煉獄杏寿郎


「罪なき人に牙を剥こうものならば 
 この煉獄の赫き炎刀が お前を骨まで焼き尽くす!!」

漫画『鬼滅の刃』の登場人物。名前の読みは「れんごく きょうじゅろう」。主な呼ばれ方は「煉獄さん」
竈門炭治郎が所属している鬼殺隊を支える最上級隊士である「柱」の一人で、「炎柱(えんばしら)」の称号を持つ。
アニメの担当声優は 日野聡 氏。
海外版ではMark Whitten氏が吹き替えを担当している。

元柱である父の元に生まれ、少年時代は父から情熱的な指導を受けていたが、
母の死と同時期に父が酒に溺れ指導と育児を放棄したために、
以降は一人で家にあった「(えん)の呼吸」の指南書を読み込む事で、
殆ど独学で炎の呼吸を習得し、柱の地位にまで上り詰めた叩き上げの実力者。

煉獄家は代々鬼殺隊との関りが深い剣士の名門、多くの炎柱を輩出している一族で、
大きく見開かれた目と、毛先のみが赤い金髪という特徴的な容姿は一族共通の特徴。*1

見た目も言動も非常に暑苦しい男だが、曲者揃いの柱達の中では相対的に常識人であり、
亡き母から告げられた「弱き人を助けることは、強く生まれた者の責務です」という言葉を心の支えにしており、
故に鬼の脅威から人々を守る事に強い責任感と使命感を抱いている。

そうした立場と考えから、初登場時は竈門禰󠄀豆子である事が露呈した最悪なタイミングという事もあり、
竈門炭治郎に対して「裁判の必要などないだろう!鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」「鬼もろとも斬首する!」と柱の中で真っ先に提案し、
読者からの印象はかなり悪い方であった。
とはいえ、鬼化しながら自我を保った禰󠄀豆子こそが前例の無いイレギュラーな存在であり、
兄妹を庇う産屋敷一族の当主である産屋敷耀哉とのやり取りや、その際の「殺された人間は戻らない」と反対する発言からも、
人を襲わなかった鬼が歴史上存在しなかったという客観的事実に加えて、人命を深く重んじるが故の言動であり、
決して悪意から兄妹の処刑を進言したのではない事も窺えた。
そして禰豆子が血の匂いを嗅ぎながらも食人衝動を抑え込む姿を間近で目撃し、
人を襲わない事が証明されると、「まさかそんな」と困惑する柱も複数いた中、煉獄自身は真っ先に納得し、
処遇が決定した直後に、この時点で隊士としては最下級でありながら「無惨を倒す」と口にした炭治郎に対しても、
他の柱達が笑いを堪えたり失笑する中、一人だけ「いい心掛けだ!」とその意気を買う反応を見せ、
良くも悪くも裏表の無い、敵意だけでなく善意や評価も真っ直ぐ示す人物である事が示された。

ちなみに、かなりの大食漢であり「無限列車編(コミックス7・8巻に相当)」では、
客車で販売されている弁当11人前を一口食べる度にただ「うまい!」と連呼しながら全て平らげていた。
……まぁ、もっと食う奴(しかも食べてないと栄養失調で死んじゃう)が同じ柱内にいるのだが。

+「無限列車編」ネタバレ注意
柱合会議直後の「無限列車編」では炭治郎と並んで同章の事実上のメインキャラクターとして活躍。
乗客の大量行方不明事件を調べるため無限列車に乗って任務に就き、
同じく調査に訪れた炭治郎、善逸・伊之助と合流する。
事件はやはり幹部格の鬼である十二鬼月の下弦の壱・魘夢(えんむ)が裏で糸を引いており、
一度は用意周到な魘夢の術により夢の世界に落とされてしまうも、
禰豆子というイレギュラーにより辛くも難を逃れ、目覚める事になる。
自体を把握するや否や、煉獄さんは列車と同化した魘夢を乗客二百人を全員守りながら倒すべく指揮を執り、
自身は八両編成の車両の内後方五両の防衛及び魘夢の頚の探索を担当し、
前方三両の客の防衛を善逸・禰豆子に任せ、炭治郎と伊之助には三両の状態に注意しつつ魘夢の頚を探し打倒するよう指示を出す。
この采配が見事功を為し、炭治郎達は魘夢の頚を発見して両断し、
煉獄達は炭治郎が魘夢の頚を落とすまでに乗客全員を守り切り、犠牲を出す事なく魘夢の討伐に成功した。

ところが、そのタイミングで魘夢を超える大幹部である上弦の参・猗窩座(あかざ)が襲来し………。

「無限列車編」は本編中彼の最大の見せ場と言っても過言でない長編であり、アニメにおいては一期のストーリー直後の流れとして劇場化された。
飛ぶ鳥を落とす勢いの本作人気の中当然映画の興行収入は邦画史上においても類稀な鰻登りを続け、
それに伴って彼の知名度も爆上がり。長らくトップの座についていた「千と千尋の神隠し」をも追い越していった。
海外でもその人気はとどまる事を知らず、アメリカでは外国語映画部門で興行収入一位を獲得している。
CMやあちこちのニュースに挟まれた映像で彼が炎の呼吸を披露するシーンは頻繁に目撃され、
「鬼滅は知らないしキャラの名前も知らないけど仁王立ちで燃え上がる金髪の青年は見た事ある」という人を大量に生んだ。
見た目が明るい配色でもあるせいか、たまに炭治郎じゃなくて煉獄さんが主人公だったと勘違いしてた人まで結構いた模様。実際間違ってはいないけど
興行収入の上昇に比例して「〇〇億の男」等とまるでドル箱俳優のような扱いを公開当時は受けていた。

+戦闘能力
「全集中の呼吸」における基本の五呼吸の一つ「炎の呼吸」の使い手。
柱の中で3位という腕力に加え、敵と交戦しつつ走行中の蒸気機関車の客車五両分を一瞬で移動できる身体能力の持ち主。
剣士としての技量は勿論咄嗟の判断力に優れ、鬼殺隊士を率いる前線指揮官としての能力も卓越している。
同じ柱からも一目置かれるなどその実力は柱でも上位として扱われていた。
ちなみに、現「恋柱」である甘露寺蜜璃は元教え子であり、指導力も高いと思われる。
しかし、あまりのスパルタぶりから教え子達が次々と辞めていき、唯一残った甘露寺も炎の呼吸との相性がよろしくなかった。

なお、炎の呼吸の使い手には「『炎の呼吸』を『()の呼吸』と呼んではならない」という不文律があるらしいが…。
その理由は炭次郎の項目にて。


「強さというものは 肉体に対してのみ使う言葉ではない
 この少年は弱くない 侮辱するな」


MUGENにおける煉獄さん

現在『JUS』風ドットを用いて製作された煉獄さんが2体確認されている。

+Entah 99氏製作 JUS風ドット
  • Entah 99氏製作 JUS風ドット
MUGEN1.0以降専用。
ちびキャラながら機動力は高い上に、コンボ性能も優秀。
通常攻撃は近接技が中心の性能をしているが、
必殺技超必殺技には飛び道具や突進技も存在し、距離を問わず戦える。
特に超必殺技は炎のエフェクトによる演出が派手で美しい。
AIはデフォルトで搭載されている。
紹介動画

また、Mateo G9氏により上記のキャラの改変版も公開されている。
DLは下記の動画から

+SoulFire氏製作 JUS風ドット
  • SoulFire氏製作 JUS風ドット
上記のEntah 99氏のキャラを参考にしつつ一から製作された、同じく『JUS』風ドットのキャラ。
やはり近接戦がメインの性能をしているが、突進技や空中からの突撃技が優秀で、
遠距離からの切込みに長けた性能となっている。
こちらも斬撃や炎の演出が秀逸。
こちらもAIがデフォルトで搭載されている。
紹介動画(サイトへのリンクあり)

出場大会

  • 「[大会] [煉獄杏寿郎]」をタグに含むページは1つもありません。


「老いることも死ぬことも 人間という儚い生き物の美しさだ」
「老いるからこそ 死ぬからこそ 堪らなく愛おしく尊いのだ」


*1
戦国時代に全集中の呼吸が鬼殺隊にもたらされる場面にも同じ容姿の人がいるほどだが、
裏設定によると、身籠った母が大篝火を見続ける過酷な風習があるため生まれつきこうなるらしい。
なんじゃそらと思うかもしれないが、現実でも「妊婦に火事を見せると赤い忌み子が生まれる」という迷信は存在する。

…流石に煉獄さんみたいな髪色の人物が現実で生まれた事例は無いと思われるが、
作中では落雷を受けて金髪になった隊士桜餅の食べ過ぎで髪の毛が桜色と黄緑色のグラデーションカラーになった元弟子の女性キャラ等も存在するので、
何かもう、大体そういう感じの世界観なんだろうぐらいに(ry
+最終回ネタバレ注意
ちなみに最終回は鬼殺隊達の現代における子孫や生まれ変わり達のある日の情景が描かれ、殆どのキャラは一コマすれ違うだけの中、
煉獄の弟の子孫である桃寿郎は主役級に次ぐ出番の長さだったのだが、その容姿はやはり煉獄さんそっくりだった。
……観篝の儀、現代でも続けてるんですか?


最終更新:2021年09月23日 20:21