イージスガンダム




「次に会う時は…俺が、お前を討つ!」

  • 型式番号:GAT-X303
  • 全高:18.86m
  • 重量:79.6t
  • 武装:75ミリ対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」、60ミリ高エネルギービームライフル、ビームサーベル
               MA形態時:580ミリ複列位相エネルギー砲「スキュラ」
(HG 1/144 イージスガンダム 説明書より引用)

機動戦士ガンダムSEED』に登場するモビルスーツ(MS)。
名前の由来はギリシャ神話の女神アテナが持つ盾「イージス(アイギスエイジスとも)」。所謂イージス艦と同じである。
アスラン・ザラがパイロットを務めており、彼の初の愛機であると共に本編に於ける前半のライバル機として活躍した。

地球連合加盟国の1つ大西洋連邦が、オーブ連合首長国公営企業モルゲンレーテ社の技術協力を受け、
オーブ管轄の資源コロニー「ヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型MSの1機。
他の4機との連携行動における指揮官機として開発されており、
頭部に大型の多目的センサーユニットを搭載する等、他の機体より高度な通信・分析能力を持つ他
(現実のイージス艦に搭載されたイージスシステムに相当する機能)、
他の機体に採用されたX100番台・X200番台フレームとは根本的に構造が異なるX300番台の可変フレームが採用され、
これにより、モビルアーマー(MA)形態に変形する機能を備えるに至っている。

MA形態では手足を前面に展開して怪物の爪のような形となり、
アームを前方に伸ばす事でMS形態より面積を削減し、高い推進力を実現する「巡航形態」、
更にアームを開いてMSや小型の戦艦の捕獲をも可能にする「砲撃形態」に変形する事も出来る。

砲撃形態では胴体メインフレーム部分に内蔵されている大口径ビーム砲「スキュラ」が使用可能になり、
その威力はMSのみならず戦艦すら撃墜出来る威力を誇る。
一応、胸の部分を展開する事で完全変形せずともスキュラの砲口を露出させる事が可能だが、その状態で発射可能かは不明。
使う際は必ずクローで組み付いてからなので、命中率が低いか射程が短いと言う欠点があるのかもしれない。
デスティニーシャイニングフィンガーが搭載されたのはこいつの影響なのだろうか?

ただし、MA形態は加速性に優れ機動力に長けるが、あくまで宇宙空間での運用を想定した形態であるため、
砲撃形態どころか巡行形態であっても地球上で自力飛行する事は不可能(そもそもが生えてないし)。
と言うかどう考えても強襲型MSなのに、防衛用MSっぽい名前だったり指揮官用だったりと、コンセプトが迷走気味である
まぁ後者に関しては、「私が行く。援護しろ」なガンダム世界ならではと言えなくも無いが

ビームサーベルは他の機体のように手持ち式ではなく手足に内蔵されており、MS形態では前腕、MA形態では爪先に設置されたクローから発生させる。
これにより高い出力を維持出来るだけでなく、形態問わず高い近接攻撃能力を持つ。ぶっちゃけディキトゥス


5機の中では最高の火力と機動力を持ち、MA形態への変形機能によって接近戦・射撃戦共に穴のないコンセプトで作られたものの、
パイロットに、こうした”使い分け”に高度な状況判断能力・操縦技術を要求する仕様になってしまった。
多局面対応という点において、汎用性では換装式のストライカーパックシステムの方が上であり、
『SEED』劇中の活躍は機体性能以上に、非凡なパイロットであったアスランの操縦技量ありきで実現した所が大きい。
おまけに、複雑な変形機構のために整備性が劣悪だったらしく、派生機が他のGAT-Xシリーズと比べ極端に少ない。
MA形態への可変機構というコンセプト自体は評価されており、後続機のレイダーやセカンドシリーズにも採用されているが、
いずれもイージスと比較して、機体の変形が簡略化された設計となっている。
漫画『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R』では、イージスの変形機構を採用したリジェネレイトがザフトによって開発された。
ちなみに前半のライバル機という事で、赤さと頭の長さはシャアザクがモチーフだとか。

+ 劇中での活躍
中立のコロニー、ヘリオポリスにて研究・開発されていた所を、
ザフト軍クルーゼ隊の一人にして本作のもう一人の主人公「アスラン・ザラ」によって強奪され、
そのままアスランの機体としてデュエル、バスター、ブリッツら三機のガンダムと共に運用された。
唯一強奪を免れたストライクガンダム及び戦艦アークエンジェル追撃の任を受け、キラ・ヤマトらと何度も激闘を繰り広げる事になる。
が、アスラン自身は元親友のキラと戦う事に迷いがあったため、
一度は砲撃形態で捕獲に成功するも、生け捕りに拘りスキュラを撃たなかったために逃がしてしまった事さえあった
(表向きの言い訳は「ストライク鹵獲の為」)。
キラ達の乗るアークエンジェルの地球降下後も追い回すが、オーブ近海における戦闘でイージスを庇って乱入してきたブリッツガンダムが、
ストライクに撃墜されてパイロットのニコル・アマルフィが戦死*1
自らの優柔不断さが原因で戦友を死なせてしまった事を悔やんだアスランは、遂にキラを本気で殺す事を決意。
そしてキラの友人トール・ケーニヒが乗る支援戦闘機スカイグラスパーをアスランが撃墜・殺害した事で、キラも激昂。
お互いにSEEDを覚醒させた状態での激しい一騎討ちの末、またもや砲撃形態で組み付く事に成功したものの、
今度はフェイズシフトダウン(エネルギー切れ)によりスキュラが不発に終わってしまった。
その状態から最後に残された攻撃として機体を自爆させる事でストライクとイージスは相打ちに終わる。
当然、アスランは直前に機体から脱出した事で、イージスの自爆の余波で吹き飛ばされ片腕の骨折や打ち身などを負ったものの、命に別状はなく生還。
ストライクはコクピットの外壁が破壊され脱出も出来ない状態にも拘らず、
「セーフティシャッター」(『ASTRAY』では「エマージェンシーシャッター」と呼称)なる安全装置のお陰でキラは一命を取り留めた。
セーフティシャッター凄過ぎる……
まぁそれでもロウに助け出されずに放置されていたら確実に蒸し焼きになって死んでいたはずだし、実際そこそこ傷を負ってはいたのだが

後にジャスティスガンダムを受領したアスランが島を訪れた際には、イージスの頭部が砂浜に残されていた。

また、劇場版『SEED FREEDM』でもよりボロボロになった頭部が砂浜に残されている描写があったが、
この際の字幕が「アスハ家所有 オーブ領アカツキ島」となっており、スタッフのミスで無ければ波で移動してきたものと思われる。
実際にユニウスセブンの残骸をテロリストが地球に落下させた事件「ブレイク・ザ・ワールド」で大津波が発生しており、波に流されたならその時か。

他、『ASTRAY』のプロモーションOVAでは、ジャンク屋組合のオークションに出品されているという形で、イージスガンダムのシールドが登場。
劇中では「連合のMSが落としていった盾」と説明されているが、トール殺害に使われたものかは不明。

+ 外部出演
+ 『ガンダムVS.シリーズ』での活躍
初出は『連合VS.ZAFT』(連ザ)。
原作通りの変形機体で、癖の強いレイダーガンダムや家庭版追加機体のアビス、カオスと比較すると万能機寄り。
ただし、『連ザ』時代の変形機体には共通して「ブーストダッシュを行うと変形する」という仕様があり、
変形中はMS形態と違って機体の正面にしかメイン射撃(スキュラ)を撃てず、変形開始・終了時に若干の隙が生まれてしまう。
このため評価は低めで、使用率も低かった。

次回作『連合VS.ZAFTII』(連ザII)ではタイムリリース機体として登場。
全変形機体共通でブーストダッシュと変形を使い分けられるようになった結果、
「他の万能機体よりも若干高い耐久力」「ダメージ・初段性能ともに優秀な格闘」といった長所が目立つようになった。
また、変形時の「機体の正面にしか射撃(スキュラ)が出ない」という弱点も、
「あえて敵機の左右を狙って撃ち、相手の横移動を狙う」というテクニックに昇華され、
非変形の万能機に比べると若干使用難度は高いものの、『連ザII』の中コスト帯の中でも優秀な万能機4機、
所謂「ARFG」*2の一機に前作ARFの「A」担当だったエールストライクを蹴落として数えられるほどの高評価を得た。
弱点は若干各種挙動が重たい事と、サブ射撃のスキュラ照射が強制的に変形して足を止めてしまう、扱いにくい技である事ぐらい。
……と稼働当時は語られてはいたが、研究が進むにつれてMS形態のBD性能がカラミティ等の砲撃機同水準、
それでありながらステキャン可能回数が万能機と同じで砲撃機体より少ないと悪い所取りの調整であったり、
変形射撃のスキュラも威力が130とこの手の機体は武装がだいたい150以上を出している中で低威力気味、
覚醒火力もなんとか300に乗せられるが横格闘始動限定、最大火力コンボは特殊格闘で変形するのでカットがほぼ確実に入るので魅せプレイ専用。
そもそも「ARF」自体が初心者が最初に触るのに良いとされる機体定義であったのだがイージスは全く初心者に向いておらず、
一時期言われたARFGのガイアも実は悪い所取りの基本スペックと致命的な火力不足の問題も出てきており評価は中堅下位のエールと同水準まで転落、
本作万能機はARFGでイージスが万能で使いやすいからお勧めとは言えない状態になっている。
そもそも万能機自体が稼働時より評価を落としており、バスターやカラミティやソードインパルスといった特化機体か、
フォビドゥンの様なステキャンへのメタ行動を持った機体などの評価が上がっており、
本機は当時のプレイヤーレベルやゲームへの理解度に上手く合致した結果の高評価機体であったと言える。

家庭版『連合VS.ZAFTIIPLUS』においては、シン視点でSEEDシリーズのストーリーの追体験が出来る『P.L.U.S.モード』で、
変形して組み付いて自爆してくる敵専用イージスが登場。
自爆されると一撃死というとんでもない敵だが、ライフル1~2発で沈むので冷静に対処すべし。覚醒ゲージがあれば組み付かれても覚醒すれば脱出可能。

ガンダムシリーズオールスターに舵を切った『ガンダムVS.ガンダムシリーズ』シリーズにも登場。初出は『VS.ガンダム』。
こちらでは最低コスト枠のコスト1000に配置され、癖の強いコスト1000帯の中では汎用キャラの立ち位置。
スキュラ照射や変形の捕縛攻撃などを連ザから受け継ぎつつも、新技としてトールのスカイグラスパーを撃墜した原作再現技「シールド投擲」を得た。
だが、本作のイージスと言えば外せないのが特殊格闘の捕縛攻撃から派生できる自爆攻撃
後のシリーズにおけるヅダ、ザクⅢ改、スサノオなどが持つ自爆・自傷技の開祖と言える存在であり、
発動すると若干の硬直の後、文字通り自爆して相手に大ダメージを与えつつ、広範囲に爆風を発生させる。
そしてイージス自身は撃墜扱いとなり、戦力ゲージが減少してしまう。
このゲームの中でも屈指の火力を誇るロマン技…ではあるのだが、そもそも始動技である特殊格闘が当てにくく、
安定したヒットを狙ってコンボに組み込むとコンボの過程でダウン値が入ってしまい、
特殊格闘を直接当てて派生した時よりかなりダメージが落ちてしまう(それでも格闘コンボとしては破格のダメージが入るのだが)。
よって、現実的に考えればほぼ封印安定ではあるのだが、他の機体には出せない一撃必殺のロマンを求めて、
カジュアルな対戦の場ではきたねえ花火と化すイージス使いが続出したとかしなかったとか…。

また、非現実的極まりないが、『VS.ガンダム』ではイージス2機で「1機目の自爆で打ち上がった敵にもう1機が自爆を決める」という協力コンボ、
続編『NEXT』ではΖガンダムの変形突撃(覚醒突撃)の仕様(ダウン値、補正値がない)を利用する事による「覚醒突撃→自爆」の協力コンボで、
全ての機体を即死させる事が可能。

余談だが、『VS.ガンダム』とその続編『NEXT』では親友のキラの乗機がコンプリートされる一方で、
アスランの乗機は最後までイージスしか実装されなかったため、
『SEED』系のキャラクターと組ませると、各種掛け合いでは大抵「旧型機」扱いをされたり、乗っているアスランが心配されてしまう。
  • ラウ(プロヴィデンス)「ん?アスラン、トップガンとして与えられた君の最新鋭機はどうしたのだ?」
  • キラ(ストライクフリーダム)「アスラン…まだイージスに乗ってたんだ
  • ムウ(アカツキ)「イージスって…!お前どこからそんな代物引っ張ってきたんだ?」

次なるシリーズ『EXTREME VS.シリーズ』では、インフィニットジャスティスガンダムの参戦と引き換えにイージスはリストラ。
シリーズ3作目『マキシブースト』では、ブリッツガンダムのアシスト攻撃として実装されている。
このイージスはコマンド入力で2種の技を繰り出し、特殊射撃では変形してスキュラを照射。
そしてレバー入れ特殊射撃では変形、突撃して相手に組み付き自爆するアスランは投げ捨てるもの
ちなみに、後者の特殊射撃の発動時のニコルのセリフの一つに「アスラン!今です!」というものがあり、
ニコルが命じてアスランを自爆させているように見えてしまっている
…さすがにニコルの性格的におかしいからか、『EXVS.2』では「道連れにするつもりですか!」と、
自爆はニコルの本意ではないとはっきり示すセリフが追加されている。

家庭版で登場した『ガンダムバーサス』及び『EXVS.2』ではカムバック参戦。
コストは『連ザ』以来の中コスト帯(『バーサス』では300、『EXVS2』では2000)。
これにより、『SEED』に登場したGAT-Xシリーズがコンプリートされる事になった。
同作のガブスレイ・メッサーラに似た、変形コマンドを生かして回避・距離調節をこなす変形万能機体となっており、
変形持ち機体の例に漏れず指は忙しいものの、それら変形動作をマスターする事で非変形機にはない高い機動力を発揮できる。

無論、本作でも自爆は健在で、『VS.ガンダム』と同じく前格闘の捕縛攻撃から派生可能。
また『EXVS2』では覚醒中限定の大技「バーストアタック(覚醒技)」、「お前を討つ!」からも自爆に派生可能となった。
自爆のダメージ量は相変わらずで、ダメージ補正の上限(350補正)を現実的に狙える超ダメージを軽々と叩き出す。
このため、相手を倒せば戦力ゲージを削りきれる、という状況なら火力を底上げする手段として選択肢に入るが、
『VS.ガンダム』の2倍の2000コストを相手に献上してしまうため、『VS.ガンダム』『NEXT』時代より現実性は増したとはいえ、
安易に使える選択肢ではない。

『クロスブースト』にも続投参戦。
また、ブリッツガンダムのアシストの方はモーションが変更され、
「MS形態でビームライフルを連射」「MA形態で突撃し相手を捕縛→スキュラで攻撃」という2パターンを使い分ける仕様になった。
これでニコルらしからぬ自爆アシストは消滅…と思いきや、エクストリームバースト(覚醒中)にイージスを使うと、
攻撃パターンが前作と同様のものに戻り、やっぱりアスランは自爆する

『スーパーロボット大戦』シリーズでは『第3次α』で初参戦。
基本的には敵だが、主人公にセレーナを選ぶと序盤でスポット参戦し、操作できる機会がある。
『J』では武装に「零距離スキュラ」が追加された。
『W』では戦う機会はキラ(ストライク)との一騎打ちの一度のみ、しかも分岐なので別ルートにいった場合は戦えないという出番の少なさであった。
今の所スマホゲームを除けば登場は3作品のみで
(そもそも『SEED』自体が5作品にしか参戦していない上、残り2作品は『DESTINY』メインで機体のみ参戦なのだが)、
アスランが仲間になる頃にはジャスティスがあるためか、『第3次α』のスポット参戦以外に操作できる機会は無い。
戦闘デモ(『第3次α』)

『ガンダムSEED』を題材とした各種ゲームにも登場。
その中でもPS2『機動戦士ガンダムSEED』で敵として登場するアスラン&イージスは妙に強く、一部では最強のイージスと言われている。

ガンプラを題材としたアニメ『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』では、
本作メインキャラクターのカザミの後半メイン機体(ガンプラ)「ガンダムイージスナイト」として登場。
カザミの前半メイン機体「ガンダムジャスティスナイト」(インフィニットジャスティスガンダムの改造機)をイージスガンダム風にアレンジした、
リアル頭身の騎士ガンダム風のガンプラで、カザミの製作技術も相まってか、名前の通り非常に堅牢な事が特徴。
その堅牢さは本作最強キャラであるチャンプことクジョウ・キョウヤが駆る「ガンダムTRYAGEマグナム」の猛攻を、
短時間ながら耐えてみせた事からも窺い知れる。
発表時は「インフィニットジャスティスからイージスになるって退化してないか?」といった意見もあったが、
自分の理想のヒーローごっこをする為のガンプラ(ジャスティスナイト)」から「皆を、大切な人を守る為の盾の騎士(イージスナイト)」
というテーマ(と、作品終盤に繋がる「あるギミック」)が盛り込まれており、
ビルダーであるカザミ自身の成長と活躍も相まって、放映時は売り切れ続出で品薄状態が続いたとか。
なお名前やデザイン、ギミックはイージスを強く意識しているが、実際は上記の通りイージスではなくジャスティスナイトの強化ガンプラであり、
現実におけるプラモもジャスティスナイトから流用したランナーがベースとなっている。

SDガンダム外伝の『救世騎士伝承』では、キングガンダムII世の孫である第二皇子「皇騎士イージスガンダム」として、
兄の「皇青騎士ストライクガンダム」と共にダブル主人公になっている。
『SDガンダムワールド ヒーローズ』の外伝プロジェクト『THE LEGEND OF DRAGON KNIGHT』では魔王「ウォーロックイージスガンダム」として登場。
上記『ビルドダイバーズ』でのヒロイックなイメージとは一転、サタンガンダムの意匠を引き継いだ禍々しいデザインとなっている。
サタン要素が前面に出ていてイージス要素が薄いが、マントを分離した状態がMA形態を再現している。


MUGENにおけるイージスガンダム

天田志朗氏による『機動戦士ガンダムSEED DESTINY(GBA)』のスプライトを用いて作られたものと、その改変版が存在する。

+ 天田志朗氏製作
  • 天田志朗氏製作
現在のバージョンは0.5。
操作方法は4ボタン方式で、技やシステムは原作を踏襲しつつ大幅にアレンジされている。
特殊ゲージとして「スラスターゲージ」が搭載されており、これを消費して空中を飛行出来るだけでなく、
同じく消費する事で「MA突進」や「スキュラ」などの必殺技を使用する事が可能。
超必殺技の発動には特殊技「SEED」(↓+Zの)を事前に発動しておく必要がある。
なお、3ゲージ技の「至近距離スキュラ」はスラスターゲージが不足している場合自爆技となるので注意。
AIはデフォルトで搭載されている。

+ 961000氏製作
  • 961000氏製作
上記のものの改変版。
こちらも技やシステムに大幅なアレンジが加えられており、SEEDは一時的に常時アーマーとなるという形で再現されている。
やはり自爆も使用可能で、なんと相手を掴みさえすればいつでも任意に自爆できるという恐ろしい仕様。
尚、デスティニーに対して特殊イントロが用意されている。

AIはデフォルトで搭載されており、AIレベルや自爆の使用条件等を設定可能。
狂ランク全般に対応した狂キャラとなっている。

出場大会

  • 「[大会] [イージスガンダム]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
余談だが、このニコル・アマルフィ(及びトール・ケーニヒ)、
(主にアスランによる)回想という形で何度も何度も死亡する事になる(続編でも
その回数、なんと優に32回
確かに彼の死は、キラとアスランの仲と精神に強い影響を与え、
息子の戦死を知った父ユーリ・アマルフィが穏健派から過激派に鞍替えする等、後々まで影響を及ぼす出来事ではあるのだが……。
また本来の散り様は、半壊状態のブリッツで突撃→キラが咄嗟にソードストライクの対艦刀で迎撃→
対艦刀がコクピットに直撃→「母さん…ぼくの…ピアノを…」→ブリッツ爆発というものだったのだが、
HDリマスター版では、構えた対艦刀に自ら突っ込むような形で死亡というマヌケな事故のようなものに改変された。ヒデェ。

トールの最期も、本来はイージスガンダムが投擲した盾の直撃で首を刎ね飛ばされる形だったのだが、
スペシャルエディション版~HDリマスター版では、胴体に盾が突き刺さってその衝撃で首が吹き飛ぶという、
凄まじくグロい死に様に改変されている。
「また回想(バンク)かよ」「いつになったらニコルを成仏させるんだアスラン(スタッフ)」という視聴者の心の叫びは、
『スパロボW』での生存ルート獲得まで続く事になった。

そして2024年公開の劇場版『SEED FREEDOM』でも案の定と言うべきか死亡シーンが流れた、しかも2度も。上記のカウントも計34回に
尤も、そういったネタ的なものだけではなく、
作中あるシーンではニコルが得意としていた戦法を踏襲した作戦が行われたり(アスランも「ニコルの戦術だな…」と口に出している)、
イザークの搭乗機がニコルの愛機の名前及び武装を引き継いだ改修機「デュエルブリッツ」となっているなど、感慨深さを感じられる要素もある。
小説版ではこのデュエルブリッツの回収を手掛けたのはニコルの父ユーリであると言及されており、
ザフトでクーデターを起こした人物の「忘れはせんぞ!死者の流した血を、恨みを!忘れることなどぉ!」という叫びに対し、
ディアッカとイザークが「忘れてねぇよ」「だからこそ、こんなこと(戦争)はもうやめねばならんのだ」と返す等、
(アスラン、ディアッカ、イザークは三人で定期的にニコルの墓参りに行っていることも含めて)本当の意味でニコルは成仏したと言えよう。

*2
イージス・ストライクルージュフォースインパルスガイアの4機種の事。
"A"egis、"R"ouge、"F"orce、"G"aiaとそれぞれの頭文字を取って繋げたもの。


最終更新:2024年06月19日 12:34