しんか(ポケモン)

登録日:2011/08/13(土) 23:02:35
更新日:2022/08/16 Tue 13:20:01
所要時間:約 9 分で読めます





(冥ω殿)


…… おや!?      
めいでんの ようすが……!



ポケットモンスターシリーズのシステム。

様々な種類のポケモンのその多くは下記の条件を満たした場合に別の形態に変わる。複数の形態に進化できる可能性も。
殆どの場合はステータスが強化されるが、一部のポケモンはタイプと特性が変わるので、すばやさ等が落ち*1、覚える技が変わることも多い。

進化条件を大別すると「レベルアップ」、「進化の石」、「通信交換」、「その他」の4つ。
フォルムチェンジとは違い、進化すると進化前に戻れないので、進化させたくない場合には慎重に。

上記の説明からすると生物学上の「変態」なのだが、ポケモン世界では誰かがを用いた「進化」が定着したらしい。*2
後に 変身と近いものや本来の意味での進化に近いものも登場した。

なお、ポケモン世界では「世代交代が積み重なるうちに、生物の形態や生態が変化していく現象」を何と呼ぶのかは謎。ミュウの図鑑説明に「全てのポケモンの祖先と言われている」という説明文がある事を考えると、「世代交代が積み重なるうちに、ポケモンの形態や生態が変化していく現象」が起こっている学説はあるようだが…


〇レベルアップ型

一番ポピュラーなもの。殆どのポケモンはこれ。
ポケモンごとに決められた進化レベル以上に達すると、戦闘終了後に進化する。『ふしぎなアメ』を使っても可能。
なおこの際、進化するまでのアニメーション途中の間にBボタンを押すことで進化キャンセルすることができる。
また『かわらずのいし』を持たせていれば進化することはない。
因みに、一部のトレーナーのポケモンや野生のポケモンは、進化レベルに達していない状態でも出現することがあり、
特にワタルゲーチスといった主要トレーナーのものは有名で、よくチートと揶揄される。

進化時にレベルだけでなく特定の条件が必要なものもいる。

また、一部のポケモンは進化レベルとは関係なく、特定の条件を満たしている時にレベルアップすることで進化するものもいる。

ただし、この型の場合進化すると多くはレベルアップでの技の習得レベルが遅くなる。50レベル同士の対戦を目標とした育成等の場合は特に気をつけよう。
なお、レベルアップ進化をさせずにレベルを100にしてしまった場合、第7世代までは進化ができなかったが、第8世代では『ふしぎなアメ』を使用して進化できる。



〇進化の石型

特定のポケモンに、決められた進化の石を使うことで進化する。
石さえ確保できれば手軽に進化させられるが、この型の場合だとレベルアップで覚えられる技が殆どなくなってしまうことが多いのに注意。
また、エルレイドユキメノコは性別が限定されている。

現在進化の石は『リーフのいし』『ほのおのいし』『みずのいし』『かみなりのいし』『つきのいし』『たいようのいし』『ひかりのいし』『やみのいし』『めざめいし』『こおりのいし』の10種類がある。
因みにピンプクの進化に必要な『まんまるいし』は、持たせた状態でレベルアップすると進化するため少し違う。
また『ソード・シールド』では『いし』ではないものの、石シリーズ同様に直接使う道具として『すっぱいりんご』『あまーいりんご』『われたポット』『かけたポット』『ガラナツブレス』『ガラナツリース』が存在する。



〇通信交換型

特定のポケモンを通信交換した場合、交換先で進化する。
進化の為だけに交換する場合、進化後にもう一度交換して戻すことになるが、騙し取られたりしてトラウマになった小学生もいたはず。

またそもそも、

通信相手がいない場合、進化させることができない。

永久に進化できない。
大事なことなので(ry

            , -‐-、  , -─- 、._
           ./    V       `‐- 、      ふざけるなっ……!
         /                   \
      ./                    \   ふざけるなふざけるなっ……!
      /            /vヘ              ヽ、
.       l            /、 -\  l\ .i,      l  ゴローニャ、カイリキー、フーディン、ゲンガー……!
     |        /、..\ ‐--\|-'\|\l`、    l
     |       /.  \..\__    ,/./\l\|  まだイジメようってのか!
     |    __   /____\.__|    |./____」.
     |   ./‐ヽ┼|    ==== ̄ | ̄ ̄| ̄====  | オレたちみたいなぼっち逆さにふって
.       |  |.|-、|..| |   (    o  | ̄ ̄|. o    ) .|
.      |  |.|‐、| |..\__ ` ‐u-__ イ:   lヽ_ u-‐' ,ノ  まだイジメってのかよっ!
.     |  |.l_(.|.|     ̄ ̄  l:::     l  ̄ ̄ |
       |  ヽ-'/l   /___/ l_:::    _l l.___ヽ.| いい加減にしろよ いい加減その……、
      |    / l / /  , -- 、.``‐-‐'´_____ l
     │  ./  ::l. /  /- 、__ ̄ ̄ ̄ __l/.l   通信で進化って考え捨てろよっ……!
.     /|   ./.   :::l.  |______ ̄ ̄ ̄ _/ .|
   / :::::|  /   ::::l  \_     ̄`Y´ ̄ / .|    やめるぞっ…………!
. / ::::::::::::|. /    ::::l     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |\
:|::::::::::::::::::::|/       :::::l.   l.  l  l. TTT l l.__,l:l::::::  あんまり無茶言うと、
|:::::::::::::::::::::|\     ::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄:::::::::|::::
::::::::::::::::::::::|  \    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::|::  オレたちは皆 ポケモンをやめるっ……!





ただし、最近ではWi-fiに繋げられるならGTSに預け、交換不成立で戻ってきた場合にも通信交換進化が起こるため望みはある。
この場合にも、まったく交換できない条件をつけておかないと取られてしまう場合があるため注意。
こういったことをスムーズに行うため、主にニュース速報VIP板*4の間では「FR版のダブルスロットでのみ登場するレベル4ビーダルを預け、レベル4ビーダル同士で交換する」ということが行われた。
ビーダルの理由は「レベル10未満のビーダルは地味に入手性が悪い」「ビーダルを1匹持っていれば3分もかからずに本来の通信進化を終えられる」という合理的な理由に加え、「ビッパとVIPPERの響きが似ている」というネタ的な旗印にもなるという非常に優れた性質を持っていたため。
プレイヤーも知恵を使うのである。

が、この仕様も第5世代以降は無くなった。第5世代以降はふたつのロムを用意しなければ1人で通信進化を行うことはできない。
一応、GTSを経由すれば自分のロム同士で通信交換出来るのがせめてもの救い。
が、これもGTS上の交換では進化しなくなった第8世代では不可能になった。無慈悲。

なお、Pokémon LEGENDS アルセウスや「不思議のダンジョン」ではアイテム使用で進化になっている。「レジェンドアルセウス」で通信交換で持たせる道具は「進化の石」と同じような扱いになっている。道具なしの通信交換でも進化するポケモンは「つながりのひも」を使用する事で進化する。

単純に交換して進化するものと、特定のアイテムを持たせて交換することで進化するものがいる。
また、シュバルゴアギルダーの場合は、カブルモとチョボマキとを交換した場合でのみ進化する。
これは、チョボマキが殻を脱ぎ捨て、カブルモがその殻を身に付けたという設定。
別にチョボマキは勝手に捨てればいいだけとか言わない。

この型の場合は、進化してもレベルアップで覚える技にはあまり変化がないことが多い。

余談だが、通信交換で進化するポケモンは元々は敵専用で主人公が入手することはできないはずだったらしい。*5
だが、それでは不公平だということでこのような(ぼっちにとって)厳しい進化条件が付加されたそうな。
こういった要素のせいで通信が必須なゲーム性だったポケモンの爆発的なヒットによって、ゲームボーイの通信機能が一気に注目を浴び、ゲームボーイの派生ハードの売上に非常に貢献した。
一時期「任天堂の看板がマリオからピカチュウになりかけた」というジョークや都市伝説が流布しているのもあながち間違いではなく、そうなったらもしかしたら総理大臣もピカチュウかサトシのコスプレをしたかもしれない。
だってほら。友達とか兄弟姉妹がいなくても自前で2つ用意すればよい。子供には財力の関係で難しいかもっしれないが。


〇その他

上のどれにも当てはまらない特別な進化。
『アメざいく』を持たせて主人公がその場で回転する。成功するとバレエのように回転した後でリザードンポーズをとる。

一度のバトルで攻撃を3回以上急所に当てる。

  • ガラルデスマス → デスバーン
    1. 累計49以上のダメージを受ける(ひんしになるとリセット)。
    2. ワイルドエリアの「砂塵の窪地」に行く。
    3. アーチ状の岩の下に行く。

反動技の反動ダメージの累積が300を超える(ひんしになるとリセット)。


ナナカマド博士曰くポケモンの90%が進化するらしい。
ダイヤモンド・パール』ではジバコイルやドサイドンなどの、既存のポケモンから進化する新種が多く初登場した。
となるとこの子この子達にもいつか希望の光がさす……かもしれない。
しかし第5世代では既存ポケモンに新しい進化先が発見されず、以降も新進化が追加されることは少ない。
おそらく第5世代で登場した『しんかのきせき』が強力すぎて、迂闊に追加できなくなったものと思われる。

また、『サン・ムーン』から新たに登場した「リージョンフォーム」を進化先に持つポケモンは、
アローラ地方で進化条件を満たすと、出身地に関わらずアローラのすがたに進化する。
第7世代で通常の進化形を手に入れたい場合、『US・UM』でウルトラワープライドの先の世界で進化させる必要がある。


実際にどのようなプロセスで進化しているのかは長らく不明であり、ゲームでは画像がそのまま変化する、光に包まれて戻ってきたら進化している、などであり、アニメでは光のシルエットとなってから輪郭が変化→光が消えたら進化している、とプロセスはぼかされていた。

アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』で初めてこのプロセスが明確化されており、光に包まれたポケモンの変化の過程が正確に描かれた。
むしポケモンは羽化、それ以外はいわゆる「変身」に近い変化を遂げている模様。



おめでとう! めいでんは
アネ゙デパミ゙に しんかした!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年08月16日 13:20

*1 種類ごとの種族値が進化により変わるため

*2 初期の学会では「ポケモンの形質変化を進化と呼ぶべきではない」として論争もあったという。

*3 戦闘中の天候ではなくフィールド上の天気

*4 Yahoo!きっずの人気投票でコイルに組織票を入れた人々

*5 ただし、ゴローニャを通うトレーナーは第一世代にはいないので、青版の交換イベント以外では見ることすらできない。