領主候補生

領主候補生とは、アウブとなる資格のある者のことである。


対象

本ページの説明対象は、この背景色で記された存在である。

ユルゲンシュミット内組織階層
序列 階級 別称 最終承認者 任命対象 土地の広さ
1 ツェント 前任の王 (本来はグルトリスハイト取得者) ユルゲンシュミット全体
2 アウブ 領主 ツェント 各領地の領主候補生 領地全体 大・中・小3段階存在
3 ギーベ 伯爵 アウブ 各領地の上級貴族 領地内分割
4 子爵 各領地の中級貴族
5 男爵 各領地の下級貴族

概要

アウブとなる資格があるもので、領主の子(実子・養子ともに)がまず該当する。
また、情勢にもよるが、領主の実子・養子でなくとも、領主一族の子で領主が認めた者であれば領主候補生となることができる(例:カルステッド)。*1
複数の領主候補生がいる場合はその中で魔力が一番高い者が次代のアウブとなるのが基本である。
ただし女性は妊娠・出産期間に執務を離れねばならなくなること、婿取りの条件が男性の嫁取り条件より厳しいこと、最終的に領地の礎を守れるのはアウブ本人の戦闘力であること*2などの理由から、魔力や功績に大差がなければ男性が選ばれ女性は選ばれにくいという性差の不利が存在し、それを覆して女性がアウブとなるには魔力の高さや功績、婿となった男性の力量などで相当の差をつける必要がある。*3
また男性で魔力の高い者であっても本人も周囲もアウブに向いていないと判断して他の領主候補生に譲った事例(ボニファティウス)や、他領から強い内政干渉を受ける危険を排除するために外された事例(初代ギーベ・グレッシェル)がある。
なお、領主の城の北の離れの部屋数が、領主候補生の上限数となる。*4

領主候補生の中でも次期領主と認められた者は領地経営に関して学ぶ量が段違いになる。*5
女性がアウブとなる場合、婿は必ず領主候補生で無ければならない。*6
ツェント・ゲゼッツケッテにより、領主候補生は、結婚以外では中央へ移動できないことが法で定められている*7。これには、優秀な後継者が中央に流出するのを防ぐためという意味合いもある*8。この法では中央以外の他領に移動することも婚姻に伴うもののみの制限となっている。*9
領主の座を争って、兄弟間で排斥しあうのは珍しいことではない。*10
貴族院では三年次から領主候補生のみに教えられる講義を履修する。
領主候補生のみ、貴族院の講義内で最高神の名前を授かることができる。授かる名は個人毎に異なる上、他人に最高神の名前を漏らすと、最高神の祝福や加護を得られなくなる。その事実を身をもって明らかにした領主候補生は、その結果、領主候補生を降ろされたという逸話が存在する。*11

個別の運用事例など

ドレヴァンヒェルでは、ギーベの業務を行う上で領主候補生としての教育を受けていることが役立つとの独自の視点から、ギーベを世襲とはせず有望な子を領主の養子に迎えて領主候補生とし、実子と共に次期アウブを目指して切磋琢磨させ、次期アウブとはならなかったが優秀であれば家に戻してギーベを継げるという運用を行っている。そのため貴族院に通う領主候補生の人数が他領にくらべ特に多い。*12

領主候補生の身分では婚姻以外に中央や他領へ移ることができないため、ドレヴァンヒェル領主の実子で領主候補生だったグンドルフは上級貴族と養子縁組することで領主候補生から外れ、中央で研究者になりたいという希望をかなえた。*13

領主の養子となることで領主候補生となった者は、その養子縁組を解消して上級貴族など元の家の身分に戻ると領主候補生からも外れることとなり、中央への移動制限も無くなる。*14

大半の領地では、新しいアウブに代替わりした際に領内に残っている他の領主候補生達は新アウブを補佐する役割を持ち領主候補生の身分を維持するが、アーレンスバッハでは独自ルールとして新しいアウブが立った際にそれ以外の領主候補生は全員上級貴族に身分を落とされることになっている。*15

13年冬のダンケルフェルガーとエーレンフェストの共同研究を通じて、神々の加護を得る方法やその効果が周知されたことにより、14年冬において、専門コースに分かれる前の年齢で、魔力的に問題のない血族の上級貴族とアウブの養子縁組が増えた。*16

領主候補生の一覧

領地名 領主候補生 備考
クラッセンブルク エグランティーヌ アナスタージウスに嫁ぐことで王族へ
次期領主*17
ヘンスフェン 学年は+4*18
ジャンシアーヌ 学年は-3*19
ダンケルフェルガー レスティラウト 学年は+3
ハンネローレ 同学年
ラオフェレーグ*20(第二夫人の子) 学年は-4*21
ルングターゼ(第二夫人の子) 学年は-5~-6*22
ハンネローレの伯父や叔父(複数名) *23
マグダレーナ トラオクヴァールに嫁入りすることで王族へ→15年春にアウブ夫人へ
ドレヴァンヒェル アドルフィーネ 第一夫人の娘。学年は+4。
ジギスヴァルトに嫁ぐことで王族へ
→15年春に離婚してドレヴァンヒェルのギーベへ
オルトヴィーン 第一夫人の息子。同学年
第二夫人か第三夫人の息子。学年は+5~+2*24
第二夫人か第三夫人の娘*25。学年は+3~+1*26
上述の第二夫人か第三夫人の息子の同母妹*27
レティーツィアの同母兄 学年は+5~+2*28
性別不明 第三夫人または第二夫人の子か、領主の養子*29。学年は+5~+2
レティーツィアの同母兄が+5でない場合は、少なくとも一人は+5確定*30
性別不明 学年は-2~-4*31
性別不明 学年は-3*32
性別不明 学年は-4*33
ギレッセンマイアー ルーツィンデ 学年は-1
学年は-2*34
学年は-3*35
ラルフリーダ 王族へ→15年春にアウブ夫人へ
ハウフレッツェ 学年は+2*36
学年は-2*37
学年は-3*38
学年は-3~-4*39
ナーエラッヒェ ジギスヴァルトに嫁ぐことで王族へ→15年春にアウブ夫人へ
アーレンスバッハ ディートリンデ 学年は+3
レティーツィア 学年は-4
元第一夫人の娘達 レティーツィアの母他。結婚により、他領へ移動したり上級貴族になったりしている
元第二夫人の息子達 ブラージウス他。粛清で上級貴族へ
アルステーデ ブラージウスとの婚姻で上級貴族へ
ヴォルフラム 故人。~07年頃に事故死*40
ガウスビュッテル コンラーディン 同学年*41
エーレンフェスト ボニファティウス
フェルディナンド 王命で次期アウブ・アーレンスバッハと婚約しアーレンスバッハへ*42
ヴィルフリート 同学年
ローゼマイン 主人公、学年の基準→15年春にアウブ
シャルロッテ 学年は-1
メルヒオール 学年は-5
ヘンリエッテ 学年は-13
カルステッド 貴族院三年生になる直前に上級貴族へ*43
カルステッドの異母弟 ボニファティウスの第二夫人の子でトラウゴットの父親
洗礼式後、貴族院に上がるより前に上級貴族へ*44
ゲオルギーネ ギーゼルフリートと結婚し、アウブ夫人へ
コンスタンツェ フレーベルタークの領主候補生(後のアウブ・フレーベルターク)と結婚し、粛清によりアウブ夫人へ
キルシュネライト フランツィスカ 同学年*45
ヨースブレンナー 性別不明 学年は+6以上*46
インメルディンク ムレンロイエ 学年は+1*47
レームブルック エルフリーデ 同学年*48
フレーベルターク リュディガー 学年は+4*49
*50 リュディガーが神殿の神事を行った結果、収穫量が増えたことから
神殿の神事に同行するようになった*51
ロスレンゲル マルガレーテ 同学年*52
リンデンタール ダーヴィット 同学年*53
クヴァントレープ フリーデリーケ 同学年*54
ブルーメフェルト ヒルデブラント 学年は-4
コリンツダウム ナーエラッヒェの子 学年は-12
アレキサンドリア レティーツィア 学年は-4
  • 11年冬の一年生に2番(ハンネローレ)、3番(オルトヴィーン)、7番、9番と、11番以降かつエーレンフェスト以外で少なくとも2名の領主候補生が居る。*55
    • 男性4名(オルトヴィーン/3番、コンラーディン/7番、ヴィルフリート/13番、ダーヴィット/18番)・女性6名(ハンネローレ/2番、フランツィスカ/9番、エルフリーデ/11番、ローゼマイン/13番、マルガレーテ/16番、フリーデリーケ/20番)の合計10名が居る。*56

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • フェルナンド様はまだ結婚していないので、「婚姻予定」になりませんか? - 2015-12-05 09:51:13
  • 「領主候補生」は領主候補+学生ではないでしょうか? ボニファティウスやフェルディナンドは学生ではないので、「領主候補」ではあるけれども「領主候補生」ではないような - 2017-12-28 11:53:58
    • 第582話他において、貴族院入学前の未成年も卒業後の成人も領主候補とされています。恐らく用語由来は、「領主+候補生(一定の課程を修了し、特定の官職・地位につく資格のある人)」か、先生の原義(自分より先に生まれた人)的な分解で「領主の候補として生まれた人」のあたりかと思われます。 - 2017-12-28 20:02:17
      • ×領主候補とされています 〇領主候補生とされています です。すみません、脱字しました。 - 2017-12-28 20:13:14
      • 本当だ。成人している領主候補生って書かれてありますね。納得しました。 - 2017-12-28 20:18:18
        • 自衛隊の幹部候補も「幹部候補生」ですしね。「候補生」に学生と言う意味はありません。 - 2017-12-29 20:29:43
    • 多分、貴族院が終わってもまだ領主の仕事は学ぶと思うので「生」で大丈夫!かな? (2022-09-17 15:36:20)
  • 女性がアウブとなったとき社交はどうするのでしょう?社交を行いながらアウブとしての執務もするのかな。 (2018-10-06 17:49:59)
    • 男性がアウブでも社交と執務はしていますけど、女性だからと仕事量は変わらないでしょう。先にも書かれているとおり「候補生」は学生という意味ではないですし。 (2018-10-08 23:10:00)
    • 現在ローゼマイン以外は男性アウブのようなので、今までは男性アウブ中心の社交的なものがあった可能性はある。ローゼマインがアウブに、ツェントが女性になったことで、今後社交の種類が変わる可能性はあると思う。 (2018-10-09 00:07:05)
      • 領主間の社交の場が領主会議でしょ。領主会議の時期に個別にやってる面談なんかも含めて。 (2018-10-09 06:11:50)
        • それはそうだが、①貴族院で男の社交と女の社交に区別があること②領主会議期間中に女性だけのお茶会があったこと(359話)からすると、中には男性限定の社交もあったと思われる。ゆえに男性アウブばかりだった中にローゼマインが混じってどうなるのかは興味深い。ヴィルフリートのお茶会のように。 (2018-10-09 16:25:57)
  • 5年生の領主候補生の親睦会において、ハンネ個人が領主会議以上の情報を収集できたのが、リンデンタール(同期のダーヴィットが存在)やベルシュマンなどの下位領地(ハンネ番外4話)とあるあたり、1年時に11位以下だった同期領主候補生の最後の一人はベルシュマンの気がする。<同期だから少し気やすくて情報収集できた的な。 (2018-10-17 23:57:13)
    • 11年冬の一年生は、男4人(ドレヴァンヒェル、ガウスビュッテル、エーレンフェスト、リンデンタール)、女6人(ダンケルフェルガー、キルシュネライト、レームブルック、エーレンフェスト、ロスレンゲル、クヴァントレープ)の計10人とのこと(ふぁんぶっく3) 思ったより女性領主候補生が多かった。 (2018-11-10 22:32:11)
      • 貴族では一般的に政略結婚できる娘の方が優先的に育てられるというのは領主候補生にも当てはまるのかもしれない (2019-06-24 18:09:33)
      • ローゼマインの同級生の領主候補生は全部で10人のはずだが、書籍第5部Ⅰレスティラウト視点のSSでは「10人以上が稽古として舞う中で」とあるので、もしかしたら3年生までにどこかの領地が上級貴族を養子にして領主候補生にしたのかもしれない。 (2020-03-17 23:35:13)
        • 10人以上には10人も含まれるとか、4年以上もほぼ同じ時間帯に少し離れている場所で踊っている(第297話(各学年でバラバラに練習している))から、視界の中では1年生10人+その後方の他学年で10人以上が踊っている状況になっているとか。 考え方は色々あるけど。 養子縁組や親族追加(※)で、領主候補生が増えている可能性もゼロではないだろうね。  ※ 養子縁組無でカルステッドが領主候補生だったように。 (2020-03-18 00:34:13)
          • 訂正:×1年生10人 〇3年生10人 (2020-03-18 00:35:42)
  • 領主候補生と上級貴族が結婚することってできるのか? (2021-10-04 12:49:19)
    • 釣り合うならできるけど? (2021-10-04 13:00:18)
    • 次期アウブが男性の場合、妻は上級でも可。女性アウブの場合は妊娠出産があるので、アウブの代わりが出来る領主候補生でなければならない。 次期アウブと望まれていない領主候補生が上級貴族と結婚することもある(例ボニの妹はベルケの上級貴族に嫁いでる) (2021-10-04 13:03:35)
    • 釣り合ってたかはわからないけど、領主候補生ボニファティウスと中級アンゲリカも結婚は可能として候補に挙がってた。ボニ爺はロゼマ式4段階やってないかもなので(首脳陣=圧縮許可を出す6人かな?と思うから)、成長期にロゼマ式して4段階も知ってるアンゲリカならギリギリいけた可能性もなくはない。 (2021-10-04 14:19:37)
  • クヴァントレープはフリーデリーケ (2021-12-13 22:52:38)
    • フ「レ」-デリーケになっていた場所を修正 (2021-12-14 01:02:10)
  • 親睦会(四年)のギレッセンマイアーとの挨拶で「わたしが知る限り、ギレッセンマイアーの領主候補生は女の子ばかり」とあるので、ルーツィンデの他にロゼマが知ってる女性領主候補生が+3~+5にいるかもしれないな (2022-05-17 01:14:28)
  • レティーツィアの兄の年齢はもっと下になるんじゃないか。ユストクスの木札発見時に母親が貴族院に在学中なので最大でロゼマ+17になるから、兄の年齢は最大でロゼマ+1。アドルフィーネと在学が被っているから最低でも-1。ロゼマの同学年にはいないので、+1or-1になると思うんだが。 (2022-11-02 00:49:46)
    • 木札が仮にターニスベファレンを発見した時に書かれたものだとしたら、ローゼマインより年上は難しいよ。と言うのも、ハイデマリーとエックハルトが季節外の貴族院にいたから、フェルディナンドは13歳〜15歳。ローゼマインは公称でフェルディナンドが14歳の時に誕生している。フェルディナンドが13歳の時にレティーツィア母が最終学年だったとして、翌年にはローゼマインが誕生だから、年上にはならないんだよ。 (2022-11-02 07:14:49)
      • てことは-1で確定なのか (2022-11-02 09:25:37)
        • 年下は確定だと思う。ふぁんぶっく4のQ&Aって範囲どこまでだっけ。3年生になってたら2つ下も範囲でアドルフィーネの名前は並びの例として一緒に出ただけになるけど……。 (2022-11-02 10:11:41)
          • ふぁんぶっく4は4部Ⅷまでだから、範囲は2年生までかな。 (2022-11-02 14:37:14)
            • なら-1だね。 (2022-11-03 19:45:24)
      • マインと同い年ならローゼマインとは+1では (2022-11-03 13:51:54)
        • マインはフェルディナンドが13歳の時に生まれております。レティーツィアの母親は、エックハルトが季節外の貴族院にいる時にフェルディナンドと在学が重なる世代。レティーツィアの兄がマインと同い年の場合、左の絶対条件を満たせなくなります。 (2022-11-03 14:16:19)
  • 領主候補生一覧のアレキサンドリアの項目にローゼマインを入れた方が良いか?アウブだから入れない方が良いのか?どちらだろ (2023-01-14 21:01:52)
    • 領主になったから候補じゃないしいらないんじゃないかな。もう領主候補生コースも全行程を履修してるわけだし。 (2023-01-16 02:13:54)
      • 礎を染めた人がアウブの扱いになるから領主候補コースの履修は関係ないと思うよ未成年の上に自分で治めることもできない状態が出るの防ぐためにシュタープの取得最終学年に引き上げるの (2023-01-16 17:36:51)
    • ローゼマインが履修済みなのは実技だけで、座学はハン5で一緒に受けてますよね。領主候補生コースには在籍しているのでは?「ローゼマイン様が領主会議までの間に貴族院で領主候補生コースの実技の試験を全て受けて合格を得た」(ハン5 1/27) (2023-01-16 08:07:31)
      • 確認したましたけどローゼマインが受けたと描写があるのは共通の座学ですね。領主候補生コースの座学についてはどこかに記述があったかしら……。 (2023-01-16 19:25:57)
    • 他領のアウブは記載されてないから、それに合わせるなら記載不要な気がするけど。 (2023-01-16 08:14:32)
    • 「領主」項目が別にあるので、ここは「領主以外の領主候補生が、どの領地に何人出ている(いた)か」という内容として書かれているはず。アウブが領主候補生か否かという論点だと「領主候補生コース修めた(てる途中または予定)のは他と同じなので領主候補生である」と捉えたほうがいい、でもアウブは別のページでまとめてあるのでここにはいらない。 (2023-01-16 20:37:16)
      • 補足。ローゼマインはアレキサンドリアができた時に同時にアウブアレキサンドリアとして承認されているので、「アレキサンドリアのアウブ以外の領主候補生」だったことは一瞬もない。なので卒業とか無視してこのページには書かなくていい、という考えです。 (2023-01-16 21:03:27)
      • 一般的には候補ではなくなった者が領主なのだから、領主は候補生ではないでしょう。ロゼマは候補生コースの学校に通ってるってだけの「領主」だからやはり候補生ではないでしょう。 (2023-01-16 21:46:24)
        • 「アウブは領主候補生じゃない」という考え方だと「アウブを降りたら領主候補生として復活する」ということになるけど、それよりは「領主候補生の資格を持って、礎を染めてアウブになったことがある」と考えたほうが自然だと思うんだよ。枠としてはギーベが同じ。上級のギーベが伯爵なのであって、ギーベをやってる間は上級じゃなくなるわけではないし、文官や騎士や側仕えの資格がなくなるわけでもない。ローゼマインは「技術的に領主候補生の資格は取得したと認められてアウブにも承認された」というほうが、「候補生」という言葉の意味にこだわるよりは、実態に合ってると思う。 (2023-01-16 22:19:28)
          • ギーべとの例えは自分も考えたんだけど、 上級貴族のまま、土地持ちになったのが伯爵のギーべと呼ばれるけど、だからといって上級貴族達の上位に君臨する訳じゃない。(派閥や年齢的な序列はあるだろうけど) 。 でも、領主は領主候補生とは別格で、明らかに一人だけ上位として君臨しているのよね。    なので、候補生の上位として、領主に昇格。     領主を辞めたら、候補生に降格(とはいえ次世代に譲った、とかなら社交的には尊重されるだろうけど)、となるのではないかな。   区別してよいと思うんだ。 (2023-01-17 00:42:15)
            • 本文で「領主」と「領主候補生」を分けて書いてない箇所があるので出しておく。地下書庫関係、「礎の魔術の供給者として登録されている領主候補生」「王族と領主候補生の一部」「王族と領主候補生しか入れない」などなど、ほとんどがキャラクターのセリフで、「領主」のみの表現は出てこない。ちなみにハンネローレ編にもある。ジルヴェスターは当然だが書庫に入ってるし、ローゼマインがアウブアーレンスバッハになった後の本編(ソランジュの救出)にもある。誰も疑問は持ってない。何度も何度も「領主候補生」だけがキャラの言葉で書かれてるので領主(アウブ)が除外される言葉として設定してないと思う。アウブと領主候補生とか区別されることは確かにあるけど、アウブが領主候補生「ではない」ことを意味しないと思う。 (2023-01-17 00:57:27)
              • こういうわかりやすいサンプルを地下書庫関係しか簡単に見つけられないので、確定とは言わないけど。これらの表現は書籍でも同じだからね。 (2023-01-17 01:26:08)
              • その解釈で合ってるんだろうけど、「候補生」って日本語が問題なんだろうね。厨二風に「闇と光の神の名を知る階級」とかどうだろう・・・ (2023-01-17 08:40:30)
          • 屁理屈言い出したら、全てのアウブと前アウブ(アウブ経験者で作中存命の者、前アウブ・ダンケルや前アウブ・クラッセン等)、フェルディナンドの名前が出ている以上各領地の成人領主一族(レスティラウト・ハンネローレの伯叔父、レティーツィアの実父等)、カルステッドの名前が出ているので領主候補生として卒業した後上級落ちした人々(旧アーレン等)も記載しなければ片手落ちなわけだが。 (2023-01-17 15:38:10)
            • アウブと前アウブなどは「領主」のページで事足りてるよね。領主候補生で洗礼式をした途端に領主になることはシュタープないので不可能で、初代の人以外は「絶対に領主以外の領主候補生だったことがあり、いつかの時点で領主になった」前提で書かれてる。だから領主候補生のページで名前を重複させる必要はない、ってことを言いたいんだよ。上級落ちした人とか書いてないのは片手落ちだけど今はローゼマインの話としてね。領主候補生で領主夫人(王族じゃない)で学生じゃないゲオルギーネやコンスタンツェがいるのにフロレンツィアとか書いてないしね。表をできるだけ完璧にしたい人がいるなら、書けばいいと思うよ。 (2023-01-17 19:37:42)
            • ちゃんと話を追えてないかもですが、カル父とか上級落ちした人はこの一覧に載せているかと。 (2023-01-17 20:07:15)
    • ページ冒頭の「アウブとなる資格のある者のこと」基準なら現職は不要。もし、染めれば誰でもなれるだろと言う人がいるなら「現アウブが次期アウブにする可能性がある者」とかに書き変えようと提案する (2023-01-17 23:17:41)
最終更新:2023年01月14日 16:50

*1 ふぁんぶっく3 Q&A

*2 第594話 防衛についての話し合い 「其方は領主候補生であり、しかも、アウブを目指したいと動いているであろう? ならば、率先して戦わなければならぬ立場ではないか」「自分で礎を守れぬアウブはアウブではない」

*3 SS39話「リヒャルダ視点 新しい姫様」、書籍第三部III 書下ろしSS「冬のお披露目と子供部屋」

*4 ふぁんぶっく5 はみ出たQ&Aコピーシテペッタン

*5 ふぁんぶっく3 Q&A

*6 第253話 閑話 お茶会

*7 第561話 カルステッド宅でのお話 前編

*8 第310話

*9 第481話 ダンケルフェルガーとのお茶会 後編 「領主候補生ですから卒業後にエーレンフェストに来ていただくこともできませんもの」 ~ 領主候補生のレスティラウトは婚姻以外で移動できないし ~

*10 第253話

*11 第473話 領主候補生の講義終了

*12 書籍 貴族院外伝 一年生 「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*13 書籍 貴族院外伝 一年生 「ドレヴァンヒェルの姉弟」

*14 第551話 お手紙とお話

*15 第368話 アーレンスバッハの現状

*16 第580話 親睦会(四年)

*17 第313話 エグランティーヌとのお茶会

*18 第378話 親睦会(二年生)で在籍し、第463話 親睦会(三年)で候補生不在

*19 第580話 親睦会(四年)で新入生

*20 第659話、番外編ハンネ1話

*21 第582話 初週の講義 後編

*22 第659話 閑話 ハンネローレ視点 継承の儀式 前編、番外編ハンネ1話。15年春時点で洗礼式後、15年冬には貴族院入学年齢に達していない

*23 第582話 初週の講義 後編「ダンケルフェルガーはおじい様やおばあ様も健在ですし、叔父様方もいらっしゃいます。お父様の第二夫人や第三夫人を含めると、成人だけでも簡単に七人を超えますもの」、番外編ハンネ1話「領主一族である伯父様の息子」

*24 書籍外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に貴族院に在籍

*25 第413話よりアドルフィーネの異母妹。書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」でアドルフィーネが第一夫人と確定した為、第二か第三の娘

*26 書籍外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に貴族院に在籍

*27 書籍外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より異母兄妹で貴族院に在籍

*28 ふぁんぶっく4 Q&A レティーツィアの異母兄弟は、領主候補生として貴族院に通っており、アドルフィーネやオルトヴィーンの異母兄妹(書籍版外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」)の中に存在する

*29 第二夫人の子と第三夫人の子と養子複数名が貴族院に滞在し、第二か第三のどちらかの子は同母兄妹で滞在してている一方で、ふぁんぶっく4 Q&Aの記載と第658話の記載のずれから、レティーツィアの同母兄が領主の養子か実子かの最終確定ができていない為/フェルディナンドが立場の問題で言及したなら実子だし、そうでないなら養子の可能性が上がる

*30 書籍外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」より、11年冬に、異母兄妹、養子達が貴族院に在籍=最低6人の領主候補生が在籍/第378話より12年冬に領主候補生が4人在籍⇒少なくとも2人は10年冬に6年生として在籍

*31 第378話より、12年冬に領主候補生が4人在籍。番外編ハンネ3話より、15年冬に領主候補生総数が増減の結果5名。書籍外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる⇒人数推移に整合性をとるには、13年冬~15年冬にもう一人入学したと考えられる

*32 第580話 親睦会(四年)で増えた小さい領主候補生/書籍外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*33 番外編ハンネ3話より、15年冬に増えた領主候補生。/書籍外1「ドレヴァンヒェルの姉弟」よりドレヴァンヒェルは貴族院入学前に候補になりうる存在と養子縁組する慣習があることと、第657話より上級貴族数が少なくて苦労していることから、加護取得関係の情報をうけて、急遽、養子縁組するような貴族院入学済の対象者はいないと思われる

*34 第580話 親睦会(四年)で「弟の方は二年生で、秋に養子縁組をしたばかり」

*35 第580話 親睦会(四年)で新入生

*36 第413話 ドレヴァンヒェルとのお茶会

*37 第580話 親睦会(四年)で「ヴィルフリートは弟と少しやり取りがあるらしい」/番外編ハンネ3話で「今年三年生になる殿方の領主候補生」

*38 第580話 親睦会(四年)で新入生

*39 番外編ハンネ3話で「二人の女の子」/第580話 親睦会(四年)で妹の人数の明記無

*40 第521話

*41 番外編ハンネ6話/書籍外1

*42 元々想定されている、次期アウブ・アーレンスバッハはディートリンデ。フェルディナンドがアレキサンドリアでの自身の立場を確立する目的で、王族に対し、「対ランツェナーヴェ戦終結時点での次期アウブはローゼマインなのだから、自分の婚約者はローゼマイン」と押し通した

*43 ふぁんぶっく2Q&A、設定等まとめふぁんぶっく3はみ出たQ&Aコピーシテペッタン

*44 2018年10月06日活動報告 10月11日返信

*45 ふぁんぶっく3/4人のみの男性領主候補生に含まれない為、女性

*46 第493話 閑話 聖女の儀式 前編 同学年のリュールラディが入学した際に卒業済

*47 第580話 親睦会(四年)「わたしより一つ上の学年」

*48 ふぁんぶっく3/4人のみの男性領主候補生に含まれない為、女性

*49 第287話 ローゼマインが1年生の時に5年生

*50 ふぁんぶっく2家系図

*51 第512話 フレーベルタークとの社交とディッター

*52 番外編ハンネ6話、書籍外1/4人のみの男性領主候補生に含まれない為、女性

*53 番外編ハンネ6話/書籍外1

*54 ふぁんぶっく3/4人のみの男性領主候補生に含まれない為、女性

*55 第294話 宮廷作法とヒルシュールの来訪/上位領地の評価で2,3,7,9番を指名。下位領地のお茶会内で「無言でお茶を飲んでいる子」と「熱弁を振るってアピールする子」が存在

*56 書籍外1で男性が4名な事は確定⇒ふぁんぶっく3の一覧でこの10名が存在