出ていない…
伝説の続編やリメイク(移植)を望む声も大きいですよ!さくまさん!
と思っていたら時期は不明だが、旧ハドソン側が桃太郎シリーズのプログラムを破棄してしまったため、移植やリメイクはできない、という事がさくまあきらのブログで明かされてしまった……。一から作り直せばよいのでは?




天の仙人
「ウヒャヒャヒャ…ウィキ篭りよ!何をそんなにあせっておる!」

「項目達を消すのではなく、追記と修正を伝えるのじゃ!あせることはない!」

「もう一度めいでんをこらしめてみせい!」

「ウィキ篭り、おまえなら出来るはずじゃ…ウヒャヒャヒャ…!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年12月29日 17:19