エーレンフェスト

エーレンフェストとは、

  1. ユルゲンシュミットの中領地の名前
  2. 領主の城がある街の名前
  3. 領主の家名

である。本項では2.について記述する。


概要

アウブ・エーレンフェストの城がある街で、領主の家名がそのまま街の名前になっている。*1
数百年ほど昔は貴族街のみが街だったが、より力の強い現在の領主の家系に交代したことで街が拡張された。*2
街の人口は数万人。*3
貴族街に住んでいる洗礼を終えた貴族は約300人。*4
上級:中級:下級の割合は1:4:3くらい。*5
街に常駐している騎士は50名ほど。*6

神殿

街の中央*7にある一際大きい白い石造りの立派な建物で*8がある。*9
中央広場を北へ進んだ突き当りの城壁の手前にある。
神殿敷地全体が全周を高い壁に四角く囲まれて下町側とも貴族街側とも区切られている。
その壁の東側南寄りで下町との間にある門が正門、南側にあり下町中央広場と正対している門が裏門、北側にあり貴族街への出入りに使われるのが貴族門である。

建物や設備の正式な呼称は、ふぁんぶっく内SS「神殿案内」や第二部コミック(1巻から3巻のどれでも)巻頭で示されている。
SS「神殿案内」には神殿建物内の平面間取り図が、第二部コミック巻頭には立体的に描かれた神殿敷地全体俯瞰イラストが示されている*10(両者で矛盾する記述は第二部コミック側を優先、また第一部の書籍やコミック巻頭の下町イラストは神殿まわりが誤っており第二部コミック巻頭イラストが正しい)。

神殿の建物は、大きく分けて2つの区域でできており、青色神官・青色巫女が生活や勤めを行いときおり貴族の立ち入りもある北側の棟が貴族区域、平民が神事に集まる礼拝室と(召し抱えられていない)灰色神官・灰色巫女・孤児が生活する孤児院がある南側3つの棟がまとめて礼拝室区域となっている。
貴族区域と礼拝室区域は扉で区切られた短い渡り廊下で結ばれている。

神殿に限らず領主の城や貴族街の貴族の邸宅など貴族が使用する建物に共通した階層の呼び方として、地面と同じ高さが地階と呼ばれ(地下室とは異なることに注意)平民の下働きの働く厨房などがあり貴族や青色神官は基本的に立ち入らない。地面から1階分弱を階段で上がった高さが1階と呼ばれ*11、この1階やその上の2階・3階などが貴族の使う階層となっており神殿以外ではこの1階に建物の正面玄関がある*12
神殿は貴族の建物一般とさらに少し異なっており、1階は側仕えな灰色神官・灰色巫女の部屋などに割り当てられ、青色神官や貴族が使い、また玄関や中心的な役割の部屋があるのは2階である*13

下町の大通りから真っ直ぐの所にある裏門は徒歩の平民専用の入り口で、真ん中の建物は5階建てほどで城壁と同じだけの高さの礼拝室があり、両脇に少し小さな4階建て*14孤児院があり、建物は全て渡り廊下でつながっている。どの建物も全て同じ白い石でできている。*15
貴族区域東側にある正面玄関は貴族や富豪専用で、明確な格差がある。手前に広がる前庭には、様々な素材を生かした彫刻や緑と花の溢れる花壇があり、玄関口は礼拝室の正面の壁のように色とりどりのタイルで装飾されている。*16
貴族区域孤児院は少し離れている。*17
神殿に入ることは貴族社会から見ると、政治の世界から抜けることを意味するが、魔力を使い、神事を行うため、政治の世界とは密接な関係を持っている。
神殿の上位は貴族出身の神官や巫女が占めており、その位は実家の地位による階級社会になっている。*18
7歳未満の外部の子供は立ち入れない。
街が拡張される以前は検問のために正門前で足止めされる旅人のための宿泊施設だった。*19
本来の神殿長は次期アウブとなる領主候補生が就任するものとされており、礼拝室の地下には領地の礎があり、図書室には礎の間への入口がある。
構成員
組織参照

礼拝室

平民専用の入り口(裏門)を通った所の真ん中の建物で、5階建てほどの高さで体育館のように広い場所。
裏門から入ってきて2階分の高さ・長さのある幅の広い階段を上り終えると礼拝室の入口に着く。
孤児院と違い外観に彫刻やレリーフで飾られて、入口の両脇に4体ずつ石像が並んでいる。*20
吹き抜けのように天井が高く、奥行きがあり、両側とも壁際には複雑な彫刻がされた太い円柱の柱が整然と並んでいる。
4階くらいの高さに窓が等間隔で並んでいる。壁も柱もところどころに装飾に金が使われている以外は白で、少しの光でも明るく見える。
一番奥の壁は天井から床まで色とりどりのモザイクで複雑な文様が描かれ、横から入ってくる光で神々しく照らされている。*21
下から窓の高さほどまで40段ほどの階段が続いていて、その途中途中に最高神と大神の7つの石像が神具と共に飾られている。

礼拝室では街の平民のための神事が行われる。*22
洗礼式成人式星結びの儀式

礼拝室の西側(孤児院男子棟側)に、裏門側と孤児院や貴族区画とを行き来する灰色神官・巫女が使う出入口と廊下がある。

礎の間

礼拝室の真下にある、白の壁で囲まれた部屋。各領地ともここに礎の魔術具および礎本体がある。虹色の転移の幕を通る事で入る事ができる。
入口とその鍵は2つある。
  1. 代々のアウブに継承される鍵で開く、アウブの部屋の扉
  2. 代々の神殿長(本来の次期アウブ)に継承される聖典の鍵で開く、図書室の本棚の扉*23
また、この部屋に入ったアウブとの連絡用に、城の執務室と繋がるオルドナンツ専用の円いワープ穴がある。

反省室

礼拝室のすぐ側にある。問題を起こした灰色神官等に反省を促すために使用する部屋。
礼拝室と同じ白い石造りの小部屋で、かなり上の方に細く空気を取り込むための隙間が開いている。
空気取り用の隙間が明かり取りにもなっていて意外と明るい。
床も周りの壁も全てが白い石でできていることから夏でもひやりと冷たい。*24

孤児院

子供を親が殺すこともできず、育てることもできず、神様にその先を託すということで、連れてこられる建物*25孤児達が住む。青色神官の相手を務めたり花捧げに従事した結果孕んだ灰色巫女が生んだ子も孤児としてここで育てられ、デリアによれば孤児の半分くらいは青色神官の子らしい*26
第二章開始時点で神殿で暮らしている灰色は80~90名*27

礼拝室の両脇にある地上4階*28・地下1階の建物で、礼拝室を挟んで男子棟と女子棟に分かれている*29
洗礼前の子供と側仕えではない灰色巫女や見習いは女子棟に住み、洗礼式を終えた男は男子棟に移る。*30
地下室に通じる扉が両方の棟の地階の床にあり、マインが神殿入りした当初は、入れないように板を打ち付けて封鎖されていた。初めての冬籠りの準備の際に板をこじ開け、以降は収納スペースとして使用している。*31
孤児院は青色神官が入ってこないため、マインが改革するまではきっちりと清める対象ではなかった。*32
また、孤児院に住む子供達は貴族区域への立ち入りを禁じられている。*33

13年冬に、親が粛清された洗礼前の貴族の子供17人が預けられた。刑罰や金銭的事情から親の引き取りが無い子供達に教養を与えて、優秀な者はアウブが後見人となって貴族(兼、青色神官見習い)として洗礼を受けられる事となった*34。ただし、アウブの後見で洗礼を受けるには領主一族への名捧げが必要。
洗礼済みで未就学の貴族の子供4人も、14年春から貴族院入学準備として孤児院で教育を受け、低学年の参考書で勉強し、フェシュピールの練習をローゼマインの楽師が行うことになった。*35

男子棟

院長室
孤児院とは入口が分けられており、貴族区域側にある*36
1階*37は入口の右側に側仕え用の部屋が4つと物置があり、ホールの左側はオーブンのある厨房と地下倉庫に繋がっている。
2階は主の部屋になっており、風呂場と身の回りの世話をする同性用の側仕えの部屋がある。*38
花捧げの灰色巫女を見繕ったり、有能な灰色神官を選んだりする孤児院長は男性が就くことが多かった為、男子棟に院長室が作られた*39
ここから女子棟へは、ワゴンが無ければ回廊を回らずに階段を使って女子棟地階の裏口を使った方が近道。
1階
本編にほぼ描写が無いが、洗礼式を終えて成人式前の灰色神官見習いが居住している階*40
2階・3階
本編にほぼ描写が無いが、成人している灰色神官が居住している階*41
地階
神の恵みでは足らない食費を孤児達が自力で捻出できるようマイン工房孤児院支店(8年春からはローゼマイン工房)として整備した。*42
工房は神殿の中であっても、商人と神殿の規則を程よく混ぜた独自の規則で動いている。*43
植物紙や植物紙用のインクの制作、印刷などを行っている。玩具も作るが、マインの意向で紙と絵本づくりが最優先にされている。*44
地階のさらに下に地下室もあり、以前は封鎖されていたがマインによる整備後は工房や採集で使う道具類、冬ごもり用の薪や蝋燭などの保管に用いられている*45

女子棟

食堂
女子棟の2階全域が孤児院の男女共用食堂となっており、長テーブルがずらりと並んでいる。
マインの側仕え達が教師を務め、神殿教室も行っている。
礼拝室裏門側出入口と同じ階であるが、出入口や孤児院長室・男子棟渡り廊下からは長い回廊を通って大きな礼拝室を半周迂回する必要がある*46
1階
本編にほぼ描写が無いが、洗礼式を終えて成人式前の灰色巫女見習いが居住している階*47
マインによる改革後は洗礼式前の子供もこの階で生活していると思われる。
3階
本編にほぼ描写が無いが、成人している灰色巫女が居住している階*48
地階
もともとは洗礼前の子供達が生活する場所。洗礼を受けないと子供達は地上階へは上がれない決まりになっていた。
05年終わり頃に青色神官が減った事で余剰の灰色巫女が処分され、子供達の面倒を見る者がいなくなり、乳幼児などの小さい子供が死んでいった。*49
07年夏にマインが改革する以前は、裏口が外側から閂で閉ざされており、中には洗礼前の子供達が6人程、不衛生な環境で半ば放置されていた。*50
マインの側仕えに知らされるまで、洗礼を終えた孤児達はこの状況を知らなかった。*51
改革後は子供達は地上階に部屋を移し、地階は厨房としてスープ作りに使われるようになった。
裏口も開放されたので、食堂から厨房経由で工房へ向かう際などに使われている。*52
地階のさらに下に地下室もあり、以前は封鎖されていたがマインによる整備後は冬ごもり用の加工済食品、薪や蝋燭などの保管に用いられている*53

貴族区域

青色神官・青色巫女のための部屋がある建物。*54
全体が直方体のような大きな1つの建物だが、1フロアに青色神官もしくは青色巫女の居室が40室ほど細かく区分けされてとられており、その建物内側にある部屋にも窓がつくよう吹き抜けがたくさん設けられている。*55
領主の城貴族院にある寮と同じように、男性と女性で使う階が分けられている。*56
他の場所よりも彫刻や石像が洗練されて豪華なものになる。*57
青色巫女の部屋は、仕える灰色神官の部屋が完全に主の部屋から離されている。*58
地階には厨房があり、西側には下働き用の出入口が存在する。*59
1階は側仕えの灰色神官・灰色巫女の部屋が並んでおり、自分の主の部屋に繋がる階段で出入りをする*60(個別の階段が無い、通いの青色神官・巫女用の狭い部屋の側仕えは廊下を結んでいる共用階段を用いる*61)。
2階は青色神官の居室のほか、東側に正面玄関、北側に貴族門に近い通用口、南側に礼拝室区画との渡り廊下があり、神殿長室・儀式の間・図書室など主要な設備が集まっている階である。*62
3階は青色巫女の居室があるが、後述の理由で長い期間封鎖されていた。

神殿長室

貴族区域の中でも最も北の西角にあり貴族街に面している、青色神官用居室の中で最大の部屋*63。平民が出入りする裏門側から見ると奥のほうにあることとなる*64
中央にテーブルと椅子があり、応接スペースになっている。
ドアから一番遠い部屋の隅には重厚な天蓋のついたベッドがあり、反対側の隅には仕事をするスペースがある。
仕事スペースには重厚な机と書棚、祭壇として飾り棚に30センチくらいの神様の像と聖典とキャンドルが、聖典を中心にほぼシンメトリーに飾られている*65
祭壇は青色神官・青色巫女となる際の神と神殿に仕える誓いの儀式に使われる。
神殿長室の横に青色神官が貴族門を使う際の近道となる通用口がある*66
窓からは貴族門の様子が良く見える。*67

8年夏にローゼマイン神殿長に就任するにあたって、女性らしい赤系の色でまとめられ花模様のメルヘンな雰囲気に模様替えされた。*68
09年冬、ローゼマインがユレーヴェを使用するため隠し部屋を設置*69、工房としても使用。
神殿長室の向かいに二つ並んでいる、元々上級~中級出身の青色神官が使っていた部屋*70が、男女それぞれの騎士のために整えられている。
男騎士用の部屋
神殿長室の向かいに二つ並んでいる部屋の内、神殿長室から遠い方*71
「慣れた環境が一番だろう」というカルステッドの判断のもと、騎士寮を参考に、布の刺繍やテーブルの彫りがないシンプルな物で整えられており無駄な物が一切ない*72
女騎士用の部屋
神殿長室の向かいに二つ並んでいる部屋の内、神殿長室に近い方*73
ローゼマイン向けの部屋と同じような高級品で整えられており、可愛らしい部屋になっている*74

神官長室

マイン神殿長を威圧して疎まれていたため、本来は神殿長室で行う誓いの儀式がこの部屋で行われた。*75
天蓋付きの寝台があり、その奥に隠し部屋の入口がある。*76
慣例では神官長は神殿長室の廊下向かいなど神殿長室の最寄りの部屋に入るものだったが、フェルディナンドが神官長に就任した時期も、ローゼマインが神殿長に就任した時期もどちらもフェルディナンドが忙しく部屋を移動する余裕が無かったため、神殿長室と同じ建物の最も北の並びのうち通用口をはさみさらに1部屋離れた場所を使い続けた。*77

青色神官の部屋

実家からの寄付金によって部屋の広さに差が出る*78。貴族街に近い北側ほど部屋が広く実家の格が高い青色神官が利用する*79
神殿に住んでおらず貴族街にある実家から通いで神殿に勤めている者のための部屋は、寝台スペースや側仕え用内階段が省かれており、さらに狭い*80

青色神官見習いの部屋

13年冬の粛清の影響、14年春の領主会議での魔術具に関する特例措置、ローゼマインからの回復薬の提供で以下の条件の子供達の中の希望者は、貴族身分の青色神官見習いとして部屋を与えられる事となった。
  1. 13年冬の粛清で親が処刑か数年の重罰対象の、洗礼済みだった貴族の子供達(ニコラウスともう1人の男子)*81
  2. 13年冬の粛清で親が処刑か数年の重罰対象、または軽処分でも金銭的に引き取られなかった洗礼前の貴族の子供達の中で、アウブを後見人として洗礼を受けた子供達(ベルトラム
  3. 特別ケースだが、身食いで捨てられた平民の子供で、アウブを後見人として洗礼を受けたディルクも2.と同じ扱い
ただし、アウブの後見を受けるには、魔術具を持たない子供はアウブの定めた魔力量規定と面接をパスして、得た魔術具に回復薬を使って魔力を溜め、更にアウブの面接をパスした上で、領主一族への名捧げが必要。
この部屋で寝起きと食事をして、孤児院で勉強をする。*82
貴族院入学時に希望すれば城の寮に部屋を移せるが、14年冬時点で希望者はいなかった模様(少なくともニコラウスは14年冬に入学済)。*83
また、コンラートは通常の青色神官で家の援助がないパターンとなるが、魔力の供給量に応じて領地から与えられる補助金とフィリーネに多少の援助を受けて自力で部屋を得る予定。*84

青色巫女見習いの部屋

青色神官見習いの部屋とは階が違う場所にある。
粛清による影響は青色神官見習いと同様。
作中では1.のケースで親が処刑された女子1人(バルトルトカサンドラの妹、ティベルタ*85)と数年の重罰を受けた女子1人が部屋を与えられている。*86
今後2.のケースの子供も出てくると思われる(1.のもう1人の男子の妹など*87)。

エーレンフェスト神殿では政変後に青色巫女が全員神殿を出ていったため、使用者が居なくなった階全体が封鎖されていた*88。またマインは孤児院長室・ローゼマインは神殿長室を使用して青色巫女階を使わなかったため、粛清後に青色巫女見習いを受け入れるこの時まで封鎖が継続された。

メルヒオールの神殿の部屋

14年春からメルヒオールが利用する、大人数で執務をするための神殿長室神官長室に次いで広い部屋。
周囲に空き部屋がいくつかあるため、側近が寝泊まりするのに使いやすい位置にある。
執務の引継ぎが終わればメルヒオールは神殿長室へ、神官長の役職に就けそうなメルヒオールの側近神官長室を使ってもらうことになる予定。*89

会議室

図書室の隣*90にある「学校の教室ぐらいの広さがある」大きな部屋で、政変前であれば多くの人数が居た青色神官達であっても長方形に並べられた長机に一同が着席して会議に臨める。
洗礼式や収穫祭など各青色神官の収入につながる神事に誰がどこに向かうかといった、全員を集める必要がある打ち合わせに用いられる。*91
本編記述でも次項の応接室との用語の混同が見受けられるが、第362話「イタリアンレストランへ行こう」からは別の部屋と解釈したほうがよいと思われる。*92

応接室

製紙や印刷をエーレンフェストの新しい産業として興す、また下町を綺麗にし他領から多くの商人を受け入れるうえで、貴族の文官と平民が会合する場所に神殿を利用することとなり、その会合に用いる部屋として正面玄関に近い青色神官用の部屋を改装して新たに用意した。*93
引き取り手のない前神殿長の残した家具を修繕し、再利用することで整えられた。上級貴族である実家の格に合わせた品質であったためかなり豪華であり、下級文官にとっては緊張して使いにくいものに仕上がった。*94
ローゼマインと平民との会合で神官長やエルヴィーラブリュンヒルデなど別の貴族が同席する際に使用された。*95

神殿図書室

壁際に本棚がずらりと並べられていて、ほとんどが紙や木札が詰め込まれているが、貴重本を保管する鍵付きの書棚もある。
部屋の中央には書見台として天板が斜めになった閲覧用の長机が向かい合わせに2台置かれている。*96
書見台の上部にはフェルディナンドが持ち込んだ本が開けばそのまま読めるように鎖に繋がれて並んでいたが*97、13年秋にフェルディナンドがアーレンスバッハに向かう際に撤去された。*98
魔術具で入室する者を制限しており、神殿の関係者しか利用することができない*99
神殿長の鍵がなければ開けられない扉付きの本棚があり、メスティオノーラの凝った彫刻が刻まれている。
彫刻が持つ聖典の背表紙部分に聖典の鍵を入れると本棚が左右に分かれ、虹色の転移の幕が張った領地の礎の間への入口が開く。

氷室

大きな魔術具の氷室があり、クリームなど冷蔵の必要があるものが保管されている。*100

儀式の間

貴族区域の最奥にある小さな礼拝室で少し天井が高く、奥行きがある。神殿長室が最も近い。
壁も柱もところどころに装飾に金が使われている以外は白。両側の壁際には礼拝室と同じ複雑な彫刻がなされた円柱の柱が並び、その柱の間には窓が等間隔で並んでいる。
正面の壁には天井から床まで色とりどりのモザイクで複雑な文様が描かれ、色彩が豊か。
祭壇があり、奉納式が行われる。*101

貴族門

貴族区域の中でも一番奥を抜けたところあり、貴族街と繋がっている門。
まるで街と外を隔てるような高い塀と人の力では到底開きそうもないような大きな両開きの扉。神殿と同じ白い石造り。
門に手をかざすと大きな魔法陣が浮かび上がって光り、ゆっくりと門が勝手に開く。*102
冬の社交界のために土地持ちの貴族が貴族街に移動する場合や*103*104青色神官が自宅に帰ったり、儀式のために貴族街へ向かったりする際に使う。*105
貴族門の開門には魔力認証が必要。*106

城壁

外壁よりも高い*107石の壁。
中には領主の城や貴族の屋敷がある。*108
神殿貴族門か、北門から中に入ることができる。

貴族街

過去に拡張される以前の街が貴族街として整備された。
全く汚れのない美しい白の街並み。*109
下町と同様に門から奥に向かうほど高級住宅地になっている。
土地持ちの貴族の冬の館は庭が小さく、エーレンフェストで暮らす貴族の館の庭は広い。*110
貴族街に住んでいる洗礼を終えた貴族は約三百人。*111

フェルディナンドの館

神官長の館。白い建物。
シンプルで実用的で華やかさが全くなく、ダンケルフェルガーの雰囲気に似ている。
「機能美という美しさが君には理解できないようだな」*112
側仕えのラザファムが管理している。
13年秋にフェルディナンドがアーレンスバッハへ移動することに伴ってローゼマインへと譲られた。*113
譲られた鍵でないと開かない扉がいくつもあり、その中にフェルディナンドの私物が残されていた。
15年春の礎争奪戦ではグーテンベルクが避難所として滞在。プランタン商会が内装や図書室を熱心に見学した。*114
大きな応接間
1階。テーブルや椅子、長椅子がたくさんあり、敷物や必要な魔術具が配置されていて少しだけ生活感がある。*115
図書室
1階。応接室にある扉から入る。ずらりと並んだ本棚に分厚い本が整然と並べられている。
蔵書の一部分はハイデマリーが献上した物。*116
市場でマインが匂いを嗅げずに終わった本も、その後ユストクスに購入されて収められた。*117
工房
1階or2階。神殿の神官長室の隠し部屋工房と素材の配置が同じ。魔力量の入室制限はないが、譲られた鍵でないと扉が開かない。
フェルディナンドが作成した加護の儀式用の魔法陣も保管されていた。*118
フェルディナンドの自室
おそらく2階*119。移動後も家具などはそのままにしていたので、礎争奪戦後の滞在時にもフェルディナンドが使用した。*120
女性用の部屋
3階。フェルディナンドが洗礼前にエーレンフェストに連れてこられた時に同行してきた女性が使っていた部屋。
家具などはそのままにローゼマインが自室として使用し、隠し部屋を設置した。*121

カルステッドの館

公園のように広い庭がある。*122
部屋には落下式のトイレがあり、ネバネバが汚物を処理する。*123
図書室があり、置いてあるのは兵法書などだったが、第三部冒頭で神殿を出てカルステッドの館に引き取られ洗礼式に向けての課題をこなしていたローゼマインにとっての楽しみの1つでもあった。*124
第二夫人のトルデリーデランプレヒトアウレーリア夫妻は離れで暮らしている。*125

エックハルトの館

エックハルトが亡くなったハイデマリーと暮らした館。
エックハルトが13年秋にアーレンスバッハへ向うことに伴ってコルネリウスに譲られた。
一室だけは大事なものを保管するためにエックハルトのために残されている。*126

ヘンリックの館

北門から比較的近い所にある。*127

シッカークの館

下級貴族の家が集まる貴族街の南に存在する。
城の広大さを考えると比べ物にならないが、平民に比べれば、広くて綺麗な家。*128

リヒャルダの家

子供の世代に代替わりしている為、たまの休みの際のみ帰宅する。*129

オティーリエの家

家族が暮らしている為、城の勤務は自宅から通っている。*130

イルクナー子爵の館

冬の館。執事が常駐している。*131

ダールドルフ子爵の館

冬の館。3階が女主人の部屋になっている。*132

ゲルラッハ子爵の館

冬の館。執事がいる。館内には貴族としてメダル登録している者が少なく、多くの身食い兵がいた。
13年冬の粛清時に、執事や身食い兵達が爆散した。*133

領主の城

貴族街の奥にあり、土地は高い壁で分け隔てられている。
壁の門から城まで馬車がなければ移動できないくらい広大で、富の証になっている。
領主が利用する建物に加えて、庭師の住まいやの管理人の住まい、農園や果樹園もある。
騎士団の訓練場や茶会の庭もいくつかあり、城の離れには騎士団の寮がある。*134
領主一族に仕える側近は、主の部屋近くに部屋が与えられ、側近でなくても住み込みで仕事を行う者のためには、城の一角に部屋が準備される。*135

上空から見ると中庭を抱く長方形。*136
本館南側
アウブの執務室や大広間があり、貴族が出入りする公的区域。
本館北側
アウブの私的区域。
東の離れ
引退したアウブ夫妻が住むところ。
西の離れ
アウブの第二夫人や第三夫人が住むところ。
北の離れ
洗礼式を終えた領主の子が成人まで住むところ。
(詳細は以下参照)

本館

白一色の建物で、清廉な美しさ。外から見たところ、三階建てか四階建て。
下町の六階建てや七階建てのみっちりと詰まった街並みと比べると、思ったほど大きくない。
南側にある正面玄関は仕事用で、文官や騎士、領主に執務上の用がある貴族が出入りする場所になっている。
領主の家族やごくプライベートな客人は北側の玄関から出入りする。*137
領主一族の側近用の出入り口も北側にあり、通いの者が使用する。*138
南側
領主の執務が行われ、文官や貴族達が公に集まる区画。
執務室、会議室、大広間、休憩室、お茶会室、転移陣のある部屋、図書室、文官の仕事部屋、徴税物の倉庫など。
北側
アウブの居住区画。
3階:当代アウブ夫妻の部屋・アウブの洗礼前の子供の部屋。階段の部屋。
   次期領主夫妻の部屋も3階と推測される。
2階:私的な客用の応接室、客間、食堂、階段の部屋など。各離れに繋がる回廊がある。
1階:住み込みの側仕えの部屋など。

大広間

本館南側にあり、体育館のように天井が高くて広い。*139
星結びの儀式洗礼式を終えた貴族のお披露目などが行われる。

休憩室

本館南側。大広間の近くにある。
神官長のフェシュピールコンサートの救護室として使われる。*140

執務室

本館南側。
ジルヴェスターが執務を行う部屋。
お茶ができる休憩室もついている。*141
執務机の背後のタペストリーを取り外したところに供給の間への扉がある。
礎の間へ繋がるオルドナンツ専用の円いワープ穴がある。
供給の間
礎の魔術具に魔力を注ぐための部屋で、領主夫婦と魔力を登録した領主の子のみが入れる。
ローゼマインでも身をかがめる必要があるほどのかなり小さな扉があり、領主が手をかざすと大きくなる。
扉には7つの丸い穴が開いていて、魔力が籠った魔石を嵌めて登録する必要がある。
扉を開けて虹色の幕を抜けると、タペストリーもカーペットもない真っ白の部屋で、中央にスイカより大きいくらいの魔石が浮かんでいる。*142
大きな魔石は天球儀のように魔法陣が光を放ちながら回っている。*143

子供部屋

冬に大人が社交している間、洗礼を終えた子供達は一室に集められる。
貴族院へ一緒に向かうことになり、同期、先輩、後輩として共に生活する同じ年頃の子供達で過ごす。
聞いた話を元に貴族院で所属するコースを選んだり、目指すコース毎に交流を持ったりと、大人ほど洗練されなくても社交のすべを学ぶ。
同時に、身分の上下を理解し、貴族の振る舞いを身につける場でもある。
領主候補生にとっては、将来の側近を選び、育てる場。年の近い者から側近が選ばれることが多い。
ローゼマインが教育に携わってからは大きく変わり、規則正しく、身分差に関係なく競争するようになった。

図書室

本館南側。
神殿の図書室よりずっと広く、蔵書も多い。
大きな本がいくつも並び、棚からはみ出そうな資料も詰まっている。
ローゼマインが運べない大型本が数十冊と、運べる大きさの本が数百冊はある。
手続きをすることで貸出もされている。*144

転移陣のある部屋

貴族院の寮の転移の間と繋がる転移陣がある部屋
見張りの騎士が立っている*145
窓の無い暗い部屋に転移陣が浮かび上がって見える*146

文官の仕事部屋

転移陣があり、領内の貴族から木札や書類が届く
いくつもの箱が並んでいて、転移陣に送ってこられたものが文官に分類されていく
運送業や郵便局を彷彿とさせる部屋
徴税のための倉庫はまた別にある*147

客間

賓客が宿泊する部屋。本館*148の北側2階と推測される。*149

階段の部屋

2階から3階への移動は2階の扉の内の1つ、階段の部屋の魔術具の鍵を開けて昇る。鍵は2階と3階両方にある。
防犯上きっちり施錠され、窓もないので、昼間でも夜のよう。壁も床も階段も白い。*150

アウブの部屋

本館北側3階にあるアウブの自室近くにあるか、自室そのものを指していると推測される。*151
礎の間に繋がる、代々のアウブに継承される鍵で開く扉がある。
扉を開けると虹色の転移の幕があり、神殿の礼拝室の地下にある礎の間に転移する。

東の離れ

引退したアウブ夫妻が住むところ。*152
ヴェローニカの生活の場であった*153
ヴィルフリートは洗礼式までヴェローニカと東の離れで過ごした。
ヴェローニカが白の塔に入った後は閉鎖されている。*154

西の離れ

領主の第二夫人や第三夫人が住むことになる建物。
領主のジルヴェスターには第一夫人しかいないので、誰もいない。*155
ブリュンヒルデがジルヴェスターと星結びをした後は、西の離れに住むことになると推測される。

北の離れ

洗礼式を終えた領主の子が成人まで住むところ。
二階から渡り廊下で本館と繋がっている。
二階が男子、三階が女子と分かれている。*156
成人すれば、男子は北の離れを出ると決まっていて、次期領主ならは本館へ居室が移動し、それ以外は城の外に居を構える。
女子は嫁に行くまで一応いることが許される。*157
ヴィルフリートの部屋
二階にある。
メルヒオールの部屋
二階にある。洗礼式を終えた後に部屋を与えられた。
ローゼマインの部屋
三階に上がってすぐのところにある。カルステッドの館の部屋や神殿長室と同じような雰囲気で赤やピンクの花が可愛らしい部屋になっている。*158
シャルロッテの部屋
三階にある。洗礼式を終えた後に部屋を与えられた。部屋を整えるにあたり、人を動かし采配を振るう練習として、シャルロッテ自身が携わった*159。二年かかった。
側仕えの部屋
領主の子の側仕えに与えられる部屋。
同性のフィリーネローゼマインに保護されてから一室を与えられている。

温室

できるだけ多くの光を取り入れられるように大きな窓が並んだ、創造の魔術で造られた温室。
北の離れからお茶会を行う部屋へ向かう方向にあり、雪深い冬の社交界において高頻度で活用されている。
小さな明かりが灯されたランプのような魔術具があちらこちらに飾られており、観賞用に育てられた色とりどりの花が、その光に照らされて咲いている。
冬の社交界で女性の集まりによく使用される為、テーブルや椅子を置くためのスペースが広く取られている。
夜は、月光が静かに降り注ぎ、白の建物自体がほのかに光っているように見える、幻想的な空間となる。*160

騎士寮

城の離れにある。
成人した騎士は数年間、団体行動を叩き込まれるため、全員が問答無用で寮生活をすることになっている。*161
以前は遠い土地の者のために文官用の寮があったが、利用者が少ないため、今では騎士寮を一緒に使うようになっている。*162

騎士団の訓練場

騎士団が訓練を行う訓練場は複数あり、どれもこれも広い。*163
魔術訓練場
大きな魔力を使って戦う練習をするための建物。城から少し離れたところにあって高くて広い。
中には何もなく真っ白で、魔力が外に漏れないようになっている。*164

犯罪者を扱う場所

捕縛した犯罪者を連行していく場所。騎士達が使うエリアに存在する。*165

白の塔

城の森にあり、領主一族の中でも深刻な罪を犯した者*166を幽閉しておくための塔
(領主一族以外の貴族を捕らえる牢は別にあり、ビンデバルト伯爵はそちらに収容されている*167)。
塔の扉を開くことができるのは、礎の魔術に関わることができる者のみ*168で、扉に結界があるため番人などは置かれていない*169
格子さえなければ、普通の貴人の部屋にしか見えない。*170
アウブ・エーレンフェストに無断で入ったものは領主への反乱や罪人の逃亡幇助に問われる。*171
白の塔の存在やその使い方を知る者は限られている*172。もっとも、13年冬以降にヴィルフリートを白の塔へ押し込める世論が形成されかかったりした*173所からすると貴族社会では公然の存在となったらしく、ヴィルフリートが塔に立ち入った一件のあらましが09年冬の社交界で領主から告げられた*174ことで存在が周知されたものと推察される。

貴族街の森

城の森。狩りをするためには管理人の許可を取り、決められた時しか狩りを行えない。
冬の社交界の前に冬支度の一環として狩猟大会が開催される。*175
貴族の階級で常に順位が決まっているらしく、それからはみ出さないように気を使いながらの狩りをしなければならない。
調合のための素材が採れるが、グリュンなどの魔獣も出没する。*176

下町

過去に街が拡張された際に、それまでの街の南側に平民の街として整備された。*177
道は石畳が敷かれている*178
12年春にエントヴィッケルンヴァッシェンで下水道にあたる地下のネバネバが整備されるまでは、汚物は窓から捨てられていた*179上、外壁で囲まれているので、普通の貴族には耐えられない程の異臭が充満していた。
街を端から端まで歩いても二時間ほど(鐘一つ分*180)の距離である*181
ローゼマインと繋がりがある者達によって、情報網が築かれている。*182

貴族のいる城壁に近い北側ほど家賃が高くなる*183
南側は貧民が住み、細長い建物が多い。*184
中央広場より北側は裕福な人が暮らしており、建物が大きく三階より上の木造部分が綺麗に塗られているものが増える。また、荷車よりも馬車が多い。
下町の建物は1階は店舗で、2階は大体店の持ち主の家族が住んでいる。3~6階が貸し出され、7階は店の住み込みの見習いや従業員の部屋になっていることが多い。
最上階(おそらく7階)は屋根裏部屋で、夏は暑くて冬は寒いうえに煮炊きするような場所は無い。*185
通りに近く、井戸に近い階ほど家賃が高くなる。*186

13世紀に築かれたスウェーデンのストックホルム旧市街、ガムラ・スタン(Gamla Stan)辺りをイメージの参考にしている*187

中央

中央広場を中心に大きな通りで四角にぐるりと囲まれた区画。*188
北西部
裁縫協会や染色協会
北東部
商業ギルドや兵士の会議室など
南西部
鍛冶協会、建築協会、木工協会などの職人協会
南東部
飲食協会や宿泊協会

中央広場

大通りが合流する。噴水がある。*189
商人との会合の待ち合わせ場所に使われた。*190

大通り

人通りの多い西門から東門への通り道。*191馬車が行きかっている。*192
西門あたりに市場が立つ。
東門のあたりは最も人通りが多く、宿屋や飲食店が軒を連ねている。大通りに近い路地や裏通りにも店は軒を連ねていて、住人は大体行きつけの店を持っている。*193

馬車屋通り

下町でも最も北の貴族街と隔てる壁に沿って神殿の正門と北門の間に馬車屋が並んでいる通り。
貴族街に社交のため貴族が集まってくる冬の始めと夏の盛りには、外からやってきた貴族が乗る馬車が貴族街に入る前にここで汚れを落としていく。*194

職人通り

南門の辺りにあり、複数の工房がある。
倉庫が比較的多く、井戸が住宅地よりも多い*195

小さな広場

マインの家の外には集合住宅に四方を囲まれた中に共同の井戸があり、一本だけ表通りに繋がった道がある。
井戸の回りは石畳になっている。*196
ご近所さんが集まって盥を置いて洗濯をする。*197

下町の住居

マインの家

比較的南門に近い場所*198の集合住宅で7階建ての5階にあり、レンガのような石造りの壁でできている。
土足で歩き回るため、床は砂や土で汚れている。
2015年 10月30日 活動報告
冬の間に組み立て式とはいえ機織りをしたり、冬の間の食料や薪をぎっしり詰め込んでおけるような部屋も必要ですし、今の日本と違って生活するのに色々な道具が必要ですから、道具を使うためのスペースはあります。
そして、一見綺麗に見えるのは、ギュンター一家が貧しくて持っている道具も少なく、家具も少なく、ガランとしているからです。ごちゃごちゃさせるための道具や装飾が全くない状態です。
ただ、掃除をあまりしないので、床が埃や砂で白ぼけていて、綿ぼこりのような物が端にはいっぱいで、よく通るところだけ綺麗な感じになっています。
住人
ギュンターエーファトゥーリマイン (8年春まで)、カミル (8年春から)
寝室
ベッドが二つあり、壁につけられている。壁を挟んでかまどに面しているため火を使っている間は比較的暖かい。
部屋を綺麗にしないとマインが必死に掃除をしようとして、その所為でまた寝込むので隅々まで丁寧に掃除をするようになった。
マインがいなくなった後も、少しでもマインがいた時と同じようにしたいと考え掃除をしている。*199
台所
隅にかまどがある。
物置
油を絞るための道具や布が置かれている*200
冬支度部屋
物置のさらに奥の部屋で、冬の間に使う食糧、油、薪を保管する。窓がない。かまどから遠いため寒い*201

ルッツの家

6階にある。2つ分を借りて広げてある。
仕事道具が多く、作業部屋を取っているため生活空間はそれほど広くない。*202
屋根裏部屋のスペース*203に鶏を飼っている*204
住人
ディードカルラザシャ (10年夏まで)、ジーク (14年夏まで)、ラルフルッツ

ゲルダの家

3歳程度の子供を預かっている*205
住人
ゲルダ

オットーの家

ギルベルタ商会の3階から*206、2階に移った。*207
住人
コリンナオットーレナーテクヌートテオレオントゥーリ
応接室
商談をするための部屋で、部屋の中央に丸い形の木のテーブルがあり椅子が4脚置かれている。壁際の棚に布の見本が飾られていたりタペストリーがかかっていたりする。*208
寝室
コリンナの髪をリンシャンで洗った*209

ベンノの家

ギルベルタ商会の2階から、プランタン商会の2階に移った*210
住人
ベンノマルクルッツ
執務室
ベンノが執務をしている部屋
会議室
グーテンベルク達の会合にも使われている。*211

フリーダの家

オトマール商会*212の建物の中にある。
2階はギルド長の世代の家で、3階が息子や孫世代の家になっている。*213
どこかしこもタペストリーやクッションがあり布が多い。棚には石造りの動物の置物や金属の像が飾られている。*214
フリーダのために貴族の館にある物がいくつも取り入れられ、食事も風呂も生活用品も全て品質が段違い。*215
住人
グスタフフリーダダミアンコージモ
応接室
2階にある。棚に酒が並んでいる。*216
客間
8畳ほどの一角に天蓋付きのベッドが置かれており、丸いテーブルと椅子が三脚と暖炉がある。
床には厚みのあるカーペットが敷かれている。
窓はカーテンが掛けられ、波状のデザインガラスがはめられている。*217
食堂
食卓が置かれている。食事は一緒に取っている。
台所
大きな薪オーブンがある。
浴室
地下にある。6畳くらいの広さの浴室。
白い大理石のような床が広がっていて、大人が2,3人足を伸ばせる大きさの湯船がある。
湯船の端には壺を持つ少女の彫像があり、その壺からお湯が出ている。
フリーダの部屋
3階にある。客間と同じような作り。
カーテンやベッドの天蓋は赤やピンクのような色使いだが、人形や小物はないシンプルな部屋。
窓には真っすぐなガラスが入れられており、洗礼式の行列が神殿に入っていく様子がよく見える。

その他の下町の住人


下町の工房

街ごとや工房ごとの細かい規則には違いがある。
所属する協会の規約は統一されて、所属する全ての工房で守らなければならない。*218

マイン工房

売り上げは街の中でもかなり大きい工房で、一見数は少ないが、どれもこれも高価で利益が高いものばかり。*219
構成員
組織参照
職人通りの倉庫
紙づくりのためにベンノから借りた職人通りにある倉庫。井戸がすぐそばにある。
マインの家南門の中間ほどにあり、6畳くらいの広さで、壁際に板を打ち付けた棚がいくつかある。*220
工房長のギルドカードを得るために、ギルベルタ商会と専属契約してマイン工房になった。*221
孤児院支店
孤児院の男子棟の地階を参照

ローゼマイン工房

マイン工房が、8年春にマインローゼマインに改名されたことに合わせて改称したもの。
構成員
組織参照
孤児院支店
孤児院の男子棟の地階を参照

細工師の工房

マインが紙作りの道具を作るため竹ひごやの加工を依頼した。
背中まである灰色の髪を縛った不愛想で神経質な男が親方。
アストゼグが弟子として働いている。
職人通りにある。

インク工房

薬品のようなきつい臭いがする。職人通りにある。
インクを必要とするのは、字の読み書きができる富豪層に限られるため、工房ではなく取り扱っている店で注文される。*222
構成員
組織参照
ヴォルフのインク工房
唯一のベルーフの資格持ちであったヴォルフが死亡したことで一気に衰退した。*223
ビアスのインク工房
まるで理科の研究室のような場所。たくさんの器具が置いてあり、天秤のような秤があり、没食子インクが作られている。
隅の方の一角に、植物紙用のインクを作る場所がある。

木工工房

構成員
組織参照
ドスタル工房
ギルベルタ商会の専属。親方はドスタルジークも勤めている。
ベンノの専属工房でイタリアンレストランの腰壁を請け負った*224。書字板やカルタの板を発注した。*225
インゴ工房
ドスタルから紹介された。親方は独立したばかりのインゴ。ダプラはリヌスディモ。後にラルフも所属。
孤児院の冬の手仕事のための板を発注した。*226
グーテンベルクとして認知されたことで、木工工房の中では一番人気を誇るようになった。*227

鍛冶工房

街には複数の鍛冶工房がある。*228
鍛冶工房には火の神や鍛冶の神が祀られている。*229
構成員
組織参照
ヨハンの務める鍛冶工房
職人通りにある*230ヨハンをはじめ細かい部品が作れる職人が育っている。*231
ヴェルデ工房
ザックが務めている。一番人が多くて人気がある。*232
マットレスのコイルが作れる職人が育っている。*233

服飾工房

トゥーリが針子見習いとして務めていた所は、職人通りの中でも一番中央広場に近いところにある。*234

コリンナの工房

成人した時からコリンナが持つギルベルタ商会の服飾工房。
富豪や貴族の注文を受けて衣装を作っている。
マインから髪飾りの権利を買い、工房の一部で一年中髪飾りを作るようになる。*235
髪飾りは装飾品として街では一定の人気を得る。*236
他の領地との取引が始まり、夏に商人達が髪飾りを買い込んでいくため、平民向けも貴族向けも必死に作って追い込み状態になった。
王族からの依頼をこなすトゥーリほどではないが、貴族向けの髪飾りを作れる職人が育つ。*237
中央広場からほとんど離れていない場所にある。*238

染色工房

エーファが染色職人として務めている*239
ローゼマインが企画した染色コンペでは町中の染色工房が参加した*240
ガブリエーレが単色の染めを流行らせ、それまでの技術を記録に残さなかったため、様々な染めの技術が失われてしまっていた*241
ホイス工房
エーファが所属している工房。比較的安価で綺麗に染める。青が特に綺麗。コリンナの服飾工房でもよく利用している。*242

織物の工房

カルラが働いている。*243

絵の工房

絵具に関して、契約魔術は結ばれておらず、どの工房がどのように作っても問題はないとされている。
製法は完全に工房独自の物で秘密されて、同じ工房に注文しなければ、同じ色を取り寄せることができない。
絵具は下町には売りに出されておらず、貴族向けには注文を受けた工房が作って直接納めに行く。*244
寝ぼけたハイディが押し掛けたことで、あわや一触即発となった。*245

皮細工の工房

従来の本を作る過程で皮の表紙を担当する。*246

金細工や宝石の加工ができる工房

従来の本を作る際に表紙に金箔や宝石の細工を施す過程を担当する。*247

リンシャンの工房

油を搾る工房で街の西側にある。もともとは食品加工の工房で、広い倉庫のようなところで、雑多な臭いがする。
作業台がいくつも並んでいて、壁際の棚に道具が雑多に並べられている。
ベンノリンシャンの製造のために準備した。*248
ローゼマインがユレーヴェで眠っている間に、他の町にも工房が増えた。*249

パン工房

街の中にいくつもある。*250

蝋工房

わりとした熱気と、獣脂の何とも言えない、鼻を押さえたくなるような臭いに満ちている。*251
書字板ロウ原紙用の蝋の入手した。*252

建築系の工房

ディードら大工が所属する工房*253
汚れと一緒に消えた塗料を塗りなおしたり*254、雪深くなる冬にもゴミや汚物を捨てに行けるよう通路や屋根を建設したり*255と、エントヴィッケルンを実施した年は、特に多忙な一年になった。

下町の商業施設

本屋はない。
建物の一階にきちんと構えられている店は基本的にそこそこお金を持っている人が入るためのもので、貧しい庶民には用がなく、日常の買い物は市場の立つ日にする。*256
普通の店は棚に一つずつ見本が置かれているだけで、残りは倉庫に置かれている。
小さい店は接客スペースだけで、ほとんどが倉庫になっている。商品を見比べることができない。*257
店には商売の神や水の女神が祀られている。*258

オトマール商会

城壁のすぐ隣でギルベルタ商会より城壁に近い。神殿が間近に見える。*259
食料関係の商いをずっとしている。ライゼガングとずっと昔から懇意。*260
構成員
組織を参照。

ギルベルタ商会

中央広場より北の城壁に近いところにある*261
ギルベルタの服飾工房から始まった店で、妻が工房で服を作り、夫が売るという形で基本的に発展した。
店長は常に夫の名前で登録されるが、実質店を担っているのは女系。
街の富裕層を相手に商売してきたが、ベンノの母のデザインが下級貴族の目に留まったところから、少しずつ貴族社会へ切り込む。
貴族階級と商いをするようになったのは、ここ10年ほどのこと。
取り扱っている者は、服飾品、装飾品、美容関係に関するもの。*262
娯楽用品も扱っているため、冬が売り時。*263
中級貴族との取引が増えてきたところだったが、マインが領主の養女になり、いきなり上級貴族の御用達になった。*264
西の領地を巡る旅商人や取引先との取引が多い。*265
構成員
組織を参照。
奥の部屋
商談に使われる部屋で資料棚が置かれている。部屋の奥に扉があり、階段で2階とつながっている*266

プランタン商会

神殿前から出発し、オトマール商会の前を通り過ぎ、少し行って曲がったところにある*267ギルベルタ商会との距離は近いが、別の店舗*268
主に印刷関係を請け負う店。
新しく顧客となった貴族の間でギルベルタ商会が服飾の店であることを知る者が少なくなり、手を広げすぎて大店の旦那から疎まれるようになったため、ギルベルタ商会と分けることにして生まれた。
ローゼマインからプランタンの名前を授かった。*269
構成員
組織を参照。

ヘリング商会

オトマール商会に次ぐ、老舗の商会。南の領地との取引が多い。*270

イタリアンレストラン

イタリアンを食べたいマインが提案し、ベンノが作った店で、一見さんお断り
下町の北側にあり、貴族の食事を出す店として内装は高価なものを入れている。
まるで貴族になった気分で食事ができる高級食事処というのがコンセプト。*271
マインジルヴェスターの養女になり、領主の養女が共同出資者ということになってしまった。*272
貴族向けのレシピを充実させ、仕事と周囲の風当たりの軽減を図るため、フリーダを共同出資者に迎える。*273
メニューはローゼマインが考えたものを使い、給仕や料理人の教育にギルド長フリーダが貢献する。
豪奢な模様の入った扉や窓枠などがはまり、カーペットやタペストリーが飾られ、花や絵画が彩を添えられている。
料理は鍋や大皿でワゴンに乗せられて運び込まれ、側仕えや給仕がその場で皿に取り分けて主に給仕する形になっている。*274
料理の研究も行い、貴族からレシピの購入に関する要望や領主の城への派遣がされるため、活気付いている。*275
評価は他領からの商人の間でもとても高い。*276
玄関ホール
待合室も兼ねて、長椅子や個人用の椅子がいくつか準備されている
左に厨房、右に食堂がある
食堂
中級貴族から下級貴族の部屋の雰囲気がある。
複雑な彫刻のついた腰壁が取り付けられ、同じ装飾の飾り棚が並び、高価そうな皿や壺が飾られている。
ローゼマインが作った絵本祝い鶴も飾られている。
テーブルはよく磨かれて艶があり、ナプキンとメニューが準備されている。
テーブルの中央には向かい側の相手の顔が見えるように背が低めの花瓶と季節の花が飾られ、給仕を呼ぶためのベルも可愛らしいものがある。
控室
貴族の護衛騎士を遇することを想定していない。
やや大きめのテーブルに椅子があるが、シンプル。
側仕えが交代で食事を取ったり、人払いされた時に待機したりする部屋。
厨房
貴族の食器は高価で大事な物のため、主の側仕えと給仕が自ら洗う。
共同出資者
ローゼマインベンノグスタフフリーダ

飲食店

東門のすぐそばに、イルゼの両親の店がある。*277
中央広場に近い食堂は、比較的高級で、商人が良く利用している。*278
平民の店はどこにいっても腸詰を焼くのか煮るのか程度の違いしかない。*279

酒場

東門に近いところにあり、酒と料理の匂いが充満している。門の兵士が集まりやすい。
壁際には少人数で利用できる丸テーブルがいくつかある。
テーブルの掃除はパンで拭いて、パンごと床に落として店で飼ってる犬に食べさせてる。*280
店主はエッボ
エラの叔父も夜の酒場を営んでおり、娘のレーアエラの母親を女給として雇っている。*281

宿屋

旅人の多い東門に近い箇所にある*282
エーレンフェストを訪れる他領の貴族が少なかった*283ことから、格の高い宿が少ない*284
他領との取引をはじめるに辺り、高級宿不足が問題となった為、宿を増やしつつ、大店の家を高級宿代わりとして提供した*285
それでも受け入れ希望数を満たさない為、グレッシェルの下町を整備すると共に、グレッシェルの宿泊施設で働かせるために、グレッシェル周辺から集められた平民達を、エーレンフェストの下町の宿や大店で受け入れて、宿泊や給仕の仕事内容を叩き込んだ*286
11年頃から手押しポンプの普及が進み*287、エーレンフェストを訪れた中央クラッセンブルクの商人達の注目を浴びた*288
商人に偽装したユストクスエックハルトが宿泊したり*289カーリンが置き去りにされたり*290した。

材木屋

材木を扱う商会。
西門あたりにある。*291
丸太が積み重なったり、立てかけてあってマッチョがうろうろしている。
マインが紙作りのための道具を発注した。*292
薪も売られている。*293
雪深くなる冬にもゴミや汚物を捨てに行けるよう通路や屋根を建設した為、エントヴィッケルンを実施した年は、特に多忙な一年になった*294

家具屋


洋服を扱う店

マインルッツのギルベルタ商会の見習い服を誂えた。*295

古着屋

貧民向けの古着屋
マインの家族が利用している。継ぎ接ぎがあり、デザインは存在せず、生地の厚みと丈夫さが優先されている。*296
籠に大体のサイズで分けられて、薄汚れた灰色や茶色の服が山積みにされている。孤児院の子供たちが森へ行くための服を買った。*297
上質な古着屋
ギルベルタ商会と繋がりが深い古着屋で、街の北側にある。下着以外は一着ずつ十字のような形のハンガーに掛けられていて色鮮やか。
試着室には金属鏡が置かれている。マイン神殿での側仕え向けの服を買った。*298

糸問屋

大量の糸が集まっていて、簀や冬の手仕事のための材料を発注した。*299
職人通りにある。

布問屋

服飾系の商会に布を卸す店。
レオンの実家はギルベルタ商会に布を卸している店で、エーレンフェストの下町の全ての染色工房と繋がりがある。*300

ボタン屋

ボタン以外にも、数種類の大きさのビーズを扱っている。
髪飾りにビーズを使ってもらえないかと考え、糸と共に置いてくれと糸問屋に頼んだ。*301

文具店

入り口のドアにペンのマークがついている。正面にカウンターがある。
壁際に棚があり、商品が並んでいるが、店に出ている物は少なく、棚に一つずつ見本が置かれている。*302
下町でインクを扱っている文具店は一つしかない。*303

石屋

西門の近くの市場が立つあたりにあり、魔石を中銅貨や大銅貨程度で換金してくれる。
シュミルアイフィントザンツェなどの魔石が取引されている。*304

馬車屋

下町でも最も北の貴族街と隔てる壁に沿って神殿の正門と北門の間に店が並び馬車屋通りを形成している。
馬車の洗車や修理、貸出を行っている。
貴族街に社交のため貴族が集まってくる冬の始めと夏の盛りには、外からやってきた貴族が乗る馬車が貴族街に入る前に馬車屋の職人の手で汚れを落とす。*305

市場

露店が並んでいる。*306西門に近いところに立つ。*307
秋の収穫期が終わった後が、年中で最もたくさんの食材が集まる。
冬を越すためにたくさんの食料を食べて肉付きの良くなった家畜が、冬の飼料をギリギリまで節約するために潰されて肉にされている。*308
果物屋
値札で値段を掲示して販売している。
肉屋
外壁に近いあたりに並んでいる。ベーコンやハム、もも肉などが売られており、近くで豚の屠殺も行われる。
酒屋
屠殺を見て気絶したマインの気付けのためにエーファが酒を買った。
雑貨屋
布を織る時に使うものや狩りの仕掛けが売られている。

ギルド・協会

協会の規約は協会に属する全ての工房で守らなければならない決まり事。
協会の規約として記されると、他の街のインク協会の規約にも記載され、そこの工房でも適用されるようになる。
どの協会でも規約だけは統一されている。*309

商業ギルド

商売に関係する者は全員登録が必要になる。
手続きには何かにつけて金が必要で、金にがめつい。*310
構成員
組織参照

商業ギルドの仕事

  • 商売に関与する者の登録
  • 露店や出店の許可
  • 無許可や悪質な店を罰する
  • 預金。預けたお金はギルドカードでやり取りできる
  • 新しい協会の立ち上げ*311
  • 既得権益の保護や、新しい事業との軋轢の解消等の、仲立ち*312
  • 契約魔術の登録*313と閲覧許可*314

商業ギルドの施設

中央広場に面した北東側の角に立っていて、一棟すべてがギルドの建物である。
1階
馬車や荷車を置くための場所になっている。
2階
木の床の広いホールで市場の露店に関する仕事をしており市が開かれる時期に近いと露店の申し込みや旅商人が商売の許可を求めるため混み合う。
奥に階段があり、階段を上がるにはギルドカードによる認証が必要な魔術具の柵を通過する必要がある。
3階
カーペットが敷かれており掃除が行き届いている。家具にも維持にもお金がかかっているような雰囲気。
会議室を通り過ぎると、壁から壁までカウンターがある。
廊下を挟んで、カウンターの反対側にはソファのような物があり、待合室というよりは応接室のように寛げる場所になっている。書棚がある。
4階
それほど広くはないが、居心地の良さそうなギルド長の部屋がある。暖炉の前にカーペットが敷かれ執務用の机が置かれている。

裁縫ギルド

コリンナは裁縫ギルドの偉いさん。*315
裁縫協会の別称と思われる。

羊皮紙協会

動物の皮が原料の羊皮紙を取り扱っている。
植物紙を販売した際に既得権益でぶつかった。紙の用途を分けて羊皮紙の領分を守ることで、植物紙協会の設立に合意した。*316

植物紙協会

植物紙は一大事業になるため、協会をつくって他の街にも事業を広げていくことになる。
ギルド長が難癖をつけて、協会設立の申請したのに最終的な処理が季節を越えても終わってなかったため、羊皮紙協会と既得権益でぶつかることになった。*317
植物紙の名前が変更されたのに合わせて、エーレンフェスト紙協会に改名される。

印刷協会

プランタン商会が協会長を務める。

飲食店協会

食事処に関する管理をしている。*318
イタリアンレストランの場所は飲食店協会から買い取った。*319
ベンノからフーゴの助手の推薦を依頼された際に難色を示したが、偶然居合わせたエラが自薦したことで解決を見た。*320

パン協会

パン職人の協会。ベンノが料理人を育てるため、パン工房でオーブンの扱いに慣れている職人を引き抜くことを考えた。*321

インク協会

グーテンベルクインクの製法と販売利益の配分に関する契約魔術をマインと結んだ。*322
マインの周囲を嗅ぎまわっていたインク協会の会長のヴォルフが7年冬頃にかなり不審な死を遂げたため、次期会長を誰もやりたがらず最終的にビアスが引き受けることになった。*323
構成員
組織参照

木工協会

木工工房の親方が所属する。*324
建築協会と共に、ハッセの小神殿の内装や家具を造る仕事を采配した*325
揺れの少ない馬車に関して、ベンノの折衝を通じて、ローゼマインザック鍛冶協会、木工協会の4者間契約を締結した*326

鍛冶協会

鍛冶協会では鍛冶工房の見習いのダプラが成人になった時、一人前と認められるための課題を与えている。
工房に来る客の中で、腕を認めて出資してくれるパトロンを成人式までに捕まえて、指示された物を一年以内に作る必要がある。
この試験に失格するとダプラ契約は打ち切られ、ダルア契約に落とされる。*327
鍛冶協会においては余所の仕事を手伝っても評価は上がらず、ヨハンのように技術はあっても評価が低くなったり、設計に携ってもそれ自体への評価は低かった。
設計図は、ローゼマインが買い取り、それを協会が管理し商品にするようになって評価されるようになる。
手押しポンプ揺れの少ない馬車の設計図を管理しており*328マットレスに関しても同じ扱いを希望している*329
特に、手押しポンプの図面の管理では、アウブ・エーレンフェストローゼマインザック、鍛冶協会の4者間契約魔術を締結し、エーレンフェスト領全体を適用範囲としている。*330

裁縫協会

ギルベルタ商会髪飾りを冬の手仕事としていくつもの工房に依頼した。*331
裁縫協会は、裁縫協会に所属する工房長になることを志願する者に対して、1年に5着以上の衣装の注文を受け、かつ、貴族の顧客を持つという課題を出している*332

染織協会

ギルベルタ商会を通じて新しい染の技術を低価格で教えた。*333
ギルベルタ商会と連携して、染色コンペを成功へと導いた*334

蝋協会

ベンノの代理交渉を経てマイン塩析の仕方に関する契約を結んだ。*335

建築協会

建築工房の親方が所属する。
木工協会と共に、ハッセの小神殿の内装や家具を造る仕事を采配した*336

その他の施設

避難所

南の方にある。15年春の礎争奪戦では、街へ訪れていた農夫の避難に利用された。*337

外壁

街を守るための石造り*338の壁で、日本の建物の2階から3階くらい(6~9メートル程度と考えられる)の高さがあり、内部に六畳間が作れる程度の厚み(3~4メートル程度と考えられる)がある。

街の門

街を出入りするための門で、東西南北にある*339。領主が設置した街を守る魔術具とがある。*340
また兵士が並んだり貴族が騎獣で降り立ったりできる広さのある見張り台を兼ねた屋上がある。*341
東西南の3つの門は街の外と下町とを繋いでいる。
北門は下町と貴族街とを繋いでいる(貴族の乗った馬車は通常、神殿の貴族門を通るので北門を使わない*342)。
門には旅人の守護神や風の女神が祀られている。*343
3交代制で数人の兵士が門番として配置されており、特に街の外の人間の出入りは紹介状や名前を確認している。屋上の見張り台にも周囲の様子に異常がないか監視する兵士が2名配置されている。*344
それぞれの門の兵士代表として士長が配置され、その下に士長補佐や部長、班長がいる。*345
東門
街道があり、旅人が一番多い。
西門
大きな川があり、隣の領地(フレーベルターク)と比較的近く行き来が盛ん。
南門
下町の森に行くときに通る。
森や農地が広がっていて、さらに行くと小さな街がある。
マインの家から門までは6歳のトゥーリの足で20分程度の距離*346
7年冬ごろまでギュンターが班長*347として門番を務めた。
北門
神殿の東側にあり、昔は門番のための通用門で、それほど大きくない。平民が貴族街に出入りする場合に通る。
この門のみ、平民の兵士に加えて貴族の騎士も配置されている。
平民の通過には通行料と門番の騎士へ心付けが必要になる。*348
11年春から14年春にかけてギュンターが士長を務めた。*349

門の部屋

待合室
商人や貴族が開門までの間に待機する部屋で複数あり、待たせる人物の身分に合わせて広さや家具が違うものが用意されている*350
宿直室
暖炉と書類仕事をするテーブルがある。壁際に棚がある。*351
訓練室
兵士見習いの教育に使われた*352

外壁の外

街道と呼ばれるちょっと太めの道から少し引っ込むようにして、10~15軒くらいの集落がぽつぽつと見えるだけで、家はない。
大きく開けているため、下町のように汚物の籠ったにおいがしない。*353

下町の森

子供たちが近くの森で採集したりしている。*354
森に決まり事があり、採集を行う場所と狩りを行う場所は離れている。
皆が利用できるように、洗礼前の子供達もお手伝いで採集に行けるように、暗黙の了解となっている決まり事がいくつもある。*355
採集可能なもの
薪、木の実、茸、薬草、メリヤの実*356パルゥの実*357、粘土質の土*358トロンベ*359
狩猟可能なもの
川魚(臭くて食用とされていない)*360小鹿*361シュミル*362

墓地

街の外にある。
下町の住民が死亡した場合は、神殿に死亡届を出し、洗礼式時に血判を押して登録したメダルを、埋葬の許可証として受け取る必要がある。
墓碑とするための板にこのメダルを強く押し付けると、板にメダルがピタリとはりついて取れなくなる。
その為、金銭上の都合で、墓石や墓碑を準備できない者は、このメダルを墓石代わりに使用する。
墓地の中でも貧乏人の墓石が多い入り口から最も遠い一角に、マインの遺品を入れた木箱を埋めた。*363

製紙工房

ベンノがつくった製紙工房。ルッツとマインが作り方を指導した。冬は閉鎖する。*364
門の外の川の側にある。*365

農村


コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 孤児院・女子棟・地階で、「マインより小さい子供は生きていなかった」というのは背の高さのことであって、マインよりも幼い7歳未満の子供が6人いたので誤解を招かない表現にした方がよいのでは。 (2018-06-15 00:18:08)
    • 修正しました。 (2018-06-16 23:17:31)
  • 魔力を扱う術を知らない非貴族しかいないはずのプライベート空間に、魔力登録が必要な隠し部屋がある時点で本来の神殿と貴族の関係性に気づけていたのかな……特殊すぎる神官長のせいで全然気にならなかったけれど (2018-06-23 16:40:50)
    • 無理じゃない? 魔力登録自体は青色が日頃している魔力奉納の技術でできる。フェルの隠し部屋入室や自分の隠し部屋登録を、フェルから魔術を習う前に行っている。マルグリット(生粋の青色巫女)が隠し部屋を使用していたことを知っている。クリスティーネやフェルディナンドの事例を知っている(=神殿は貴族や貴族になる予定の者も生活する場所と認識している)。……これだけ揃っていて気づく方がおかしい。 (2018-06-24 17:31:58)
      • うん。 風呂の中で時系列を整理してマルグリットを思い出したら無理だなって思ったよ…… (2018-06-24 18:36:08)
  • 書籍版第一部所載の、エーレンフェスト(平民)街の地図には神殿近辺に誤りがあることが判明している。(作者4/19マイページより) 神殿付近は、漫画版第2部の見取り図が正しいとのこと。 (2019-05-04 00:17:48)
  • ギルベルタ商会アレキ支店の店長?って誰なの? (2019-08-21 09:59:37)
    • 店長一家が住む二階にトゥーリが住んでるからトゥーリが支店長じゃ?そもそも領主様の専属を差し置いて誰が店長をできると。(なおこの質問はアレキの項目へ書いた方が良かったかも) (2019-08-21 13:35:37)
      • アレキ支店の筆頭職人なのは間違いないけど、経営面はまた別じゃないかな? (2019-08-21 21:40:24)
        • オットーがベンノに教育されたように、トゥーリとの星結び後にルッツが店長に就任するのか? ということには興味ある。プランタン商会から手放すとも思わないけど。 (2019-11-29 10:31:03)
          • ルッツとの星結び後には、トゥーリはプランタン商会に引っ越すのではこの欄に書くことではないと思うが。 (2019-11-30 07:50:41)
  • フリーダの貴族街に店を持てる、具体的な場所はわかりますか?また貴族街の店舗や規模の概要はわかりますか? (2020-01-06 22:29:55)
    • ふぁんぶっく1で、家の一角の離れが店になるような事が書かれています。 (2020-01-06 22:38:37)
  • ローゼマインが神殿長になったとき、ブリギッテとダームエルの宿泊部屋が整えられた。その後護衛騎士が増えたが、宿泊部屋も増やしたのだろうか? 側仕えを増やした話はなかったけれど、コルネリウスとダームエルが日替わりで宿泊部屋を使ってるとは考えにくいんだけど。 (2020-06-07 17:23:29)
    • 神殿長室の隣をそれぞれ男騎士用と女騎士用に整えるように、とあります。個人用ではないだけでは? (2020-06-07 19:13:51)
  • ふと、エーレンフェストで最も防御力が高いのはフェルディナンドが使用していたおトイレなのではないかという推測に至った。人間がこれ以上無防備な瞬間って無い。お貴族様としてあるまじき姿も晒すわけにいかない。となれば警戒心の非常に強い彼の使うおトイレは必然的に、様々な守りやドアの向こうが見える魔法陣なんかがいっぱいなのかも知れません。 (2020-10-02 00:30:54)
    • 寝てる時の方が、よほど無防備かと。。 (2020-10-03 00:02:06)
      • 身に着ける物に魔法陣仕込む都合上、本人が一番無防備なのは多分風呂だと思うよ (2020-10-03 00:21:15)
  • 詳しい人に教えて欲しいんだけど、エーレンフェストの川に浮いてる船はあれで良いのか?デカすぎ無い?ヨーロッパの川ならああいう船も行けたのかなぁ。 (2021-07-16 15:16:52)
    • 1巻発売当時、割烹の感想受付で「あの帆船は外洋用で河川用ではないから不適切」という内容の長文の書き込みがあった。後に作者様から「あれはデザイナーさんが描いた地図であって作者は関与してない」旨の返答があったよ。地球の古地図でも海洋部分に伝説のリヴァイアサンや海蛇を描いた物があるんだから、想像をたくましくした産物と理解してればいいんじゃないの? 地図自体だって住宅地図みたいに精巧じゃなくて、イメージ重視ではしょって描いてるんだし。 (2021-07-16 15:35:40)
      • あー、ヤッパリか。まぁ、異世界だしイメージだし良いんじゃねって感じかな。 (2021-07-16 15:59:47)
最終更新:2021年05月02日 15:31

*1 第37話 商業ギルド

*2 第169話 閑話 貴族街訪問

*3 活動報告のコメントより http://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/372556/blogkey/1076209/index.php?p=3

*4 第193話 お母様とランプレヒト兄様の来襲

*5 ふぁんぶっく・Q&A

*6 第224話 冬の素材収集

*7 第20話 トゥーリの洗礼式

*8 第4話 街中探索

*9 第20話 トゥーリの洗礼式

*10 ただし第二部コミックのイラストも神殿を囲む壁の高さなど誇張やデフォルメを含んで描かれているようで、高さや広さを正確に表したものでもない模様。

*11 日本における2階に近い高さ

*12 第三部コミック1巻のカルステッド邸など

*13 貴族区画・礼拝室区画に共通。第二部コミック巻頭イラストより。

*14 地面と同じレベルにある地階、階段を上がって1階・2階・3階の4階建て 第二部コミック巻頭イラストより

*15 第65話 洗礼式の行列

*16 第82話 ベンノと神官長の顔合わせ

*17 第122話 冬支度についての話し合い

*18 第78話 プロローグ

*19 第69話 閑話 貴族街訪問

*20 第65話 洗礼式の行列。「本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく2 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン」よりこの石像は神像ではない

*21 第66話 静かに大騒ぎ

*22 第67話 入れない楽園

*23 第588話 礎の魔術

*24 第100話 ルッツの行く道

*25 第154話 身食いの捨て子

*26 第92話 神官長の言い分とわたしの決意

*27 第88話 初めてのお外

*28 地面と同じレベルにある地階、階段を上がって1階・2階・3階の4階建て 第二部コミック巻頭イラストより

*29 第87話 与えるべきもの、第二部コミック巻頭イラストやふぁんぶっくSS「神殿案内」では礼拝室の西側が男子棟・東側が女子棟

*30 第91話 孤児院の実情

*31 第124話 豚肉加工のお留守番

*32 第108話 閑話 前の主と今の主

*33 第531話 神殿見学会 後編

*34 第457話 閑話 新しい子供達

*35 第530話 神殿見学会 前編

*36 第87話 与えるべきもの

*37 劇中でマインは孤児院長室の入口階を1階と呼んでいるので本項でもそれを用いるが、孤児院男子棟の建物全体で見ると2階にあたる(礼拝室や貴族区画の正面玄関・神殿長室・神官長室などと同一の階)。同様に孤児院長室の2階と呼ばれている主の居室がある階は建物全体の3階に相当する。

*38 第88話 初めてのお外

*39 本好きの下剋上 設定等まとめ ふぁんぶっく2 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン

*40 第二部コミック巻頭イラスト

*41 第二部コミック巻頭イラスト

*42 第94話 孤児院の大掃除

*43 第108話 閑話 前の主と今の主

*44 第150話 孤児院と工房見学

*45 第124話 豚肉加工のお留守番、第125話 冬支度の終わり

*46 第二部コミック巻頭イラスト

*47 第二部コミック巻頭イラスト

*48 第二部コミック巻頭イラスト

*49 第91話 孤児院の実情/07年夏時点の1年半前頃から環境が悪化した様子

*50 第91話 孤児院の実情

*51 第108話 閑話 前の主と今の主

*52 第150話 孤児院と工房見学

*53 第124話 豚肉加工のお留守番、第125話 冬支度の終わり

*54 第104話 ヴィルマをください

*55 ふぁんぶっく SS「神殿案内」、第二部コミック巻頭イラスト

*56 第530話 神殿見学会 前編

*57 第67話 入れない楽園

*58 第104話 ヴィルマをください

*59 第629話 神殿とメルヒオールの報告

*60 第629話 神殿とメルヒオールの報告

*61 ふぁんぶっく SS「神殿案内」

*62 ふぁんぶっく SS「神殿案内」、第二部コミック巻頭イラスト

*63 ふぁんぶっく SS「神殿案内」、第二部コミック巻頭イラスト

*64 第178話 就任式

*65 第67話 入れない楽園

*66 ふぁんぶっく SS「神殿案内」、第二部コミック巻頭イラスト

*67 第219話 冬の社交界の始まり

*68 第178話 就任式

*69 第266話 ユレーヴェ作りと魔力圧縮

*70 2018/07/10活動報告

*71 2018/07/10活動報告

*72 第178話 就任式、2018/07/10活動報告

*73 2018/07/10活動報告

*74 第178話 就任式、2018/07/10活動報告

*75 第79話 誓いの儀式と側仕え

*76 第93話 神官長との密談

*77 ふぁんぶっく SS「神殿案内」

*78 第530話 神殿見学会 前編

*79 ふぁんぶっく SS「神殿案内」

*80 ふぁんぶっく SS「神殿案内」

*81 第530話 神殿見学会 前編

*82 第530話 神殿見学会 前編

*83 第593話 革袋の中身とカミルの洗礼式

*84 第564話 子供の魔術具 後編

*85 書籍第五部I 特典SS 胸に秘めた怒り

*86 第530話 神殿見学会 前編

*87 第531話 神殿見学会 後編

*88 ふぁんぶっく SS「神殿案内」

*89 第530話 神殿見学会 前編

*90 ふぁんぶっく SS「神殿案内」、第二部コミック巻頭イラスト

*91 第197話 収穫祭の打ち合わせ

*92 ふぁんぶっく SS「神殿案内」も第二部コミック巻頭イラストも、次の応接室がストーリー内に登場するよりも以前の時点の図解である。

*93 第343話 文官との顔合わせ、第362話 イタリアンレストランへ行こう

*94 第364話 グレッシェルへの来訪と星結びの儀式

*95 第368話 アーレンスバッハの現状、第437話 引継ぎ、第535話 クラリッサの来襲

*96 第67話 入れない楽園

*97 第301話 図書館へ行こう

*98 第454話 別離

*99 第67話 入れない楽園

*100 第141話 ルムトプフと靴

*101 第139話 奉納の儀式

*102 第126話 騎士団からの要請

*103 第219話 冬の社交界の始まり

*104 土地持ちの貴族が馬車でエーレンフェスト貴族街に入ろうとする際の馬車の走行経路は、街の外→街の東門・西門・南門→下町の大通り・馬車屋通り→神殿正門→神殿敷地内→貴族門→貴族街となる

*105 第126話 騎士団からの要請

*106 第447話 平民の証言

*107 第65話 洗礼式の行列

*108 第4話 街中探索

*109 第169話 閑話 貴族街訪問

*110 第174話 診断結果と貴族街

*111 第193話 お母様とランプレヒト兄様の来襲

*112 第442話 神官長の館

*113 第454話 別離

*114 第620話

*115 第442話 神官長の館

*116 第565話

*117 第5話、書籍版第三部II書下しSS「ユストクスの下町潜入大作戦」

*118 第532話

*119 2階が男性用、3階が女性用という慣習から

*120 第620話

*121 第532話

*122 第174話 診断結果と貴族街

*123 第175話 洗礼式の準備

*124 書籍版第三部I「妹の護衛騎士」、書籍版第四部II「主が不在の間に」

*125 第365話 ランプレヒト兄様の結婚

*126 第455話 閑話 忙しい冬の始まり

*127 第169話 閑話 貴族街訪問

*128 第337話 フィリーネの弟

*129 第367話 閑話 城でのお留守番

*130 第367話 閑話 城でのお留守番

*131 第274話 閑話 二つの結婚話

*132 第451話 ダールドルフ子爵の館

*133 第523話 領主一族の会議 前編

*134 第182話 領主の城

*135 第367話 閑話 城でのお留守番

*136 書籍 領主の養女Ⅳ 弟妹との時間

*137 第182話 領主の城

*138 SS44話

*139 第183話 星結びの儀式 貴族編

*140 第193話 お母様とランプレヒト兄様の来襲

*141 第202話 新しい課題と冬支度の手配

*142 第240話 領主会議のお留守番

*143 第355話 エントヴィッケルン

*144 第207話 入れ替わり生活 前編

*145 第245話 領主夫妻の帰還

*146 第283話 冬の子供部屋と出発

*147 第254話 ゲオルギーネ様の見送りとハッセ

*148 第625話 深夜のお茶会

*149 書籍 領主の養女Ⅳ 特典SS 弟妹との時間

*150 書籍 領主の養女Ⅳ 特典SS 弟妹との時間

*151 第623話 それぞれの武勇伝 その4「城にあるアウブの自室に戻り、礎の間に入った」

*152 書籍 領主の養女Ⅳ 弟妹との時間

*153 第324話 吹雪の終わりと呼び出された商人達

*154 書籍 領主の養女Ⅳ 弟妹との時間

*155 第182話 領主の城/書籍 領主の養女Ⅳ 弟妹との時間

*156 第182話 領主の城

*157 第182話 領主の城/書籍 領主の養女Ⅳ 特典SS 弟妹との時間

*158 第182話 領主の城

*159 第263話 初めての妹

*160 第625話 深夜のお茶会

*161 第367話 閑話 城でのお留守番

*162 第367話 閑話 城でのお留守番

*163 第224話 冬の素材収集

*164 第189話 初めての魔術特訓

*165 第449話 証拠品

*166 第264話。第253話では「領主への反逆を行った重罪人の貴族」

*167 ふぁんぶっく2 Q&A

*168 第265話。第264話では「領主か、その子」

*169 但し第253話の叙述よりヴェローニカの身の回りを整える人員は必須となるので、「看守兼騎士や側仕えがいます。平民もいますが、転移陣を動かせないと食事が運べないので一人は魔力持ちがいます」とのこと(ふぁんぶっく2Q&A)――看守が塔内に駐在したなら、どうしてヴィルフリートの立ち入りが見咎められず事後の報告すら無かったのか不審。

*170 第253話 閑話 お茶会

*171 第264話 ヴィルフリートの行い

*172 第265話 ヴィルフリートの処分

*173 第559話 領主会議の報告会(三年) 後編

*174 第267話 シャルロッテの洗礼式

*175 第264話 ヴィルフリートの行い

*176 第357話 留守番中の生活 後編

*177 第169話 閑話 貴族街訪問

*178 第7話 近所の男の子

*179 第3話 おうち探索

*180 第26話 閑話 俺の助手

*181 第25話 商人との会合

*182 第447話 平民の証言、第449話 証拠品

*183 第28話 オットー宅へのお招き

*184 第四巻 今はまだ遠い場所

*185 第58話 ルッツへの報告

*186 第28話 オットー宅へのお招き

*187 2015年 10月30日 活動報告

*188 書籍 第二部III SS グーテンベルクの称号

*189 第28話 オットー宅へのお招き

*190 第25話 商人との会合

*191 第325話 わたしが帰る場所

*192 第41話 髪飾りの納品

*193 第77話 閑話 門番という仕事

*194 書籍第四部IX 購入特典SS「兵士と騎士の情報収集」

*195 第32話 材料&道具の発注

*196 第4話 街中探索

*197 第9話 エジプト文明、リスペクト中

*198 第28話 オットー宅へのお招き

*199 書籍第7巻 エーファ 前を向いて

*200 第6話 閑話 変になった妹

*201 第10話 冬支度

*202 第48話 マイン、倒れる

*203 第58話 ルッツへの報告

*204 第13話 閑話 オレの救世主

*205 第9話 エジプト文明、リスペクト中

*206 第28話 オットー宅へのお招き

*207 第280話 城への移動

*208 第26話 閑話 俺の助手

*209 第28話 オットー宅へのお招き

*210 第275話 閑話 オレ達に休息はない

*211 第275話 閑話 オレ達に休息はない

*212 第362話 イタリアンレストランへ行こう

*213 第52話 フリーダの洗礼式

*214 第39話 ギルド長の孫娘

*215 第51話 フリーダとお風呂

*216 第40話 フリーダの髪飾り

*217 第50話 フリーダとケーキ作り

*218 第134話 インク協会と冬の始まり

*219 第168話 閑話 貴族街訪問

*220 第32話 材料&道具の発注

*221 第59話 紙作りの再開にむけて

*222 第111話 外に出るということ

*223 書籍第二部IV書き下ろし ベルーフの資格

*224 第112話 インク作りの下準備

*225 第96話 書字板とカルタ

*226 第112話 インク作りの下準備

*227 SS30話 カルラ視点 息子の成長

*228 第239話 ベンノからのお願い

*229 第179話 久し振りの再会

*230 第96話 書字板とカルタ

*231 第427話 神殿への帰還とグーテンベルクとの会合

*232 書籍版第六巻SS グーテンベルクの称号

*233 第427話 神殿への帰還とグーテンベルクとの会合

*234 第64話 フリーダとの契約

*235 第73話 閑話 コリンナ様のお宅訪問

*236 第76話 閑話 私と旦那様

*237 第437話 引継ぎ

*238 書籍第二部I書き下ろし 今はまだ遠い場所

*239 第97話 星祭りの準備

*240 第348話 グーテンベルクの集い

*241 第370話 染色コンペの後と収穫祭

*242 コミック版第一部VII書き下ろしSS「ギルベルタ商会の跡継ぎとして」

*243 書籍版第三巻SS 商人見習いの生活

*244 第157話 色作り研究中

*245 書籍第二部IV書き下ろし ベルーフの資格

*246 第130話 印刷協会

*247 第130話 印刷協会

*248 第44話 失敗の原因と改善策

*249 第319話 呼び出された商人達

*250 第76話 閑話 私と旦那様

*251 第158話 ロウ原紙に挑戦

*252 第95話 新商品考案

*253 第37話 商業ギルド ルッツは大工の息子

*254 第368話 アーレンスバッハの現状

*255 第458話 閑話 ある冬の日の決意

*256 第4話 街中探索

*257 第63話 ルッツの見習い準備

*258 第179話 久し振りの再会

*259 第39話 ギルド長の孫娘、第362話 イタリアンレストランへ行こう

*260 第443話 準備と共に過ぎる秋

*261 第28話 オットー宅へのお招き

*262 第76話 閑話 私と旦那様

*263 第53話 冬の始まり

*264 第168話 閑話 マインの葬式

*265 コミック版第一部V「大店の会議と髪飾り」

*266 第29話 ベンノの呼び出し

*267 SS12話 元気に成長中

*268 第275話 閑話 オレ達に休息はない

*269 第239話 ベンノからのお願い

*270 コミック版第一部V「大店の会議と髪飾り」

*271 第85話 古着購入

*272 第168話 閑話 マインの葬式

*273 第172話 閑話 仕事を減らそう

*274 第184話 領主とイタリアンレストラン 前編

*275 第437話 引継ぎ

*276 第443話 準備と共に過ぎる秋

*277 第74話 閑話 お菓子のレシピ

*278 第88話 初めてのお外

*279 第110話 レストランのシステム作り

*280 第77話 閑話 門番という仕事

*281 書籍五巻書下ろし

*282 第77話「閑話 門番という仕事」、書籍版第三部II「ユストクスの下町潜入大作戦」

*283 第319話「呼び出された商人達」

*284 第360話「見習い達と神殿」

*285 第360話「見習い達と神殿」、第362話「イタリアンレストランへ行こう」

*286 第535話「クラリッサの来襲」

*287 第348話「グーテンベルクの集い」

*288 第407話「冬の神殿生活」、第511話「他領との社交」

*289 書籍版第三部II「ユストクスの下町潜入大作戦」

*290 第407話

*291 第31話 ルッツの最重要任務

*292 第32話 材料&道具の発注

*293 第45話 トロンベが出た

*294 第458話 閑話 ある冬の日の決意

*295 第60話 既得権益

*296 第85話 古着購入

*297 第92話 神官長の言い分とわたしの決意

*298 第85話 古着購入

*299 第32話 材料&道具の発注

*300 第347話 ギルベルタ商会への依頼

*301 書籍版第四部VII特典SS「旅商人の依頼と冬の準備」

*302 第63話 ルッツの見習い準備

*303 第156話 インク工房の跡取り達

*304 第427話 神殿への帰還とグーテンベルクとの会合

*305 書籍第四部IX 購入特典SS「兵士と騎士の情報収集」

*306 第4話 街中探索

*307 第44話 失敗の原因と改善策

*308 第443話 準備と共に過ぎる秋

*309 第134話 インク協会と冬の始まり

*310 第37話 商業ギルド

*311 第61話 既得権益と会合の結果

*312 第60話 既得権益

*313 第61話 既得権益と会合の結果

*314 第63話 ルッツの見習い準備

*315 第28話 オットー宅へのお招き

*316 第60話 既得権益

*317 第60話 既得権益

*318 第76話 閑話 私と旦那様

*319 第85話 古着購入

*320 書籍第二部II書き下ろし 神殿の料理人見習い

*321 第76話 閑話 私と旦那様

*322 第134話 インク協会と冬の始まり

*323 第156話 インク工房の跡取り達

*324 第217話 インゴと印刷機の改良

*325 書籍版第三部III「神殿長の専属」

*326 第348話 グーテンベルクの集い

*327 第131話 ヨハンの課題

*328 第348話 グーテンベルクの集い

*329 第429話 祈念式とライゼガングへの出発

*330 第256話 新しい紙と手押しポンプ

*331 第319話 呼び出された商人達

*332 書籍版第一部II「コリンナの結婚事情」

*333 第363話 進化した料理

*334 第361話 下町との話し合い、第370話 染色コンペの後と収穫祭

*335 第158話 ロウ原紙に挑戦

*336 書籍版第三部III「神殿長の専属」

*337 第620話 それぞれの武勇伝 その1

*338 第11話 石板GET!

*339 第8話 紙、入手不可能

*340 第20話 トゥーリの洗礼式、ふぁんぶっく1 Q&A

*341 第536話、第629-630話、書籍第四部IX 購入特典SS「兵士と騎士の情報収集」

*342 第126話、第219話、書籍第四部IX 購入特典SS「兵士と騎士の情報収集」

*343 第179話 久し振りの再会

*344 書籍第四部IX 購入特典SS「兵士と騎士の情報収集」

*345 第181話、第536話、書籍第四部IX 購入特典SS「兵士と騎士の情報収集」

*346 第8話 紙、入手不可能

*347 第8話 紙、入手不可能

*348 第169話 閑話 貴族街訪問

*349 書籍第四部IV 書下ろしSS「大改造を防ぐには」、書籍第四部IX 購入特典SS「兵士と騎士の情報収集」

*350 第8話 紙、入手不可能

*351 第45話 トロンベが出た

*352 第16話 わたしを森へ連れて行って

*353 第11話 石板GET!

*354 第7話 近所の男の子

*355 第151話 青色神官の贈り物

*356 第6話 閑話 変になった妹

*357 第13話 閑話 オレの救世主

*358 第17話 メソポタミア文明、万歳

*359 第33話 紙作り開始

*360 第23話 お料理奮闘中

*361 第151話 青色神官の贈り物

*362 書籍第一部I書き下ろし マインのいない日常

*363 第168話 閑話 マインの葬式

*364 第62話 工房選びと道具

*365 ふぁんぶっく Q&A