セブンガー


これが怪獣ボールに仕込まれた、ロボット怪獣セブンガーだ。
変身できなくなったセブンに、ウルトラの国からプレゼントされた、新兵器なんだ

セブンガー(ウルトラマンレオ)

円谷プロの特撮作品『ウルトラマンレオ』第34話「ウルトラ兄弟永遠の誓い」に登場した怪獣
別名「怪獣ボール」。身長58m、体重33000t。カプセル怪獣のように味方として戦う怪獣である。

そのあたかもオモチャのような外見や眠そうな目からも弱そうに見えるが侮ることなかれ、実はこのセブンガー、無茶苦茶強い。
その強さは劇中でウルトラマンジャックやウルトラマンレオが一人では敵わなかった相手を、一方的にボコボコにしていることからも分かる。
ロボット怪獣だが遠距離攻撃は一切持っておらず、肉弾戦で相手と戦う。頑丈な装甲や見かけによらず俊敏な動き、
そして相手に転ばされてもすぐに体勢を立て直す冷静さも持ち合わせており、戦闘力はすこぶる高い。
そんな彼にも弱点があり、それは「1分間しか行動できない」ということ。
更に再使用するには50時間経たないと使えない。実際に劇中でもあと一歩の所で時間切れが来て退却せざるを得なかった。

劇中ではジャックがセブンに変身できなくなったダンのために、
ウルトラの国から「怪獣ボール」に仕込まれて運ばれてきた。
途中ジャックが怪獣アシュランに襲われ怪獣ボールを奪われそうになるが何とか地球に到達する。
その後アシュランが地球に出現しMACと交戦している所に、
郷秀樹(=ジャック)が怪獣ボールをダンに渡すために登場し、無事にダンの手に渡る。
そこでダン隊長の手によって怪獣ボールから出現し、アシュランと対決。
アシュランとの戦いではその俊敏な動きや高い火力を持ち合わせた攻撃で終始圧倒。
アシュランに転ばせられてもその体型を生かし転がり攻撃をするなどアシュランに攻撃のチャンスを与えず、
その場の誰もがセブンガーの勝利を確信した。
……が、あと一歩の所で時間切れになり怪獣ボールに戻ってしまう。ナレーター曰く「あと10秒あれば倒せた」とのこと。
その後は一切画面に出ることはなく、使用されたのもこれが最後となってしまった
(冒頭のスチール写真は宣伝用のもので、レオと一緒の画面に映ったことすらない)。
当然同じ主を持つ先輩格に当たるカプセル怪獣3匹とも一向に共演の機会が無く、
彼らが大活躍した『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』でも一緒に登場する案までありながら、結局お呼びがかからなかった。
名前がややこしかったのか、それとも見た目がコミカル過ぎたのか、むしろロボットな見た目がウインダムと被るせいか、
あるいはやっぱり1分なのが駄目なのか、そもそもカプセル怪獣と比べて持ち運びに不便なのが不味かったのか

「みなさん僕のことなんか忘れてるんですね」*1

内山まもる氏の漫画版『ウルトラマンレオ』には、今回のエピソードともう一つババルウ星人の回にも登場している。
こちらでは、ババルウ星人との戦いにも投入され、当初は圧倒的な攻撃力で無数の星人を蹴散らすも、
レオ達が駆け付けた頃には逆に破壊されてしまったという形で、退場の理由付けがなされている。

『ウルトラマンゼット&ゼロボイスドラマ』では、怪獣にも良い奴がいる、
ということを全く知らないゼットに対してゼロがカプセル怪獣と一緒に紹介したのだが……、
俺の師匠、ウルトラマンレオが怪獣ボールを使って呼び出す」と見事に間違った解説をされてしまった。*2


(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

セブンガー(ウルトラマンZ)

「セブンガー、着陸します。ご注意ください。」

そんななかなか恵まれずにいたセブンガーに、令和の世になって大きな転機が訪れる。
2020年放映の『ウルトラマンZ』において、レギュラーキャラとしてまさかの大抜擢を受けたのである。*3
『レオ』に登場した個体とは異なり人類の技術で開発されたロボットで、対怪獣ロボット部隊「ストレイジ」のメンバーが搭乗して操縦する。
当初は交代で操縦していたものの、2号機であるウインダムのロールアウトに伴って、
その後は主人公であるナツカワ・ハルキがメインパイロット(兼ゼット変身者)を務めた。
正式名称は「対怪獣特殊空挺機甲1号機」、略称「特空機1号」。ストレイジの主戦力かつマスコットでもあるらしく、
ストレイジのエンブレムはセブンガーの顔を模したものが採用されている。
全高55メートル、重量3万8千トンのパワー重視タイプ。
半ば裏設定だが、ウルトラマンゼットが地球に来訪する以前の5年前から現役で戦っている設定らしい
(日米双方の防衛軍が歯が立たなかったナメゴンを単独撃破したことで、ストレイジ設立の切っ掛けを作ったとか)。
バッテリーによって駆動しており、カートリッジ1つにつき1分、予備カートリッジと合わせて3分間の戦闘が可能。
基地から戦闘地点まで背中のブースターで移動する際は本体バッテリーを消費しない設計になっている他、
瓦礫の撤去作業など、行動範囲が限られる状況では有線での給電も可能であるなど、
1分間しか戦えなかった原型機よりも、かなり継戦能力に配慮されている。
必殺技Zだけに腕をロケット噴射で発射する「硬芯鉄拳弾」。
やたら表情豊かな愛嬌のある顔付き(戦闘不能時に目がバッテンになったりも)、
「マーカーセーテー」と言っているように聞こえる駆動音(?)、
上記の瓦礫撤去シーンのまるで玩具を片付ける子供のような姿、ウルトラマンゼットにお姫様抱っこされて救出されたり
着陸時に周囲に注意を促す自動音声が流れるといったコミカルな動きとは裏腹に、
Zとの共闘やその身を盾に人々を守る、ゼットへの的確な援護等、
序盤から見せ場も多く、それまでの冷遇ぶりが嘘のように話題性・人気共に急上昇。
おもちゃ売り場のソフビ人形が売り切れ続出との報告もあるようだ。
ついでにレオ版セブンガーの玩具も再販されたりしている。
+中盤以降の活躍など
しかし、物語の中盤で5年間の活動で老朽化が進んだ事と、
新兵器ウインダムキングジョー・ストレイジカスタムが登場した事で、
(パイロットが二名しかいない事もあり)遂に現役を引退。
ストレイジの広報活動を兼ねて博物館に寄贈・展示される事となった。


が、黒幕の暗躍によってストレイジが解散に追い込まれた際、
「こんなこともあろうかと」こっそり整備されており、再稼働
(一線を退いたロボット兵器が復帰する、というのはロボットものでよくある展開のため、予想していた視聴者も多かったが)。
やる気を失っていた「意思を持つ魔剣」ベリアロク
「やる気がないとか言って、どうせ斬れないんでしょ!?」等とパイロットのヨウコが挑発する事で
やる気を引き出し、ウルトラマンですら扱いに苦労する魔剣をキングジョーSCとの連携で使いこなして
遂に強敵バロッサ星人を単独撃破するという大金星を挙げた。

そして最終回ではラスボス・デストルドスに大苦戦するウインダム、キングジョーSCの援護に駆け付け、
デストルドス体内に囚われたヨウコの救出作戦に大きく貢献した。
この際のパイロットは整備班長の「バコさん」ことイナバ・コジロー。
バコさんを演じた橋爪淳氏が過去にMOGERAのパイロット・新城を演じた事へのオマージュか、
新装備・超硬芯回転鉄拳(ドリル)を引っ提げての参戦となり、ファンを沸かせた
(これ以外にもバコさんには「スペゴジ」オマージュと思われる台詞や設定が多い)。


ゲーム、漫画媒体におけるセブンガー

SFCのRPG『ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦』では、
セブンガーの入った怪獣ボールがカプセル怪獣系アイテムの最高ランクとしてデータのみ存在している。
攻略本にも存在自体は掲載されているものの、没データとなってしまったらしくゲーム中での入手は不可能なため、実質ミクラスが最高ランクとなっている。
本作のカプセル怪獣は必中かつ無消費のためこのゲームにおける実質的な主力兵器であり、もし入手可能だったならとても重宝されたと思われる。

漫画『ウルトラ怪獣擬人化計画ギャラクシー☆デイズ』にも擬人化怪獣の一体として登場。
カプセル怪獣三人娘の後輩であり、自称「次世代のカプセル怪獣を担う期待の大型新人」。
正月太りしてしまったウインダムに代わってカプセル怪獣三人娘の一員になろうとするなど少々腹黒い性格だが、
1分間しか活動できないのは原作通りなのですぐに出番が終わってしまうのだった。

ソーシャルゲーム『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』でも『ウルトラマンZ』準拠で登場。
HP及び防御が高い耐久寄りの性能をしているが、特筆すべきはリーダースキル「取得経験値量 中アップ」。
固有スキル「共闘する対怪獣ロボット」は1ターン目開始時にそのターン中移動力をアップさせ、
攻撃した時相手が1回必殺または攻撃を受けるまでの間相手の防御力を大ダウンさせるが、
原作のバッテリー切れを再現したのか、5ターン目開始時に性能が変化して後者が発動不可能になる。
必殺技「硬芯鉄拳弾」は命中した相手をノックバックし、超確率で「気絶」にする。


MUGENにおけるセブンガー

様々な怪獣キャラを公開しているカーベィ氏によるものが存在する。
ウルトラマンレオ』40周年を記念し、2014年11月29日(丁度セブンガーの回の放映日から40年)に公開された。
同作出典の怪獣としては3体目の参戦となる。
スプライトは氏の手描きであり、同じく氏の製作したブラックエンドに合わせてFC風のドットである。
やはりブラックエンドと同じくどこか可愛らしくも見える。

技は肉弾戦が主体であり、原作に準拠したものが搭載されている。
ただし、ドット絵の関係でどれもリーチが短く相手の近くにいないと当たりにくいので注意。
必殺技には劇中で戦ったアシュランを呼び出すことが出来る技や、往復で転がる技がある。
「一分間の猛攻」は自分の攻撃力をランダムに上げることが出来る技で、1ラウンド一回のみ使用可能である。
超必殺技には「怪獣ボールの意地」があり、この技を使用すると攻撃力2.5倍になりさらに無敵になれる。
…が、その代わり自身のHPがどんどん減っていく。
氏のキャラは共通して超必殺技はHP500以下でしか発動しないようになっているため、モタモタしているとすぐに自滅してしまう。
ちなみに、この技を発動するとBGMにウルトラマンレオのOPのインストが流れるので劇中のような感じで戦うことが出来る。
12Pでは試合開始からこの状態でスタートするため、劇中通りに戦いたい人はこちらをお勧めする。
AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会



*1
『ウルトラマン超闘士激伝』のおまけ漫画でセブンが息子やカプセル怪獣達とパーティーしていた際に1人だけ呼ばれなかった事に拗ねた際の台詞。
この後、慌てたセブンに「わ、忘れるもんかセブンダー」と名前を間違われるわ、「ジャックの影の薄さが少し移ったせい」とか言われる。
セブンガー自身は「セブンの下にいれば人気が巻き返す」と言われて納得したが、当然ジャックは拗ねた。

*2
後の話でゼットは、宇宙警備隊の入隊試験に出たセブンガーについての問題をこの解説の通りに答えて間違えてしまい、
これによってゼロがセブンガーの出自を勘違いしていたことが発覚した。
つまりこの間違いは制作上のミスではなく意図的な伏線であったわけだが、
ゼロを尊敬し弟子を自称するゼットも、流石にこれについては恨み節をこぼしていた。
上述の『超闘士激伝』とは世界観が違うのだが、本人だけでなく息子にまで間違えられるのかセブンガー…。

*3
メタ的には、ミニチュアやセット、映像の合成等で予算を喰う割には防衛隊関連の玩具は売れ行きが良くなく、
(他作品への)流用も難しい上に赤字になるので商業的にはなるべく出したくない……が、
主人公達を違和感なく怪獣や宇宙人退治に専念させる為に防衛隊は作劇的に便利なので利用したい、
というジレンマを抱えていたらしい。
それを「ウルトラマンや怪獣と同様のスケールの(スーツ製の)ロボット兵器で戦う」というコンセプトにすることで、
流用も可能とし、映像合成の予算を押さえる事に成功した、との事。
その分、怪獣のスーツ新造予算は割を喰ってしまい、記念すべき第一話登場の怪獣「ゲネガーグ」は過去作品のスーツの改造
(厳密にはウルトラマンオーブのラスボス怪獣、マガタノオロチの改造。これは監督の「再登場が難しい設定だし、
 自分が知らない所で再登場してかませにされるくらいなら生まれ変わってもらった」という意向もあったらしい)
だったり、Zに登場した新規の怪獣・宇宙人はかなり少ないという弊害もあるのだが。


最終更新:2021年01月02日 12:57