灰色神官

灰色神官とは、神殿に務める平民の男性である。女性の場合は灰色巫女と呼ばれる。


対象

本ページの説明対象は、この背景色に分類される存在である。

神殿内組織階層
序列 分類 役職 呼称 性別 備考
1 青色 神殿長 神殿長 不問 神殿の長に就任した青色を指す。聖典及び聖典の鍵の管理者でもある
2 神官長 神官長 不問 予算や人事等の神殿実務の取り纏めに就任した青色を指す
3 孤児院長 孤児院長 不問 孤児院の長に就任した青色を指す
- 青色神官 (成人)男性 建前上は平等だが、実家の権力のよる序列が存在する

領主の示達により、貴族の身分のまま職務として配属されたものは、
貴族階級によらず、貴族院に就学しなかった青色よりも上位
青色巫女 (成人)女性
青色神官見習い (未成年)男子
青色巫女見習い (未成年)女子
4 灰色 筆頭側仕え 筆頭側仕え 不問 青色の側仕えの取り纏め。主毎に存在
5 側仕え 側仕え 不問 青色の側仕えになった灰色神官,灰色巫女,灰色神官見習い,灰色巫女見習いを指す
6 - 灰色神官 (成人)男性 神殿業務に従事する、成人後の孤児達
灰色巫女 (成人)女性
7 - 灰色神官見習い (未成年)男子 神殿業務に従事する、洗礼後、成人前の孤児達
灰色巫女見習い (未成年)女子
8 洗礼前 - - 不問 孤児院で生活する、洗礼前の孤児達

概要

他の仕事に就けない孤児たちの主要な就職先で、青色神官や貴族に仕えるため教育される。
神殿で、青色神官/巫女の従者や下働きとして、給料もなく奴隷のようにこき使われて働いている*1。衣食は「神の恵み」として青色神官/巫女からの下げ渡しの残りが平等に支給される*2(但し洗礼式前の子供は人とは認めていないので除外とする*3)。
灰色神官/巫女の服は神殿が費用を負担しており*4、裁縫系工房の冬の手仕事の一つとして作られている。年に一度支給され、成長してサイズが合わなくなった服はお下がりとして保管される。このため、見習い用の服は在庫が豊富である。*5
通常、青色神官や青色巫女1人に対し、3~5人の灰色が側仕えとして召し抱えられる*6
仕える主によって側仕えに求めるものが異なる*7為、側仕えに召し抱えられた後の教育や待遇は様々だが、
側仕えになると、部屋と衣を貰い、主と共に過ごし、主の食事の下げ渡しを一番に受け取る*8ことになるので、
孤児院で過ごす場合と、明らかに待遇が変わる*9
貴族街と神殿間の往復や、祈念式や収穫祭での移動に馬車を使うため、御者の技術がある者は青色神官の側仕えとして重宝される。*10
その為、孤児院に残る灰色神官や灰色巫女にとって、側仕えに召し上げられるのは出世と捉えられている*11
その一方で、花捧げを忌避して、神官の側仕えには絶対になりたくないと考えるものも存在する*12

灰色神官・灰色巫女である間は結婚できない。*13
金銭で身柄を取引され、出来る事の内容で金額が変わる。
孤児院の赤子は産んだことのある灰色巫女が管理していたが、前神殿長に売り払われたため、育児についての知識が途絶えていた。
神殿長が変わってからは、領主の娘のローゼマインが灰色巫女に役職を与えているため、貴族間に供給される数が極端に減っている。
その一方で、ローゼマインによる教育と工房勤務経験により、灰色神官・巫女としての金銭価値が高まっている。*14
ローゼマインの改革で労働に応じて灰色神官・巫女に給金が支払われるようになったが、この金を貯めて自分自身を買い取って自由の身になる事は許されていない。他者による買取が必要である。*15

マインが孤児院長となることで、孤児院で生活する者達の生活環境が劇的に変わった。
その為、孤児院の者は、ローゼマインがいなくなることを極端に恐れている。*16

情緒面と教育面でお互いに良い影響を与え合うことを目的とし、エーレンフェストの神殿の灰色神官達を、毎年四、五人ほど入れ替えでハッセの小神殿に送り出している。*17
情操教育の成果かどうかはともかく、ギルの機嫌と、ローゼマイン工房の灰色神官達の食事への心待ち度で、ローゼマインが神殿にいるかどうかが判断できる。*18

たっぷり湯を使った風呂は側仕えの特権であり、孤児院の灰色は水で体を拭くのみだったが、ローゼマインが地階に竈や薪、鍋などを準備したことから、孤児院の灰色達も、沸かしたお湯を少し入れた水で体を拭けるようになった。
但し、その事実は伏せられており、ローゼマインも知らされていない。*19

灰色神官・灰色神官見習いの一覧

エーレンフェスト

エーレンフェスト神殿組

  • アルノー (灰色神官(側仕え)→故人)
  • フォルク (灰色神官→還俗(イルクナーの平民))
  • ベーゼヴァンスの側仕え (2人存在*30。外数にデリア以外の見習いが2名いるが男女比は不明。魔力攻撃による消失か連座処刑で死亡)

ハッセ小神殿組

アーレンスバッハ

  • 神殿に入ってすぐのところにシュタープの光の帯でぐるぐる巻きにされて猿轡を噛まされていた灰色神官*32

灰色巫女・灰色巫女見習いの一覧

エーレンフェスト

エーレンフェスト神殿組
  • ヴィルマ (本編完結前後に還俗→ローゼマインの専属絵師)
  • ニコラ (本編完結数年後に還俗予定→ローゼマインの専属料理人)
  • モニカ
  • デリア
  • マディ
  • リジー
  • リリー
  • 08年秋にハッセの小神殿に派遣された灰色巫女3名*33(ライザリライドナ)
  • 09年秋にハッセの小神殿に派遣された灰色巫女見習い2名*34
  • 10年秋にエグモントの側仕えになるか問われた灰色巫女20名未満(立候補者4名。残り16名未満は、嫌がるか悩むかしていた)*35
  • 13年冬の粛清で孤児院に戻された元側仕え6人*36

  • ベーゼヴァンスの側仕え (イェニー、ナディナ含めて3人存在*37。外数にデリア以外の見習いが2名いるが男女比は不明。魔力攻撃による消失か連座処刑で死亡)
  • イェニー (灰色巫女(側仕え)→故人)
  • ナディナ (灰色巫女(側仕え)→故人)
  • ロジーナ (灰色巫女(側仕え)→還俗(ローゼマインの専属楽師))
  • エグモントの側仕え (エグモントと共に、城の犯罪者を扱う場所へ連行される)*38
  • カンフェルの側仕え (ゲオルギーネに殺害される)*39
  • クラペッヒの側仕え (全員ゲオルギーネに殺害される、男女内訳は不明)*40

ハッセ小神殿組

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • フェルディナンドの側仕え、イミル(2部4話の小さい子?)がフランの代わり、クルトがアルノーの代わりに入った。(2020年 01月18日 (土) 21:20の活動報告のフラン視点SS) (2020-01-18 22:02:51)
  • 個人の名前はバラとかカーネーションとかの品種が元になってるっぽい?リリーは、まんまユリかな。花だからか。名前の由来に書こうかと思ったのだけれど花捧げが用語に立ってないしここに書くことにしたよ…同じ花がユルゲンにあるというよりは花捧げの設定上そういう名前にしたって感じかなあ (2020-03-24 07:21:07)
    • あまり関係ないのでは?(※) むしろ、クラッセン関係(出身者含む)の女性の方が明確に花に関わってるかと。  ※ 花の品種名に女性名をつけることは多いので、そこを言い出すとかなりの女性名が当てはまってしまう。 (2020-03-24 12:46:46)
  • 平民の時のマインが洗礼式で倒れて運ばれた救護室は多分貴族が花捧げで使う部屋では? (2020-05-24 15:25:46)
    • ソースは? (2020-05-24 15:35:25)
      • マイン主観では金持ちや商人の使う部屋と書かれてるから貴族用ではないでしょうね。ただ、デリアのベンノに対する挙動からすれば花捧げ自体はあって当然の物だったのだと思いますが。 (2020-05-24 17:21:25)
        • ふぁんぶっく4 Q&A 洗礼式で倒れた時に運び込まれた部屋はどこか?⇒貴族区画の中では下級貴族が使用する南の空き部屋。見取り図上「貴族区域の一番南の廊下に並ぶ部屋の内、吹き抜け側の西側から二番目」 (2020-06-27 21:51:37)
      • そんなところに状態のいい寝具が常時使える状態にしてあるのは、『救護室』 (2020-06-28 13:01:52)
  • 幼いながらも貴族としての矜持を感じさせる女の子(457話)はギーベ・ベッセルの孫娘かな? 魔力持ちだけどハルトムートの選別に通らず、灰色巫女になるのか。 (2020-07-26 19:54:08)
    • ギーベ・ベッセルの孫娘の場合は、自前の魔術具を与えられている可能性の方が高い気がする。なので、ハルトムートの試験は不要、ジルの面談をクリアして貴族院に通う青色になる可能性が一番高いかと。 (2020-07-26 20:23:22)
      • 成績優秀で思想に問題がなく、領主一族に忠誠心を抱ける子でなければ、その資格はない(576話) 魔力量の試験は不要でも、思想等をチェックするハルトムートの面接は必須。 (2020-10-29 15:02:54)
  • 灰色達の価値が上がると貴族達が気軽に買えなくなるけど苦情は来なかったのかな? (2020-10-29 11:23:00)
    • 不満はあっただろうけど、フェルディナンド相手に表立って苦情を言える剛胆な貴族はいなかったんじゃね? (2020-10-29 11:58:04)
    • そもそもイルクナーの一件見るに値上がりを知らんのとちゃう? (2020-10-29 12:26:50)
      • 性欲発散目的で金貨1枚で灰色巫女見習いを買おうと思ったのに、読み書き計算その他の技術を身に着けて大金貨1枚以上の値段だと面食らうだろうね。性奴隷に強要なんて求めてないだろうし。 (2020-10-29 12:38:19)
        • ハッセでわかるように神殿以外から安い性担当は買える (2020-10-29 17:37:52)
    • 神殿長が領主の養女で幼女だったので言えませんでした。 (2020-10-29 19:29:39)
  • 灰色でも場合によっては青色より偉そうに振舞えそう。イェニーはベーゼヴァンスの威を借りてフェルディナンドやマインに優位に振舞ってたし、デリアも一時期はマインに対してそうだった (2021-02-11 16:04:24)
    • フランも神殿長と神官長を後ろ盾にして青色神官のエグモントの我儘要求を平気な顔して却下してた。 (2021-02-12 17:47:15)
      • 「なぜ私の命令に従えないのか」「あなたより上位の命令で縛られております」で職務は問題ない (2021-02-12 19:38:20)
  • マインが神殿入りした際に神官長が赤字経営だってぶっちゃけてたけど貸金業なんてこの世界にあるの?金がなきゃ潰れるだけじゃね? (2021-04-25 21:40:36)
    • 「商人に分かりやすく言うなら」が頭に付いています。 (2021-04-25 22:52:43)
    • ふぁんぶっく2に「領主からの予算」が神殿の収入項目にあると明記されている (2021-04-25 23:44:46)
    • 「収入より支出が多い」ことを分かり易く赤字経営と呼んでるんでしょ。足りない分は税金から補填しているってことで、別に社会福祉関係の公営事業なら珍しいことじゃない。 (2021-04-26 09:05:32)
  • コミカライズ第三部第23話(web本編第198話相当)で、名前が初出した「ヨシカ」さんは、灰色巫女? 灰色神官?<ニコアカウント持ちさんの回答求むw (2021-04-26 22:16:26)
    • 書字板に書かれた名前(joshka)のアップ、それを受け取って喜んでいる6人(神官3+巫女3)、嬉しそうに書字板を撫でている手のアップなので断言不可。手がごつく見えるから男性のようには思えるが (2021-04-27 03:39:16)
      • 男性名だから男性では? (2021-04-27 04:54:12)
        • ありがとうございます。ヨシカと書かれていたけどスペルはjoshkaだったのですね……。なら男性かな。 (2021-04-27 06:56:47)
  • 洗礼式前の貴族の子が神殿に入るとどの扱いになるか分かる方います? (2021-06-29 23:38:36)
    • コンラートがまさにそれ。貴重な先例としてフェルが書類に残していてよかったね。冬の粛清でいっきに増えた。魔力があるけど平民の捨て子同様に孤児院の子供(洗礼後灰色)。 (2021-06-30 00:35:19)
      • 実家の寄付や援助とかがあれば青色になるはず。ヨナサーラがコンラートを青色神官にする余裕は我が家にはないって言ってるからね。コンラートはロゼマが捨てた形にさせたから灰色神官になった。 (2021-06-30 02:24:28)
        • というか貴族の子が神殿入りする場合は青色扱いにするのが普通で、それができなければ死なせると思う。コンラートも灰色にするという考えは両親には全くなかったし、平民扱いの灰色にしてまで生かそうという発想は普通の貴族にはないかと。 (2021-06-30 08:57:57)
          • 貴族として洗礼せず、下働きとして実家で飼い殺しルートもある。コンラートもカッシーク的にはその予定だった。 (2021-06-30 11:44:37)
            • その場合魔術具はどうするつもりだったんだろう?買ってやれるだけの金があるならそもそもあんなことになってなかっただろうし。 (2021-07-02 11:43:18)
              • 飼い殺しの場合は下働きとして家の魔術具を動かすことで魔力を消費することで延命。放出や溜め込む魔術具は買って貰えない。それがあることが貴族になる1歩目みたいなものだから。 (2021-07-02 14:33:15)
                • ……コンラートが延命するに足りるだけの魔力を放出できる、下働きが動かせる魔術具すらないのではなかろうか?<コンラート宅 多分、それで死にかけていた&灰色にならないと見殺し一択だったのでは? (2021-12-23 21:31:19)
  • 各人物のページで灰色神官・巫女は「階級」欄にも記載するのが相応しいと思うのですがいかがでしょうか。貴族と平民で大別すると灰色神官も平民には違いないとは思いますが、通常の平民とは明確に区別され非常に強い制限も受けています。 例えばロジーナのページでは「階級:平民、職種:灰色巫女→楽師・クリスティーネの側仕え→マインの側仕え→ローゼマインの専属」となっていますが、「階級:灰色巫女→平民、職種:楽師・クリスティーネの側仕え→マインの側仕え→ローゼマインの専属(平民)」あるいは「階級:灰色巫女→平民、職種:(灰色巫女)楽師・クリスティーネの側仕え→マインの側仕え→(平民)ローゼマインの専属」とした方が相応しくはないでしょうか。側仕え等になっていない者達もいるので職種に灰色見習いや灰色が記載されるのは問題ないと思います。 貴族も王族領主上中下と細分化されていますし、灰色だけでも分けていいのではないかと思うのです。 (2022-12-21 12:35:11)
    • それを言いだすと、青色神官も分けようってならない?階級は貴族と平民で大別してるのだからそのままでいいと思います。 (2022-12-21 14:10:23)
      • 平民の中でも豊かな者と貧民では結婚が困難。灰色は平民の中での底辺と思われている、という理解で良いと思う。 (2022-12-21 14:42:20)
    • ユルゲンシュミットに、そんな区分のメダルはない (2022-12-21 16:03:15)
      • ああ、なるほど、メダルの登録ですか。青色のページでは(○級貴族出身)で不詳扱いになってますね。そうすると確かに平民の階級的な区別はなさそうなので、ここに灰色と記載するのは相応しくありませんね。 (2022-12-21 16:38:11)
    • 神事が軽視された結果、「通常の平民とは明確に区別され非常に強い制限を受けていた」のは事実だが、ローゼマインの改革によって灰色の価値が見直され、灰色神官のフォルクの買取金額が「大金貨2枚と小金貨2枚」という破格なものになるなどエーレンにおいては見下される存在から変化しつつある。二重表記にしなくても職種表記だけで十分では。 (2022-12-21 16:55:08)
最終更新:2023年01月16日 20:12

*1 第69話 ベンノのお説教

*2 第87話 与えるべきもの

*3 第91話 孤児院の実情、第92話 神官長の言い分とわたしの決意

*4 神殿予算では「神の慈愛」という項目で処理されている

*5 ふぁんぶっく1 Q&A

*6 第108話 閑話 前の主と今の主

*7 第107話 側仕えという仕事

*8 第87話

*9 第162話

*10 ふぁんぶっく5Q&A

*11 第277話

*12 第277話 閑話 神殿の二年間 後編

*13 第262話 イルクナーの収穫祭

*14 第262話 イルクナーの収穫祭

*15 ふぁんぶっく5Q&A

*16 第276話 閑話 神殿の二年間 前編

*17 第535話 クラリッサの来襲

*18 ルッツ視点 トゥーリの心配

*19 コミック第三部V 書き下ろしSS「小神殿の夜」

*20 2017年 04月15日活動報告

*21 ふぁんぶっくQ&A

*22 第219話 冬の社交界の始まり

*23 第219話 冬の社交界の始まり

*24 第197話

*25 第257話

*26 第447話、第450話

*27 第457話/フリタークの側仕えが含まれている可能性有

*28 第563話 子供の魔術具 前編/本好きの下剋上 設定等まとめ Twitterこぼれ話より、対象者内にラグレーテの子が含まれていた場合は、灰色神官見習いにならず、下級貴族の子として洗礼式を迎える

*29 第578話

*30 第91話 孤児院の実情

*31 第254話 ゲオルギーネ様の見送りとハッセ

*32 第602話

*33 第197話

*34 第257話

*35 第277話

*36 第457話/フリタークの側仕えが含まれている可能性有

*37 第91話 孤児院の実情

*38 第449話 証拠品/扉で対応した巫女と、花捧げ行為中だった巫女の最低二人は存在。花捧げ最中の巫女はリリーの後任巫女

*39 第629話 神殿とメルヒオールの報告

*40 第629話 神殿とメルヒオールの報告

*41 第254話 ゲオルギーネ様の見送りとハッセ