ストロンバーグ(Stromberg)



詳細

データ

種類 メーカー 和名 日本語訳 ドア 乗車定員 駆動 ギア
クラシックスポーツ オセロット ストロンバーグ ※本文参照 2ドア 2人
モデル ラジオ 主な選局 洗車 特殊アクション
ランボルギーニ・カウンタック
ロータス・エスプリ
有り WorldWide FM 潜水モード
固定機銃、ミサイル
魚雷(水中のみ)
プラットフォーム カスタム カラー デフォルト
ホイールタイプ
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC限定 メイン
サブ
プラットフォーム 価格 割引*1 売却額 保険料
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC限定 $3,185,350 $2,395,000 $ $
プラットフォーム ガレージ保管
オンライン専用
自宅物件ガレージ
PS4 / Xbox One / PC限定

ステータス

ステータス(無改造車)

Top Speed(最高速度) (km/h)
Acceleration(0-100km/h加速時間)*2 (秒)
Braking(100-0km/h制動時間) (秒)
Traction(駆動力)

解説

『強盗:ドゥームズ・デイ』アップデートで追加された水陸両用車両。

映画『007:私を愛したスパイ』に登場するロータス・エスプリをベースにしたボンドカーをモデルとしており、車名の「ストロンバーグ」も同作の悪役、カール・ストロンバーグから取られている他、説明文も同作のシーンを意識している*3

トレロをベースにした車両の為、要所要所にロータス・エスプリの特徴が見受けられるものの、基本的なデザインはランボルギーニ・カウンタックになっている。同じくロータス・エスプリをモデルにしたアーデントをベースにしてほしかったプレイヤーも少なくはないだろう。
余談だが、現実にも Z1A という水陸両用のスーパーカーが存在する。レプリカではあるがランボルギーニ・カウンタックをモデルに作られている。カウンタックをモデルとするトレロをベース車両にしたのはこれを意識したのだろうか。

この車の登場により、今までは安全だった海底が安全ではなくなった。使いどころは限られているが、厄介な存在の1つであると言って差し支えないだろう。

車そのものの走行性能はかなり良好。クラシックスポーツカーの中ではトップクラスのスピードを持つ。
ハンドリングも若干アンダーステアなものの、車体の小ささも相まってとても動かしやすい。
意外にも路面の高低差には敏感で、ガレージへの入出庫時ですらフロントバンパーを擦ることがある。
また滑らかな形状のフロントと高い速力故に、衝突した車を打ち上げたり下に潜り込んだりといった光景も見られる。車高の低いスポーツカーやローライダーが相手だと乗り上げることも。
洗車はできるが商売女を乗せることはできない。

この車は水没せず、潜水モードへと変形して水上、水中を航行できる機能を搭載している。ヘッドライト点灯キー(PC版はHキー、PS4版やゲームパッドでは方向キー右)を長押しすることで変形が可能。
なお、スタントレースではどういうわけかXキー(Aボタン、×ボタン)で変形するようになっているので、試乗にスタントレースを利用するなら注意しておこう。
水中での速力は潜水艇よりも速いが、潜水艇でできる浮上、潜行操作ができない。
また水中においては、まともな照明がヘッドライトしか無いため視界が非常に悪いという欠点もある。一応言っておくとネオンキットを付けても明るくはならない。
水中で降車すると付近の水中にワープし、自動で水面まで浮上する。水中で停泊中の本車に乗り込む時もワープとなる。
圧壊深度は潜水艇と同じく170m前後で、150mから警告を受ける。

陸上でも潜水モードに変形できるが、陸上で潜水モードに変形すると他の船舶同様自然にダメージを受け爆散する。外見を観たくて陸上で変形したせいでミッション失敗や保険料を払う羽目になってしまうので注意しよう。
また、当然といえば当然だがドアが取れた状態だと潜水モードに移行できず沈没する。

武装は高威力の機銃とミサイル、そして魚雷。水中では誘導可能な魚雷のみ使用可能となる。おまけにこれらは後からカスタマイズで装着するのではなく標準装備。
だがこの武装、ゲームパッドだと操作が非常にややこしく陸上では戦車などと同じくLBが発射ボタンとなっているのが、潜水モードになるといきなりAボタンに変更される(水中での旋回操作が潜水艇と同じLB、RBとなるため仕方ないのだが)。*4
装弾数はミサイルが30発、魚雷が何故か多く60発も装備している。
搭載しているミサイルは最近の武装車両に多い高機動型のミサイルだが、ルイナー2000やヴィジランテのものと比べると誘導性能は劣っているようで、真正面から飛んでくるヘリや車やバイクにすれ違いざまに撃っても外れることがある。
魚雷は内部的にはミサイルと同じなのか、水上・空中に出た場合は普通にミサイルとして飛んで行く。
機銃は数ある武装車両の中でも特に強力で、ダメージを与えた結果ボディの耐久値が0.0以下になっても即爆発する*5。車のボディへのダメージはエンジンに与える分と違ってどこに当てても1/3にならないので、車のボディを耐久値ゼロまで削ると即爆発することの恩恵は意外と大きい。他の武器で車のボディの耐久値を削りきってストロンバーグの機銃1発で爆破することもできる。普通の車なら2秒、装甲ボーラー装甲コノシェンティ55のような並の装甲車両でも5~6秒当て続ければ消し炭にできる。例によって装弾数も無限であるため、ミサイルを使い果たしてもリカバリーが効き主力としても使っていける。

実はこの車のガラスは銃撃によってヒビこそ入るが割れることはない。ただ、銃弾そのものは普通に通すし、ダメージも受ける。
潜航時の水圧に耐えるためなのか見た目に反して耐爆性能も持っており、ホーミングランチャーや炸裂弾等の爆発物を2発耐えることが出来る。誤って標的を至近距離で爆破したり坂道で無誘導ミサイルを発射して自爆しても大丈夫。
これにより耐爆性能を持たないデラックソヴィジランテ等に対して、若干ではあるが優位に立てる可能性がある。

ちなみにバグだと思われるが水中で潜水モードから通常モードにし一瞬車外に出ると普通なら水中では使えないはずの機銃が使えるようになる。他の武器に切り替えようとすると魚雷に切り替わって戻せなくなるが通常モードから潜水モードに変えただけでは機銃が選択されたままになる。
タイトルアップデート1.44アップデートによりこのバグは修正された模様。

「泳げる?」と事もなげに問いかけて、ベスプッチ桟橋の先に向かってスピードアップ。
一瞬後にはフロントガラスから太平洋に飛び込み、居合わせた歩行者に冷たい水しぶきを浴びせながら、
舵とロケットエンジンをうならせて追跡者を置き去りに。
ふと助手席を見ると、美しかった恋人があまりの恐怖にゲロまみれ。
そう、こんな瞬間こそストロンバーグを運転する醍醐味というものです。
Warstock Cache & Carryサイト内の解説より)

改造費用

当然の如く、改造費用は最高額テーブル。
デラックソと同じく、変形機構のせいかサスペンションの改造ができない。エアロパーツの類も一切無いため項目数は最低限以下である。
ただペイントはメインとサブの塗り分けができる。

アーマー

アーマー 【6種】 費用
オンライン専用
なし $1,000
アーマー強化20% $7,500
アーマー強化40% $12,000
アーマー強化60% $20,000
アーマー強化80% $35,000
アーマー強化100% $50,000

ブレーキ

ブレーキ 【4種】 費用
オンライン専用
ブレーキ(標準装備) $1,000
ストリート・ブレーキ $20,000
スポーツ・ブレーキ $27,000
レース・ブレーキ $35,000

エンジン

エンジン 【4種】 費用
オンライン専用
EMSアップグレード:レベル1 $9,000
EMSアップグレード:レベル2 $12,500
EMSアップグレード:レベル3 $18,000
EMSアップグレード:レベル4 $33,500

ライト

ライト 【2種】 費用
オンライン専用
ライト(標準装備) $600
HIDライト $7,500

トランスミッション

トランスミッション 【4種】 費用
オンライン専用
トランスミッション(標準装備) $1,000
ストリート・トランスミッション $29,500
スポーツ・トランスミッション $32,500
レース・トランスミッション $40,000

ターボ

ターボ 【2種】 費用
オンライン専用
なし $5,000
ターボチューニング $50,000

※爆発物、クラクション、ナンバープレート、ペイント、ホイール、ウィンドウの改造費用は全車種共通。
 詳細は乗り物カスタマイズのページを参照。

参考

モデル


動画