厨二病

登録日: 2011/03/25(金) 22:00:46
更新日:2022/04/30 Sat 23:01:54
所要時間:約 14 分で読めます




『厨二病』とは中学二年生の頃、誰もが通るであろう道の事を指す。


いつまでも「子供」扱いされたくない。だけど「大人」にはなりたくない。

反抗期と同じく、心の不安定さによって引き起こされる症状である。
ある意味、はしかに近いのかも。別に掛からなくてもおかしくはない。

元々は伊集院光の深夜ラジオでの発言に端を発し、コーナー「かかったかな?と思ったら中二病」にて大まかに分類分けされた。
項目名の「厨二病」とはその後ネット上で中二病よりイタいヤツに対して付けられた病名である。

厨二病の意味はネット上で拡大を続けたため、伊集院はその後同番組で
「俺が言い出した時とはもう意味合いが違ってるから興味ない」
「もうこの番組では厨二病に関しては絶対取り上げないから」と発言している。
(伊集院は厨二病ブームで一切見返りを貰えなかったばかりか、よく分からないラッパーにネット上で絡まれたりと結構理不尽な目に遭っている)

なお、下手すればこの時のノリや言動で親から勘当されたり、友達が居なくなるなど、
人生が思いっきり左右されて取り返しの付かない事にもなりかねない。

病に負けず自我を保ってほしい。自分という存在を客観視する事が鍵だ。
もしガチるなら禅でも組むと良い。難しいかもしれないが、心が落ち着くぞ。


《厨二病の主な病状》

オシャレ番長系厨二病
奇抜な格好を好み、髪を染めたり眉毛を消したりする。

この厨二病は、周囲と自分の違いを主張しようとする傾向が多く、
「ブラックコーヒーを飲む」そして二口目にミルクを入れる
「洋楽を聞き始める」英語の歌詞が分からないのでひたすら耳に流し込む
「タバコを吸う」そして慣れてないからむせる
「盗んだバイクで走り出す」無免許故に事故って警察沙汰
ハードボイルドにかぶれる
「やたら会話に英単語を加える」等々……。

恐らく大半の厨二病がこれに分類される。
ようするに誰かと区別することで「認めてもらいたい」という願望に由来する。


邪気眼系厨二病
「俺の右手が……!」「私の眼が……!」「奴が……グラブ・ビニョーレが俺を狙っている……!」等と訳の分からない言動を発する。所謂『邪気眼

また「オリジナリティ溢れる必殺技を作る」(例・エターナルフォースブリザード)や、
訳の分からん説教めいたセリフを言ってみる」、「自分の中には邪悪な別の人格が宿っていると言い出す」 等も、これに当たる。大体虹の奴らは本当にカッコいい事を言うが、参事ではそういう状況もない為しょーもない事に謎理論を展開したりする。


ヒーローへの憧れと自分のギャップの結果、この病状に至るケースが多い。
周囲から見ればタダの痛いガキだが、そこは「なま暖かい目」で見送らなくてはならない。お前だって昔そうだっただろ

所謂二次元の「厨二ネタ」「厨二キャラ」はこのタイプが多い。
???「どうしてなんだ、ハレルヤ!」


無気力系厨二病
とりあえず授業は寝る。たまに起きてても、頬杖をつきながら外を眺めたり……。
話し合い? 勝手にやれ。部活? かったりーよ。どうでもいいやれやれ
本気を出すなんて目をつけられるだけだしめんどうくさい。まっ、本気を出せば誰にも負けないんだけどな。

この手の厨二病は、周囲の人間より、自分はクールなオトナな人間であるであると主張したい傾向にある。
のような『クールでかっこいい主人公』に自己投影しているタイプであろう。

勿論そんなのはクールでも何でもなく、周囲から見たらただの根暗野郎にしか見られていない。
勉強がそこそこ出来るならともかく、成績が低かったりしたら周囲の評価は下がる一方だろう。

奇抜な「外見」や「言動」で周囲からツッコミが来る前述の二つと違い
症状が単身で完結していることも特徴である。

また、邪気眼系厨二病がテンプレや萌え属性として有名になりすぎたせいか
現代の(厨二病をネタにしていない)二次創作のオリキャラはこのタイプが多い。
いわゆる「ランクはSSSより強いMだけど面倒なのでB」である。

(ちなみに、この手の人物に一番影響を与えているであろうの名誉のために記しておくが、
 彼は何事も達観している『ヤレヤレ系主人公』ではなく、根は熱くて真っ直ぐな文字通り『オラオラ系主人公』である)



知的系厨二病
場所によっては多分一番面倒な症状。

「理科室ででたらめな知識を言って薬品を直嗅ぎした結果『エンッ!』」はネットで一度見た事があるだろう。
学校にテロリスト」もおそらくはコレ。


だが、更に厄介なのは、

▼自分に合わない物事にやたら否定的になり、論理的(笑)且つ的確(爆)な理屈をつけては作品や物事を否定していく。

▼叩いてもやたらしぶとく、敬語で返すのがまた反感を買う。

なタイプ。要するに「荒らし」や「アンチ」「〇〇厨」である。

ネットで見たら軽くスルーしてあげよう。
それがその人の為でもあるから。


この時期(中学2年生)は自我をもち始め、人格を形成する(とても大事な)時期である為良くも悪くも多感である。

その為、様々なものからの影響を受けやすくこの時期にハマったもの(作品)によってどの症状になるか分かれたりもする。

ただこの病気を通して勉学意欲が上がるという副作用(知的系の場合などは特に)もあるので良い方向に働く場合もある。
厨二病御用達な用語を身に付けたり、小難しい漢字などを覚えたりなど文系方向でも利益がある場合がある。洋楽を聞いていた縁で、英語が得意になり将来が開けることも。

逆に利益どころか、行き過ぎた結果社会的にも身体的にも滅亡するときがあるので本当に注意

例:邪気眼系でその強大な力(笑)を封じるために封印の入れ墨(棒)を入れる。(刺青は入れたら取れません)
 :無気力系限定だが、結局直っても何事にも集中できず……
 :周りの評価がダダ下がりで、治っても中二病である事を知らない人には……

しまいには二次元においても「厨二病」そのものをネタにした作品が近年増加しており、テンプレや萌え属性の一つとして「厨二病患者」が出てくることも多くなった。
ビジュアル的な分かりやすさからか、そこでネタにされるのは圧倒的に「邪気眼系」が多く、厨二=邪気眼で固定されてしまっている感もある。
アニメ化に当たってサブカル系厨二病だったキャラが邪気眼系厨二病に改変された例も存在する。また、虹なので本当に魔法が使えることも。

中には「妙な感覚を厨二病の症状と自己分析していたが、あとから本当に力を持っていたことがわかった」という、厨二病を逆手に取った描写をした作品もある。それとは逆に魔法が使える世界で周りは魔法を使う中そいつだけはいかにも厨二臭いのに魔法が使えないという見掛け倒し残念なイケメンや美少女も。

因みに女子の似たようなものに「小六病」がある。こちらが発症した場合、赤い実弾けたとか言われたりする。


高二病、あるいはマイナー系厨二病

現代においては言葉の定義が変化し続けた結果、広く流行っているものに対し「厨二病・中二病」呼ばわりするという因果の逆転も起きつつある。
前述のように若者は様々なものからの影響を受けやすく、流行っている作品は真似されやすいため
転じて若者に人気があるだけで中二病(っぽい作品)、というような意味合いの変遷があったものだと思われる。
(どういったものが呼ばれているかは、このwikiを「厨二病」でタグ検索すればおおむねわかるだろう。
 傾向としては「現代異能」「ダークヒーロー」「複雑な漢字の技名や詠唱」などが「中二っぽい」ものとされているようである)

実際は、「周囲と自分の違いを主張する」「オリジナリティを出そうとする」「クールなオトナになろうとする」「知的を目指して否定的になる」といった前述の症状でわかる通り
むしろ流行りの否定や他者と同じであることの脱却こそが厨二病の典型的な症状である。

例えば「テイルズFFみたいな最近の和製RPGは世界観が中二だよな!古典西洋ファンタジーの方が渋くてかっこいいぜ!」
無限の剣製と書いてアンリミテッドブレイドワークスみたいな技名は厨二くさすぎる!真剣白刃取りみたいなシンプルな技名の方が泥臭くていい!」とか言ってる人がいたら
作品の好みは人の自由ではあるが、どう考えてもそっちの方が中二病に近い。

「流行」に反する「渋い」「地味」「泥臭い」「古典」「マイナー」あたりのワードは要注意である。
これが更に周回して「良いから流行っているのにそれを素直に認められない奴はバカだよなー!」と言い出すと高二病と呼ばれたりするようになるが、この高二病も厨二病を攻撃することで承認欲求を満たす厨二病の一形態とも言える。見方を変えれば大衆に溶け込む事で良いか悪いかともかく「大人」になっていく過程かもしれない。
このあたり、「邪気眼」「高二病」などの概念と中二病が混ざってどれが何に当たるのか混乱しているので、気を付けた方がいいだろう。
要点としては「どんな作品が好きか」ではなく、その感想や批評を通して如何に自分を特別に見せたがるか、そしてそのために他者の否定や罵倒に走るのも辞さないかがポイントと言える。

このように、全ての厨二病に共通するのは、「程度の低いものが世間には広く蔓延っている」という見下しと偏見、「しかしそれらと自分は違う」という態度である。
なので「最近の〇〇は無価値なものばかりだが、自分は真に価値のある××が好きである」のような…いわゆる「老害」のような振舞いも「厨二病」に含まれるのだが、
やはり人によっての受け取り方の違いや、他用語との混同や派生などもあって共通認識があるとは言い難いところであり、明確な定義がないのが現状である。もしかしたらただ単に世間や周りとの趣味が合わないだけで、普通な意見を述べてるかも知れないのだから。

ただし、ネタや本当に好きなものとして過激にならず楽しむ分だったらもちろん良い。上記の問題は端的に言えば自分を押し付ける余り周りや自分に迷惑やツケが回ってくる事であり、キチンと自分を見失わずに振る舞う事ができれば、いくら厨二臭くてもそれなりの社会的地位が守られるだろう。

中二病属性キャラ

こうした厨二病/中二病は、フィクションでも題材にされることが多い。
ソシャゲやアイドルものなど多数の属性のキャラが出る作品では「中二病キャラ」はお馴染みである。
こうしたキャラにはだいたい以下のような特徴がある。
  • 前世が魔王だったり、闇の力が溢れそうになっていると主張する。この項目でいう「邪気眼系厨二病」
  • が、根はまともな人格で、攻められるとすぐ素が出る
  • 服装はゴスロリなどの超常的なフリフリや、漆黒の衣装が多い。眼帯を付けていることも
  • 物語がファンタジーの場合、本物の超パワーを持ってることもある

各作品の中二病キャラ

女キャラ

これらの属性の嚆矢となったともいえるキャラ。項目を参照。
二人ともCVが内田真礼

  • めぐみん(この素晴らしい世界に祝福を!)
紅魔族のアークウィザードの少女。
強力な魔法力を秘めているが、中二病なので全ての能力を「爆裂魔法」一つに注ぎ込んでしまい、一発撃つとガス欠で倒れる残念な娘。
詳細は項目を参照。
CVは内田真礼(ドラマCD)/高橋李依(アニメ)。

  • フィッシュル・ヴォン・ルフシュロス・ナフィードット(原神
テイワット大陸の冒険者。
異世界「幽夜浄土」からここに現れた「断罪の皇女」フィッシュル…
という設定の小説の主人公を自分だと名乗っている残念な娘。
テイワットには本当に異世界から来てる存在や本物の神がいるので立場がない。
崩壊3rdの解説動画でオットーと会話した時も普段通りで、崩壊世界のアニメファンには『アラハト・零』で登場するフィシュリーナのコスプレとしか思われていない。
CVは内田真礼

空の世界を旅する作家。魔物を描く「魔物絵師」だが耽美絵師(BL作家)を目指している。
成人済みで「元:中二病」であり、どちらかというとオタク女属性や腐女子属性が強いが、
興奮するとオリキャラが出現するなど、中二病時代の人格が出てくる。

  • 魔璃(ドリームクラブ)
眼帯が特徴的なホストガール。通称マリリン。
スタイルが良く妖艶で落ち着いた色気を身にまとっているが、口を開くと終始厨二設定で会話が進む。
しかし出身地は魔界ではなく北海道と普通に教えてくれる。
CVは石毛佐和。

男キャラ


主人公である東京電機大学1年生。自称「狂気のマッドサイエンティスト 鳳凰院凶真」
素の人格は普通に気遣いのできるイケメン
実際のところ、設定だけではなくストーリーの鍵を握る重要な能力を持っていたり。
CVは宮野真守

悪の秘密結社『ダークリユニオン』と戦うヒーロー『漆黒の翼』、という脳内設定を持つPK学園の2年生。
右手に赤い包帯を巻きつけており、これにより普段は力を封印している、ということになっている。
素の人格は照れ屋で内気であり、何かにつけて赤面する場面が多い。虚弱体質。
CVは江口拓也島﨑信長(アニメ版)。

本作に登場する子世代の一人。
何かにつけて新しい武器や必殺技の名前を考えるのが趣味。
といっても剣と魔法のファンタジー世界である本作にあって普通に活躍できる実力を持つ。
特別な血筋を持っていたり強力な特殊能力を継承することもできる。
CVは高橋英則。

女神によって現実世界から異世界へと召喚された勇者の一人。もちろん本名ではない。
女神から与えられた「聖剣グラム」の絶大な力のおかげもあるが、第一線で活躍する実力を持つ。
主人公ではないのでなかなか理想通りにはいかないが、腐るでもなく主人公や困っている人のために力を貸してくれる好青年。
CVは石川界人


追記修正をお願……くっ、力を抑えられない…!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年04月30日 23:01