シキコーザ > コメント

  • 彼のおかげでダームエルの人生は大きく変わった。良くも悪くも - 2017-04-17 23:46:02
  • 一発で露見する、あまりにも残念な名前の人その① (2018-10-02 12:58:20)
    • ヨナサーラ様の悪口はそこまでだ(その②感) シッカーク?知らない子ですねぇ (2018-11-13 21:31:00)
    • 雑魚騎士(ざこきし)のアナグラムかー。シキコーザ (2020-06-21 17:14:55)
  • 確かに石黒版のフレーゲルっぽいやつやな。新規版フレーゲルはまた違う感じっぽいが。本好きアニメがもし二部までやるなら声は二又さんだといい (2019-09-22 10:30:10)
  • アニメ版 出演おめw (2020-06-13 11:44:37)
  • こんな奴でも卒業できる貴族院のヤバさ (2020-06-14 12:43:43)
    • 政変のせいで国家規模で人材不足・魔力不足になって、こんな奴ですら採用しないといけないほどヤバイ状況なんだよ (2020-06-14 15:23:36)
      • ぶっちゃけ貴族院卒業に性格は関係ないからな…騎士コース受講して卒業すれば騎士になれるだろうし魔力は関係ないと思うよ (2020-06-14 19:52:59)
  • こいつが暴走しなければその後の事件もなかったかも? (2020-06-15 15:03:32)
    • シキコーザの処刑とビンデバルト伯爵の事件は因果関係が無いし、その後の事件も黒幕は全てゲオルギーネであってダールドルフ夫人が何もしなくても別の人間がやってただけ。 (2020-06-15 15:51:18)
  • この人の魔力ってどの程度?そもそも青色神官に落とされるレベルなのに、復帰して中級貴族だしね、設定ミスかな? (2020-06-15 15:11:09)
    • 魔力が家格に足りてても神殿ってのもありえるから何もわからんぞ。 (2020-06-15 15:13:46)
    • 魔力が中級に必要な基準値を満たしてなかったのは、確定的に明らか(グローリエのページ参照)。下級貴族に養子に出す選択肢もあったことから下級貴族としての基準値は満たすのだろう(下級の上~下どの辺なのかは分からない)。中級貴族家生まれの子が特例で貴族院入学を認められたのだから、中級貴族で扱われるのは問題ない(ツェントの許可が出てるのだから)。魔力圧縮でギリギリ中級ラインに届いてればいいけど、卒業後も中級に満たない魔力のままだと後ろ指さされそうで辛い人生ではある。 (2020-06-15 15:59:15)
      • 次代の子を産む女なら養子の貰い手もあるけど男だと養子も難しいということだからね。魔力が基準に満たないことは稀にあるらしくそれが何代か続くと降格らしい。かといって魔力が低いと結婚相手も似たようなレベルからになるので次代も厳しいという。逆に何代か上の基準以上の子が続くと昇級出来るとか。 (2020-06-15 16:35:52)
        • 当主とその子供の魔力が下がり続け、(血縁等から)養子を取る事もなく、家としての魔力が基準値を満たさなくなれば貴族としては取り潰しになる(明確に何代続けば…という基準があるわけではない ふぁんぶっく4)。家格を1ランク上にあげるには、3代以上安定して一つ上の階級に相応しい魔力を示す必要がある(ふぁんぶっく1)。 (2020-06-15 17:15:50)
      • 文句なく中級レベルの異母兄・イェレミアスを廃し、「下級並みのシキコーザをギーベ・ダールドルフにしよう」という陰謀が母親とヴェローニカの間で進んでいた。ヴェローニカがいかに貴族の常識を無視し、横暴に振る舞っていたかがよくわかる…。 (2020-06-21 21:16:02)
    • 「中級貴族にも関わらず下級程度の魔力しかない(書籍第二部Ⅲプロローグ)」ので貴族院卒業後も本来の中級貴族には届いてない、経験がない・魔力がない事を理由に護衛業務を命じられたので、下手するとダームエルとどっこいどっこいの魔力?(まさかこの年の新人騎士が2人しかいなかったとは考えにくい) (2020-06-21 21:53:57)
      • 同級生騎士にランプレヒト(上級)・ブリギッテ(中級)がいて、城配属だったはず(ブリギッテは帰省中だったかも?)。魔力的にはダームエルとどっこい、座学ではダームエルが勝っていたので余計にひがんでいたのでは? (2020-06-21 22:07:48)
  • この人は重度の軍規違反ではあるけれど、処刑されるほどの軍規違反だったのか?現代的な価値観だとどうなるの?営倉行きの軍から不名誉除隊?やはり銃殺? (2020-06-22 11:16:31)
    • 渡米した法王に護衛のはずのSPが突然銃を向けたようなものだから、その場で射殺されても文句は言えまい。国の威信と信用に傷が付く。 (2020-06-22 11:32:34)
    • 命の重さに対する考え方が全く違うから、現代価値観にあわせること自体難しいかと。 どちらかと言うと、古代~中世社会において、王族の命に違反した人間の末路と理解した方が良い気がする。 (2020-06-22 14:26:23)
    • 便乗して例えるなら、法王から預かった「ワレモノ天地無用」のとても大切な品をブンブン振り回して蹴っ飛ばした…てとこかね?現代でも処刑までいかなくても、怒られる処じゃすまない。 (2020-06-22 14:42:40)
    • 繊細な高性能高額兵器の実戦投入前の警備を任されていたのに、それを故意に蹴飛ばしたことで暴発、自陣に直撃するところだった。おまけに暴発を警告も報告もせず、その場から保身のため逃亡した。現在でも作戦従事中の敵前逃亡は重罪だったはず。 (2020-06-22 16:23:45)
    • シキコーザって公式発表は殉職扱いじゃなかったけ?処刑だと家族まで罪を被る事になるからアウブと父親が取り引きしたはず (2020-06-27 11:33:09)
      • 家の跡取りにしたかったのは母親だけで、他の家族からは厄介者と見られていてアウブが処分してくれる分には文句が無かった事も原因かも? (2020-06-27 11:40:02)
        • 家を見逃してもらったうえ当事者の名誉まで守ってもらえるとか破格の待遇。仮に後継ぎ予定だったとしても断る理由が全くない。 (2020-06-27 20:31:56)
  • 政変後に上手いこと神殿を抜け出して還俗できたので、神殿長からは妬まれていた (2020-06-23 14:03:58)
    • 貴族としてガンガン働くよりも、儀式以外はニート生活して女を侍らせて飽きたら変える青色神官生活のほうが楽そう (2020-06-23 14:41:07)
  • この時点でマインは平民で転生知識バレしてなくて価値が正しく判明してなかったのにシキコーザが処刑されたってことは、騎士団での命令違反はかなりの重罪って事か (2020-06-27 06:48:39)
    • それはそうだろう。指揮系統がしっかりしていて、命令が徹底されないと、戦闘中に人死にが山ほどでる。 加えて、領主候補生(フェル)の命令に違反したのだから、反逆罪的なものも追加される。 (2020-06-27 08:45:26)
      • フェルディナントがいなければマインが全ての罪を被らされてたみたいだしそうっぽいな。 (2020-06-27 09:04:40)
        • その場の指揮権がどこにあるのかって話だから同じ命令出してたとならカルステッド他が指揮官でも同じだぞ。任務放棄・利敵行為・騎士団の名誉を汚したのが主問題。 (2020-06-27 20:40:27)
          • 理論的にはそうだが、カルステッドはヴェローニカの押しに弱い。フェルディナンドがいなければ、ジルヴェスター共々妥協させられて罰金刑だけでシキコーザは処刑を免れる事態はあり得た。だからこそ、フェルディナンドの尽力・マインをエーレンフェスト強化に役立てようとした戦略は尊い。 (2020-06-27 22:00:53)
          • web版のトロンベ討伐の後書きに「フェルディナンドがいなければ全てマインのせいにされていたでしょう」と書いてある (2020-06-28 03:21:48)
            • カルスティッドはそもそも現場を見てはいないし、ダームエルもカルスティッドの一度目の要求に対して黙秘してたからね。またマインも騎士団というか貴族の常識に関して不信感持ってたからフェル様がいなければ言い出せなかったし…騎士団長より上位の領主一族たるフェル様が要求しなければダームエルも言い出せなかっただろうからねえ (2020-06-28 06:36:10)
  • 神殿上がりだから騎士団内で馬鹿にされててストレス溜まってたんだろうな (2020-07-06 13:37:02)
    • シキコーザは魔力量や戦闘技術は下級貴族の末端のダームエルより酷いかもしれない。ダームエルは政変前から騎士を目指す事を許されてる騎士見習いの身だったから従来の騎士団に入るボーダーの魔力は持ってそう。 (2020-07-06 22:08:23)
      • 中級には足りないけど下級なら十分だったはずだが、それはあくまでも洗礼式時点での話だからな。早いうちに魔力圧縮を学んでいたら洗礼式時点での魔力量に見合うぐらいまでは伸びただろうが、成長期の途中から貴族院に入った特例措置組は当然その分だけ伸び代も少ない。それでも下級の下の方と比べたら魔力量だけならわからんがそれ以外の技量はきっちり学んだダームエルが上だろうからな。 (2020-07-06 22:50:36)
      • トロンベ騒動で一緒に護衛していた時のダームエル(下位下級レベル)比較だと勝って、12年春のダームエル(同性代の平均的な中位中級レベル?)比較では負けるというレベルな気がする。 シキコーザはダールドルフ家(推定・上位中級レベル)の家格に合わなかったというだけで、(洗礼時の)下位~中位中級レベルはあった可能性はあるし。。。 (2020-07-07 06:16:53)
        • 〇同世代 ×同性代 (2020-07-07 06:18:01)
        • andake (2020-07-07 10:27:01)
        • 失礼… あんだけシキコーザにこだわり続けたグローリエをしても家の子にできなかったんだから中級貴族の下限割り込んで下級貴族な魔力しかなかったと考えるのが妥当 トロンベのときの癒やしの儀式もあまりにしょっぱすぎる (2020-07-07 10:29:44)
          • ダールドルフ子爵はヴェローニカに名捧げしている人間で、グローリエはゲオに名捧げしている第二夫人なのだから、ヴェロはダールドルフの意志の方を尊重するかと。 なので、第一夫人の子が能力的に全く問題ない以上、グローリエが何言おうが、慣習通り、家格に合うかどうかだけで判断されると思うよ? (2020-07-07 19:21:23)
            • でもって、子爵家はギーベだし、ガブの側近を母系に持つから、家格的には上級に近い上位中級になっていると思われる一方で、基準はあくまでも「家格(≠上中下の三分割階級)」だから、中位中級でも下位中級でもNG判断されると思う。 中級も幅広いからね。 ローデリヒレベルからマティアスレベルまで。。 (2020-07-07 19:22:01)
              • 「家格(≠上中下の三分割階級)」←こんな本編にもふぁんぶっくや作者コメント返しなどにもどこにも出てきてない個人の妄想を語られても知らんがな、としか 作者が上級中級下級の三種類の意味以外で「家格」という言葉を使っていた記憶一切ないけどね (2020-07-07 19:31:37)
                • 家格と階級で言葉をわざわざ使い分けている段階で、階級と家格は完全合致と断言できないよ。少なくとも同一階級内において「家が下位」という言葉は本文内で使用されているし、同じ階級内でも身分差や魔力差があることも描写されている。  <「私の家は下級貴族でも下位で」(第137話) 「わたくしが一番下の下級貴族」(SS10話) 下級に近い中級貴族(ローデリヒ:SS43話、第534話、ライムント:書籍版第四部VI特典SS)、上級に近い中級貴族(第534話)、(魔力的に)領主に近い上級貴族(第242話)、コルネリウスの方がハルトムートより身分が上(第533話) (2020-07-07 21:16:10)
              • 最終的に洗礼式で棒を光らせられるかどうかの判断しかないのに、個別の家の家格なんて関係ないだろう。あの棒を領主一族含めて4段階(or4本?)以上用意してるとも思えない。 (2020-07-07 20:45:15)
                • 階級とは言わず、家の格と言っている。ついでに洗礼式前にある程度選択がなされている。 「その家にふさわしい魔力がなければ、洗礼式前に格下の家に養子に出されたり、神殿に預けられたりするからな。」(第166話/第二・第三夫人の子を洗礼式前にお披露目しない理由の説明)、家の格に相応しくないほど魔力の少ない子供は、格の低い他家へと養子に出されたり、神殿に入れられたりする(第261話) 洗礼式で魔力を量る魔術具を光らせることができれば貴族ですし、その家の格に見合う魔力がない場合は平民扱いになります。(ふぁんぶっく4Q&A) (2020-07-07 21:51:54)
                  • 魔術具に関しては同じ疑問を抱いたことがあるのでむしろ仕様詳細を知りたい……。(その場で家格に応じて閾値設定が可能な優れモノなのか、事前に家格別にチューニングされているのか) (2020-07-07 21:56:56)
                    • 神殿で管理している魔術具っぽいが、買収や嫌がらせで青色達がすり替えたり壊したりという事件が起きやすそうでスリリング (2020-07-07 23:51:53)
                  • 階級=格と単に日本語の言い回しの違いで、その辺の文章も全部置き換えて読めるし、読んでたよ。「うちは中級の中位~上位だから」って、家が裕福で、階級の足切りをクリアできる(最終的にと書いたのは事前見込みも含むって意味ね)から外聞的に問題がなくて、味方にも駒にもできる子供をわざわざ親が捨てるような理由が家督争いを避けるとかの特殊事例以外に思いつかない…。実際は中級下位の魔力量だと子供本人が将来少し苦労するかもしれないけど、結婚の釣り合いもそれくらいの差じゃ大して問題にならないし。 (2020-07-07 23:07:02)
                    • むやみに子供を増やすと家督争いの種にもなるからな。この辺エーレンはどういう風に処理しているのかわからんけど。無制限に分家を作れるわけでもないだろうし貴族だからこその口減らしってあるのよ。 (2020-07-07 23:19:25)
                    • 同一階級でも身分差があったり、家の位差があったりする描写があるから、家の格〇~△は上級、家の格△△~◇◇は中級、家の格□~×は下級と捉えている。代々ギーベ(男爵)の下級と代々下っ端文官の下級の家の格が同じとは思いにくいし……。 魔力量の少ない子供が沢山生まれたと申告し続けると家の階級が下げられる可能性があるから……魔術具不足や後継者争い以外でも伏せる可能性はあると思うよ? (2020-07-07 23:45:47)
                      • ついでに言えば、ギーベ(子爵家)の家の後継者としてローデリヒクラスも中級内だからOKとしたら、子爵領の魔力運用が破綻する気がするし……。領地から「家に対して」任せられている魔術具や職責に応じて、後継者になりうる子供に要求する魔力量が変わってもおかしくないかな?とも思う。 (2020-07-08 00:08:26)
                        • 家格に足りない子供を生み続けるのは親自身が家格に足りてない事になっちゃうから無理筋だと思う(それかよっぽど魔力注ぎが下手か…?w)。後継者に見合う子供をまた生めば良いし、魔術具は用意できる状態を前提とするなら、魔力低めの子を他所に出す判断基準としてその細かい格に足りないからってなんか今ひとつしっくり来ないかな… (2020-07-08 01:12:57)
                          • 第二夫人、第三夫人って、家長より魔力的に下の女性を娶っている印象があるかな。(カルステッドの家なんかは特に)  なのでその子供を全員、下位の階級でなければ認めるとしていたら、父親の代の家の魔力より低い魔力の子供の割合が大きくなりそう。 魔力低めの愛人的立ち位置の第三夫人の子供や、派閥調整や外部圧力で迎えた魔力低めの夫人の子が後継になって、家の魔力をどんどん下がらないように、家単位で基準を設ける慣習があるというのはあり得ると思う。 (2020-07-08 06:30:59)
                            • つまり、家長が色ボケだったり、外部圧力が強かったりしても、家として魔力低下が起こらないようにする、セーフティネット的な慣習という感じで。 魔力だけではなく、個々の夫人の背後勢力の違いで後継者が決まるケースも多々あるみたいだから。。。 (2020-07-08 06:45:20)
                • 563話に「年齢によって魔力量は増えるので、規定の量も変わる」とあるぞ。生まれてすぐから洗礼式まで毎年計測するなら、4種類が年齢ごとに7歳分計28種類あることになる。中級貴族の3歳児が上級2歳の基準を超えているから上級並みとはいかなくても中級にしては魔力が高めとかそういう判断はできるはず。そもそも貧しい家庭だと基準点を超えていても下働きや神殿送りにされるケースがあるだから階級ごとの基準点以外にも魔力の大小を比べる手段がないとおかしい。 (2020-07-07 22:05:30)
                  • 洗礼式で使用する魔術具と、洗礼前に魔力を図るのに使用する魔術具は別物だと思うよ? 洗礼式の魔術具は適性が分かるけど、それ以前は分からないみたいだから。(第242話) 多分、第155話で登場した魔術具を使って、変色した魔石の数で判断しているのではないかな? (2020-07-07 22:23:43)
                  • 洗礼式で棒が光る魔術具と、年齢年齢で魔力量を測る魔術具はまた別のものだから、洗礼式で使う棒の魔術具は洗礼式年齢の家格基準の3か4通りあればいいだけ 貴族として認められるための洗礼式やって魔術具光らせられませんは恥ずかしすぎるので、洗礼式やるより前に量を測る魔術具で足りてることたびたび確認する(220話) (2020-07-07 22:25:52)
                    • うーん議題の趣旨がゆれているな。棒を光らせることができないのなら洗礼は受けられないけど、光らせられるなら確実に洗礼を受けられるわけではない。最も魔力の高いものを残して後は下働きや養子や神殿送りというのは珍しくない。そういう意味で言うなら「最終的に洗礼式で棒を光らせられるかどうかの判断しかない」というのが間違い。棒を光らせられるとしても当主がこの家の子としては少ないと判断したら洗礼式で棒を光らせる機会すら与えられない。 (2020-07-07 22:43:07)
                      • そのぶれ?は、「(青色及び貴族の家の下働きの)身分は貴族も平民もいます。青色神官や青色巫女は~(省略)~神殿へ入る前に洗礼式をして家とのつながりを明らかにします。その際の洗礼式で魔力を量る魔術具を光らせることができれば貴族ですし、その家の格に見合う魔力がない場合は平民扱いになります。」(ふぁんぶっく4Q&A)の解釈をどうとるのかだと思う。  青色業務ができるのだから少なくとも魔力無ではない。なので魔力有無判定しかしない、1仕様しかない魔術具だったら、青色は全員貴族となる筈。でも家格にあわなければ平民とある。 そこから、魔術具は家格に応じて光る閾値を変えると考えるのか、光らせた上で魔力量で切り捨てられていると考えるのか。 そこでまず意見が分かれるのかと。 (2020-07-07 23:27:16)
        • 子爵で伯爵よりも一段落ちる家格、なおかつそれに合わないということは、下級貴族相当の魔力を意味するだろう。おまけに貴族院の座学では、ダームエルの方が優秀だっただろうな。 (2020-07-07 12:23:07)
          • フェルディナンドがおそらくはシキコーザを指して「今の騎士団は政変の影響で、従来では入団出来ないような者も在籍してる」と言ってたくらい (2020-07-07 14:36:09)
            • 基準が高いとか厳しいとか言われるフェルの言動で判断するのは難しいと思う。。。 嘘はついていないけど誤解させる発言を、全く悪びれることなくいう人物でもあるし。 しかも貴族院の教育問題が発生していて全体的に質が悪いと言われている世代だから……(遠い目)<ダームエルもシキコーザも (2020-07-07 19:29:34)
          • 中途ないし裏口入学したら身分的下位のダームエルに成績で劣ると。そりゃ目の敵にするだろな。身分しか勝てないから身分差をわきまえろとか言うのかもしれん。 (2020-07-07 18:30:15)
            • 洗礼式時点の魔力量はシキコーザが大きく上だっただろうし、ちゃんと10歳で貴族院に入学していれば成長期をフルに使って魔力圧縮もできたし勉強時間も取れるから成績も上だったと思い込んでいるとしたら神殿にかかわることは気に入らないわな (2020-07-07 20:33:11)
              • 洗礼式の段階で魔力量が足らないから下級の養子すっ飛ばして神殿に入れられたんやろ (2020-07-07 21:53:17)
                • 養子に出すより、神殿の方がマシと、グローリエが言いはったのかもよ? 洗礼上の親になる人物に唯一の子をとられたくない、神殿なら自分が直接目をかけられる、場合によっては引き取って手元におけるとかいう、子離れできない母親的心境で。 <養子に出さなかった理由。 勿論実態は知らないけど。 (2020-07-07 22:04:45)
                  • 女なら養子の引き取り先は見つかるが男だと難しいということだからな。 (2020-07-07 22:11:47)
                  • 書籍3-4の書き下ろしエピローグでグローリエ自身のモノローグで確定的な本人の理由説明などあるからまずそれ読んでください グローリエ自身の考えに「シキコーザには中級貴族を名乗れるだけの魔力がなかった」(ギーベ・ダールドルフの家の格だなんだ不確かなことではない、中級貴族を名乗れないと名言されている)、神殿に入れた理由は「神殿長がヴェロの弟のベーゼヴァンスだから神殿に入ったシキコーザからベーゼヴァンスを通じてヴェロと繋ぎを作り、またダールドルフに魔力もたくさん融通してもらうという狙い」ともある (2020-07-07 22:19:17)
                    • ああごめん。その巻は手元にないから確認できなかった。 成人直後の、下級貴族の下位クラスのダームエル比較での魔力の大小関係は知らないけど(※)、ロゼマ式で圧縮し中級レベルになったダームエル比較の大小関係は確定だね。  ※ 貴族院自体のダームエルがどこまで魔力圧縮できてたか不明な一方で、シキコーザが下級貴族の範疇にはいる魔力量なのも確定なようだから(書籍版第二部IIIプロローグ) (2020-07-07 22:35:32)
                    • 女なら花捧げで魔力を融通してもらえそうだけど、シキコーザはベーゼヴァンスに何を提供出来たんだろう? (2020-07-07 23:56:46)
                      • そりゃあ、色でなければ金だろう。実家(グローリエ)から賄賂が貢がれてきたのでは? (2020-07-08 08:26:23)
  • 〇同世代 ×同性代 (2020-07-07 06:17:44)
    • つけ間違ったのでスルー希望・・・ (2020-07-07 06:18:33)
  • カルステッドとしては「多分必要無いと思うけど一応護衛をつけておくか。戦力減らしたくないから新人にやらせるとしよう。これくらいの任務なら誰にでも出来るだろう」と考えての命令だったんだろうな (2020-07-07 21:50:41)
    • まさか7歳の子守すら出来んとは思わんよな… (2020-07-07 22:43:34)
      • 実際シキコーザが余計な事をしなければ、その場でボケーっとつっ立ってるだけの簡単なお仕事だったよな (2020-07-07 22:54:42)
  • シキコーザの処刑は騎士団員達にとっては、「平民如きが原因で貴族が処刑だと?ふざけるな!」か「青色上がりのカスが余計な事しやがって!この騎士団の恥さらしめ!」かどっちの意見が優勢なんだろうか (2020-07-08 10:21:37)
    • 「フェルディナンド様の命令を無視し護衛対象を傷つけた恥さらし」だろ (2020-07-08 10:45:33)
    • 正式に契約を結んでいた訳ではないにせよフェルが庇護している人物だからね。平民だと考えるから差別的なバイアスがかかるけどモノが平民だろうと美術品や魔術具や魔石だろうと図式は同じ。領主一族が儀式に必要なので大きな魔石に魔力を込めて騎士団に預けたら、途中で意図的に砕きましたとか言われたら厳罰があっても仕方がない。ましてそのせいで魔木が生えて危険なことになったとなると表向きは名誉を守って殉職扱いは妥当だろう。貴族にあるまじき愚か者として魔力ポットにされても不思議はないレベルだし。 (2020-07-08 11:34:16)
  • 愚行のタイミングが、少ない人員での作戦行動中で、下手すると2正面作戦が必要になって戦死者発生の危険があった。これで激怒しなければ指揮官じゃないし、処分権限者は罰を下さねば収まらない。フェルが居なくて平民が罪を押し付けられたとしても、護衛者への何らかの処罰はあっただろう。 (2020-07-08 17:08:45)
    • 恐らくない…フェル様がいなければマインも質問のような形で言い出せなかったし…ダームエルは口を噤んでるから、当事者じゃないと何が起こったかわからない状態で処罰のしようがない…あったとしても処刑まではいかない…故意じゃないと言ってしまえばそれまでだし…それが通る世界だから (2020-07-08 19:53:23)
最終更新:2020年07月08日 19:53