ネロンガ


ウルトラマン』の第3話「科特隊出撃せよ」に登場した怪獣。別名「透明怪獣」。
身長は45m、体重4万。どっしりと貫禄のある巨体に長い尾、頭部に角と二本の触角を持つ。
東宝映画の怪獣であるバラゴンの着ぐるみの流用で作られた怪獣の一体であり、
これ以前のパゴスや以後のマグラー、ガボラもこの着ぐるみから作られた怪獣である。

劇中では江戸時代に一度現れたと記録があり、その時は武士によって退治されている。
なお、その武士の名は村井強衛門(むらい せいえもん)。・・・・強い漢だ。
どうやって倒したかは語られていないが、残された絵を見る限り5mも無かったようである。

現代では伊豆の伊和見山のある城の地下に潜んでいたのだが、近くに出来た発電所から電気を吸収することにより巨大化、
より大量の電気を求めて発電所を襲った。
普段は透明な状態であり姿が見えないが、食事の際に姿を見せる。
最大の武器として電気を利用した10万ボルトの放電光線を放つのだが、人一人殺せない程度の威力しかない
(アラシ隊員が喰らったが気絶しただけ)。
当然ウルトラマンに効く訳も無く、格闘戦ではそこそこ善戦するも最期はスペシウム光線で倒された。

+その後の映像作品でのネロンガ
ネロンガは知名度はそこそこありOPにも影絵で登場するのだが、着ぐるみがすぐにマグラに改造されているので初代ウルトラマン本編では再登場無し。
そしてこの後20世紀中は一度もウルトラシリーズに再登場無し(『ウルトラファイト』など初マン第3話の画像流用での出番はある)という、
長い長い雌伏の時を経て2007年放送の『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』第3話にて久々の復活を遂げる。
この時は放電光線の威力が並の怪獣なら感電死するほどにパワーアップしていた
(冒頭における地底怪獣グドンとの戦いで勝利している)。
透明化能力も健在で、主役怪獣であるゴモラをも苦戦させた。
第7話でも登場。ブルトンの能力でレッドキングテレスドンとともに時空を超えて呼び出されゴモラと戦った。

CGアニメ『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』ではレッドキングに続くプラズマ怪獣の一体として登場。
雷を求めて活動を開始した。プラズマソウルの影響か、地形を変えるほどの強力な電撃を放てる。
従来と違いこの世界では電気を吸収すると透明になり、一定時間経過すると元に戻るという、これまでとは逆の特性を備えている。
おそらく吸い取った電気を使って光学迷彩のように透明化している、という解釈なのだろう。

2018年には『ウルトラマンR/B』にも登場。
映像作品への出演は11年ぶり、そしてなんとウルトラ戦士と戦うのは実に52年ぶりである。
本作の個体はウルトラ戦士を大きく吹き飛ばすほどの威力の暴君電撃に加え、
跳躍してボディプレスを繰り出すアグレッシブさや電撃を球状にしての飛び道具、放電しながら突進するなどの新技を持っている。
その強さは従来とは一線を画しており、一度はウルトラマンロッソ&ブルを敗北に追い込んだ。
しかし再戦時にはロッソグランド形態&ブルウインド形態の作戦で透明化を破られ、ロッソとブルが合体した戦士であるウルトラマンルーブに撃破された。
本作では着ぐるみが新造されており、CG処理で目玉を動かすといった表現もされている。


+映像作品以外でのネロンガ
他にも一峰大二氏の漫画『ウルトラマン』では、記念すべき連載初回エピソードの怪獣として登場
(ウルトラマン初戦の相手は同話冒頭に登場する“深海人”が務めており、ネロンガはその二番手である)。
ネロンガ菌と呼ばれるアメーバの一種で電気を食べる性質を持ち、人間の生体電流をも捕食する。
集合体はガスのような状態なのだが、電気を食べることでネオンのように発光し、怪獣として実体化した。
最期はウルトラマンに折られた角から電気が流出、弱った所をスペシウム光線で撃破された。

特撮エース誌で連載された漫画『ウルトラマン THE FIRST』にも登場。
過去に退治されて古井戸で眠っていたが、ラゴンの出現によって眠りから目覚めた。
四足歩行のまさに獣のような動きで暴れ回り、原作に比べるとかなり強力な放電光線と透明化能力を使ってラゴンを倒し、
ウルトラマンをも苦しめた。

ちなみにウルトラシリーズと無関係だが、1966年に発行された小学館の『世界原色百科辞典』(怪獣図鑑ではなく正真正銘ただの百科辞典)では、
タイムリーなキャラだったためか、「特殊撮影」の項の説明でネロンガ(+手前の撮影スタッフ)は写真が乗せられる厚遇を受け、
特殊撮影 怪獣(縫いぐるみ)が火力発電所(模型)を破壊するシーンの撮影 円谷プロ」と書かれていた。


この他、ネロンガではないが『ウルトラマンマックス』にはネロンガによく似た「牛鬼怪獣ゲロンガ」が登場した。
もともと『ウルトラQ』のパゴスを登場させる予定だったが当時の脚本家が亡くなっていたため、
「(パゴスと同様に)バラゴンの身体を持つオリジナルの怪獣を登場させる」という経緯でデザインされたという。
また、ゲロンガという名前は『Q』の未使用プロット「ゲロンガ対山椒ラウス」から転用されている。
このゲロンガは後に『ウルトラマンメビウス』の怪獣墓場の場面に現れるネロンガに改造され、
前述の『ウルトラギャラクシー』に登場したものはこれの流用である。

1991年のアーケード版ゲーム『ウルトラマン』にも登場し、
文字通り時々透明となってプレイヤーを惑わす他(透明になっても攻撃は当てられる)、やはり放電光線を撃ってくる。
残念ながら同ゲームのSFC版には登場しない。

+その他ゲーム作品でのネロンガ
アーケードゲーム『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』には2007年12月稼働のEX5弾にてCGで登場。
透明化しての攻撃を持ち、角から放つ放電光線にも『暴君電撃』の技名がある。
ソーシャルゲーム『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』でも上記『大怪獣バトル』のCGを元にして登場。
原作を再現してか、保有スキルは回避した時次のフェイズ終了時まで攻撃対象にならず、運をアップさせる「透明化」、
継承スキルも「回避中アップ」、「回避大アップ」を両方持つなど、回避に特化した性能を持つ。


MUGENにおけるネロンガ

ウルトラ怪獣でお馴染みの這い寄る混沌氏が1991年AC版ゲームのドットを基に製作、2008年8月13日から公開開始。
古参のキャラなので、更新による仕様変更もあってかなり以前とは仕様が変化している部分も多い。
AIもデフォルトで搭載されている。ライフが半分以上だと半透明状態であり、半透明時は常時投げ技に対して無敵になる。
特に目立つような技はそれ程持っていなく、基本性能もあれやらそれやらこれやらに比べればかなり大人しい。
しかし、技の1つである「透明化」は画面から全く見えなくなり、
しかもアーケード版と違って完全無敵状態になってしまっているため、これが発動した途端に手が付けられなくなる。
しかも画面に見えないという都合上、どこから攻撃してくるか分からない(CPU同士なら無意味だが)ため、
姿を現すまで持ちこたえられないと一方的にボコられてしまう。

なお、2010年7月9日の更新で透明化が「一時的に透明化」と名称変更されて通常必殺技扱いになり、
新たな超必殺技として「雷神の怒り」が追加された。
発動するとネロンガが真上に電撃を放ち、その後しばらくの間、一定間隔で画面中のどこかにランダムで落雷が発生するというもの。

+ステージや怪獣との相性について
前述のように怪獣の中では性能は大人しい方なのだが、AIが時々相手を壁際に追い込んで尻尾攻撃でハメてくることがある。
この尻尾ハメや、落雷の落ちる場所がランダムで、画面に表示される範囲が狭いステージの方が落雷が相手に当たりやすいなどが原因で、
横方向が狭いステージの方が強さを発揮できる場合が多い。逆にハメが嫌な時は横方向に広いステージを使うといいだろう。

怪獣としての強さはメガロテレスドンと同じくらいだが、攻撃力や防御力は普通なので、
広範囲を攻撃したり飛び道具で攻撃できる普通の相手に苦戦することもある。
逆に半透明時に投げを無効化するため、投げ攻撃への特化が進んだ最新版のゴモラに対して有利である。
また、放電光線と「雷神の怒り」による落雷にアーマー殺しの性質があるのでアーマー持ちの怪獣に有利で、
k氏改変版のゴジラの1Pやスペースゴジラの2P、コダラーなどを落雷で倒してしまうことも珍しくない。

タッグ戦では透明化しつつ敵の技を潰したりするなど、後衛に向いている。

出場大会

出演ストーリー

怪獣王 王座復権への道
人造生物03RIA-紅
仮面ライダーMIOMEGA(第26話、27話後編、28話中編、29話前編に登場)
ネクサスまてぃっく(2017年エイプリルフール回の『バラゴンまてぃっく』に登場)

その他


添付ファイル