ローゼマインのグルトリスハイト取得と養子縁組について

14年春の領主会議の時期の、ローゼマイングルトリスハイト取得過程と、それと同時進行する王族との養子縁組において、それぞれの主張を整理する。

ローゼマインの言動」は背景をこの色、「エーレンフェスト側の言動」はこの色で記す。
グルトリスハイト取得に関する重要な部分」は、太字で強調する。

14年春  時間   人名・所属   行動・主張 
1日目 午前 中央神殿 ・神具を使った古の儀式しか認めない*1
・古い儀式を蘇らせることで、真のツェントを得たい*2

「ユルゲンシュミットが真のツェントを得ることは何よりも大事なことなので、
古い儀式を研究している中央神殿にエーレンフェストの神殿も協力しろ。
アウブ・エーレンフェストローゼマインを中央神殿へ向かわせるように頼め。
全ては真のツェントを得るため、そして、ユルゲンシュミットのためだ」とハルトムートに主張*3
アナスタージウス ローゼマインの祝福がジギスヴァルトの箔付けに必要なので、中央神殿の言うとおり古の儀式を行うように命ず。*4
儀式中 ローゼマイン 領主会議の星結びで古の儀式を再現する*5
祝福で舞台の魔法陣が一瞬光る。
儀式後 他領 ジギスヴァルト王子が次期ツェントとして神々に認められたのではないか? と認識する。*6
エーレンフェスト ・正当なるツェントを得ることは必要かもしれないが、それは王族や中央神殿の仕事。
エーレンフェストの領主候補生の仕事ではない。(ハルトムート*7
午後 エーレンフェスト 「古い儀式の再現を王族に頼まれました」
「領地対抗戦でダンケルフェルガーが光の柱を立てたのと同じです」
「それ以上の詳細は王族にお願いします」*8
2日目以降 中央神殿 ローゼマインを中央神殿の神殿長に欲しい
・古い神事を蘇らせ、正しい神事の行い方を広めることはユルゲンシュミット全体の底上げになる
・古い儀式を蘇らせることで、正しい次期ツェントの選出ができるようになる*9
ゲオルギーネ フェルディナンドが「進んで」貴族に神事を広めたので、アーレンスバッハは加護や収穫量の増加が見込める
ローゼマイン様が中央の神殿長になれば、全ての領地で同じことが可能になる
・エーレンフェストだけで独占して良い知識ではない*10
他領 ・エーレンフェストに対して、ヴィルフリートとの婚約を解消を求める。
ローゼマインを中央神殿へ入れて、各地へ派遣し、ユルゲンシュミット全土に神事を教えることを求める。
・聖女の独占を非難する。*11
エーレンフェスト ・他領の領主候補生を中央神殿に入れろというなら、自領の領主候補生を神殿へ入れれば良い。
・領主候補生の移動は禁じられている、と反論するも多勢に無勢。*12
2日目 午前 ローゼマイン 地下書庫で作業する。
アナスタージウス アナスタージウスは加護の再取得で眷属全属性になり、図書館の魔術具からの言葉が「いのりたりない」だけになる。
ジギスヴァルトも加護の再取得で眷属全属性、エグランティーヌは生まれつき全属性と判明。*13
午後 ディートリンデ 図書館に来る。マグダレーナと応酬。*14
ローゼマイン
ハンネローレ
ヒルデブラント
ディートリンデを避けて図書館の外へ出る。*15
ローゼマイン 火の祠をヴァッシェンした後、火の祠に入って石版と言葉を得る。メスティオノーラの書を得る手段と気づく。*16
空に青の光(魔法陣の一部)が見える。*17
祠の地図の写し持って帰って、エーレンフェスト寮で調べる。*18
3日目 午前 ローゼマイン 祠の地図の存在を王族に報告。*19
アナスタージウス
エグランティーヌ
確認の為に火の祠に向かい、エグランティーヌが火の祠に入る。
エグランティーヌは祠に入れたことを誰にも言わず、ローゼマインに相談しようとするもこの日は断念。*20
4日目 午後 小さな祠の活用法が判明。マグダレーナと共有される。
(欠けた属性の強化をして、大神全属性になるため)*21
5日目 午前 エグランティーヌ ローゼマインをお茶会に招いて相談する。
・シュタープの品質が問題なら、ジギスヴァルトが火の祠に入れないかもしれない
ジギスヴァルトがグルトリスハイトを取得出来なかったら、中央が荒れる
ローゼマインは大きな祠に入れるのではないか?*22
ローゼマイン 大きな祠に入れるか否かはシュタープの品質の違い
ツェントのシュタープは全属性になってから始まりの庭で得なくてはならない
ジギスヴァルトは無理でもヒルデブラントならチャンスがある
・その質問には答えられない(不敬罪になるから)
(この領主会議中に祠を回ってグルトリスハイトを取得し、王族に献上した方が良いかもしれない)*23
6日目 午前 ローゼマイン アナスタージウスエグランティーヌ祠巡りを強要され、全ての石版と言葉を得る。*24
アナスタージウス アナスタージウスエグランティーヌの憂いを払いたい。
フェルディナンドの連座回避は確約できない。
・グルトリスハイトが入手出来れば、出来るようになるかもしれない。
ローゼマインジギスヴァルトの第三夫人になれと言う。(身の安全の為でもある)
・エーレンフェストのことはエーレンフェストでまかなえ。*25
ローゼマイン ・せめてフェルディナンドの連座回避を確約してほしい。*26
エグランティーヌ ・中央の平穏の為には、現状維持が望ましい
・自分が騒乱の種とならないために、グルトリスハイトは得たくない
ローゼマインがグルトリスハイトを取得し、ジギスヴァルトの第三夫人になるのが一番全てが丸くおさまる*27
ローゼマイン ・丸くおさまるのは中央だけ
・エーレンフェストは大打撃
・自分は望んでいない*28
ローゼマイン 貴族院を覆う魔法陣が完成する。シュタープが成長した気がする。*29
エグランティーヌ ジギスヴァルトがグルトリスハイトを取れるかもしれない、と希望を抱く。*30
ローゼマイン ・小さな祠でお祈りをして、加護の再取得で大神の加護を得て、始まりの庭に行ってシュタープを改良することができれば
……というくらいに長くて不確定な道程。
・本当に改良できるかどうかもわかりません*31
ローゼマイン シュバルツとヴァイスに地下書庫の奥に案内される。
王族登録が無く、グルトリスハイトを取得出来なかった*32
アナスタージウス ・さっきまでのはただ発破をかけただけ
ジギスヴァルトの第三夫人案は保留する
フェルディナンドは自分で連座回避策を用意しているはず
ローゼマインが勝手にフェルディナンドを助けるのは自由*33
夕方 ヒルシュール フェルディナンドの手紙を届ける。*34
夕食後 ローゼマイン フェルディナンドの手紙を読み、返事を書く。*35
フェルディナンド 手紙で、せめて1年時間を稼ぐようにローゼマインに指示。
ジルヴェスターにも手紙で情報を伝える。*36
王族との会合 ローゼマインの中央神殿入りの打診
7日目 ローゼマイン 熱を出して寝込む。*37
? トラオクヴァール ローゼマインの中央神殿入りは、中央神殿を抑えることができ、他領の要求を叶えることができる。
・神事について深く知ることができて、ユルゲンシュミット全体の底上げになるから、受け入れてほしい
→引き下がる
エーレンフェスト ・星結びの儀式に許可を出したのは一度きりの約束で、
ジギスヴァルト王子に祝福を与えて次期ツェントとしての箔をつけるためだった
ローゼマインの魔力が強力なので、王族に協力してほしいと簡単に言うけれど、
それならばエーレンフェストをどれだけ支えているのかわかるはず。
・アーレンスバッハを支えられるフェルディナンドに続いてローゼマインまで奪われるわけにはいかない。
領主候補生を中央に移動させることはできないはず
ジギスヴァルト ・全ての領地に恩を売れるのは今しかない
・神事を行い、加護を得て、魔力を少しでも扱いやすくするのはユルゲンシュミット全体で最優先に行わなければならない
ハルトムート ・エーレンフェストの神殿長にはエーレンフェストの領主候補生が就いている。
王族の管轄である中央神殿は王族が就くのが筋。
・初代王は神殿長であった時代がある。
・中央神殿にはヒルデブラント王子を入れて、成人までの間、神殿長に就けると良い。
・どのような勉強をすれば良いのか知りたいのであれば、次代の神殿長教育を担っているハルトムートが教える
夕方 ローゼマイン 熱が引く。ジルヴェスターフロレンツィアと話し合い。
ジルヴェスターに次期ツェント候補と打ち明け、相談。*38
ローゼマイン
ジルヴェスター
フロレンツィア
ローゼマインが次期ツェントとして王族に望まれた場合の対策や条件を詰める。*39
8日目 ローゼマイン 休養日*40
王族との会談1 ローゼマインと王族の養子縁組
9日目 午前 ローゼマイン 地下書庫。*41
ヒルデブラント ローゼマインがツェントになるのか?
ローゼマインを助けたい。*42
マグダレーナ ヒルデブラントローゼマインに接触しようとするのを阻止。*43
エーレンフェスト ・双方に利の無い契約は成立しない(ジルヴェスター*44
王族 ・エーレンフェストを優遇して順位を上げる
・中央に多くの貴族を召し上げ、ツェントとなるローゼマインの立場を強化するetc
・エーレンフェストはどれだけ強欲なのか?と呆れる。*45
地下書庫での打合せ ローゼマインとジギスヴァルト
9日目
(同日)
午後 ローゼマイン 地下書庫でジギスヴァルトと交渉。
エグランティーヌがグルトリスハイトを取得すべき
・エーレンフェストにはエーレンフェストの事情がある
・王族の危急の問題は単なる魔力不足
・奉納式をするから一年以上待ってほしい
・王族にも不備がある
エーレンフェストを一年は出れない理由がある(各種引き継ぎ、魔力不足)*46
ジギスヴァルト ・王族には時間が無い
・礎が枯渇しかけている、古い魔術具が崩壊した
・祠を回って魔力奉納する余裕が無い
・すぐにローゼマインを王の養女に迎えたい*47
ローゼマイン ジギスヴァルトの望みは、
・自分(ローゼマイン)を中央神殿の神殿長にする
・各地に派遣して神事を行い、各地の収穫量や加護を増やしたい
・貴族の底上げはユルゲンシュミット全体で最優先に行わなければならないこと*48
ジギスヴァルト ・グルトリスハイトを手に入れ、王の養女となり、成人後は自分(ジギスヴァルト)と結婚してほしい*49
ローゼマイン ローゼマインからの要求
フェルディナンドの連座回避の確約と待遇改善
・5年間婚姻を婿入りと嫁入りに限る
・子どもに与える魔術具を30〜40個
・離宮を用意する
・エーレンフェスト貴族の帰郷
・連れて行く側近は全て受け入れる
・離宮に図書室(フェルディナンドを超えた量の本を要求)*50
夕方 エーレンフェスト ・我々(大人)の居ないところでローゼマインと接触するなど、王族はどういうつもりだ!と怒る。*51
ヒルデブラント ローゼマインジギスヴァルトとの結婚を嫌がっている
・本の要求は結婚したくないからだ
10日目 ローゼマイン 地下書庫
王族との会談2 ローゼマインと王族の養子縁組
11日目 王族 ・エーレンフェストの望む通りにできるだけ便宜を図るつもりだ。
・次期ツェントになる以上は、中央の予算や国庫状態にも気を遣ってもらえるとありがたい。
(要求された量の本は無理)*52
エーレンフェスト ・図書室の部屋と本棚は用意して欲しいが、本はエーレンフェストのフェルディナンドの図書室から持っていかせる。
ローゼマインの王族入りは1年後
フェルディナンドの連座回避の確約と待遇改善
・5年間婚姻を婿入りと嫁入りに限る
・子どもに与える魔術具を30〜40個
・離宮を用意する
・エーレンフェスト貴族の帰郷
・連れて行く側近は全て受け入れる
・離宮に図書室(フェルディナンドを超えた)*53
王族 ・求婚条件として要求した図書室に比べたら、他の要求は全て丸呑みできるレベル*54
他は全部呑むので図書室設置を諦めさせてほしい、ということで両者は合意。
15年春(領主会議前)にローゼマイントラオクヴァールの養女となることが秘密裏に内定。
*55
トラオクヴァール ・グルトリスハイトを手に入れる者が次期ツェントなのだから、
ツェントの言葉には全面的に従うべきだ。
・離宮の準備などもってのほか。
・ツェントは王宮の本館で迎えるもので、自分が離宮に移るべきだ。
・自分が信頼のおけるエーレンフェストの貴族で周囲を固めるのが一番で、自分の派閥は自分で作るべき。

・結婚に関しては、自分の派閥を作るために婚姻という手段を使うのは当然なので、こちらが口を出すことではない。
・グルトリスハイトを手に入れるために養子縁組が必要なので、それはするけれど、後のことには口も手も出さない。
・ツェントの望むようにユルゲンシュミットを率いていけばよい*56
ジギスヴァルト ・グルトリスハイトを手に入れただけではユルゲンシュミットは治められない。
・エーレンフェスト出身で権力もなければ、大領地の伝手もない。
・口も手も出さないということは後ろ盾にもならないということで、
グルトリスハイトだけを持った未成年に望むままに政治を行えと言っても何ができると言うのか。
・放り出すなんてあり得ない
・王族の養女になってグルトリスハイトを手に入れるのだから、自分の妻として遇し、
今の政治基盤をそのまま使う形で、王族が後ろ盾となって支えていくのが一番混乱はない*57
トラオクヴァール ↑一理あるが、受け入れるかどうかを決めるのはツェント*58
アナスタージウス グルトリスハイトを手に入れてツェントの力を手に入れたところで、ローゼマインに政治は無理だ。
・神殿育ちで貴族の常識から外れている本狂いのローゼマインにユルゲンシュミットは任せられない。
・これまでの常識が通じなくなって大混乱に陥る。
・できるだけ早くグルトリスハイトを取り上げるべき。

・グルトリスハイトを取り上げることが可能ならば、
成人まで中央神殿で神殿長をさせて、エーレンフェストに対する周囲の不満を逸らし、
成人後にはエーレンフェストに降嫁させる。
・グルトリスハイトを譲れないならば、
ツェントになった者がわたしであることを隠してジギスヴァルトの第三夫人にし、
必要な時以外は図書館に閉じ込めておくのがユルゲンシュミットのためには一番平和だ*59
トラオクヴァール グルトリスハイトを手にする次期ツェントに不敬が過ぎる! と激怒。
アナスタージウスにはローゼマイン接触禁止令を出す。*60
王族 ・神事に関する豊富な経験と情報があり、次期ツェントに相応しい魔力量を持っている。
・現代語訳してきた石板の情報を見れば、祠を巡ることができたローゼマインが全属性であることも推測できる。
・たとえ次期ツェントになることができなくても、王族の次代のためには確保しておきたい*61
ローゼマイン 地下書庫
最終日 儀式 ローゼマイン エーレンフェストの聖女(神殿長)として奉納式を行い、採集地を回復させる祝詞を全領地に教える。*62
マグダレーナ(王族) ・今回の奉納式でローゼマインを聖女として印象付け、王の養女になるのに相応しい人材として特別に見せる
グルトリスハイトの一件がなくても、ローゼマインは中央に迎えるべき人材*63
夕食 ヒルデブラント ・女性のツェントの王配は同じくツェントの資格が必要なのでは?
・お茶会で倒れるか弱い姫に、ツェントなどさせるものではない。
・急ぎならば、王族全員で挑戦してみるべき
(ツェントを目指してローゼマインの伴侶になりたい、と内心思っている。)*64
マグダレーナ ヒルデブラントがツェントを目指すことは許さない。
・挑戦するとしても時間がかかりすぎる。
ローゼマインと二人がツェントになることはできない。
トラオクヴァール王の血を引くヒルデブラントが後からツェントとしての資格を持つと、
ユルゲンシュミットを割ることになりかねない。
・自分達が待ち望み、婚約を解消させ、故郷から引き離してまで得た新たなツェントの治世を、
今の王族が揺るがすようなことはトラオクヴァールマグダレーナも絶対に認めない。*65

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 改めて読むと本当に身勝手な王族だ (2020-06-28 14:25:59)
    • 何一つとしてロゼマの利がないのがエグい。中央神殿長に領主候補生はなれませんと断ったらこれだもんな。王族養子になったら中央の者だからやれって言われる未来になりそうで草も生えない (2020-06-28 18:57:53)
      • 「王の養子になったんだから『領主候補生は中央に移動できない』のルールは無効」というのも随分自分勝手だと思ったな。それやったら、これから先も取り上げたい人材がいたら王命で無理矢理取り上げる事が可能になって、その法律が形骸化するってのに (2020-06-28 19:06:36)
        • ってか婚姻以外での領主候補生の移動は違法なんだから養子縁組もアウトだよね。正当なツェントが作った法をグル典持ってないのを悩んでるトラオが否定してちゃいかんだろうに。 (2020-07-18 16:30:41)
          • 養女になることで領主候補生になったので、ジルとの養子縁組を解消すれば上級貴族に戻るので中央行き可能。何事にも裏ルートはあるものです。558話に記述がありますので熟読されることをお勧めします。 (2020-07-18 16:40:51)
            • たしかに裏ルートはある。でも養子縁組はもっと個人的なことでもあるので、命令がかなり横暴すぎることになる。ようするにドレヴァンヒェルの領主候補生大量に取り上げられますって言ってるようなものだから。敵を大量に増やす行為だよ。 (2020-07-22 15:33:32)
              • エグに中継ぎツェント押し付けて早く中央の面倒事とおさらばしたかったから、王族の失態をなるべく隠す方向にしたけどエグ退位後でもいいから赤裸々な王族の失態をアレキから出版してほしい。もっともそれを知っていて公開しないことが王族、元王族への抑止力になってるんだろうがな。 (2020-07-22 15:52:49)
                • 世代先の話で良けりゃそれこそ将来のグル書持ちが旧王族下げるために持ち出すんじゃないかな。過去の王朝否定するのは自分の正当性出す基本手段だし。 (2020-07-22 20:42:41)
                • 「王族」の失態は隠す方向でいるけど、トラオ、トラオ第一夫人、第二夫人、マグ、ヒルデ、金粉、ナーエはもう王族じゃないよね。( ゜∀゜)ヒラメイタ (2020-07-23 13:10:50)
              • ドレヴァンヒェル相手に限らず、他領の領主の実子に対しても「その領主候補生を上級貴族に下げろ。その後王族の養子にするよう差し出せ」と王命出して奪い去る事も出来る。 (2020-07-22 17:42:42)
                • 大領地相手では無理じゃない?そもそもグリトリ目当てというユルゲンの存在に関わる歴史上唯一無二の非常事態だからね。 (2020-07-22 19:43:40)
                  • トラオはまだしも金粉はそういう横紙破りな王命を出しまくりそう (2020-07-22 21:01:47)
                  • 政変後の優遇措置があるから強く出ないだけで、命じたら可能なんだよ。おまけにグルトリスハイト習得を周囲に認知させないなら、非常事態だから魔力豊富で神事に詳しいものを王族に迎えるように見える。これから神事の研究が各領地で行われるのだから、神事で功績を挙げた領主候補生引き抜きの前触れにしか見えないよ。 (2020-07-22 23:51:08)
                    • 前例を作ることになるわけね。なるほど。 (2020-07-23 01:26:36)
      • 一応魔術具40個を事前にエーレンフェストに与え、今後5年間は入り嫁・入り婿のみとする誓約をし、勝ち組領地として扱うという事で出身領地のエーレンには利は無かったことも無いけど、ボニファティウスが言うように「そんなモノでローゼマインを売ったのか!?」というクソ条件としか思えんよね。 (2020-06-28 19:12:03)
  • ジルヴェスターとの養子縁組は出来るだけ譲歩してもらったり家族全体で真っ当に可愛がられたりしてたけど、王族の養子は身勝手な内容だしロゼマが良い扱いを受けるとも思えない。 (2020-06-28 14:35:43)
  • 王族の中ではトラオが一番譲歩しようとしてるように見える (2020-06-28 21:07:41)
    • 「調整する気持ちがあることだけはわかります。けれど、王族の都合を主張するだけでこちらの事情は聞き流していらっしゃるし、こちらに利益を提供することは全くできていませんよね?」ジギに言ったセリフだけど (2020-06-29 01:07:40)
      • 国家の根幹をなす理由で、そしてあれだけの魔力・知識持ちの存在を奪うんだから、交換条件諸々は少なすぎてクソ。エーレンフェスト相手だから舐めてるとしか思えない。 (2020-07-22 23:59:34)
    • トラオは譲歩というか臣下根性丸出しだよね… (2020-07-18 16:40:16)
    • 気のせいだよ。自力グル書取得者を上位者と見てるから従ってるだけで、その上位者に対してさえ「自力でグル書を手に入れたものがツェントになるべき」という主張は何一つ譲ってない。 (2020-07-22 21:39:19)
      • 実際それで良かったと思うわ。今だって真ツェントがエグに「お前が表向きのツェントやれよ」とツェントとして命令してるようなものだし、ランツェナーベの介入が無ければロゼマがツェントの位について行政は丸投げで好きな事だけしてれば少なくともロゼマの損害は最小に抑えれた。 (2020-07-23 00:14:01)
      • たしかに一見自分勝手に見えるけど、デルディナンドへの王命あたりでもうトルーク使われてたのだろうから、どちらとも言い難いな… (2020-07-23 02:34:05)
        • その全く譲る気のない交渉トルーク抜けた後の顔色の悪い王族だよ (2020-07-23 08:15:58)
      • 「自力でグル書を手に入れたものがツェントになるべき」という主張はメス書を手に入れた人が言うべき台詞であり、メス書なしツェントの資格がないトラオがあれこれ言う権利ないのよな。血筋だけ王族(笑)でも、トラオ一族はユルゲンシステムに於いてツェント関連は外野だもの (2020-07-23 12:59:26)
        • 自分はそう考えるから自分はいらない。っていってるだけだしなぁ。ジギスは自分の息子が不敬すぎたからキレただけだし、エグが手に入れるってことになって横槍いれたわけでもないし。 (2020-07-23 22:09:22)
  • 王族側の「エーレンフェストの事はエーレンフェストで何とかしろ」は、お前が言うな!と思った読者は多そう。少なくとも私はそう思った。 (2020-07-22 17:38:48)
    • 読者の全員が思ってる。なんならジル達もそう思ってるよ。アーレンのことはアーレンがやるべきだし、王族のことも王族でやるべき (2020-07-23 13:01:05)
      • お前がやるべきことはお前がやれ、俺がやるべきことはお前がやれ、というフレーズが頭に浮かんだ (2020-07-23 18:48:02)
  • 6日目のアナスタージウスの表記「ローゼマインにジギスヴァルトの第三夫人になれと言う。」だけは文末表現が揃っていない。「ローゼマインはジギスヴァルトの第三夫人になれ。」では?( (2020-07-22 19:36:31)
    • ロゼマに(対して)とか(向かって)って意味では? (2020-07-22 20:54:21)
  • 王族に大量の魔力を献上して神事の見直しとご加護の再習得で属性と魔力の節約を唱え、どこも魔力不足なのに領主候補生を二人も王命で取り上げて強欲って言い張る王族。 (2020-07-23 00:07:28)
    • 「本来無条件で王命に従うところを、魔道具40個くれなんてふざけた事言いやがって。王族が一番偉いんだぞ!身の程をわきまえよ!」という思考では? (2020-07-23 00:26:01)
      • まぁの王族、魔力供給し続けるだけの日々で、王族としてあんまり良い思い出来てなさそうだけど (2020-07-23 02:36:29)
        • 王族教育されてないしグル書持ってない偽王族ですし (2020-07-23 08:17:54)
        • しかも伝達ロスで礎まで供給されてなかったみたいだし、結果的にあまりユルゲンシュミットの役に立っていない。哀れ。 (2020-08-06 11:33:38)
        • ジギスはツェントの座に固執して王族に戻りたがってるし、(ロゼマ1年時)アナは女はべらしてチャラチャラしてたしそれなりにいい思いはしてるんじゃないか。トラは早く抜けたがってたみたいだけど。 (2020-08-06 11:45:49)
          • トラオは元々臣下として育てられてきた上にグル典無しの負い目があって自己評価低いから王座や王族籍に何の未練も無いだろうな。金粉は王座に固執してたし、アナもお茶会乱入とか平気でしてて、王族として大勢にかしづかれてたからその待遇を捨てたくないと思ってても不思議ではない。状況は全然違うけど、エーレンフェストの学生も上位領地として接せられる待遇から、見るべきとこが一つも無い底辺領地として馬鹿にされる待遇に戻る事は嫌だと思ってた。 (2020-08-24 07:48:15)
  • ジキスとアナのメダルを他領で廃棄して、シュタープを失ってから再度メダル登録したら、全属性のシュタープを得られると思います? メダルの再登録はグオラザムでやってたからできるでしょうし、王族なら秘密裏にできるだろうし (2020-09-21 13:16:07)
    • 領地外メダル廃棄でシュタープが再取得できるなら、属性足りて無くてツェント候補になれなかった者が歴史上再挑戦試みてないわけがなく、情報として失伝しててもフェルディナンドかローゼマインのどちらかのメスティオノーラの書にその記憶が書き込まれていないと思えないから、高確率で「歴史上その手段で全属性シュタープを得ようと試みた者は居たが、再取得かなわず失いっぱなしだった」のだろうと思われます (2020-09-21 13:55:05)
      • 同じ最高神の名ではシュタープがもらえないって奴じゃないかな? (2020-09-21 15:04:18)
  • ロゼマが第三夫人はおかしいと思ったな。後ろ盾がエーレンフェストだと頼りないから王の養女にするのと王子と結婚させるのは分かるとして、例え政治的にお飾りでもグル典を持つロゼマがツェントで夫は王配になるのが筋じゃないの? (2020-09-23 00:17:10)
    • グル典無き王族よりも実力の伴ってる大領地のレスティラウトやオルヴィーンを婿に取る方がいいくらいか・・・ (2020-09-23 00:30:49)
      • 「姉上以上に面倒そうな相手は御免である」(オルトヴィーン) (2020-10-02 12:40:57)
    • 所有権を譲らせるか、それが無理なら所有者の実態を秘匿して表向きの所有者に娶らせる算段だったし、人によっては離宮に軟禁するつもりだったとも思える状況で正妃にする訳が……。入手出来たのが魔道具の方じゃなくて本人のシュタープを変化させたものだった時点で所有者の秘匿とか無理だったけども (2020-09-23 01:51:46)
    • 第三夫人案を推してたのってエグアナだけで、その場合ロゼマがツェントであることを秘密にするって話だからなぁ (2020-09-23 01:52:55)
      • トルークでラリってなければトラオは絶対許さなかったろうな。トルークの話が出た時に金粉もラリッてるかもと予想したけど素でアレだった (2020-09-23 02:47:18)
        • “「グルトリスハイトを手にする次期ツェントに不敬が過ぎる」とトラオクヴァールに叱られて、地下書庫でわたしと接触するのを禁止され”てます(555話)。 (2020-10-02 22:46:54)
    • エーレンフェストからツェントが立つと、エーレンフェストへの風当たりが強くなるけど、エーレンフェストにはそれをでは。 (2020-10-03 08:48:34)
      • (修正中に送信してしまいました)・・エーレンフェストにはそれを回避する能力がないから、では。 (2020-10-03 08:53:50)
        • エグの望みが平穏(アナ王子の最優先事項)なので、いろんな領地が口を出してきて大混乱しそうなツェントや第一・第二夫人ではなく、対面的には政治的影響力の弱い第三夫人に見せかけるということかと。 (2020-10-03 08:59:30)
  • こうやって見ると、なんだかんだでアナスタージウス案が一番ロゼマさんの望みに近い内容なんだよね。彼なりの祠巡り強要の件に関する罪滅ぼし的な感じなのかな?結果は散々だけど。 (2020-09-24 20:32:32)
    • 離宮に閉じ込めるってことは製紙・印刷事情をさせるつもりもないってことだぞ。他人を使い潰すしか能が無い王族では事業を取り上げても有効に使う事が出来るわけもない。 (2020-09-24 20:52:09)
      • そもそも王族は製紙・印刷事業のことなんて知らなそうだし、そういった話が出ないのは致し方なし。グルトリ盾にすれば、成人後はやらせてもらえるかもしれない。 (2020-09-24 21:00:33)
      • 事業の責任者とは言っても、文官に命令すれば済むくらいの認識だったのかもな。 (2020-09-25 10:17:04)
    • あんな仕打ちしておいて後に「エグランティーヌの友達だから助けてくれるだろ?」とかほざいてたし罪悪感は全く無かったと思う (2020-09-24 21:09:53)
      • 全部やりっぱなしだしな。隔離しておいた方がいい(アナ)→じゃあ、アダルジーザで監禁(ジギ)→ (2020-09-25 12:16:30)
      • 途中送信→知ってて放置(アナ) ジギの星結び1回でいいから神殿長やってくれ(アナ)→中央神殿、他領からの要望強いので中央神殿長になってくれ(ジギ)→アナ(放置) フェルを連座させたくなかったら祠巡れ(アナ)→連座回避は約束できない自分でやれ、ジギの第3夫人になれ、エーレンのことはエーレンでなんとかしろ。これで友達(笑) (2020-09-25 12:23:18)
        • 放置は流石にしてないかと。第655話 でこれは加護に関してだけど、エグランティーヌが「アナスタージウス様は決して抜きん出ることがないように手助けしていらっしゃいました」って言ってるから、アダルジーザの離宮に関して口は出したけど却下されたのかなと思ってる。まぁ、結局止められなかったんだし、元を辿れば平穏を願うあまり自分がグリトリスハイトを得るのを拒んだエグランティーヌのせいなんだから、友達とは言えないよね笑 (2020-09-25 12:47:06)
          • 魔力圧縮を手加減してた事とアダルジーザ口出しの可能性に因果関係が成立してないと思うのだが。口出ししてもアナにメリット無いし監禁するにはもってこいの場所じゃん。 (2020-09-25 14:37:30)
            • 新刊のSS見ると一応口出ししたんだろうなっていうくらいには常識あるんだよな。発言ジギスヴァルトは無視してたけど。エグランティーヌ絡みで暴走して全部台無しになったけど。 (2020-09-25 14:54:47)
          • 加護の手加減は、ジギスより抜きん出ないでジギスを立てることつまり自分とエグの平安な生活のためでロゼマは無関係でしょ。ロゼマ貴族院3年時はそれなりにロゼマに気遣い見せてたけど、領主会議の頃からロゼマじゃないけど自重を放り出して自分とエグの平安以外何を犠牲にしてもかまわない態度があからさまになった。さらに顔色の悪い王族の会議経ても反省してないでエグのことしか考えてないし。 (2020-09-25 14:56:05)
            • 反省も何もエーヴィリーベだし。 (2020-09-25 19:24:46)
          • 離宮の準備にアナスタージウスがどこまで関わっていたかは現時点では不明だね・・・。本人は隔離先に図書館(おそらく王宮付近にあると思われる、王立図書館)と言っていたし。 (2020-09-25 20:20:09)
            • まず隔離とか言ってる時点でクソだと思うわ。ローゼマインに政治が出来るわけがないとか言ってたがお前も出来るのか?と言いたいし、不安があるならグル典持ちの真の王を後ろ盾となる王家が支えるべきだろと。こんなの全領地にバレたら下手したらダンケルフェルガーとか反乱起こすぞ (2020-09-25 20:29:56)
              • ローゼマインに政治は無理っていうのは、ロゼマさんのことをある程度理解した人間の共通認識だけどね。アレキサンドリアも実質フェルディナンドが取り仕切ってるだろうし。 (2020-09-25 21:26:47)
                • ぶっちゃけトラオクヴァールですらツェントの仕事が出来てたか怪しい。クラッセンブルクの言いなりで大粛清したり、トルーク漬けにされて短絡的にエーレンフェストにくれくれおかわりくれ~したりで酷かった。 (2020-09-25 22:07:22)
                  • いきなりツェントで担ぎ上げられた上に、ツェントの仕事に必要なグルトリスハイトがそもそもないからツギハギだらけの仕事だろう (2020-09-26 08:58:48)
                • ローゼマイン本人が「(政治は無理。常識が通じなくなって大混乱に陥る。早く取り上げるべきと言った)アナスタージウス王子の言い方は失礼ですけれど、間違ってはいませんね」と言っていますしね。 (2020-10-02 12:50:33)
              • 金紛と次期ツェントの座を争っていたんだし、王族教育を受けているんだから、政治に関する教育も当然受けてると考えるべき。ヴィルフリートみたいな傀儡教育されているわけでもない。 (2020-09-25 21:32:01)
                • トラオ「お前はツェントになる資格は無い」 (2020-09-25 22:03:15)
                  • あの時作ろうとしたツェントに求められてるものって、政治能力じゃないからね。 (2020-09-25 22:17:14)
                • 政治が出来る出来ないでいうと、金粉は次から次へと無理難題を要求してあっちこっちに喧嘩売りそうな感じだけどなあ。〇〇が欲しければ王命で取り上げればいいじゃんと地で行ってそう。 (2020-09-26 13:33:44)
                  • 王族の視点が国全体だからねぇ。 (2020-09-26 13:46:50)
                    • 自分の事しか考えてない。国の事を考えるならナーエは後にして魔力の高い子供をアドルと作るべきだった。それやっときゃ子供が手枷になって逃げられずに済んだのに。 (2020-09-26 14:55:51)
                      • 元王族になった後も縛り付けられるようにするってのはそれこそ自分のための行動になってないか。 (2020-09-26 15:03:31)
                        • 当時は王族解体は予想できるはずも無いから、それを考えて予防策としてアドルを優先しようとかは思いつくはずもないよ。アドルを蔑ろにした報いがそのまま返ってきたって感じだな。 (2020-09-26 17:24:25)
                      • 魔力云々以前に自分の立場のためのアドルないがしろにしたらダメなのは普通はわかる。名前を出してはいけない例の人と同じようなことやってるけど年齢差がwどうでもいいけど手枷だと走れるから普通は足枷だと思うぞ。 (2020-09-26 15:14:46)
                        • ユンゲンシュミット的に手枷(シュタープを封じる)で良いかと。 (2020-10-02 23:28:06)
              • 結果的に成功してるからどんどん下剋上が進んでいるけど、傍から見りゃ危ない橋渡りまくってるわけだからトップに据えたくない気持ちもわかる (2020-09-26 09:08:27)
                • 結局、王族じゃないとグリトリスハイトを取れないようにした昔の王族が悪い気がする。地下書庫の奥に入れた時点でグリトリスハイトを得られたらローゼマインを王族にする必要性がないんだから。 (2020-09-26 17:58:25)
                  • そうなったらそもそも王族が存在しないな。仮に王族がグル典取れずにロゼマが取れるという本編と同じ状況になれば自分達の権威付けや保身のために王族に取り込んだと思うぞ (2020-09-26 21:41:49)
                    • 王族作り出した昔の王が悪いってのは間違ってないだろ。国の安定より自分の権力の安定を選んだとしか思えん。力のある奴が競い続けてたなら自力で取れる人がいないんですって話にまずならんし、万一ロゼマだけになったらロゼマを王に担ぐだけの話。 (2020-09-26 22:16:54)
                      • 権力の安定もあれば、代替わりの度に争いで死人が何人も出たりしてたからそれを止めたかったってのもあるみたいだけどな。 (2020-09-27 10:23:46)
                        • まあでもその辺の王族の決まりごとは王族の都合でコロコロ変わるみたいだけどな。領主候補生は中央へ引き抜けないという決まりも自分勝手な理由で破って強引に引き抜こうとしてたし。 (2020-09-27 14:55:41)
                          • 王族の横暴があまり酷いとマグナカルタみたいなもの作ろうっていう話になりそうだけど、そんなものなくても今まで治められてきたんだからこn (2020-09-27 17:37:49)
                            • しかしついに複数の領地を呆れさせて貴族院以外の領地を全て取り上げられた模様。エグに限って言えば名前も奪われてるから横暴は決して許されない。 (2020-09-27 17:42:33)
                              • 神様との契約魔術もあるぞ! (2020-09-27 23:17:02)
                          • 途中送信 そんなものなくても今まで治められてきたんだからこんなに酷くなったのはトラオからかもしれない (2020-09-27 17:41:16)
                            • そりゃ正当な後継者やらがいなくなった結果だしな (2020-09-27 21:56:36)
                              • 粛清しまくって魔力不足にもなってるしね。 (2020-09-27 23:15:58)
                  • そもそも数代前から地下書庫すら行っていないからな、あの王族。 (2020-09-27 12:39:45)
                    • ソランジュ先生が王族が来ていたことを知っており対応方法もわかってたから、少なくとも先代か先々代までは来てたはず。アホ典だからさらに奥へは行っておらず、石板を読みに来ていたと思われる。……すると古代語もちゃんとわかってたんだな、アホ典を読むための必須技能ではあるでしょうけど。 (2020-09-27 14:49:57)
                      • 地下書庫へ入るたびに「いのりたりない」って言われ続けることを不思議に思った好奇心の強い全属性の王がいて、「祈りが足りないとはどういうことか、関連書籍を全部出してくれ」と言えばメス書にもグル典にも辿り着けていただろうのに、歴代のツェントには好奇心というものが欠如していたのかな。 (2020-09-27 15:12:32)
                        • メス書は魔法陣の起動方法があるから何とも言えないね・・・フェルディナンドみたいなやり方するのは普通じゃないみたいだし。そういやジェルヴァージオはどうやって起動させたんだろう? (2020-09-27 16:23:41)
                          • 槍鍋は次代王が一人づつしかやって来ないから、王位を巡る政争が少なくて成立時の資料が受け継がれて来たのだろう。 (2020-09-27 16:49:30)
                          • ラオブ配下の中央騎士団員とランツェナーヴェ人に祭壇前で儀式をさせたんでしょ、その後ジェルが図書館のメスティオノーラ像からじじ様の所へ向かい、帰りは祭壇上から出て来ることを知っていたのでそのまま祭壇を守っていたと。ローゼマイン様のように何ヶ月も待たされてたら全滅してたな。 (2020-09-27 17:52:24)
                            • 「其方、もう老境ではないのか?それでは礎を満たすのも困難であろう、元同僚のよしみだ、ダオアレーベン頼む」「ちょっと待っアッー!!」(若返る激痛で気絶) (2020-09-27 18:06:11)
                            • 奉納式は神具がないから、祭壇で奉納舞じゃないかな・・・。 (2020-09-27 23:14:17)
                              • 奉納舞の時も祭壇に神具は置かれてたと思う、と言うか神像がそれぞれ自分の神具を持ってて、魔力奉納すると神像ではなく神具の方が光る。ジェルが奉納舞か加護取得儀式で祭壇の道を開け直接じじさまの所へ向かったなら、その場にいた中央騎士団員が「彼こそツェントになるべき者だ」と思い込んでいたのもむべなるかな。 (2020-09-28 10:08:49)
                                • その神具は普段中央神殿にあるもの。流石に用意している時間もないはずだし、じじさまのところに図書館経由で行くとは考えられないから、やっぱ奉納舞かな・・・? (2020-09-28 10:47:52)
                                  • 中央神殿には中央神殿用のレプリカがあって、貴族院の祭壇にあるのが本物だけど、祈念式などで中央神殿の青色が本物のほうも貴族院の外に持ち出してるかどうかは描写が足りなくてよくわかんない ジェルたち伴って王子達騙して最奥の間をあけさせたときも神具の準備でうんぬんって理由つけてるが… (2020-09-28 11:20:39)
                                    • グルトリスハイトには「神具の作り方」も載ってると思われ、「レプリカ」ではなく「新規作成」が正しく両方とも本物では? そうでなくとも1万年の間に領地が増えたり減ったりしてるから、廃領地の神具を回収して貴族院に置いてあっても不思議はない。ただ、貴族院の神具の方も中央神殿の管轄なのは確か。 (2020-09-28 15:10:53)
                                      • #556で「貴族院の神具だけ光ってる」描写があるので、中央神殿の神具とは何らかの違いがあります。「これだけが本物だと主張しているように」とも書いてあるので、貴族院の神具は最初に神々が初代ツェントへお手本として作って見せたもので、各領地にある神具はツェントが作った複製かも。見た目同一なのによくまあ長い歴史の中で取り違えられなかったもんだ。 (2020-09-28 18:48:15)
                      • 魔道具グル典の製作年は古代語の時代ではないだろう。つまり、グル典魔道具の運用は古語不要、周辺資料の白板が古語必要と思う。 (2020-09-27 16:33:35)
                        • 魔道具グル典は古代語ではないだろうが、古語である可能性は高い。数百年前に作成されたものと思われる。日本に置き換えるなら江戸時代の文字を現代人が容易く読めるものではない。西洋で言うならば、ラテン語のようなものかも? (2020-09-28 15:20:27)
                    • オルタンシアによると、ワルディフリード(前ツェントの第二王子)がグル典お披露目後に図書館を訪問予定だったので、政変がなければ、地下書庫までは上級司書に案内されていたのではないでしょうか。おそらく前ツェントも地下書庫は訪れていたと思います。 (2020-10-10 00:51:36)
  • 隔離先が図書館ならローゼマインにとっては本望なのでは。仮に必要時以外は隔離されることになっていたとしても、断ってもあの手この手で自分の要望を通そうとするローゼマインにアナ王子は振り回されることになるのでは。 (2020-10-02 22:29:39)
    • 新しく本は作れないし、指示を出すことも出来ないと思うよ。グル典を渡した以上は要望を飲むことも無いだろう。政治家が選挙中は「頑張るので清き一票を」とか言って当選後は知らん顔ってのと同じ (2020-10-02 23:06:23)
      • グル典の受け渡しが出来るならそのうち下賜とか言ってたきがする (2020-10-02 23:08:27)
        • ha (2020-10-03 07:59:51)
        • はい、グル典を取り上げられるなら、成人後にエーレンフェストに降嫁ですね(555話)。 (2020-10-03 08:08:15)
          • 成人までは中央神殿長させてとかいうイマヌエルが大喜びしそうな条件付きだけどな (2020-10-03 09:01:21)
            • 神官長の座はハルトムートに奪われて、結局何もできないというオチになりそうだけどね (2020-10-03 09:44:28)
      • 図書館行きはグル典を奪えない場合だけですね。本のためなら平民(マイン)が図書館に入るために大金貨1枚を差し出すほど手段を選ばないのがロゼマなので、図書館行きになったらなったで、中央を引っかき回して欲望を押し通す姿しか思い浮かばないのです。 (2020-10-03 08:34:06)
        • 国立図書館にいつの間にかシュミル型魔術具がうろついていたり、一匹だけレッサー君が混じってたりしてとんでもないことになってそう (2020-10-11 13:50:44)
最終更新:2020年07月22日 19:19