マルグリット

初出:第171話

容姿

髪の色:黄金
000000000
瞳の色:青
000000000
黄金のように豪奢な髪に常に微笑んで細められている青の瞳。
唇の端にホクロがある。

地位

階級:中級貴族
職種:青色巫女孤児院長

作中での活躍

前孤児院長。
口を憚はばかるような理由で孤児院長となり*1、孤児院長の立場を使って自分の利となるよう孤児院を扱った。*2
フランを毎晩のように呼び出して、隠し部屋に連れ込んでいた。*3
灰色神官と交わったことで、貴族社会に戻ることができなくなる*4。中央の政変によって何人もの青色神官や青色巫女が還俗していく中、神殿から出られない我が身を嘆き、孤児院長室で自殺した*5

魔力の近い者との間にしか子供はできず、神殿に入ったものがほぼ魔力を持たない平民との間に子供ができると貴族社会に戻ることができないとされるため*6、子を成したことが絶望の原因と推測できる。

経歴

(年代はマインの誕生を0年とする)
3年春頃 貴族社会に戻れないことを苦にして、自殺する。*7

作者コメント

2017年10月18日 返信
(マルグリット様は美しくないのでしょうか?)
マルグリットは青色巫女なので、顔立ちはそれなりに整っていますが、絶世の美女ではありません。色好みの空気が出てて、アルノーには色気に、フランには毒気に感じられました。

コメント

このコメント欄はwikiの情報充実のために設けた物です。
編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
  • 360話に中級貴族とあり - 2015-12-04 17:16:40
    • 360話確認しましたが中級貴族相当と書かれているので、実家が中級貴族の貴族になれなかった人ではないでしょうか?ブリギッテのダームエル評からすれば中級貴族が平民と子を作るのは無理でしょう。 (2020-05-22 06:30:59)
      • ふぁんぶっく4Q&Aより、「マルグリットはギリギリ魔力が足りたので(隠し部屋を扱える)貴族の指輪を与えられた」とある 書き方が微妙なので、中級貴族にギリギリ足りたという意味なのか、(下級)貴族にギリギリ足りたという意味なのかはここからだけでは確定しないが、神殿に入れられた理由は金銭面と父親の思惑とも書いているのでA全体を解釈するとギリギリ中級の魔力アリでいいかと思われる そもそも「マルグリットと灰色神官の間に子ができた」とはどこにも書かれてませんからね、「灰色神官を隠し部屋に連れ込み交わるような不品行が貴族社会に戻れなかった理由」とは書かれていても 圧倒的上位者な貴族である親から質問されれば、灰色神官が隠し事をしたり嘘をついたりもできなそうですし、子ができてなくても不品行な中身はつまびらかに… (2020-05-22 09:45:39)
        • そういった状況で中位貴族になったとして貴族籍を有したままの青色巫女であるという理由はどのように考えていますか?貴族籍を持ったままだと神殿長や神官長より身分的に上位になりえますが… (2020-05-23 17:19:35)
          • 貴族院に行き卒業して貴族籍を有しシュタープが使える成人になる道が閉ざされたことに悲観して自殺したわけですが… 指輪があれば貴族ってわけじゃないですし たとえどこかの家で愛妾として囲われる契約が結べ青色巫女をやめて神殿を出、貴族街の中の離れで暮らすようになったとしてもやはり貴族ではない、貴族院を卒業してない・シュタープ使えないから(マルグリット本人はあるいは愛妾でも神殿に閉じ込められる青色巫女よりはマシで満足な結果、そうなりたいと願っていたかもしれないがそこは描写が無いため不明) (2020-05-23 17:29:44)
            • どうも内容にずれを感じます。私が気にしてるのは 階級:中級貴族 なんですよ。一部の例外に該当する貴族籍の巫女であるのかどうかですね。年齢すらわからないはずですし貴族院卒業済みの中年おばさんでもおかしくないと思いますよ。 (2020-05-23 17:55:56)
              • それは本wiki全体の人物の記述テンプレートの書き方の議題になるのでマルグリット個人がどうこうここのコメント欄で騒がれてもマトはずれだなとしか言えません その書き方もずっと前からそのように書かれ続けてたもので私が決めたり提案したりしたものでもありませんし 他の青色のページを改めて見くらべてみましたがベーゼヴァンスなど他の青色のページでそこの階級行は出身家の階級を示してるだけで本人がどの立場で洗礼式をしたかや成人したかはまったく示してないようですね、今まで私も気にしてませんでしたけど 家が不明だけど貴族の家に生まれたことは明らかなカンフェルやフリタークは貴族とだけ記述されてきています そしてマルグリットの実家が中級貴族なことは明文化されてるので他のページと統一された書き方として何一つ問題はないってことのようですね (2020-05-23 18:06:48)
                • そんな必死に他人を否定しなくてもスレチなら他に書くだけですよ。記載された内容が本人の階級と違うのであれば問題だと思います。 (2020-05-23 18:12:11)
                  • 上級貴族の子のベーゼヴァンスは洗礼式すら貴族として行われず指輪も与えられなかったが、中下級貴族との集まりに呼ばれたときの席次は最も上座に書かれてますねぇ 勝手に決めつけず他でみなさんとしっかり合意とってそれからの話ですね 最初に人物ページのフォーマットを用意された方がまだいらっしゃらないか訊いてみて、当時どういう意見交換があったかなどの確認からでしょうか 現状は全人物ページとの整合性はとれている記述なことは間違いなく、この点では問題ありません (2020-05-23 18:22:12)
                    • ベーゼヴァンスの場合は、姉・ヴェローニカの威を借りた横紙破りな席次であり、特殊な例。あのときは、ビンデバルト伯爵が彼を冷笑している風だったように感じたが? 「青色神官・巫女の身分の記し方に統一基準が必要かも」という点には同意。 (2020-05-23 18:55:13)
                    • 私をコペルニクスにしたいのでしょうか?今までこれでいいとされてきたし皆がそう言うからこれでいいと言うのは何の証明にもなりませんよ。フリーコメント欄に提案は出してあるので暴言吐かずに議論ができるならそちらへどうぞ。 (2020-05-23 20:41:03)
        • 同じくファンブック4の情報ですが、洗礼式で魔術具で魔力を量り家の家格に見合う魔力を持っていれば貴族とありますし、中級貴族の家に見合う魔力がぎりぎり有ったのでしょうね。その後に金銭的な問題で貴族院には行けず貴族籍を抜けて青色巫女になったのでしょう (2020-06-13 13:53:17)
  • アルノー (2019-10-26 23:54:30)
  • マルグリットが妊娠した子供の父親はフラン? (2020-06-04 03:52:58)
    • フラン以外も対応者がいる可能性があるからフランとは限らない。 年齢(10代未満~10代前半?)と精神状態の相乗で、身体が反応しなかった可能性もあるし。<フランの場合 (2020-06-04 06:24:47)
  • 子供ができて、ってのが妄想でしかないよね (2020-06-17 00:03:07)
    • 破廉恥行為のやりすぎで実家の品位を汚す(汚した)とみなされて戻れなかった可能性もあるね。 (2020-06-17 00:55:42)