ヘルバット・シルト










「シンシのたしなみ、その1……

               ジャマ者はおとなしく死すべし!!」
CAPCOMから発売された『ロックマンゼロ3』のボスキャラクター。CVは荻原秀樹氏。
見た目の通り、吸血鬼を模して作られたロボットだが、紳士的な性格ゆえに吸血攻撃はしない。
「シルト」は「シールド」のドイツ語読みである。
ドクター・バイルの部下「バイル八審官」の一人。異名は「神死慟瞑(しんしどうめい)」。
自らを「紳士」と呼び、態度を努めて、のんびりとティータイムを楽しんでいる。
戦闘スタイルは、相手を事前に偵察してデータを集め、万全な対策を立てて臨むタイプ。
偵察能力に長けており、コウモリのように電場や音波を駆使して、相手の視覚を狂わせることができる。
彼の翼は攻撃無効の性質があり、ワープ移動で出現している時しかダメージが与えられない。
兵器再生工場の管理の統括任務をしているが、実質的にする仕事が無いらしい。
彼にとってティータイムは「ユウガな時間」で、邪魔する者は「感心しませんな」とマナー違反に認定する。
また、ノックをする時は静かにする等、何かとマナーにこだわる性格のようだ。

ダメージを与えにくいが、『ロックマンゼロ3』のボスの中では、あまり強くない部類に入る。
しかし、倒すのに時間がかかるので、最大の敵はクリアタイムノルマという実績かもしれない。
属性は電波や音波の信号にちなんで雷。
電気の玉を投げつけたり、部下のコウモリを大量に召喚したり、音波攻撃をする。
ワープして移動する時に、うっかりぶつかってしまわないようにしたい。
ちなみに吸血攻撃はしない。紳士な彼にとっては、野蛮な行為にあたるのだろうか。

同じコウモリ型のレプリロイドでも、終始小物臭かったり吸血攻撃を使うなど『X5』のダーク・ネクロバットとは大違いである。
余談だが、血を吸ったり捕食(狩り)を行わず、花の蜜や木の実を主食とする種類の蝙蝠も存在する。


MUGENにおけるヘルバット・シルト

Snowwolf氏によるものが公開されている。AIも搭載済み。
ジャンプができない代わりに自由に空中移動ができる。
全体的に技のエフェクトや演出が派手になっている。
音波攻撃は搭載されていないが、オリジナル技の飛び道具が追加されている。
キー操作による動きのスピードは緩慢なので、ワープを駆使し遠くから攻めるのが良し。
氏恒例の一撃必殺技には、吸血鬼繋がりなのかレミリア・スカーレットが登場する。


「せっかくのユウガな時間をジャマをするとは……エイユウさまもマナーがなっていませんな」

出場大会


添付ファイル