ディッター

ディッターは、貴族同士で行われる競技である。
ドイツ語:der ritter(騎士)


概要

騎士見習いが騎獣に乗って戦う練習のために行われ、空での戦いになるため危険性が高い*1

ルール

いくつか種類があり、その時によって勝利条件が変わる*2

宝盗りディッター

  • 政変前から領地対抗戦で行われていた*3、領地の礎を守る模擬戦から始まった競技で*4、貴族院全体を使って行う*5
    文官見習いや側仕え見習いも動員して領地一丸となって戦う。*6
  1. 陣を設定する(貴族院の領地対抗戦などで行われる場合、各領地の採集場所が陣とされていた)。
  2. 他領に奪われてはならない宝とする魔獣を狩ってくる。
    このとき、魔獣は魔石に変えてしまってはならず、倒してしまうと敗北になる。
  3. 宝を守りつつ他領の宝を奪うか、倒して魔石に変えてしまえば勝利する。*7
    (領主候補生を宝とした本の販売権の争奪戦では、宝を陣の外に出した時点で勝敗が決した。)*8
    宝である魔獣を殺されたり奪われたりしないように攻撃用の魔術具や罠などの使用が認められている。*9
  • 魔術具の設置や回復薬の作成などに領地が一丸となって取り組み、騎士以外も参加した方が戦略的に効果的である。*10
    • 文官見習いは、当日までの魔術具や回復薬の準備を担当する(準備期間に魔力を全力投入するため、当日は使い物にならなくなる)。
    • 側仕え見習いは、当日の回復薬の管理や魔術具への魔力供給、癒しの魔術担当として戦いに参加する。*11
  • 競技は陣を作った段階で始まり、魔獣を狩る間や陣へと運ぶ最中に妨害できる。
    • 戦力の劣る領地が知恵や魔術具を用いて勝利を狙うことが真髄。戦術理論通りにはいかない対人戦であり、罠や奇策も含めた総合力や対応力が試される。*12
  • 危険度は低~高。イメージ的には格闘技~戦争演習。 目的や参加者によって危険度にかなり差がある。 一冬の貴族院で2~3人くらい死者が出ることもある。*13

速さを競うディッター

  • 政変後、これ以上貴族を減らさないように領地対抗戦の種目となった魔獣討伐の模擬訓練。*14
  1. 先生が訓練用の魔獣を作り出す。魔獣は定められた範囲から出ることもない。*15
  2. いかに早く倒せるかを競う。*16
  • 領地内で魔獣を狩る訓練の為の競技で、効率や攻撃力が重視される。*17
  • 対魔獣戦には特化しているが、魔獣はあまり変則的な動きをしないため型に嵌りがちとなり、臨機応変な対応力が鍛えられない。*18
  • 領地が一丸となって取り組む宝盗りディッターと違い、騎士だけで行う競技となっている。文官見習いや側仕え見習いの出番は無い為、コースが異なる者の間での交流が減り、それが弊害となっている。*19
  • 危険度低。 怪我人は出るが、死者が出ることは特に想定されていない。イメージ的にはスポーツ~格闘技。*20

狩った魔獣の強さを競うディッター、魔獣の数を競うディッター

トラウゴットが数ある勝利条件の例に挙げた。

嫁取りディッター

ダンケルフェルガー独自の文化。
当事者が結婚を望んでいるのに、親から結婚の許可を得られない場合に行う。*21
勝敗に嫁入りを賭けたディッターでお互いの親族で行われる。
父親と求婚者の個人戦であったり、父親+女性の婚約者一族 vs 恋人一族の大勢で行ったり色々。*22
結婚を望んでいる側が勝利した場合は、親は結婚を認める。
ディッターの後で最初の条件を覆されることがないように、必ず契約書を作る。*23
危険度は中~高。 女性の立ち回り、親族同士の仲、婚約者の有無など、それぞれの事情によって危険度に結構差がある。 規模によっては死者が出ないこともある。*24

嫁盗りディッター

ダンケルフェルガー独自の文化。
結婚したいと思っていない相手を、強引に得る場合に行う。*25
勝敗に嫁入りを賭けたディッターでお互いの親族で行われる。
本来は嫁を奪うために女性側の領地を訪れ、女性側と男性側の親族同士が戦う。貴族院は全く関係ない。*26
負けた場合、男側はきっぱり求婚を諦めることが慣例となっている。
ディッターの後で最初の条件を覆されることがないように、必ず契約書を作る。*27
※第592話以降~番外編の表記は「嫁盗りディッター」に統一されている
女性にその気がないため、落としどころがない。 個人で行うディッターの中では一番血みどろになりがち。*28
ダンケルフェルガー特有のディッターである事、ダンケルフェルガー内ですらそうそう行われない事から、他領の大半はここまで凄惨な争いになると理解していない可能性が高い。*29

危険度は極めて高。 男性側が勝利した場合は女性側親族がフルボッコにされて女性が連れて行かれるし、父親が勝利した場合は男性側が女性側親族にフルボッコにされている。基本的に穏便には済まない。何人も死ぬ。*30

新入生歓迎ディッター

ダンケルフェルガー独自の文化。
新入生に発破をかける目的で、新入生が全員、貴族院の寮に到着し次第行われる。*31
騎獣をもたない新入生以外は、寮内の文官見習い、側仕え見習いも含めた在校生の希望者全員が参加可能。*32
従って、通常の宝盗りディッターと異なり、人数制限がない。

礎を奪うディッター

  • 領地の礎を賭けて戦う領地 vs 領地の戦争。礎を奪われて負けると全てが終わるので、全力で戦う。*33
  • 礎を奪われた場合、礎を奪い返そうとするのを防ぐため、前アウブ(即ち奪われた側)は自分の命も奪われるのが通例。*34
  • 前アウブの妻子も同様に命を奪われる可能性が高い。ただし戦後の統治を睨んで子供の一部は生存させたうえで、新アウブの子と結婚させて一族に取り込む場合もある。*35
  • 或いは魔力を目的として白の塔に幽閉されるかもしれない。どちらにせよ平穏無事で自由な身の上となるのはほぼ不可能と思われる。*36

  • 危険度は極めて高い。礎のある(と従来思われていた)場所、即ち城やその周辺の貴族街で戦闘が起こるため、前線で戦う騎士や領主一族だけではなく、貴族の死亡率がかなり高い。巻き込まれた場合、平民も大勢死ぬ。*37

戦績

前1年冬

領地対抗戦

登場話 SS.16 ハイスヒッツェの反省会
ルール 宝盗りディッター
参加者 エーレンフェスト フェルディナンド、エーレンフェストの学生
ダンケルフェルガー ハイスヒッツェ、ダンケルフェルガーの学生
備考 ダンケルフェルガーはフェルディナンドに宝を狩るチームを捕えられたうえに大量の敵を本陣に送られ敗北する。

年代はフェルディナンドはマインとの年齢差+13で、領地対抗戦のディッターに参加できるのが専門コースへ進む貴族院3年(12歳)と仮定した場合の推定です。

0年冬

領地対抗戦

登場話 SS.16 ハイスヒッツェの反省会
ルール 宝盗りディッター
参加者 エーレンフェスト フェルディナンド、エーレンフェストの学生
ダンケルフェルガー ハイスヒッツェ、ダンケルフェルガーの学生
備考 フェルディナンドにダンケルフェルガーの本陣へ魔術具を投げ入れられ隙をつくったところで複数の強豪達に叩き潰され、大惨事になる。

年代は前1年冬と推定した年の翌年です。

10年冬

領地対抗戦

登場話 第342話 春を寿ぐ宴
ルール 速さを競うディッター
エーレンフェスト 参加者 エーレンフェストの騎士見習い
魔獣 不明
成績 15位*38

11年冬

シュバルツとヴァイスの争奪戦

登場話 第308話 宝盗りディッター 前編、第309話 宝盗りディッター 後編
ルール 宝盗りディッター
賭けた物 エーレンフェスト シュバルツとヴァイスの主
ダンケルフェルガー
参加者 エーレンフェスト ローゼマインコルネリウスアンゲリカレオノーレトラウゴットユーディット、エーレンフェストの騎士見習い、計26名
ダンケルフェルガー レスティラウト、ダンケルフェルガーの騎士見習い、計26名
エーレンフェスト フェルツェ
ダンケルフェルガー シュネーフェールト
勝者 エーレンフェスト
備考 シュバルツとヴァイスに相応しい主を決めるために、ルーフェンの提案で行われた。
エーレンフェストは連携が取れてなく、指示を無視した者もいたが、ローゼマインの奇策で勝利した。

ディッターの再戦

登場話 第327話 貴族院へ戻る、書籍版第四部II 主が不在の間に
ルール 宝盗りディッター
参加者 エーレンフェスト アンゲリカコルネリウスレオノーレを除くエーレンフェストの騎士見習い
ダンケルフェルガー ダンケルフェルガーの騎士見習い
勝者 ダンケルフェルガー
備考 ダンケルフェルガーからディッターの再戦の申し込みがあり、断り切れずに受けることになった。
ローゼマインの奇策がなく、主力であるアンゲリカコルネリウスがいないため、あっという間に敗北した。
伏せられた為知られていないが、実は、エーレンフェストの騎士見習い達の慢心を打ち砕くべく、「実力通りに負ける」経験をさせたいレオノーレと、教師の本分として学生を強くさせる協力を惜しまず、かつ、策士の存在が戦況を変えることをダンケルフェルガーの騎士見習い達に実感させたいルーフェンが手を組んだことで、ディッター再戦の申し込みがなされた。

領地対抗戦

登場話 第333話 領地対抗戦
ルール 速さを競うディッター
エーレンフェスト 参加者 エーレンフェストの騎士見習い
魔獣 グリュン
成績 11位

12年冬

本の販売権の争奪戦

登場話 第416話 ディッター勝負 前編、第417話 ディッター勝負 後編
ルール 宝盗りディッター
賭けた物 エーレンフェスト ハイスヒッツェのマント、ダンケルフェルガーの歴史の本の販売権
ダンケルフェルガー フランメルツの実クヴェルヴァイデの葉ヴィンファルの毛皮グランツリングの粉、ダンケルフェルガーから貸し出す全ての本の出版権
参加者 エーレンフェスト フェルディナンド
ダンケルフェルガー ハイスヒッツェ
エーレンフェスト ローゼマイン
ダンケルフェルガー ハンネローレ
勝者 エーレンフェスト
備考 一対一の近接戦闘ではハインスヒッツェが優勢だったが、宝であるローゼマインがシュツェーリアの盾で鉄壁の守りを誇り、アングリーフの祝福でフェルディナンドを強化。接近戦で追い詰められたフェルディナンドが景品のマントを盾にして距離を取り、更には隠し玉の水鉄砲によりダンケルフェルガー勢を遠距離戦で圧倒し逆転勝利を収めた

領地対抗戦

登場話 第418話 領地対抗戦 ディッター
ルール 速さを競うディッター
フレーベルターク 参加者 フレーベルタークの騎士見習い
魔獣 ズィルツェ
アーレンスバッハ
模擬戦8位
参加者 アーレンスバッハの騎士見習い
魔獣 フィンストゥルム
エーレンフェスト
模擬戦6位
参加者 コルネリウスレオノーレユーディットマティアストラウゴット、エーレンフェストの騎士見習い
魔獣 フンデルトタイレン
成績 10位
ハウフレッツェ
模擬戦5位
参加者 ハウフレッツェの騎士見習い
魔獣 不明
備考 フラウレルムによって、エーレンフェストには珍しくて倒すのに非常に時間がかかる魔物が召喚された。

13年冬

ダンケルフェルガーの儀式を見るためのディッター

登場話 第486話 ダンケルフェルガーの儀式 前編、第487話 ダンケルフェルガーの儀式 後編
ルール 速さを競うディッター
参加者 エーレンフェスト レオノーレユーディットマティアストラウゴット、エーレンフェストの騎士見習い
ダンケルフェルガー ダンケルフェルガーの騎士見習い
勝者 ダンケルフェルガー
備考 事前に行った儀式によって、ローゼマインの祝福のかかりすぎで体がついていけなかった。

貴族院の奉納式参加のためのディッター

登場話 第493話 閑話 聖女の儀式 前編
ルール 宝盗りディッター
参加者 クラッセンブルク クラッセンブルクの騎士見習い
ドレヴァンヒェル ドレヴァンヒェルの騎士見習い
ギレッセンマイアー ギレッセンマイアーの騎士見習い。合同か単独かは不明
ハウフレッツェ ハウフレッツェの騎士見習い。合同か単独かは不明
アーレンスバッハ アーレンスバッハの騎士見習い
ヨースブレンナーなど 中小領地合同チームにて参加
インメルディングやフレーベルタークは不参加
ダンケルフェルガー ダンケルフェルガーの騎士見習い
備考 貴族院の奉納式に参加したい領地は、ダンケルフェルガーとディッターを行うことで許可を得た。
中小領地が合同で戦ったものの、あえなく敗北。回復薬が大量に必要な事態になった。

嫁取りディッター

登場話 第498話 対立、第500話 嫁取りディッター 前編
ルール 宝盗りディッター
賭けた物 エーレンフェスト ローゼマインの婚約解消を迫る大領地の圧力を受けること
ダンケルフェルガー ハンネローレの第二夫人としての嫁入り、ローゼマインから手を引くこと
参加者 エーレンフェスト ヴィルフリートイージドールアレクシス
ブリュンヒルデレオノーレユーディットマティアスラウレンツ
ナターリエトラウゴット、低学年を除くエーレンフェストの騎士見習い
ダンケルフェルガー レスティラウトラールタルク、ダンケルフェルガーの騎士見習い
エーレンフェスト ローゼマイン
ダンケルフェルガー ハンネローレ
勝者 エーレンフェスト
備考 両領地の間で事前に取り決めた契約書では、エーレンフェストがハンネローレの第二夫人としての嫁入りを賭けに乗せたためローゼマインから手を引くことが条件から外されていたが、ダンケルフェルガーが契約書として使った紙が契約書としては使えないエーレンフェスト紙であったため、エーレンフェスト側の当事者が誰も契約書だとは思わず、条件が変更されていることを把握していなかった。
領地対抗戦におけるアウブ・ダンケルフェルガーの第一夫人との社交において、ハンネローレの嫁入りを取り消し、勝利したエーレンフェストの望むローゼマインから手を引く条件で改めてすり合わされた。*39
ダンケルフェルガーはこの戦いで、大量の回復薬、秘宝の闇の盾、エーレンフェストへのディッター申し込み権を失い、さらにレスティラウトは自身の描いた絵を失い、ローゼマインから手を引くこととなった。
なおこのディッターは、レスティラウトルーフェンジークリンデに対し、嫁取りディッターであると誤解させることに成功した為に許可が下りたのであって、嫁盗りディッターだと正しく理解されていればルーフェンの許可は下りなかった。*40

領地対抗戦

登場話 第512話 フレーベルタークとの社交とディッター、第513話 ディッター競技とダンケルフェルガーの実演
ルール 速さを競うディッター
アーレンスバッハ
模擬戦10位
参加者 アーレンスバッハの騎士見習い
魔獣 タルクロッシュ
ギレッセンマイアー
模擬戦7位
参加者 ギレッセンマイアーの騎士見習い
魔獣 タウナーデル
エーレンフェスト
模擬戦6位
参加者 エーレンフェストの騎士見習い
魔獣 グミモーカ
クラッセンブルク 参加者 クラッセンブルクの騎士見習い
魔獣 倒しにくい魔獣ではなかった
成績 1位ダンケルフェルガー、2位クラッセンブルク、3位エーレンフェスト
備考 下位領地は以前と同じだが、上位領地は去年を踏まえて趣向を凝らし、珍しい魔物と遭遇した時にどのように対処するのかを競った。
マイナーな魔獣ばかりが出てきて、騎士見習い達が戸惑い時間がかかっている中、エーレンフェストは何の迷いもなく次々と攻撃を繰り出した。

ダンケルフェルガーの騎士団による儀式の実演

登場話 第513話 ディッター競技とダンケルフェルガーの実演
ルール 速さを競うディッター
参加者 ダンケルフェルガーの騎士
備考 領地対抗戦のディッターの後に、ダンケルフェルガーの儀式をディッターと共にダンケルフェルガーの騎士団によって実演された。
ディッターでは素早さも、攻撃の力強さも、複数の祝福を受けても即座に動ける強靭さも、学生達とは雲泥の差があった。

14年冬

領地対抗戦

登場話 SS 34-35話 エックハルト視点 ローゼマインが不在の冬 前後編
ルール 速さを競うディッター
アーレンスバッハ 参加者 アーレンスバッハの騎士見習い
魔獣 不明
成績 大領地最下位
エーレンフェスト 参加者 エーレンフェストの騎士見習い
魔獣 不明
成績 3位
備考 下位領地のディッターで、ダンケルフェルガーが見せた祝福を行っているらしい領地があった。
アーレンスバッハは大領地最弱で、祝福を得ることを覚えたらしい中領地にどんどんと抜かれた。

15年春

エーレンフェストとアーレンスバッハの礎取りディッター

登場話 第596話-第623話
ルール 礎を奪い合う本物のディッター
ローゼマイン陣営 エーレンフェスト 参加者 エーレンフェストの領主一族とその側近、エーレンフェスト騎士団、
ギュンターをはじめとする門の兵士、ダームエルユーディット戦闘特化のシュミル
主目的 エーレンフェストの礎の防衛
ローゼマイン一派
→フェルディナンド・ローゼマイン一派
参加者 ローゼマインコルネリウスレオノーレアンゲリカマティアスラウレンツハルトムートクラリッサエックハルトユストクス
フェルディナンドエックハルトユストクス
ローゼマインコルネリウスレオノーレアンゲリカマティアスラウレンツハルトムートクラリッサ
主目的 フェルディナンドの救助
ランツェナーヴェの兵の排除、エーレンフェストの礎の防衛
ダンケルフェルガー 参加者 ハンネローレハイスヒッツェダンケルフェルガーの騎士
主目的 ローゼマインの援護、フェルディナンドの救助及び本物のディッターへの参戦
アーレンスバッハ 参加者 シュトラール、ランツェナーヴェの兵によって被害を受けたアーレンスバッハの貴族
→アーレンスバッハの騎士5名
主目的 捕らえられた貴族の救助、貴族が死んでできた魔石の回収
→エーレンフェストへ侵攻したアーレンスバッハ貴族の捕縛
イルクナー 参加者 イルクナー子爵ブリギッテイルクナー騎士団、ボニファティウス、エーレンフェスト騎士団の一部
主目的 イルクナーのギーベの館の防衛、イルクナーの山林および紙作り工房の防衛
グリーベル 参加者 グリーベル騎士団
エーレンフェスト騎士団の一部の派遣有無は不明*41
主目的 グリーベルの防衛*42
ゲルラッハ 参加者 ギーベ・ゲルラッハゲルラッハ騎士団長ゲルラッハ騎士団
主目的 ゲルラッハのギーベの館の防衛
ゲオルギーネ陣営 ゲオルギーネ一派 参加者 ゲオルギーネグラオザム、ゲオルギーネに与するアーレンスバッハ貴族、
旧ベルケシュトックのギーベ及び騎士団
主目的 エーレンフェストの礎の奪取或いは破壊
黒の武器でエーレンフェストの土地の魔力を強奪し旧ベルケシュトックの小聖杯に満たす
ランツェナーヴェ 参加者 ランツェナーヴェの兵
主目的 アーレンスバッハにおける反ゲオルギーネ陣営を対象とした、魔力持ち略奪・殺害によって生じる魔石獲得・魔術具等の略奪
備考 エーレンフェストを欲するゲオルギーネらによって引き起こされた大規模な争い。
被害は多いもののエーレンフェスト側の勝利で終了

ユルゲンシュミットの攻防

登場話 第596話-第656話。ユルゲンシュミット陣営が実際に動き出したのは第633話~
ルール -
ユルゲンシュミット陣営 中央 参加者 アナスタージウス王子(644話~)、中央騎士団の騎士
マグダレーナ(647話~)
主目的 外敵排除、現王族の安全確保
ダンケルフェルガー 参加者 アウブ・ダンケルフェルガーハイスヒッツェダンケルフェルガーの騎士
主目的 ツェントの要請に従った中央防衛援助
→聖地たる貴族院の防衛、ランツェナーヴェによるグルトリスハイト取得阻止
アーレンスバッハ+エーレンフェスト 参加者 フェルディナンドローゼマインエックハルトユストクス
コルネリウスレオノーレアンゲリカマティアスラウレンツハルトムートクラリッサアーレンスバッハの騎士
主目的 ランツェナーヴェを引き入れた反逆者達の捕縛と、それに伴うツェントに対する反逆の意思がないことの表明
ランツェナーヴェのアーレンスバッハ侵攻に対する雪辱を果たす
ランツェナーヴェ陣営 ディートリンデ一派 参加者 ディートリンデディートリンデの側近(十名前後)
主目的 グルトリスハイトの取得(ツェントになるのではなく、王族権限獲得が目的?)
→アーレンスバッハの礎奪回も追加
ラオブルート一派 参加者 ラオブルート、中央騎士団の騎士、イマヌエルアルステーデとその側仕え、ブラージウスとその側仕え
主目的 ジェルヴァージオユルゲンシュミットのツェントにする
グルトリスハイトを持つツェントの擁立
ジェルヴァージオ一派 参加者 ジェルヴァージオランツェナーヴェの王族またはその側近*43、その他のランツェナーヴェ人*44
主目的 ツェントの座の簒奪
ランツェナーヴェからユルゲンシュミットへ亡命し、上位者として永住権を獲得する
レオンツィオ一派 参加者 レオンツィオ、ランツェナーヴェの王族またはその側近、その他のランツェナーヴェ人
主目的 シュタープグルトリスハイトの取得による、ランツェナーヴェにおける権力奪還
備考 ユルゲンシュミットのツェントの座や、ランツェナーヴェでの絶対王権を望んだランツェナーヴェと、ジェルヴァージオに忠誠を誓うラオブルートが暗躍し、それらに踊らされたディートリンデが外患誘致をしたことで引き起こされた争い。
エーレンフェストはゲオルギーネ率いるアーレンスバッハとの争いのため参戦が難しく、ダンケルフェルガーを始めとした上位領地に呼びかけた。
ツェントからの要請も無く勝手に動いては逆賊の誹りを受けるため、要請を受けるまではどの領地も騎士を派遣することができない。
王族と連絡がつかなくなったことと、ランツェナーヴェの貴族院での動向が判明したことから、状況によっては、アウブ・ダンケルフェルガーが次期ツェントとなる事も合意した上で、グルトリスハイト取得済で次期ツェント候補たるローゼマインの号令の元、戦端が開かれた。
メスティオノーラの仲介と神々の思惑が入った結果、エアヴェルミーンを審判としたツェントレースに移行。フェルディナンドの暗躍により、ランツェナーヴェ陣営は完封された。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 以前やってた安全性への議論にはある意味答えが出ましたね。死人覚悟のガチバトルと怪我も最小限な競技。どっちの意見も間違ってはいなかった。 (2021-03-01 15:10:45)
    • 1年目の無礼でも何でもない王族遺物を賭けたディッターもダンケルフェルガー的には殺し合いしてるつもりだったんか? (2021-03-01 15:28:32)
      • 1年目の時点ではダンケルも宝取りディッターを経験した世代がいなかったので速さを競うディッターの感覚のままだった。外伝貴族院一年生で、ロゼマとのディッター後にルーフェンからその辺の指導が入ったから感覚が矯正されているはず (2021-03-01 15:39:09)
      • あとはディッター物語の流行で、対人の戦術に意識が上がってるんだよねえ。ローゼマイン的にはディッター物語も「スポーツもの」ぐらいの感想だけど (2021-03-01 19:43:06)
        • ディッター物語はエンタメ部分しか書かれて無くてそのせいで宝取りディッターの亜種の嫁盗りディッターを気楽に考えてた奴もいそう (2021-03-01 23:46:00)
  • 「危険度は極めて高い」と作者に明言されてしまった嫁盗りディッター。これツェントが介入したとしても何人死ぬのかな… (2021-03-01 21:33:40)
    • なるほど、これはレスティラウトが「嫁取りディッター」に見せかけるわけだ・・・。「嫁盗り」だったら絶対許可出なかっただろう。 (2021-03-01 22:16:05)
    • 領地の成人の騎士(軍人)がやりあうんだから文字通り戦争だな (2021-03-02 01:05:30)
      • てかそれくらいのリスクが無いと、相手は勝てば良し負けても何も無しで極めて不公平な勝負になる。嫁盗り仕掛ける側もそれなりの対価か代償を支払うのは当然っちゃ当然。 (2021-03-02 01:11:13)
        • 普通は親族同士の争いなのに領地間になったせいで領地同士の戦争にランクアップしてしまった… (2021-03-02 01:14:52)
          • ほぼ間違いなくレスティラウトが原因で領地間の嫁盗りディッターが軽く見られてるんだろうな。嫁盗りに失敗したらフルボッコにされるという制裁も無しでリスクゼロだった(ハンネの嫁入りはレスティラウトにはリスクになってない)。こんなんだったら嫁盗りディッターは仕掛けた者勝ちと思われても仕方ない (2021-03-02 01:29:21)
          • 今、は冬だろ? なんで学生じゃない成人参加の領地間闘争が、貴族院期間に開催されることになるのか理解不能だ…。 (2021-03-02 17:17:24)
            • 突然何言いだしたのかはわからんが、領主候補生の婚約は春の領主会議までに決着付けたい話だから冬開催になると思うぞ。領主会議後にやったら承認取れなくて卒業式パートナーなしだ (2021-03-02 21:16:02)
              • ケントリプスにとっては今冬が期限で、ラザンタルクやほかのディッター申し込み領地からすると、ハンネローレの卒業エスコートが狙い。色合わせなんかを考えると、ディッター申し込み領地も、結局今冬に決着つけたいってところかな。 (2021-03-02 21:30:27)
              • いや、貴族院期間って本来は学生の教育の場でしょ? そこに成人が行う複数の領地を巻き込んだ嫁盗りディッター開催って、本分とかけ離れ過ぎちゃったって意味だよ。本来は、卒業式後領主会議前に行うのが最も教育に混乱が少ないはず。卒業式のエスコートに影響が大きいのは確かだけど。 (2021-03-03 08:25:11)
                • 学生たちの前でディッターさせれば、観戦が出来る程度のレベルには抑えてくれるだろうからマシかもしれない (2021-03-03 08:33:07)
                • ツェントとアウブ・ダンケル間での調整が始まったばかりなのでその辺はまだ未定じゃないかな。ハンネさんの言い分からすると、当初のダンケル側の予定は場所としての貴族院を舞台とせずダンケル領内で、次期は領主会議までに行われる予定で、成人含めた全戦力を動員。 ツェント介入により場所は貴族院になったけど、時期の言及は無い。「貴族院」という言葉に場所と学校と、複数の意味があるからわかりにくいね (2021-03-03 09:03:25)
  • エグ介入の嫁盗りディッターは魔術具は制限されるけどシュタープから作り出す神具はどうなんだろうな?ダンケルフェルガーの事だからプロの騎士達はディッターで使える神具を槍以外にも使えるようになってそうだ。 (2021-03-03 04:01:02)
    • ライデン槍、冬の剣、風の盾、癒しの杖は戦闘に使えるか。魔力バカ食いだからどうだろうね。 神具より乗込型騎獣による爆撃や轢殺、空挺のほうが怖い。ダンケルなら戦術的価値を見出して変更してる成人騎士がいてもおかしくないんだよね。 (2021-03-03 09:28:54)
      • 乗り込み型騎獣使ってる成人ダンケ騎士なら本編に登場しているよ。アダルジーザ攻めた時。 (2021-03-03 10:07:11)
      • 魔術具や回復薬が陣地に地上固定だったものが、空中に分散配置されるのか。ロゼマ嫁盗り戦の時とは違うな。 (2021-03-03 10:37:00)
      • ロゼマのレッサー君が館ごと敵を倒す戦果をあげてるから、それを見たダンケルが参考にして乗り込み型騎獣をディッターに取り入れてるんじゃないかな。あいつらディッターのためなら惜しみ無い努力をする戦闘民族だし (2021-03-03 20:06:37)
    • ディッターに痺れ薬やネガローシ爆弾を使ってたけど、嫁盗りで毒はOKなのかな? ツェント裁定で制限されると思うけど、線引きが微妙だ…。 (2021-03-03 17:38:00)
      • 魔術具じゃないなら「これ使っていいですか?」というお伺いも必要無いから止められる機会すら無いんじゃね? (2021-03-03 17:56:35)
      • 身動き数日できなくなる痺れ薬や睡眠薬ならツェントルール上セーフになりそうだな (2021-03-03 20:08:18)
  • アウブダンケルは全領地から「お前の息子は安全に嫁盗りディッターをした癖に俺達には命がけの戦いを強要するのか?」と責められるんじゃね? (2021-03-03 21:15:13)
    • ダンケルが考えてもいなかった無礼な嫁盗りディッターを言い出して申し込んだの他領なんだから「嫌ならディッター申し込みを取り下げればいい」で終わりでは。それについて文句言えるのは、当時無理やりやることになってしまったエーレンだけじゃない? (2021-03-03 21:33:10)
      • 無条件で辞めれるならそうするだろうけど謝罪と賠償付だからなかなか難しいと思うぞ。特に上位領地は。 (2021-03-04 18:44:19)
    • 本質が嫁盗りだけど契約上は嫁取りディッターとしての実行だろあれ。嫁盗りであるならレスが学生を率いて挑む話にはならないし、許可が出てないとさんざん書かれてるはず (2021-03-03 22:34:28)
      • 実際に嫁盗りディッターをしたんだから許可出てる出てないは関係無い。ローゼマインは明らかにレスティラウトを拒む動きをしてたしそれを見て「あれは互いに結婚したがってるから嫁取りだ」と考える馬鹿はいないだろ。あの勝負を見れば「嫁盗りディッターに勝てば何も失わずに女を奪えるんだ!」と思って当然。 (2021-03-03 23:09:23)
        • 問題にしている点が違う。あれは嫁盗りディッターだったよろしくなかったと反省するのは結構だが、契約上嫁取りとして実行されたのであれば今回の前例にはできないと言ってる (2021-03-03 23:17:19)
          • 凄惨な嫁盗りディッターなのにルールのみを温い方の嫁取りに変更した卑怯者扱いになりそうだな。 (2021-03-03 23:30:32)
            • レスティラウトはそのへん突かれてもしかたないかもね これからやるハンネ嫁盗りにはなんら影響ないけど (2021-03-03 23:37:29)
            • 作者に傲慢&悪辣呼ばわりされちゃったし、多少はね・・・。 (2021-03-04 07:45:53)
              • 「今後ローゼマインを求めない」の条項を消して「ハンネローレを嫁入りさせる」に変えたのって、ハンネ嫁入りの損害よりもまたロゼマを求めて性懲りも無く嫁盗りディッター仕掛けることが出来るメリットのほうが大きいと思ったからだろうか? (2021-03-04 18:42:56)
                • 「(前略)領地の力に圧倒的な差があるのだから、領地同士の戦いになりそうなディッターを避けようとするだろう。 ……とか考えていた」これを見る限りおそらく負ける発想自体がないので邪推 (2021-03-04 21:49:43)
          • 嫁取も嫁盗も他領からすると違いわからんだろうしな (2021-03-04 01:39:17)
            • 正しい嫁盗りディッターやってたら、予め仕込んだトロンベやキレたボニファティウスがレスティラウトをボコボコにして殺してた可能性もあるな。 (2021-03-04 01:46:12)
  • ハンネ盗りディッターは何故一領地ずつ相手にしないんだ?一度に相手にすると明らかに徒党を組まれそうで脅威だし、最初の相手を半殺しにすればその後の領地は恐怖で棄権してくれそうなのに。 (2021-03-05 19:14:52)
    • 嫁盗りディッターされる側を想定していたからじゃないかな。つまりダンケル領地での防衛戦。1領地ずつだと、防衛期間が長くなるからダンケル側の疲弊度が上がるし、半殺しにしたことを他の領地に気づいてもらえないので見せしめにもならない。まとめて相手してやる!なディッターならば、敵領地は早い者勝ちになるのでどこも短期決戦で襲ってくるので、それを領地境界線で潰していけばいい (2021-03-05 19:20:58)
      • ダンケルvs下位領地だと、ダンケルvsエーレン(2回目)の時と同じくらい何の苦労も無く秒殺になると思う。ある程度渡り合えるのはドレヴァンヒェルとクラッセンブルクともしかしたらコリンツダウムくらいと予想する。 (2021-03-05 19:23:55)
        • 戦略や回復薬補給の点で、最初のディッターがダンケルに最も有利で、最後のディッターが最も不利になる。極端な話、庇護下の領地を次々にダンケルにけし掛けて消耗させ、敗戦の反省を重ねてクラッセンが最後の挑戦者となれば勝率はぐんと上がる。同時に行えば昔の宝取りディッターのレベルアップしたバージョンで、当時フェルディナンドの策謀年代以外は無敗だったので勝つ自信があるともいえる。 (2021-03-07 11:45:26)
          • 一度の開催で次々に当たるならまだしも休む時間と準備期間与える別開催は波状攻撃でなく戦力の逐次投入。最悪の愚策の一つだよ (2021-03-07 17:50:36)
      • 公平性の観点から相手するのは1日1領地までという条件をつけても一切文句言われずに受け入れられるんじゃね (2021-03-05 19:31:27)
        • 1日1領地だけという条件はダンケルが全勝する場合のみの前提じゃね?だって(ありえないけど)最初にダンケルに勝った領地がハンネの所有権を得るってことだろ。勝ち確の可能性を見いだしてるオルトは最初の挑戦権譲らないだろうし、身の程知らずの金粉はどうせ負けるだろうけどドレヴァンに先攻譲れと要求してきそうだし。ただのディッターではなく賞品1人しかいない特殊なディッター争奪戦なのだから、1戦バトロワになるの当然なのでは? (2021-03-06 13:43:29)
    • ドレヴァンヒェルが正式に嫁盗りディッター申し込んだ時点で、協力して金粉を袋だたきにする密約しているのでは? と予想。 (2021-03-05 19:35:54)
      • 今後の憂いを絶つには金粉ぶっ殺すのが一番早いしな(笑) 殺さないにしてもダンケルフェルガー及びドレヴァンヒェル側も金粉をいたぶって「元王族だか何だか知らんがもうこっちのほうが偉いんじゃ。2度と調子に乗んなよ?」と思い知らせるには良い機会か。翌年にはドレヴァンヒェルがコリンツダウムの順位を抜いてそうだし。 (2021-03-05 20:36:11)
        • 「後顧の憂い」な。 (2021-03-06 20:34:14)
      • 密約しなくても息ぴったりに挟み撃ちフルボッコする図しか想像できない (2021-03-05 21:33:23)
    • 何回かに分けて、もしダンケルに勝ったのが複数出たらどうするの? 決勝戦する? と考えると単に面倒だしフェアじゃないからね。全勢力ごちゃまぜバトルトワイアル一回勝負が妥当だよ。 (2021-03-06 02:56:15)
      • 早い者勝ちか勝った奴ら同士でまた勝負すりゃいいんじゃねえの?順番の早い領地は他の領地にチャンスすら与えずに勝てる可能性があるメリットがあるし、順番遅い領地はダンケルの戦略を見ることができるメリットがある。順番の早い遅いは一長一短でどちらかが一方的に不利とかは無いと思う。 (2021-03-06 13:38:38)
        • 挑戦者同士が協力したり裏切ったり、はてまた他の思惑もあったりするのも含めて嫁盗りディッターなのでしょう。金粉にはそれが裏目に出そうな予感。 (2021-03-06 14:58:07)
    • 宝盗りディッターはダンケルにのみ残る風習。領内で行なう場合、複数求婚者やその親戚・知人など総出のディッターになると思われ、その手法を今回も適応しただけだろう。作者様の「フルボッコ」の表現からすると、嫁盗りディッターは「宝が陣から出たら終了」ではなくもしかしたら「動ける者がいるうちは継続」なのでは。その条件ならば、複数が対象でも絶対に勝てる自信があるに違いない。 (2021-03-06 08:37:09)
      • 陣から出たらじゃなくて宝を自陣に入れたチームの勝利じゃないかな。宝盗りディッターの宝がお嫁さん版なわけだし。ロゼマ盗りディッターの場合は双方が盗る側なのとサシだから出た時点で終了だっただけで (2021-03-06 10:35:54)
        • そういや嫁取り/嫁盗りディッターって仕掛ける側の宝はどうなるんだっけ?それとも宝は無しで、勝つかあるいは降伏すら許されずボコボコにされるかのどちらかか? (2021-03-06 11:03:47)
          • フルボッコ、なのだから婿候補側の敗北条件は肉体的に動けなくなるまでダメージを受けることだと思う。 (2021-03-06 13:23:01)
            • 攻撃側の宝は求婚者本人かな?敗北は全員戦闘不能かな。時間切れもあるだろうし、 (2021-03-06 15:03:49)
  • 11年時の秒殺ディッターは、エーレンが宝を持ち帰る途中で襲撃されてそのまま終わった感じだろうか? (2021-03-10 17:07:39)
  • 礎を取るディッターをやる時に金粉の許可証云々の話があったけど、礎の取り合いは領地間の問題であって王族は不干渉が原則じゃなかったっけ?悪意100%の強盗目的の礎取りディッターだったとしても礎を奪われる方が悪いという慣例だった気がするが。 (2021-03-10 18:10:01)
    • 政変後は、訪問者も訪問先も勝ち組領地でない場合において、領主や領主候補生が他領を訪問するのは、反乱を疑われかねない行為として問題視されていた。(ふぁんぶっく5Q&A)  一応、エーレンを勝ち組領地扱いをしてくれるよう打診し、その方向で検討しようという回答は貰っているけど。 生粋の勝ち組領地に、なんちゃて勝ち組が攻める以上、王族の許可を取っておいた方が無難なのは確かかと。 (2021-03-10 18:56:57)
      • それにアーレンにはヒルデ王子の入婿が決まっている。王命にも関わる以上、王族の許可があるのが望ましい。 (2021-03-10 20:33:42)
    • 外国勢力による王位簒奪を企むアーレンを誅するのは同じ罪を犯したアイランライヒ後身のエーレンの責務、というご立派な建前を金粉に許可してもらった、つまり通常の領地間抗争ではない、というお話だったと思いますが (2021-03-10 21:41:19)
      • 建前と言うか、大義名分はそれだね。 ただエーレンが王族に事前許可を取ろうとした根本理由は、上の政変後の事業が原因だと思う。 (2021-03-12 07:56:42)
        • ましてや内々とはいえ王子の第三夫人予定のロゼマが動くわけだしな (2021-03-12 10:19:35)
    • 礎奪われた側は「奪われる方が悪い」で終わりだよ。でも奪った側がゲオみたいな碌でなしの場合、ツェントは国の安定のために出兵しなきゃいけない。例えランツェ侵略が無くても、ゲオの治める新生エーレンが復讐前提なら間違いなくエーレン...ひいては国が荒れるでしょ。 (2021-03-10 23:45:53)
  • 500話~502話の嫁取りディッターについて、ルーフェンをはじめとしてダンケルフェルガーの大半が嫁取りディッターと誤認しているようですがどうしてなのでしょう。始まるまではレス兄の工作でそう思っていたとしても仕方がないとは思います。しかし、ロゼマが宝になっていて、もし嫁取りディッターだとすればロゼマが陣地から出ることでロゼマとレス兄の想いを成し遂げられますが、ロゼマが陣地から出るそぶりも、宝取りディッターのようにエーレンフェスト陣営がロゼマが陣地から出ないようにけん制するそぶりも見せていないと思うのですが、誰も疑問に思わなかったのでしょうか? (2022-03-26 22:51:29)
    • ディッターでわざと負けるなんてとんでもない(ダンケルフェルガー脳) (2022-03-26 23:05:25)
      • 流石ディッター好きのローゼマイン様。いかなる時でも全力を尽くさなければいけないディッターの神聖さを良く分かっておられる。 (2022-03-27 09:44:44)
    • ローゼマインが始めっから陣を出ちゃったら、神聖なディッターを汚す行為と見做されるのかもね。たとえダンケル陣が疑問に思ったとしても、ディッターの最中に気を逸らして負けるわけにはいかないでしょ。ディッター後は優秀なレス兄の側近が取り繕って、アウブ夫妻に報告が上がらないようにしてたのでは。 (2022-03-26 23:47:02)
      • 戦後はハンネが嫁取りを成功させたということがメインの報告がなされたと思います。このディッターを利用してエーレンへの嫁入りするために策略をめぐらしたとされたハンネが自陣を出たことはとがめられていませんし、そんなことをすることがわかっていたらハンネを一人にはさせなかったようです(5-II エピローグ)。 (2022-03-27 01:25:29)
        • その辺の流れはコルドゥラがハンネローレの策略ってことにするために話を持っていったからではないかね。その場で気が変わってディッターを投げ出したのと、タイミングを測っていたのだと言うのでは戦略や策略家の評価が高いダンケルフェルガーの感じ方が変わると思われる。 (2022-03-27 16:05:43)
  • ダンケルフェルガー式求婚があるのになんで嫁取りディッターするの? (2022-05-29 17:34:47)
    • 単純に言えばダンケル式求婚は女性から男性への求婚(課題)申し込みで嫁取りディッターは男性(の家)から女性(の家)への求婚申し込みだよ(もろもろ理由はある) (2022-05-29 18:20:05)
      • どっちが強いかは関係なく男がクラリッサ式求愛をかましたら見目から確実に犯罪者扱いされるだろうけどね・・・ (2022-05-29 19:32:19)
    • 本人同士でやるのが求婚で当人同士では合意しているのに家が反対している場合に行われるのが嫁取りディッターだ。全く別物だぞ。 (2022-05-29 18:55:38)
    • 通常は親同士の意向だけで婚約が成立するけど、親同士の意向に対し当事者が異議を持っていて、かつ、異議を押し通そうとした場合、本人の性別(M/F)、本人と相手の意向の合致有無(Y1/N1)、本人と本人の親の意向の合致有無(Y2/N2)、本人と相手の親の意向の合致有無(Y3/N3)の組み合わせでとる手段が変わる。 ⇒ M・N1・N3→嫁盗りディッター、F・N1・N2→ダンケルフェルガー式の求婚、Y1・N2・N3→嫁取りディッター (2022-05-29 19:00:57)
      • 両思いなら女性がダンケルフェルガー式すればおわらないか? (2022-05-30 04:05:24)
        • 男性側が強すぎて女性が相手を押し倒せそうにない場合や、ダンケルフェルがー式求婚で課題を勝ち取って来たけどそれでも親が反対する場合などに行われるんじゃないか? (2022-05-30 05:27:41)
          • 本来、女性が男性から課題を受けるのがダンケル式で女性が男性を押し倒して恫喝の後に課題を受けるのはクラリッサ式では?ハンネはヴィルを押し倒して課題を受けようとして拒否されてる。これらはディッターといえるのかな? (2022-05-30 05:42:20)
        • 最初から両想いの場合、課題を『武をもって勝ち取った』とは見なせないのでは? 幾らでも甘く出来るから、不正、出来レースの類と見なされる気がする。 (2022-05-30 05:53:26)
          • 両想いなら二人揃って親を説得すりゃ済むハナシだしね。それで嫁親が了承しなけりゃ嫁取りディッターで黙らせる (2022-05-31 01:42:13)
  • 速さを競うディッターで教師がターニスベファレンやトロンベを召喚するのはあり? (2023-01-04 02:56:01)
    • 技術的に可能かどうかなら可能だろうし、ルール内として許されるかどうかで言うなら、学生には黒の武器の使用が禁じられてること考えれば明らかに不適切だろ(事実上倒せないんだから) (2023-01-04 03:42:01)
    • 黒の呪文は教師ですら教えられるものじゃないし使うのも許可が必要だから問題視されると思うそうじゃないと使用許可の出てない領地にも教えないといけなくなるし (2023-01-04 12:23:11)
    • 黒の武器でしか倒せない魔獣・魔木がいる、と示すために講義で召喚するのはありだろう。しかし領地対抗戦の「速さを競うディッター」で召喚する意味がない。フラウレルムがそれをやったら「反則」で、多分彼女に処罰。 (2023-01-04 13:34:10)
最終更新:2023年01月12日 07:50

*1 第213話 収穫祭

*2 第296話 初めての土の日

*3 2021年 03月01日 活動報告

*4 第592話 戦いの準備

*5 第481話

*6 2021年 03月01日 活動報告

*7 第308話 宝盗りディッター 前編

*8 第417話 ディッター勝負 後編

*9 2021年 03月01日 活動報告

*10 第358話、第499話

*11 第499話

*12 貴族院一年生「素晴らしきディッター」

*13 2021年 03月01日 活動報告、ふぁんぶっく5Q&A

*14 2021年 03月01日 活動報告

*15 第296話 初めての土の日、2021年 03月01日 活動報告

*16 第296話 初めての土の日

*17 貴族院一年生「素晴らしきディッター」

*18 貴族院一年生「素晴らしきディッター」

*19 第358話

*20 2021年 03月01日 活動報告

*21 書籍版第五部III「娘の意見と覚悟」

*22 2021年 03月01日 活動報告

*23 第508話 ダンケルフェルガーとの社交 後編

*24 2021年 03月01日 活動報告

*25 書籍版第五部III「娘の意見と覚悟」

*26 ハンネローレ外伝第25話 ツェントからの呼び出し 後編

*27 第508話 ダンケルフェルガーとの社交 後編

*28 2021年 03月01日 活動報告

*29 ハンネローレ外伝第25話 ツェントからの呼び出し 後編

*30 2021年 03月01日 活動報告

*31 第508話 ダンケルフェルガーとの社交 後編

*32 第508話 ダンケルフェルガーとの社交 後編

*33 2021年 03月01日 活動報告

*34 第588話 礎の魔術

*35 第588話 礎の魔術

*36 第588話 礎の魔術

*37 2021年 03月01日 活動報告

*38 第514話より、表彰式では「総合成績」という順位のは公表していない。更に、第358話の「貴族院での成績はかなり向上した~もう少し上の順位であった」の報告を見るに、貴族院の総合成績が公表されるのは、領地対抗戦後の表彰式ではなく、領主会議中。その一方で、目標達成の褒美は領主会議以前に与えることを決定している(=領地対抗戦の表彰式で順位が分かる成績が対象)。加えて、第311話のハルトムートの協力理由は側近全員が褒美を受ける対象であるからである上、協力内容が騎士活動に限定している(=騎士以外の活躍も必要な総合成績ではなく、騎士のディッターが対象と類推可能)。従って、第311話の「去年は15位だった領地対抗戦での成績」は、去年の領地対抗戦のディッターを指すと考えられる。この場合、第342話の「これまでは14位だった」の14位は去年の順位ではなく、エーレンフェストの過去最高位を指すと推測される。

*39 第508話 ダンケルフェルガーとの社交 後編

*40 書籍版第五部III「娘の意見と覚悟」

*41 ゲルラッハと異なりイルクナーに隣接していて派遣しやすいことから、イルクナー派遣組から一部グリーベルへ派遣していた可能性もある

*42 本編内では主戦場の特定まではされていない

*43 レオンツィオ派との配分は不明だが、両者併せて最低7名

*44 レオンツィオ派との配分は不明だが、両者併せて最低4名