名捧げ

名捧げは、己にとって唯一の主に命懸けの忠誠を誓うことである。


概要

生殺与奪の権利を主に委ね、自分が絶対的な臣下であることを示す*1。形式上ではなく実際に魔力的な縛りが発生する為、主の命令には逆らえない*2。実際に面と向かって命令せずとも、名捧げの石を介して命令することもできる(石を握った状態で命じれば何気ない言葉でも命令になる*3)。一方で、主をだましたりして害することなども可能な模様。
主が名を返すことなく死ねば、共に死ぬが*4、主の魔力によって窮地で生かされることもある*5
ひとたび名を捧げた者は時流が変わったからと主を変えることはできず*6、主が落ちぶれる時は共に落ちることになる。*7
名を捧げた者が、主以外の他の者に仕えることは、主が許さない限りできないとされる。*8

各地の状況

エーレンフェスト

ガブリエーレとその側近による名捧げ

エーレンフェストに馴染めなかったガブリエーレは、自らの派閥を確固とするため側近の子等に名捧げを強要した。*9

魔力圧縮と連座回避のための名捧げ

エーレンフェストでは、ジルヴェスターによって、旧ヴェローニカ派の子供達がローゼマイン式魔力圧縮方法を教授されるには、領主一族への名捧げが必須とされた。*10
ジルヴェスターの説明を受け、大多数の旧ヴェローニカ派の子供は躊躇したが、ローデリヒは逆に、名捧げをすれば領主一族の信用を得てローゼマインの側近になれると判断し、ローゼマインに名捧げすることを決意した。*11
更に、旧ヴェローニカ派の子供達が領主一族に叛意がないことと、派閥に関係なく連携ができていることを、貴族院の領地対抗戦で確認したジルヴェスターは、旧ヴェローニカ派の粛清を決断する際、貴族院の子供達は領主一族へ名捧げをすることで、連座から回避させることとした。*12
ジルヴェスターの連座回避策の説明を、フェルディナンドからローゼマインらが受けた直後、旧ヴェローニカ派であるダールドルフ子爵夫人がローゼマイン暗殺未遂事件を起こした。これにより、ダールドルフ子爵らが連座処分対象となったのを受け、連座によるエーレンフェストの魔力の減衰を避けるべく、ローゼマインがジルヴェスターに、貴族院の学生限定の名捧げによる連座回避を、大人(ダールドルフ一族全員)へも拡張することを提案した。*13
ジルヴェスターが、この提案を受け入れ、更に一般化した結果、エーレンフェストでは旧ヴェローニカ派の粛清時に、領主一族に名捧げをすれば、成人・未成年問わず、連座は避けられることになったが*14、 名捧げは犯罪者の身内が連座から逃れて命を長らえるために使うようなことではない、ローゼマインの提案が名捧げの意味を変えてしまうことになる――とローゼマインはボニファティウスに説教された。*15

アーレンスバッハ

エーレンフェストよりも頻繁に行われており、名も捧げられぬ臣下など信用できないとされているが*16、単にガブリエーレが臣下が離反できないよう強制した結果の可能性もあり、実際にアーレンスバッハでそうした習慣があるのかの描写はされていない。

名捧げの石

名捧げの石はその者の名が刻まれ、主に委ねられる生殺与奪を可能にする命そのものである。
主の魔力で縛られた状態になると、白い魔力に満ちた線が細い網目状に周囲を覆い、真っ白の繭のような物になる。*17
己の名を封じるに相応しい品質のものを用意するため、普通は成人して魔力の成長が止まるまで自分の名を捧げるのに相応しい品質がはっきりとしない。*18
シュタープを持たなければ名捧げの石は準備できない。*19
返す時は主もしくは名を捧げた当人の処置が必要。*20
一度作製した石を処分することは本人にもできない。*21
主が石を触ると本人の名前が頭に浮かぶので、複数持っていても誰の石なのかが分かる。*22

名捧げの儀式

大々的な儀式ではなく、ひっそりと行われる。
名捧げは神に誓うような儀式ではなく、自分が主と定めた者に誓うものであるため、仕える者が自分の言葉で主に忠誠を示す。
名捧げをすると言いながら、主となる者を騙し討ちする場合もあるため、主にとって信頼できる者が一人か二人立ち会う。
洗礼式を終えていて魔力を扱うことができれば名を受ける事はできるが、シュタープ無しで名を受けた前例は無い。*23
名捧げの石が主の魔力で縛られる際に、名を捧げる者は、主との魔力の差に応じた苦痛を感じる*24
魔力差が小さいと苦痛は小さいが*25、魔力差が大きいと脂汗をかくほどの苦痛となる*26
魔力が高い方が名を捧げると、低い側が縛るのが相当大変でかなり苦しむが、可能ではある。*27

名捧げの影響

名捧げをした者は主の魔力の影響を受ける副作用があることがローデリヒの加護の取得の際に明らかとなった。薄くだが、主の属性を取得することが判明する。*28
ローデリヒは属性のために名捧げをするような者が増えることによって、名捧げの名と意味が変わることを恐れ、この事を公開しないように忠言している。*29
名捧げで得られる属性の影響はそれほど大きくはない。
下級に近い貴族はその恩恵を大きく感じられるが、上級に近い貴族は自分の適性が多くて魔力が多いため、少しの上乗せではほとんど感じ取れない。
エルヴィーラに名捧げを変えたミュリエラが加護の再取得によって、属性自体も主が変わることによって変動することがわかった。*30
普段は魔力で縛られていることが気にならないが、主が絶対の命令を下そうとした時は魔力の影響が強まる。その際命令を了承すれば己を縛る魔力はいつも通り気にならないものになり、一方命令を拒絶すれば死に至る事となる(ただしどのような形で死亡するのか(例:その場での心臓麻痺等)は不明。*31
全力で威圧中とか、魔力が枯渇して死にかけているとか、魔力が暴走して死にかけているとかするレベルの変化があると、名捧げをしている主の魔力の変化を感じ取れる。*32
名捧げした者が死亡した場合、体内から取り出された魔石は主の魔力で包まれており、死亡者の遺族ではなく名捧げされた主の所有物となる。*33


名捧げした者の一覧

人物 時期 立会人 備考
ジルヴェスター イェレミアス 13年秋(?)~ 不明 *34*35
ヴェローニカ ダールドルフ子爵 不明 不明 *36
オズヴァルト 不明 不明 *37
トルデリーデ 不明 不明 *38
フェルディナンド ユストクス 前01年冬*39 リヒャルダ *40
エックハルト 1年or2年*41 ユストクス *42
ラザファム 前01年冬~02年冬*43 不明 *44
ハイデマリー 不明 不明 フェルディナンドが名を捧げずに信用したのはローゼマインだけであったことからの推定
フェルディナンドに名捧げしていたのは3名のみ*45
ローゼマイン ローデリヒ 12年冬~ リヒャルダ
ハルトムート
*46
グレーティア 13年冬~ ローゼマインの女性側近 *47
マティアス 13年冬~ ローゼマインの護衛騎士 *48
ラウレンツ 13年冬~ ローゼマインの護衛騎士 *49
ハルトムート 14年春~ オティーリエ *50
クラリッサ 14年夏~ 不明 *51
ミュリエラ 13年冬から14年春 ローゼマインの女性側近 エルヴィーラに主を変更。*52*53
フェルディナンド 15年春
毒に倒れている間
なし 魔力枯渇を防ぐためユストクスに説得されて預けられていた名を奪う*54
救出後名を返す*55
フェルディナンド 15年春*56~17年春予定*57 なし 女神の御力の影響を受けないようにローゼマインに騙し打ちで名捧げ石を染めさせる*58
エグランティーヌ 15年春~ ハルトムート
アナスタージウス
*59
ヴィルフリート バルトルト 13年冬~ 不明 *60
シャルロッテ カサンドラ 13年冬~ 不明 *61
メルヒオール ベルトラム 17年冬以降実施予定 未定 アウブとの面談でメルヒオールに捧げたいと宣言*62
ディルク 17年冬以降実施見込 未定 アウブとの面談で孤児院を守る人物に捧げたいと宣言*63
エルヴィーラ ミュリエラ 14年春~ ローゼマイン 加護の再取得の儀式時に変更*64
ゲオルギーネ グラオザム 不明 不明 マティアスの父
ロイエーア 不明 不明 マティアスの母
マティアスの兄 13年夏~ 不明 *65
ヤンリック 13年夏~ 不明 マティアスの兄
グローリエ 不明 不明 ダールドルフ子爵夫人
シドニウス 不明 不明 ラウレンツの父
ヴィルトル子爵夫人 不明 不明 ラウレンツの母
バルトルト
カサンドラの父親
不明 不明 *66
バルトルト
カサンドラの母親
不明 不明 グラオザムの妹*67
ギーベ・ベッセル 不明 不明 ミュリエラの血縁上の父親*68
ギーベ・ベッセルの妹 不明 不明 ミュリエラの洗礼式上の母親*69
グラーツ男爵(?) 不明 不明 状況からの推測
ゼルティエ(?) 不明 不明 グラオザムの姉か妹
出身と重用されている状況からの推測
ガブリエーレ ダールドルフ子爵の母(?) 不明 不明 ダールドルフ子爵の発言内容からの推測*70
グラオザムの母(?) 不明 不明 ダールドルフ子爵およびマティアスの発言内容からの推測*71
シドニウスの母(?) 不明 不明 状況からの推測*72
ベッセル子爵の母(?) 不明 不明 状況からの推測*73
先代アウブ (フェルディナンド) ?~02年冬頃 不明 ヴェローニカへの名捧げを回避する為に、自分かジルヴェスターに名捧げすることを先代アウブに提案された*74
名捧げ石は存在するが、ローゼマインに預けた13年冬時点では名捧げしていない状態*75
先代アウブの死亡前に名を返されたと思われる*76

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ヴェローニカは死期を悟ったら名前を返してやるのかねえ?白の塔にぶちこまれた腹いせに大量に道連れにして領地を困らせようと企みそうだけど (2020-09-12 00:27:53)
  • エックハルトは普段名捧げの主人の魔力は気にならないって言ってるのに、ローゼマインの側近は、女神の魔力感じ取ったりフェルディナンドの魔力に染まっていくところを実感したり、ハルトムートのせいか魔力の変動が鮮明で笑う。 (2020-10-01 10:59:46)
    • 何年も主の魔力が不変で慣れた人達と、突然成長したり神々に染められたりで変動が激しくちっとも慣れない人達とでは違って当然でしょう。それを一番実感してるのは最近名捧げしたばかりのエグかな、主の魔力が枯渇してから短時間で染められちゃうのを体感。「今、閨入りした?す、凄く速いっ!?」などと思ったことでしょう。 (2020-10-01 13:41:37)
    • 毎日見てるニュース番組等のオープニングは慣れて聞き流してるけど、急に変わったら「?」ってなるだろ。あれと一緒だよ(違うかな) (2020-10-01 13:49:00)
      • 性事情が筒抜けって凄い嫌だな... (2020-10-01 13:59:05)
        • ローゼマイン側からはフェル様を染めようがないので、エック兄達は「おかしい、星結びしたのにいつまで経っても主の魔力に変化がない。ひょっとして大事にし過ぎて当分閨入りしないおつもりか?」などと思ったりするかも。(実際は毎日髪をほどいてエッチしてる) (2020-10-01 18:50:58)
        • 名捧げ者が、名捧げの主の魔力の色の変化まで感じ取れてる描写あったっけ? 魔力の量の変化だけ感じ取っていると思ったけど。 神々の力と人間の魔力の差(※)は、周りにいた他人すら感じ取れてたから、名捧げ起因とは言えないだろうし。<名捧げ組    ※ 神々に染められてたか、フェルに染められることで神々の魔力が払しょくされたかの違いも含めて。 (2020-10-01 22:34:45)
          • 673思いっきり魔力染まってること言及してる「エグランティーヌ様、私は冬の到来を早めていません。数種類の薬を使ってローゼマインを染めました。御存じでしょうが、冬の到来ではあれほど短時間に染まりません」 「確かに驚くほど短時間でしたね」 (2020-10-01 22:40:04)
            • それ、神々の魔力→フェル(=神ではなく人間の)魔力への変化のことでは? その回より前にあったの神々に染められて、名捧げで耐性をもっている人間以外は傍に近いても恐れ多さを感じるという時だし。 (2020-10-01 23:24:17)
          • アーンバックスの成長時にハルトムートが言及してるシーンとメスティオノーラが降臨したシーン「魔王の暗躍」で言及してる。神々が祝福?してるやつは言及はないけどハルトムートとフェルは気付いたっぽい? ハルトムートが敏感なだけで神→人もしくは人→神レベルの変化じゃないと気付きにくいんじゃないかな。 (2020-11-02 17:03:50)
            • アーンバックスは魔力量の変化ではないかな? 実際その時ロゼマの魔力の色が変わったわけではないだろうし。。  女神降臨という次元違いな現象でも、ハルトムート以外の名捧げ組は魔力が変わったと気づく程度だから、逆説的に人間の魔力の色変化程度では気づかなそうだね。 ちなみにフェルは女神降臨現場にいたから気付く以前の問題かと。。。 (2020-11-02 21:10:06)
              • 女神降臨現場にいるときって名を返された後だよね。 (2021-01-07 14:03:41)
  • 13年冬の粛清の時、どうやってゲオに名捧げした者と判別したんだろうか。踏み絵的な何かがあるのか、罪の有無関係なく記憶を覗く魔術具使いまくったのだろうか。 (2021-04-08 17:17:02)
    • マティアスとラウレンツの証言で名前が上がった人間をしょっぴいて記憶を覗いてみたのだろう。そしてゲルラッハの屋敷に来たことがある貴族のリストを作ること自体は、下働きの平民を捕らえるだけで可能だろうし。 (2021-04-08 18:17:49)
    • ダールドルフ子爵が把握してる妻の交友関係と、ゲルラッハ子爵の交友関係を捕らえればだいたいは…。 (2021-04-08 20:01:27)
  • まだヴェロに名捧げしたままの貴族がエーレンにゴロゴロいるんだよね。ヴェロってもう50過ぎだろ。寿命と共に名捧げした貴族を道連れにする気なのでは。最大派閥と言われていたのだから2桁は消えるよな。エーレン大丈夫なのだろうか (2021-05-16 14:48:48)
    • シャルやメルヒが頑張って若手を育成すれば、世代交代が少し早まるかもしれん。エーレン首脳陣の奮闘に期待するや切である。ロゼマの願いを聞き入れてヴェロ派の子供たちを救済してなかったらもっとやばかっただろうなw (2021-05-16 15:15:32)
    • そもそも最初の粛清範囲は旧ヴェローニカ派のほぼ全てで、取り込める子供を名捧げによって救済だった。毒殺未遂やダールドルフからの情報で、ゲオ派に縮小しただけなので、備える時間は充分じゃないかな。 (2021-05-16 17:59:52)
  • エックハルトとユストクスは瀕死のフェルディナンドから名を返されたけど、救出後どこかのタイミングで再度捧げ直したのだろうか? (2021-06-17 18:54:39)
    • フェルがランツェナーベ戦に赴く前に着替えていた時ではないかな?供給の間から出て最初に三人になれる時間でしたし。それかエーレンに帰還してから館でラザファムも交えて行ったか。 (2021-06-17 20:01:50)
      • 視力強化ができないほどの体調だったときに、ローゼマインが補充してくれた魔力を使ってまで名を縛るかなあ? ランツェ戦後・ゲルラッハ前の、ひと眠りしてある程度魔力回復したときが無難だと思う。 (2021-06-17 20:43:15)
        • だよねー。あとからに一票だな。 (2021-06-18 16:09:26)
  • 名捧げの能力についてだが、ハルトムートだけチートなのは何故だろう。ロゼマ信仰度ならクラもなかなかのものなのに。神官長の役職業務による神様の優遇措置なのだろうか (2021-06-19 07:44:35)
    • それもあるけど、洗礼式以降ずっと(眠っている間も)側近同然だったから、使徒として主へのシンクロ率が高いのだろう。寝ても覚めても息をするようにローゼマインのことを考え×6年?(笑) (2021-06-19 09:00:51)
    • どこをどうチートだと言っているのかわからないんだけど。ハルトムートは元々有能だっただけだし、名捧げで底上げされた描写があるわけでもないのに。 (2021-06-19 09:32:34)
      • ロゼマが神の世界にいるときの成長具合を把握できるってチートじゃない? (2021-06-20 09:28:01)
    • ローゼマインの成長を感じとったところとか? 個人的には変人だからで片付けてるけど。理由があるとするなら1人だけ主から供給した魔力ではなく、自分の魔力に命属性が入ってるからかもしれない。名捧げ石は命属性と思われる白い石の着いた箱に入ってるし、制作も1人だけ短時間だったから。 (2021-06-19 13:38:35)
      • ローゼマインの成長を感じとったのって他の名捧げ組もじゃないの?少なくともハルトムートの言葉を否定はしてなかったし、他は感じ取れなかった描写なんてなかったはずだけど。 (2021-06-20 05:19:48)
        • たぶんアーンヴァックスが~とか神の世界に招かれて~とか女神の魔力に塗り替えられ~とか具体的に言い当ててるとこだと思うよ(他の名捧げ組は魔力が変わったのはわかるけど女神かどうかなんてわからん、って言ってたようだ)。神官長として側近の中で最も神事やってるしロゼマと祝福について研究もしてたゆえの、名捧げとは直接関係ない変態的洞察力と感覚のせいだと思うけどね。 (2021-06-20 12:40:08)
          • ほぼ上と同意。付け加えて他の名捧げ組よりもロゼマの事を知りたいと強く思っているからより繋がりが強くなったんじゃ無いかと思ってる。フェルを助けたいと強く思って名捧げ石越しに守ろうとしたみたいに、強く知りたいと思って名捧げ石越しに感じ取ったのでは無いかと。アーンバックスを見抜いたのは単純に神話知識かな、と。急成長をし始めたからアーンバックスのチカラだろう、と。やっぱ変態ゆえに、が最大の理由だな (2021-06-21 17:33:43)
            • 今までもずっと神の御加護や祝福を受けている聖女とかずっと垂れ流してて、人のものとは思えない転移で姿を隠し魔力がどんどん"成長"するという異常を名捧げした人は共通で感じ取っていたから神に招かれたとかアーンヴァックスの名前を臆面なくいつも通り出しただけとしか思えんかった。グル典取得のためにエアヴェルミーンのもとにいるとかあてたり、神に好かれてますからとかを今回だけ言ってたのなら別だけど。 (2021-06-23 06:26:16)
    • 作中描写では中級の下だったローデリヒは体感できるレベルで能力向上してたけど、中級の上だったマティアスやラウレンツは言われてみれば程度の能力向上だったかと。上級のハルトムートは能力的にはほぼ影響ないんじゃないの? (2021-06-20 07:53:39)
      • 加護取得の儀式をする前は小さな効果、加護取得の儀式の後は明確な効果(第469話)とのことだから、加護取得の儀式をした直後のマティアス(第534話)は、明確な効果の方を自覚する機会を得ていないだけかと。 その一方で、ハルトムートが名捧げしたのは加護取得の儀式後だから、ハルトムートの体感効果は少ないだろうという推測は同意。 (2021-06-20 13:05:55)
  • アーレンスバッハとエーレンフェストでは名捧ぐにも大きな違いがあるようだ(第452話)とあったけど、アーレンスバッハのは忠誠を契約で縛って裏切れないようにするってことでしょ? エーレンフェストだってエックハルト、ユストクス、ラザファムにしてもフェルディナンドは裏切られない保証としてやらせてるわけだし、粛清でマティアスらにやらせたのも裏切らせないためのもの。後にロゼマはボニファティウスから説教されてるけど、もともとエーレンフェストもアーレンスバッハも、裏切られないためのものとしてバンバンつかってんじゃん。何が違うんだ? (2021-09-06 07:07:44)
    • 傍から見ると同じに見えるよね。名捧げについては関係者以外にはオープンにしない感じ。エック・ユスは「不遇の主の側近を志望し続けている」ってボニ爺は知ってるから、「忠誠を示すために名捧げをした」って考えてるんじゃない? 元来は忠誠の証しに名を捧げてて、名誉なことと捉えられてたんだから。 (2021-09-06 07:31:18)
  • もっというと、魔力圧縮の第3段階、第4段階を教えるにあたって、例えばトラウゴットとかに対して、裏切ることができないように契約魔術で縛るってことをしてるわけじゃん。名捧げで裏切れないようにしていることと同じだよね。違うのは、名捧げの場合は主の死が自分の死にもなるってことくらい。契約魔術だって裏切れば、金色の炎で燃えて消えて死ぬんだし、やってることはエーレンも変わってないよな。 (2021-09-06 07:42:13)
    • 本来の名捧げは自分が選んだ主に自主的に最上級の忠誠を誓いそれを主が受け入れること、これはフェルの側近3人(エック、ユスは強制ではなく自主的、ラザファムもフェルからフェルに嫌がらせしてヴェロから睨まれないようにしろって言われてるのを自ら断ってるから自主的と言える)とハルトムート、クラリッサ。これをエーレン式というならアーレンと大きな違いがあるってのは間違ってない。 (2021-09-06 11:26:43)
      • ただ、ゲオとヴェロがやってた派閥固めのため信頼される(重用される)には名捧げしろっていう半強制的なのがアーレン式で、粛清未成年組とダールドルフ父子は助命込みとはいえこれに似ているから違いないも正しい。魔力圧縮教えるのがアーレン名捧げと変わらないってのは的外れ、本来は魔力圧縮なんて自分で考えるなり調べてやるもので、契約が嫌なら教えてもらわない選択すればいいだけ。あと議論したいなら枝指定をしっかりやってください (2021-09-06 11:29:04)
  • 名捧げ石の破棄って、どうする&どういう影響があるのだろうと、ふと疑問に思いました。金粉化とか…。 (2021-09-18 23:42:53)
    • (途中送信失礼) 何となく、破棄したら死んじゃいそうな気がして怖い。安全な破棄方法がないと怖すぎる。一度作成しちゃったら、天寿までどこかに隠し持たなくちゃいけないの? 物理的に奪われたら、魔力的にも簡単に奪われる(縛られていない or 返された場合)。 (2021-09-18 23:51:38)
    • 安全な破棄方法があるなら、フェルディナンドはお父上から返されたときに破棄してそう。また強要された場合、少なくとも抵抗手段が二段階になるもの。なのにローゼマインに託した。何年も破棄してなかったし、持って行った。エーレンフェストのどこかに誰にも秘密の小隠し部屋作って、そこに置いて行くなんてこともしなかった。一度作成しちゃったら、奪われるリスクを一生背負う他ないのか? 怖すぎる…(泣) (2021-09-19 00:12:13)
    • がんがん魔力圧縮しまくって、昔作った名捧げ石が相応しくなくなる状態にするしかないのか…? そういう古い未熟な意志を縛られた場合は (2021-09-19 00:37:44)
      • (またしても途中送信失礼) 名捧げの効力はどうなるんだろう…。命令に抗えるようになったりするのか? だといいなと思うが、だったらわざと低品質に作成するとか、抜け道あり? それじゃ名捧げの意味、失われない?  (2021-09-19 00:47:11)
      • 命令の効きが甘くて、バルトルトよりずっと楽ちんに面従腹背できちゃうのか? もしそんな風なら、名捧げの意味とは? 少なくとも受ける側にはメリットないような? (2021-09-19 00:56:37)
      • バルトルトよりずっとサックリ面従腹背できちゃうの? ユレーヴェみたいにわざと低品質に作ることもできちゃう? もしそうなら、名捧げの意味とは? 少なくとも受ける側にはメリットないような? 受ける側は、差し出された石が現時点での最高品質と感じられるのか? 疑問が疑問を招き、頭ぐるぐるですorz (2021-09-19 01:08:22)
    • まあ、これ全部、強要された=真っ当じゃない無理強い名捧げの場合を考えちゃったことなのてすが。 (2021-09-19 01:26:18)
  • 名捧げの強制効果はどうなるんだ? ユレーヴェみたいに、わざと低品質で作った場合は?  (2021-09-19 00:59:56)
    • すみません…管理人様、これ ↑ 削除お願いします。スレッド無駄消費、申し訳ありません。orz (2021-09-19 01:10:02)
    • 管理人さま、どうぞ ↑ を削除お願いします。一つで済むのに (2021-09-19 01:12:04)
    • 管理人さま、どうぞ ↑ と、この発言を削除お願いします。 (2021-09-19 01:14:29)
最終更新:2021年11月20日 04:51

*1 第462話 旧ヴェローニカ派の子供達

*2 第574話 トロンベ狩りと星結びの儀式、SS34話 エックハルト視点 ローゼマインが不在の冬 前編

*3 ふぁんぶっく5Q&A

*4 第462話 旧ヴェローニカ派の子供達、第599話 二人の情報と名捧げの石

*5 第599話 二人の情報と名捧げの石

*6 第452話 聖典の行方

*7 第475話 グレーティアの事情と素材採集

*8 第375話 貴族院へ出発

*9 第452話 聖典の行方

*10 第375話 貴族院へ出発

*11 第376話 入寮と忠誠、第386話 ローデリヒの願い

*12 第445話 餞別 後編

*13 第451話 ダールドルフ子爵の館

*14 第453話 出発準備

*15 第541話 養父様とおじい様の再取得 前編/そもそもの提案者が誰かということに関するボニファティウスの認識と実際の経緯の間にずれがあることから、粛清時の名捧げ適用提案時に、ボニファティウスの承認を得やすくする為に、ローゼマインの提案だとジルヴェスターが嘯いた可能性もある。

*16 第452話 聖典の行方

*17 第414話 ローデリヒの名捧げ

*18 第456話 閑話 選択の時

*19 第453話 出発準備

*20 ふぁんぶっく4Q&A

*21 ふぁんぶっく5Q&A

*22 ふぁんぶっく5Q&A

*23 ふぁんぶっく4Q&A

*24 本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく4 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン

*25 第534話

*26 第414話 ローデリヒの名捧げ

*27 ふぁんぶっく4Q&A

*28 第467話 皆の儀式と音楽

*29 第469話 領主候補生の初講義

*30 第534話 加護の再取得 後編

*31 書籍第四部Ⅷ SS十年間の変化

*32 ふぁんぶっく5 Q&A

*33 ふぁんぶっく6 Q&A

*34 第451話 ダールドルフ子爵の館

*35 第452話 聖典の行方

*36 第452話 聖典の行方

*37 書籍版第五部I購入特典SS「胸に秘めた怒り」

*38 第455話 閑話 忙しい冬の始まり

*39 ふぁんぶっく5Q&A フェルディナンドが3年になってシュタープを取得した際に名を捧げた

*40 第414話 ローデリヒの名捧げ

*41 名捧げに必須のシュタープを得られるエックハルトが三年生かつフェルディナンドが神殿入りする以前のため

*42 第414話 ローデリヒの名捧げ

*43 ふぁんぶっく4Q&A シュタープ無しで名を受けた前例は無いとの記述から前01年以降/03年春には名捧げ組に名を返そうとしていたことと、館の管理者が必要な時期から、02年冬以前

*44 SS第25話 ラザファムとの会話

*45 ふぁんぶっく4 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン

*46 第414話 ローデリヒの名捧げ

*47 第482話 お返事 前編

*48 第473話 領主候補生の講義終了

*49 第473話 領主候補生の講義終了

*50 第561話 カルステッド宅でのお話 前編

*51 第567話 春の成人式と養父様の出発

*52 第482話 お返事 前編

*53 第534話 加護の再取得 後編

*54 第599話 二人の情報と名捧げの石

*55 第605話 わたしのゲドゥルリーヒ

*56 第654話 顔色の悪い王族 その3

*57 第672話 名捧げの石と婚約の魔石

*58 第654話 顔色の悪い王族 その3

*59 第658話 儀式の準備とエグランティーヌの名捧げ

*60 第472話 儀式の研究と粛清の報告

*61 第472話 儀式の研究と粛清の報告

*62 第576話 アウブの面接とエントヴィッケルン

*63 第576話 アウブの面接とエントヴィッケルン

*64 第534話 加護の再取得 後編

*65 第456話 閑話 選択の時

*66 書籍版第五部I購入特典SS「胸に秘めた怒り」

*67 書籍版第五部I購入特典SS「胸に秘めた怒り」

*68 書籍版第五部I「本の世界と現実」

*69 書籍版第五部I「本の世界と現実」

*70 第452話

*71 第452話、第534話

*72 第452話、第534話、書籍版第四部V「プロローグ」、第365話

*73 第452話、第534話、書籍版第四部V「プロローグ」、第365話

*74 ふぁんぶっく5 Q&A

*75 第593話 革袋の中身とカミルの洗礼式

*76 書籍版第四部IX エピローグの加筆箇所