アバゴーラ

登録日:2011/09/19(月) 13:26:26
更新日:2020/02/15 Sat 23:55:00
所要時間:約 4 分で読めます





■データ


全国図鑑No.565
分類:こだいがめポケモン
英語名:Carracosta
高さ:1.2m
重さ:81.0kg
タマゴグループ:水中1/水中3
性別比率:♂87.5♀12.5

タイプ:みず/いわ
特性:がんじょう(一撃必殺技が効かず、HPが満タンの時に瀕死になるダメージを受けてもHPが1残る)
  :ハードロック(自分の弱点タイプを受けた場合、倍率を0.75倍にする(2倍→1.5倍 4倍→3倍に))
隠れ特性:すいすい(天候が雨の時、素早さが2倍になる)

種族値
HP:74
攻撃:108
防御:133
特攻:83
特防:65
素早さ:32
合計:495

努力値:防御+2

プロトーガがレベル37で進化


■概要


海と陸地で生活する水陸両用のポケモン。
なお、すでに絶滅した古代のポケモンである。

凄まじいパワーの持ち主で張り手でタンカーの壁面に穴を開け、餌も周りの岩ごと噛み砕いて食べる。
図鑑説明で思いっきり人間の生活に被害を出してるような気がするが大丈夫なのだろうか・・・
こいつ以外にもブロスタードラミドロもタンカーを破壊できる力量を持つ。
タンカーが何したっていうんだ。

進化前のプロトーガはブラック・ホワイト両作共に古代の城で貰える「ふたのかせき」を復元することで入手できる。
同じく化石ポケモンであるアーケオスとは選択入手であるため、両方欲しい場合は友達に頼む必要がある、居ない?GTSがあるじゃない。

「はねのかせき」からある程度タイプや形態が分かるアーケオスに対し、
どんなポケモンが復活するのか全く検討が付かない「ふたのかせき」から復活するため、選ぶ際に迷ったプレイヤーも多いはず。


トレーナーではNシズイが使用。
特性はどちらもがんじょうなので、『かたやぶり』の特性を持っているポケモンで挑みたい。


■対戦でのアバゴーラ


カメポケモンらしい防御と攻撃が高く、素早さが低い典型的重戦車型アタッカー。特攻もそこそこにあるので両刀も可能。
特防は高くは無いが、弱点でも『がんじょう』で一回は耐えられると思えばあまり気にならない。

しかし鈍足とはいいながらも強力な積み技「からをやぶる」を習得できるため、最速であれば115族まで、無補正最速でも100族まで抜ける。
……殻を破ったカメってどうなんだろうか?
実装当初はアバゴーラしかいなかったが、世代が進むごとに着々と数を増やしているので、ポケモン界ではアリらしい。
ドダイトス「おかしいだろjk」カジリガメ「そーだそーだ」

攻撃技に関しては物理であればメインウェポンである「たきのぼり」や「ストーンエッジ」「いわなだれ」を筆頭に、
サブウェポンにも相性の良い「じしん」「かみくだく」や頑丈と相性の良い「じたばた」を覚え、先制技として「アクアジェット」も覚える。

特殊技に関しては水タイプらしく「ハイドロポンプ」や「れいとうビーム」を備えるほか
高威力・高範囲の「きあいだま」や追加効果が発動したらおいしい「げんしのちから」を覚えるが、前者は命中率、後者は素の威力の低さが難点。
ただ、「げんしのちから」はタイプ一致補正のおかげで威力90・命中100の安定した岩技として使える。

補助技に関しては自身の抜き性能を大幅に向上させる「からをやぶる」が特徴的。これによって抜ける相手や倒せる相手を大幅に増やせる。←諸刃モードではない
特性の『がんじょう』と合わせることでほぼ確実に積むことが可能で、素早さが足りなくても前述の「アクアジェット」で突き崩すこともできる。

防御・攻撃を上げ、素早さを下げる「のろい」も習得可能。攻撃と受け性能を両立させられるのでこちらもおいしい。
素早さは元から低いのでそこまでデメリットでなく、やはり「アクアジェット」で補える点も優れる。
他にも「てっぺき」を覚えるがただでさえ防御が高い上、特殊型に対しての受け性能が上がらないのはきついか。
しかし「のろい」や「てっぺき」を使うにしろ弱点の多さが気になるところ。幸い特性「ハードロック」で弱点ダメは軽減出来るが過信は禁物。

また、五世代の新技「ワイドガード」も覚える。
ダブル・トリプルバトルにて相手が「じしん」や「なみのり」などの全体技を使ってきたときに味方を守れるので扱い方によって試合の流れを大きく左右する可能性がある。








アバアバアバアバアバゴーラ!
僕らの正義はは ただ一つ!



追記・修正をしてくれたあなた………うろ覚えで忘れないわ…

この項目が面白かったなら……\ポチッと/