貴族院での社交メンバー


概要

貴族院でローゼマイン達が交流するメンバーをまとめる。

基本的に、領主候補生の親睦会やお茶会に参加出来る、領主候補生や代理のメンバー
作中では学年が漢数字で表記されているため、ここでも漢数字で統一する。

一年生

領地の
順位
 所 属   学 年   名 前   身 分   備 考 
- 王族 六年生 アナスタージウス*1 第二王子 第一夫人の第二子で第二王子
1位 クラッセンブルク 六年生 エグランティーヌ*2 領主候補生 先代アウブの養女
政変で亡くなった第三王子の王女だった*3*4
五年生*5 ヘンスフェン 領主候補生 第二夫人の子
エグランティーヌと交流がないのかもしれない*6
2位 ダンケルフェルガー 四年生 レスティラウト*7 領主候補生 第一夫人の子で次期領主
一年生 ハンネローレ*8 領主候補生 第一夫人の子
3位 ドレヴァンヒェル
(6人以上*9
六年生 ? 領主候補生 領主の養子かオルトヴィーンの異母兄かレティーツィアの同母兄*10
五年生 アドルフィーネ 領主候補生 オルトヴィーンと同母(第一夫人の子)
エグランティーヌのお友達*11
(三~六年生)*12 領主候補生 オルトヴィーンの異母兄
(三~六年生)*13 ? 領主候補生 領主の養子かオルトヴィーンの異母兄姉かレティーツィアの同母兄
(二~四年生)*14 領主候補生 アドルフィーネの異母妹
一年生 オルトヴィーン 領主候補生 アドルフィーネと同母(第一夫人の子)
4位 ギレッセンマイアー 領主候補生がいたとしたら、女性
5位 ハウフレッツェ 五年生 領主候補生 ナーエラッヒェの異母妹
三年生 領主候補生
6位 アーレンスバッハ 四年生 ディートリンデ*15 領主候補生 第三夫人ゲオルギーネの子*16で次期領主
ヴィルフリート達とは従兄弟
7位 ガウスビュッテル*17 一年生 コンラーディン*18 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*19
8位*20 ヨースブレンナー 三年生 フェアツィーレ 上級貴族 領主候補生はいない
ローゼマインの開催した全領地のお茶会に出席
領主候補生の側近*21
9位*22 キルシュネライト 一年生 フランツィスカ 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*23
10位 インメルディンク 二年生 ムレンロイエ 領主候補生
11位*24 レームブルック 一年生 エルフリーデ 領主候補生
13位 エーレンフェスト 一年生 ヴィルフリート 領主候補生
一年生 ローゼマイン 領主候補生 図書委員
エーレンフェストの神殿長
14位 ベルシュマン ??年生 ? 領主候補生*25 *26
15位 フレーベルターク 五年生 リュディガー*27 領主候補生 第一夫人の子
ヴィルフリート達とは従兄弟
16位*28 ロスレンゲル 一年生 マルガレーテ*29 領主候補生 ローゼマインと同級生*30
18位*31 リンデンタール 一年生 ダーヴィット*32 領主候補生 ローゼマインと同級生*33
20位*34 クヴァントレープ 一年生 フリーデリーケ*35 領主候補生

二年生

領地の
順位
 所 属   学 年   名 前   身 分   備 考 
- 王族 -三年生 ヒルデブラント*36 第三王子 第三夫人マグダレーナの第一子で第三王子*37
この秋に洗礼式を終えた
アーレンスバッハのレティーツィアと婚約。臣下に下る予定*38
図書委員*39
1位 クラッセンブルク 六年生*40 ヘンスフェン 領主候補生 第二夫人の子
エグランティーヌと交流がないのかもしれない*41
??年生 上級貴族 アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*42
2位 ダンケルフェルガー 五年生 レスティラウト 領主候補生 第一夫人の子で次期領主
二年生 ハンネローレ 領主候補生 第一夫人の子
図書委員*43
アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*44
3位 ドレヴァンヒェル
(4人)*45
六年生 アドルフィーネ*46 領主候補生 オルトヴィーンと同母(第一夫人の子)
エグランティーヌのお友達。ジギスヴァルトと婚約*47
4人の中では学年または母親の地位が最も上と推測される*48
上位領地のお茶会を主催する。
(四~六年生)*49 (男)*50 領主候補生 領主の養子かオルトヴィーンの異母兄
(三~五年生)*51 領主候補生 アドルフィーネの異母妹
アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*52*53
二年生 オルトヴィーン*54 領主候補生 同級生
アドルフィーネと同母(第一夫人の子)
ヴィルフリート相手にエーレンフェスト躍進の秘密を探る*55
4位 ギレッセンマイアー 一年生 ルーツィンデ 領主候補生 シャルロッテと交流がある
アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*56
5位 ハウフレッツェ 六年生 領主候補生 卒業式の奉納舞の光の女神役*57
四年生 領主候補生 アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*58
6位 アーレンスバッハ 五年生 ディートリンデ 領主候補生 第三夫人ゲオルギーネの子で次期領主
ヴィルフリート達とは従兄弟
アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*59
?位 ガウスビュッテル*60 二年生 コンラーディン*61 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*62
?位 キルシュネライト 二年生 フランツィスカ 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*63
??位 ヨースブレンナー 四年生 フェアツィーレ 上級貴族 領主候補生の側近*64
10位 エーレンフェスト 二年生 ヴィルフリート 領主候補生
二年生 ローゼマイン 領主候補生 図書委員
エーレンフェストの神殿長
アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*65
一年生 シャルロッテ 領主候補生 アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*66
11位 インメルディンク 三年生 ムレンロイエ 領主候補生
??位 レームブルック 二年生 エルフリーデ 領主候補生
15位 フレーベルターク 六年生 リュディガー 領主候補生 第一夫人の子
ヴィルフリート達とは従兄弟
??位 ロスレンゲル 二年生 マルガレーテ*67 領主候補生 ローゼマインと同級生*68
??位 リンデンタール 二年生 ダーヴィット*69 領主候補生 ローゼマインと同級生*70
??位 クヴァントレープ 二年生 フリーデリーケ*71 領主候補生

三年生

領地の
順位
 所 属   学 年   名 前   身 分   備 考 
- 王族 -二年生 ヒルデブラント 第三王子 第三夫人マグダレーナの第一子で第三王子
アーレンスバッハのレティーツィアと婚約。臣下に下る予定
図書委員
1位 クラッセンブルク 六年生 上級貴族 領主候補生がいない*72
2位 ダンケルフェルガー 六年生 レスティラウト 領主候補生 第一夫人の子で次期領主
三年生 ハンネローレ 領主候補生 第一夫人の子
図書委員
3位 ドレヴァンヒェル
(2~?人)
(五~六年生) (男?) 領主候補生 *73
(四~六年生) 領主候補生 二年生の時に紹介されたアドルフィーネの異母妹
アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会に出席*74*75
三年生 オルトヴィーン 領主候補生 第一夫人の子
(一年生) ? 領主候補生 *76
4位 ギレッセンマイアー 二年生 ルーツィンデ 領主候補生 シャルロッテと交流がある
5位 ハウフレッツェ 五年生 領主候補生
6位 アーレンスバッハ 六年生 ディートリンデ 領主候補生 第三夫人ゲオルギーネの子で次期領主
ヴィルフリート達とは従兄弟
7位 ガウスビュッテル*77 三年生 コンラーディン*78 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*79
8位 エーレンフェスト 三年生 ヴィルフリート 領主候補生
三年生 ローゼマイン 領主候補生 図書委員
エーレンフェストの神殿長
二年生 シャルロッテ 領主候補生
9位 キルシュネライト 三年生 フランツィスカ 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*80
10位 ヨースブレンナー 五年生 フェアツィーレ 上級貴族 領主候補生の側近
三年生 リュールラディ 上級貴族 中下位領地のお茶会に出席*81
??位 インメルディンク 四年生 ムレンロイエ 領主候補生 中下位領地のお茶会に出席*82
??位 レームブルック 三年生 エルフリーデ 領主候補生
??位 フレーベルターク 六年生 上級貴族
??位 ロスレンゲル 三年生 マルガレーテ*83 領主候補生 ローゼマインと同級生*84
??位 リンデンタール 三年生 ダーヴィット*85 領主候補生 ローゼマインと同級生*86
??位 クヴァントレープ 三年生 フリーデリーケ*87 領主候補生

四年生

神々の御加護を得る方法やその効果が知られたことで養子縁組で領主候補生になる人が増えている。
領地の
順位
 所 属   学 年   名 前   身 分   備 考 
- 王族 -一年生 ヒルデブラント 第三王子 第三夫人マグダレーナの第一子で第三王子
アーレンスバッハのレティーツィアと婚約。臣下に下る予定
図書委員
1位 クラッセンブルク 一年生 ジャンシアーヌ 領主候補生 第三夫人の子。*88おっとり
2位 ダンケルフェルガー 四年生 ハンネローレ 領主候補生 第一夫人の子
図書委員
3位 ドレヴァンヒェル
(2~?人)
(六年生) (男?) 領主候補生 *89
(五~六年生) 領主候補生 二年生の時に紹介された異母妹*90
四年生 オルトヴィーン 領主候補生 第一夫人の子
学年または母親の地位が最も上と推測される*91
複数いて、年下が増えていることのみ確定
(一~二年生) ? 領主候補生 *92
(一年生) ? 領主候補生 小さい*93
4位 ギレッセンマイアー 三年生 ルーツィンデ 領主候補生 シャルロッテと交流がある
去年までは領主候補生は女性ばかりだった
弟と妹を紹介した。
二年生 領主候補生 養子。この秋に養子縁組した*94
一年生 領主候補生 *95
5位 ハウフレッツェ 六年生 領主候補生 弟妹がいる。
二年生 領主候補生 ヴィルフリートと交流がある
(養子かもしれない)
一年生 領主候補生 新入生。
6位 アーレンスバッハ 六年生 マルティナ 上級貴族 ディートリンデの側近*96
7位 ガウスビュッテル*97 四年生 コンラーディン*98 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*99
8位 エーレンフェスト 四年生 ヴィルフリート 領主候補生
四年生 ローゼマイン 領主候補生 図書委員
エーレンフェストの神殿長
三年生 シャルロッテ 領主候補生
??位 キルシュネライト 四年生 フランツィスカ 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*100
??位 ヨースブレンナー 六年生 フェアツィーレ 上級貴族 領主候補生の側近
四年生 リュールラディ 上級貴族
??位 インメルディンク 五年生*101 ムレンロイエ 領主候補生
??位 レームブルック 四年生 エルフリーデ 領主候補生
??位 フレーベルターク 六年生 ?? 上級貴族 神事と収穫量の共同研究について打合せ*102
??位 ロスレンゲル 四年生 マルガレーテ*103 領主候補生 ローゼマインと同級生*104
??位 リンデンタール 四年生 ダーヴィット*105 領主候補生 ローゼマインと同級生*106
??位 クヴァントレープ 四年生 フリーデリーケ*107 領主候補生

五年生

領地の
順位
 所 属   学 年   名 前   身 分   備 考 
- 王族 エグランティーヌ 中央神殿長
アナスタージウス 王配
6位 アレキサンドリア 五年生 ローゼマイン アウブ アウブ・アレキサンドリア本人*108
女神の化身
1位 ダンケルフェルガー 五年生 ハンネローレ 領主候補生 第一夫人の子
図書委員
一年生 ラオフェレーグ 領主候補生 第二夫人の子
2位 ブルーメフェルト 一年生 ヒルデブラント 領主候補生 ブルーメフェルトの第一夫人マグダレーナの子で元王子
アレキサンドリアのレティーツィアと婚約している
図書委員。シュタープ封じの枷。側近ががらりと変わった*109
3位 コリンツダウム 六年生 上級貴族 分別のない者ではなさそう。余裕がみえる*110
4位 クラッセンブルク 二年生 ジャンシアーヌ 領主候補生 第三夫人の子。おっとり
5位 ドレヴァンヒェル
(5人)*111
(六年生) 領主候補生 二年生の時に紹介された異母妹*112
五年生 オルトヴィーン 領主候補生 第一夫人の子
5人の中では学年または母親の地位が最も上と推測される*113
(一~三年生) ? 領主候補生 *114
(二年生) ? 領主候補生 *115
(一年生) ? 領主候補生 *116
6位 アレキサンドリア 一年生 レティーツィア 領主候補生 アウブ・アレキサンドリアの養女予定。図書委員*117
ブルーメフェルトのヒルデブラントと婚約している
ローゼマインに可愛がられている
7位 ハウフレッツェ 三年生 領主候補生 ヴィルフリートと交流がある
女性2人をエスコート
二年生 領主候補生
??年生 領主候補生 *118
8位 エーレンフェスト 五年生 ヴィルフリート 領主候補生 ローゼマインの紋章と全く意匠の異なるネックレス*119
四年生 シャルロッテ 領主候補生 ローゼマインの紋章のネックレス*120
9位 ガウスビュッテル*121 五年生 コンラーディン*122 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*123
10位 ギレッセンマイアー 四年生 ルーツィンデ 領主候補生
三年生 領主候補生 養子
二年生 領主候補生
??位 キルシュネライト 五年生 フランツィスカ 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*124
??位 ヨースブレンナー
??位 インメルディンク 六年生 ムレンロイエ 領主候補生
??位 レームブルック 五年生 エルフリーデ 領主候補生
??位 フレーベルターク
??位 ロスレンゲル 五年生 マルガレーテ*125 領主候補生 ローゼマインと同級生*126
??位 リンデンタール 五年生 ダーヴィット*127 領主候補生 ローゼマインと同級生*128
??位 クヴァントレープ 五年生 フリーデリーケ*129 領主候補生

六年生(予定)

領地の
順位
 所 属   学 年   名 前   身 分   備 考 
- 王族 エグランティーヌ 中央神殿長
アナスタージウス 王配
??位 アレキサンドリア 六年生 ローゼマイン アウブ アウブ・アレキサンドリア本人
女神の化身
??位 ダンケルフェルガー 六年生 ハンネローレ 領主候補生 第一夫人の子
二年生 ラオフェレーグ 領主候補生*130 第二夫人の子
??位 ブルーメフェルト 二年生 ヒルデブラント 領主候補生 第一夫人マグダレーナの子。元王子
アーレンスバッハのレティーツィアと婚約
??位 コリンツダウム 六年生 上級貴族
??位 クラッセンブルク 三年生 ジャンシアーヌ 領主候補生 第三夫人の子
??位 ドレヴァンヒェル
(4人~)
六年生 オルトヴィーン 領主候補生 第一夫人の子
(二~四年生) ? 領主候補生 *131
(三年生) ? 領主候補生 *132
(二年生) ? 領主候補生 *133
??位 アレキサンドリア 二年生 レティーツィア 領主候補生 養女予定。図書委員*134
ブルーメフェルトのヒルデブラントと婚約。
??位 ハウフレッツェ 四年生 領主候補生 ヴィルフリートと交流がある
三年生 領主候補生
??年生 領主候補生
??位 エーレンフェスト 六年生 ヴィルフリート 領主候補生*135 ローゼマインの紋章と全く意匠の異なるネックレス
五年生 シャルロッテ 領主候補生 ローゼマインの紋章のネックレス
一年生 メルヒオール 領主候補生 ローゼマインの紋章のネックレス
エーレンフェストの神殿長
??位 ガウスビュッテル*136 六年生 コンラーディン*137 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*138
??位 ギレッセンマイアー 五年生 ルーツィンデ 領主候補生
四年生 領主候補生 養子
三年生 領主候補生
??位 キルシュネライト 六年生 フランツィスカ 領主候補生 一年生の宮廷作法の授業に出席*139
??位 ヨースブレンナー
??位 インメルディンク
??位 レームブルック 六年生 エルフリーデ 領主候補生
??位 フレーベルターク
??位 ロスレンゲル 六年生 マルガレーテ*140 領主候補生 ローゼマインと同級生*141
??位 リンデンタール 六年生 ダーヴィット*142 領主候補生 ローゼマインと同級生*143
??位 クヴァントレープ 六年生 フリーデリーケ*144 領主候補生

親睦会同行側近

領主候補生は側近の中から、護衛騎士を三名、文官と側仕えを一名ずつ選んで親睦会に同行させる。

ローゼマインの学年 役職 人物 階級 学年
一年 文官 ハルトムート 上級 五年生
側仕え ブリュンヒルデ 上級 三年生
騎士 コルネリウス 上級 五年生
騎士 レオノーレ 上級 四年生
騎士 アンゲリカ 中級 六年生
二年 文官 ハルトムート 上級 六年生
側仕え ブリュンヒルデ 上級 四年生
騎士 コルネリウス 上級 六年生
騎士 レオノーレ 上級 五年生
騎士 ユーディット 中級 三年生
三年 文官 ローデリヒ 中級 三年生
側仕え ブリュンヒルデ 上級 五年生
騎士 レオノーレ 上級 六年生
騎士 ユーディット 中級 四年生
騎士 テオドール 中級 一年生
四年 文官 ローデリヒ 中級 四年生
側仕え ブリュンヒルデ 上級 六年生
騎士 マティアス 中級 六年生
騎士 描写無し*145
騎士 描写無し*146

ハンネローレの学年 役職 人物 階級 学年
五年 文官 ルイポルト 上級 五年生
側仕え アンドレア 上級 六年生
騎士 ハイルリーゼ 上級 五年生
騎士 描写無し*147
騎士 描写無し*148

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • ハウフレッツェがハウフレッヒェになってたり、ムレンロイエがムエンロイエになってたり間違い多過ぎ。 - 2017-05-02 13:06:01
  • 4年生の表の学年が、オルトヴィーン、ルーティンデ、ローゼマイン、ヴィルフリート、シャルロッテ、ムレンロイエが3年生のときのままで変更されていません。 - 2017-05-02 13:46:48
    • 気付いたんなら直しなよ。俺は↑のは自分で直したぞ。 - 2017-05-02 15:46:09
      • html直せと言われたのでドキドキしながら修正しました。 - 2017-05-02 18:15:32
      • メッセージが途中でした。htmlタグなら分かるけど、こちらのような構文は初めてなので、どなたか慣れた方にお願いしたかったですが、直せと言われたのでドキドキしながら修正しました。 - 2017-05-02 18:20:23
  • 5年生から社交メンバーにツェントと王配を含めているのに、3・4年生でお茶会等で交流があったアナ王子夫妻が入っていないのは不釣り合いな気がします(ジギ王子も一度いたし) (2018-04-21 22:35:44)
    • 貴族院の親睦会に出席している正式滞在者の王&王配ペア(ハンネ番外第3話)と、正式滞在者はヒルデブラントだったのに出張ってきたアナ王子夫妻(当時)は、同列扱いにはできないかと。<貴族院と言う学生活動の場での本来の社交相手は前者のみ。 後者も含めてしまったら、王も教師も領地対抗戦で対応する貴族達(領主や領主一族や上級貴族やetc.)も社交相手として列挙しないといけなくなる。 (2018-06-22 21:04:32)
    • この表は領主候補生の親睦会に参加した人の一覧だと思った方がいい。 (2018-06-23 20:21:10)
  • 王子や王の所属は「王族」じゃなく「中央」だろ。 (2018-06-23 13:44:21)
    • んで、身分の方が「王族」じゃないの? (2018-06-23 13:44:59)
      • 身分を(第三王子等に)訂正すべきとは思うけど、所属はそのままかも? 中央の人間としているのではなく、(貴族院に最低一人はいないといけない)王族の人間としているから。 (2018-06-23 18:29:48)
        • 王族の義務として滞在しているという事で、こちらの案で修正しました。(身分は王族ママ、領主候補生→第○王子に修正)5年生以降の「王族」扱いは微妙な気はするものの、王族と言えば王族という事で… (2018-06-24 16:42:23)
          • いっそのこと、5年生以降の所属王族は空欄でもいいのでは?王族は解体されたし、ツェントの所属と考えても…。強いて言うならば中央だが、どうなんだろうか。 (2023-12-25 17:19:26)
            • 他と統一するなら領地名なのでは?(中央またはエアストエーデ) (2023-12-25 18:50:28)
            • 「正面には例年通り王族の席がありました」(ハンネ3話 進級式と親睦会)とツェント夫妻を王族としていますので、エグ・アナの二人については王族のままで問題ないと思います。 (2023-12-27 02:59:22)
              • そりゃハンネローレはそう言うだろう。座っていのが前年まで王族だったエグアナなのだから。恐らく親睦会に出席しているほとんどかそんな認識だろう。だが表の項目は所属だ。席ではない。席そのものも王族解体されているので、王族という席はない。あるのであれば、ローゼマインがそこにいるのはおかしなことになる。そもそもツェントが所属している枠組みとか団体って何? (2023-12-30 10:10:55)
                • 枠組みってユルゲンの場合メダルの登録でしょ。メダル的に「中央」と呼べる枠の土地は、範囲が変わっただけでハンネ編でも存在してる。ツェント一族は中央貴族と同じく中央(貴族院)にメダルが登録されている。中央の学生が王族(ツェント一族)と傍系王族しかいないから未成年王族の枠のように思われてるだけで、本来ならすべて「中央」のほうが正しいんだと思う。まず「ツェント」が「中央」の意味の言葉から来てるしね。昔も、これからの時代も、領主候補生の社交に(前)ツェント一族以外が来ることは絶対にないので(未成年が他にいないし成人で領主候補生はつまりツェント一族だし)、「中央」と書いても問題は特にないと思う。どこから変えるかは、議論次第だけど。 (2023-12-30 19:30:27)
                  • なるほど、理解しました。メダル登録はユルゲンの洗礼式後の全ての人々に適用されますしね。 (2023-12-31 19:39:27)
                  • 「中央の学生が王族(ツェント一族)と傍系王族しかいない」のは、「中央の貴族の子供達は親元の領地から貴族院へ行くこと」(560話 側近達の選択)になっているからではないでしょうか。存在しているけどロゼマ達と交流がないので出てきていないだけか、たまたまこの世代にいないのかはわかりませんが。 (2024-01-01 12:27:44)
                    • 中央から普通の学生が通っていたら順位や立場はなんなのだ?順位よくわからない立場が百人とかいるわけないだろう、黒マントがそんなにいて見逃すわけないだろう。中央貴族の子が自動で中央貴族扱いされたら中央ばかり人が増えちゃうんだよ、未成年は「自分が能力を認められたら成人後に中央貴族になれる」だけだ。 (2024-01-01 18:00:23)
                • ロゼマも「王命なので、噂に関する根回しや対応は王族の領分です。わたくしに~」(ハンネ8話)と言っていますね。ロゼマやハンネは学生だからだとしても、大人たちがエグアナを「元王族」みたいに「王族ではない」扱いしている描写ってありますでしょうか(私は見つけられなかった)。あと、それを参考に出来るかよくわからないのですが、こっちの世界で世襲ではない国王の家族を「王族」と言うか言わないかどちらでしょう?(言うとして退任するまで?) (2024-01-01 12:12:20)
                  • エグアナを「元王族」みたいにだってツェ例えば、アウブダンケルフェルガーがツェントになっていたら王族と呼ぶのか?ということさ。条件さえ満たせば誰でもツェントになれることになった。なので王族はないんだよ。古の王族出現前と同じ状況に戻ったんだ。だが認識が追いついておらず、元々王族だったエグアナがツェント夫妻になったことで、作中の会話が王族と出てきているんだと思う。なので、エグアナを「元王族」みたいに「王族ではない」扱いしている描写って、ないことがおかしいわけではない。 (2024-01-01 15:05:54)
                    • すみません、ペースト削除モレです。例えば、以降を読んでください。 (2024-01-01 15:09:05)
                    • 本来王族はない。この表の基準がわからない、他と合わせなら領地名だと思う。人物の表でも領地名になってる。中央所属で身分(階級)は王族。 (2024-01-02 10:48:10)
  • フェアツィーレってさ、書籍版5部のⅡの登場人物には5年生って書いてあるよ! (2020-09-07 06:10:48)
    • 簡単なんだから気づいたら書き込めばいいんじゃね?∔2で埋めといたけど (2020-09-07 09:41:03)
  • どこかで見た気がするんだけど、フェル卒業後からヴィルロゼマ入学まで9年間の代表って、エックランプコル兄弟がやってたんだっけ? 年齢表見るとエックランプはフェルからいくらか重なるけど、コル兄は1年から一人だから大変だったろうなと。 (2023-06-22 19:34:40)
    • それとゲオの前がカルステッドだったのは分かるけど、それより前がちょっと分からなくて気になった。ボニ爺世代の4人で埋められてたんだろうか。 ヴェローニカが代表してたかどうかも気になる。領主候補生としては卒業してないよね確か。 (2023-06-22 19:40:21)
      • 領主候補生がいない時の代表を務めるのは、家格の高い最上級生。親睦会に出るのは最上級生の家格の高い上級貴族の文官見習い・側仕え見習い・騎士見習いから一人ずつ。 (2023-06-22 19:44:37)
        • あ、最上級生だけなのか。 ということは9年の内エックランプで2年分、コル兄は代表やったことないのか。……あと7年分は誰だろう? (2023-06-22 20:24:24)
          • 誰だろうと言われても名も無きエーレン貴族としか。まっオリスワルトは代表してたんじゃないか (2023-06-22 20:35:28)
            • レーベレヒトの息子か。ならその弟も入れて2年は埋められる。…けどそれ以上は難しかった。 家格って代々続く家系より現領主との繋がりが優先すると考えていいのかな。新興リンクベルクやグレッシェルの方がライゼガングやハルデンツェルより高いんだろうか。グレッシェルは当代だとブリュンヒルデが長子っぽいし、リンクベルクはトラウゴットの兄弟が不明。ライゼガングやハルデンツェルまで行くともう広すぎるし不透明で無理だわ。 (2023-06-22 21:27:08)
  • 家格は歴代領主からの血の近さじゃない?領主候補生を親に持つ上級貴族は言い換えれば先代アウブの孫って意味になる。なので本編のエーレン内ではコルネリウスとトラウゴット(5代目領主の子孫)が上級貴族最上位で次点がおそらくブリュンヒルデ(4代目領主の子孫)になるのではと予想 (2023-10-02 15:51:38)
    • ちなみに日本では逆になる。「五世の孫」という制度が皇室にはあって、来孫までに臣籍降下して別家を建てなければならない、というもの。これを鑑みると上位にくるのはブリュンヒルデ。但し、ポニは先代領主の兄なのでFAとしてはコル&トラ。 (2023-10-02 20:44:57)
    • 通常考えると歴代というか、当代領主の血の近さ……と思うけど、じつはそれを明確に説明するものがローゼマインの側近だけだと判断に悩むんだよね。派閥が偏ってるから。地球の歴史でも、王室に登用されていることから公爵より家格の高い侯爵だっていたわけで、主流派閥によっては、家格が変動することもあるんではないかと考えると、現状確かな情報がない。例えば主流ヴェローニカ派時代に、ヴェローニカ派の上級貴族と、ガブリエーレの側近が嫁いだ中級貴族のどちらが当時家格が上だったか……とか。 (2023-10-02 22:47:29)
      • 魔力で階級が決まるユルゲンでは、階級さえ超えてしまう政治的な家格の上下というのは存在しないと思うよ。同階級だと難しいだけ。 (2023-10-02 22:55:56)
        • ギーベは同じ階級でも少し偉い感じがする。 (2023-10-02 23:12:24)
        • あ、ちゃんと家格としては存在しないだけで、それぞれの対応が階級を超えることはよくあるだろうけどね。ヴェロ派中級が上級相手に横柄な態度でも当たり前だと思っていたように。 (2023-10-02 23:17:59)
      • 制度として上級中級下級という魔力による区分(階級)があって、それとは別に非制度的な上下関係は個人でも家単位でも、社会である限り存在するもんだろ。 それが血筋の尊さだったり歴史の深さだったり主君からの重用されっぷりだったり経済力だったり。 非制度なんだからそれらよって評価は時と場合によって変動するってだけじゃ。 時代の変化による評価の変動を気にして相応しく振る舞えないからヴェロ派は落ち目だし、ライゼ古老も排除一歩手前までいった。 (2023-10-03 11:46:42)
        • 実際自分も領主に近い血が家格が上なのだろうと思ってるんだけどさ。たとえば、エックハルト最終学年時、通常ならエーレンフェストに領主候補生がいない年だから、最上級生の家格の高い貴族であるエックハルトが親睦会に参加するわけだよね。他に文官と側仕えもいるけどさ。ここで領主一族は貴族院からの情報を「主流派閥ではない貴族からの情報だから嘘かもしれない」と警戒しなければならない。エックハルトも「貴族として正しい情報を送らなければならないが、自身を迫害する者への情報なのだから、すべて出すべきか」となる。ここまで深読みしていくと、魔力の高さで評価される世界と思っても、家格の基準って何だろうってなるんだよね (2023-10-03 17:40:32)
          • その状況になっていたからこそエーレン上層部は貴族院の教育に変化があったことに気付けなかったし他領の情報も大して得られなかったのでは?あと領主候補生は基本領主候補生と交流しがちだから底辺領地の上級貴族なんて親睦会だと特に相手されてなかったんだと思う (2023-10-03 17:52:05)
            • 教育変化に気づいてなかったのはダンケルもなので関係なし(意識違いに気づいたのは、ローゼマイン入学後のルーフェン)。親睦会で相手にされないも何も、領主候補生がいても挨拶と軽い会話以外は自領の席でしょ。そうじゃなくて、代表が主流派閥じゃないときの弊害から、家格についての確定情報がないってこと。 (2023-10-03 18:16:53)
          • 上級内での家格の格付けは全領地共通だと思うから結局血が無難だと思うな。派閥と魔力量が家格に影響するパターンはより良い婚姻を求められる機会を得て次世代の質を高める、という世代を超えた血統改良な印象 (2023-10-03 19:00:52)
            • トラウゴットは「そなたら父子は領主傍系を誇ってるみたいだが、他人からみればただの上級貴族だ」とか言われてたぞ。結局その時に属してる派閥の影響のほうが大きそう。 (2023-10-03 20:07:47)
              • そこの親父って隠居済みっぽい感じだからな…エーレンでの家格はライゼガングうちの序列がかなり影響するだろうし反カルステッドはあかんと思うわ (2023-10-03 20:38:40)
  • 5年生、6年生で、ローゼマインとレティーツィアでアレキサンドリアが別々になっているのはどういう経緯でしょうか。一緒にしてもいいように思いますが。 (2024-01-01 13:29:12)
    • 偉い順に並べてあるからじゃね (2024-01-01 16:25:08)
    • 挨拶も別枠になってるしアウブ本人と候補生が一緒も変だと思うよ (2024-01-01 17:05:01)
    • 『貴族院での社交メンバー』というタイトルが誤解を招きやすいが、『親睦会交流メンバー』と考えれば別なのが相応しいのだろう。 (2024-01-01 21:27:29)
    • 席(≒立場)が別だから。壇上の偉い人の席に王族とロゼマが並んでいてレティは下段の6位の席 (2024-01-01 23:56:02)
  • 6年生の欄のダンケルフェルガーとエーレンフェストにそれぞれその年にはいないかもしれない人が紛れ込んでる気がするんですけど? (2024-01-02 06:59:45)
    • 何故名前を出さないのだ?指摘なら明確に示してくれ。そして何故そう考えたのか述べてくれ。 (2024-01-02 09:29:38)
      • お前がまともに作品を読んでない事はよく分かった。作品をしっかり読み直して来い。 (2024-01-02 09:47:07)
        • 書き方が悪かったか、申し訳ない。↑の方が枝元として話をしますが、しっかり読んでいるあなたであれば、そう考えたソースを明確にし、ヴィルやラオフェレーグを削除したいのか括弧付きにしたいのかそれとも他の考えがあるのか。捨て台詞のように「読み直してこい」ではない意見をお願いします。この枝の上の枝元はきちんと「一緒にしてもいいように思う」と自分の考えを述べていますよ。 (2024-01-02 11:30:48)
          • ((2024-01-01 13:29:12)の書き込みは「枝」じゃなくて「木」です)取り合えず注釈で上級落ち(表から消える可能性)を付けておきました。 (2024-02-24 16:47:43)

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年05月16日 21:18

*1 第287話 王族と他領の貴族

*2 第305話 音楽の先生方とのお茶会

*3 第305話 音楽の先生方とのお茶会

*4 第331話 全領地のお茶会 前編

*5 ローゼマイン二年生の時には在籍し、三年生の時に卒業済であったことからの逆算。

*6 第378話 親睦会(二年生)

*7 第307話 シュバルツとヴァイスの争奪戦

*8 第331話 全領地のお茶会 前編

*9 書籍版貴族院外伝一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍

*10 書籍版貴族院外伝一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍。第二夫人、第三夫人の子とある上、第二か第三のどちらかは同母兄妹なので異母兄弟姉妹は3人以上。異母兄の少なくとも一人はエグランティーヌと結婚可能年齢/第378話より12年冬に領主候補生が4人在籍⇒少なくとも2人は10年冬に六年生として在籍/ふぁんぶっく4 Q&A レティーツィアの異母兄弟は、本編期間内に領主候補生として貴族院に通っており、アドルフィーネやオルトヴィーンの異母兄妹の中に存在する

*11 第331話 全領地のお茶会 前編

*12 書籍版貴族院外伝一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に貴族院に在籍。異母兄の少なくとも1人はエグランティーヌと結婚可能年齢

*13 書籍版貴族院外伝一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に養子達が貴族院に在籍=複数名の養子の領主候補生が在籍、第二夫人、第三夫人の子とある上、第二か第三のどちらかは同母兄妹なので異母兄弟姉妹は3人以上。異母兄の少なくとも1人はエグランティーヌと結婚可能年齢

*14 書籍版貴族院外伝一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に貴族院に兄妹で在籍

*15 第286話 進級式と親睦会

*16 第286話 進級式と親睦会

*17 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*18 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*19 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*20 ふぁんぶっく3

*21 第493話 閑話 聖女の儀式 前編

*22 ふぁんぶっく3

*23 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*24 ふぁんぶっく3

*25 SS第43話 中級貴族達の話しぶりから、領主候補生が存在はしていると推測される

*26 SS第43話 ローデリヒ視点 貴族院のとある一日

*27 第287話 王族と他領の貴族

*28 ふぁんぶっく3

*29 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*30 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*31 ふぁんぶっく3

*32 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*33 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*34 ふぁんぶっく3

*35 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*36 第378話 親睦会(二年生)

*37 第378話 親睦会(二年生)

*38 第388話 音楽のお茶会と講義終了

*39 第392話 シュバルツとヴァイスの着替え

*40 ローゼマイン二年生の時には在籍し、三年生の時に卒業済であったことからの逆算。

*41 第378話 親睦会(二年生)

*42 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*43 第380話 図書委員GET!

*44 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*45 第378話 親睦会(二年生) アドルフィーネとオルトヴィーン以外に領主候補生が2人いる

*46 第378話 親睦会(二年生)

*47 第388話 音楽のお茶会と講義終了

*48 第378話 代表となっている

*49 書籍版貴族院外伝一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*50 第413話 アドルフィーネ主催の上位領地のお茶会にアドルフィーネと異母妹の2人しか出席していないので、残る1人は男性の可能性が高い。

*51 書籍版貴族院外伝一年生「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*52 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*53 第378話 親睦会(二年生) アドルフィーネとオルトヴィーン以外に領主候補生が2人いる

*54 第378話 親睦会(二年生)

*55 第380話 図書委員GET!

*56 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*57 「ふぁんぶっく8 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン」

*58 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*59 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*60 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*61 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*62 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*63 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*64 第493話 閑話 聖女の儀式 前編

*65 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*66 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*67 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*68 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*69 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*70 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*71 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*72 第493話 閑話 聖女の儀式 前編、第378話 親睦会(三年生)

*73 二年生時の親睦会にいた推定男の領主候補生の学年差が+4の場合は卒業済で不在、+2~+3の場合は在籍

*74 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*75 第378話 親睦会(二年生) アドルフィーネとオルトヴィーン以外に領主候補生が2人いる

*76 15年冬に5人となるには、13年冬以降に、少なくとももう1人入学している必要があり

*77 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*78 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*79 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*80 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*81 第490話 イライラのお茶会後編、第493話 閑話 聖女の儀式 前編

*82 第490話 イライラのお茶会後編、第493話 閑話 聖女の儀式 前編

*83 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*84 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*85 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*86 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*87 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*88 第580話 親睦会(四年生

*89 二年生時の親睦会にいた推定男の領主候補生の学年差が+4~+3の場合は卒業済で不在、+2の場合は在籍

*90 二年生時点に存在した異母妹の学年差が+3の場合は卒業済で不在、+2~+1の場合は在籍

*91 第580話 代表として立っている

*92 15年冬に5人となるには、13年冬以降に、少なくとももう1人入学している必要があり

*93 第580話 親睦会(四年)で増えた小さい領主候補生

*94 第580話 親睦会(四年生

*95 第580話 親睦会(四年生

*96 第580話 親睦会(四年生

*97 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*98 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*99 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*100 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*101 第580話 親睦会(四年生

*102 第580話 親睦会(四年生

*103 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*104 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*105 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*106 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*107 ふぁんぶっく3/書籍貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*108 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*109 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*110 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*111 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*112 二年生時点に存在した異母妹の学年差が+3~+2の場合は卒業済で不在、+1の場合は在籍

*113 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*114 15年冬に5人となるには、13年冬以降に、少なくとももう1人入学している必要があり

*115 第580話 親睦会(四年)で増えた小さい領主候補生

*116 ハンネローレの貴族院五年生 第3話で増えた下位学年

*117 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*118 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*119 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*120 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*121 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*122 書籍貴族院外伝 一年生 男の社交

*123 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*124 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*125 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*126 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*127 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*128 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*129 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*130 2024/02/01現在、ハンネローレの貴族院五年生の展開次第では上級落ちする可能性がある

*131 15年冬に5人となるには、13年冬以降に、少なくとももう1人入学している必要があり

*132 第580話 親睦会(四年)で増えた小さい領主候補生

*133 ハンネローレの貴族院五年生 第3話

*134 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会

*135 2024/02/01現在、ハンネローレの貴族院五年生の展開次第では上級落ちする可能性がある

*136 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*137 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*138 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*139 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪

*140 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*141 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*142 書籍版貴族院外伝 一年生 男の社交

*143 ハンネローレの貴族院五年生 第6話 髪飾りが起こす波紋

*144 ふぁんぶっく3/書籍版貴族院外伝 一年生「男の社交」より女

*145 第580話 親睦会(四年)にて作者の書き忘れの可能性が高い。

*146 第580話 親睦会(四年)にて作者の書き忘れの可能性が高い。

*147 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会 にて作者の書き忘れの可能性が高い。

*148 ハンネローレの貴族院五年生 第3話 進級式と親睦会 にて作者の書き忘れの可能性が高い。